お金にルーズな人の心理 旦那や友達 彼氏を治す時間と意味とは

お金にルーズな人は、自分のほしい物があると「とりあえず買ってしまう」クセがあります。【 ファッション、お酒、趣味、ギャンブル 】など、身近な楽しみを最優先としてしまう傾向があり、将来に必要かもしれない貯金については後まわしとなります。

そして、周りの人から「お金にルーズである」と指摘されても、真面目に悩むことはありません。このような「お金にルーズな人」の性格を改善する対策について考えていきます。

お金にルーズな人とは?

月末まで日数が残っているのに給料を使い切ってしまい、「生活のお金が足りなくて困っている・・」と相談をもちかけてくる人がいます。このような貧乏生活に悩まされる要因に「お金にルーズである」性格が関係しています。

お金にルーズな人はお金を計画的に使えない

毎月必要となる家賃や光熱費などの「支払いに必要となお金がある」ことが分かっていても、そのお金を「楽しめる娯楽」のために使ってしいます。最終的には家賃の支払いが困難となり、誰かお金を貸してくれる人を探すようになります。

近くにも必ずいるタイプ

「気がついたら、財布の中にお金がない!」と言っている友人がいないでしょうか?お金にルーズな人は自分でお金を管理する意識が低いため

  • どこで何を購入してお金が減少しているのか
  • 現在いくらのお金を所持しているのか
  • 明日に必要となるお金がいくらなのか

など、将来に使うお金を考えない(気にならない)ので、肝心なときにお金がなく慌てることとなります。そのため、安定した生活をやりくりしていくために、無駄なお金を使わない生活をアドバイスしてくれる人が必要となります。

お金にルーズな人を行動から見つけ出す

会社の同僚や親しい友人、将来のパートナーが「お金にルーズ」だと、何かとトラブルが増えます。後で苦労する前に「お金にルーズな人」の特徴を知っておくことが大事になります。

  • 自宅に郵便物が溜まっている
  • 現在の所持金を把握していない
  • お金の話に興味が無い
  • いつも忙しいと言っている
  • クレジットカードを1枚も所有していない
  • 友人や後輩に食べ物をおごりたがる
  • 飲み会によく参加する(断ることができない)
  • ギャンブルをするのが好きである
  • 公共料金の滞納がある
  • 財布の中に様々な物が詰まってパンパンである

この多くに該当する人は、お金にルーズである人である可能性が高まります。そして、最も大きな特徴は・・・

時間にルーズ

であることです。

ただ、仕事ではまったく遅刻がない真面目な人のように見えて、プライベートでは「お金にだらしない人」もいます。また、きれいな靴や服を着ている身だしなみの几帳面さと、「お金の几帳面さ」は関係ありません。

お酒をよく飲む・ギャンブルが好きである

お金にルーズな人は、お金が少ないときに遊びに使うお金をセーブする考え方がありません。そのため、用意できるお金を全てを使ってしまいます。

お酒・ギャンブルにお金を使っても気にならない

アルコールで気分が楽になると、お金がなくても「はしご」してしまい、飲み代金の借り(知り合いからの借金)を作ってしまいます。

また、パチンコ・スロットや競艇・競馬などのような「ドキドキする時間をお金で買っている」楽しみが好きであり、限られたお小遣いの範囲だけで遊ぶ事ができない傾向があります。

改善させる事は可能なのか?

彼氏や旦那が「お金にルーズである」ことが発覚したとしても、分かれる決断ができないことも多いはずです。そのような時には、段階的に改善させる方法を考えます。

改善の第一歩は、お金に対する考え方のズレを指摘する

お金に対してルーズな人は、自分の行動がおかしいとは思っていません。そのため、改善のためには「感覚のズレ」を意識させる事が必ず必要となります。

常にお金に対する考え方を指摘するように

お金にルーズな性格である人を改善させるには、かなりの困難が予想されますが、やるべき事はとてもシンプルです。

その都度、お金の使いすぎを指摘し適正なお金の使い方を指導(金額を提示)する

問題の行動を指摘すると喧嘩になる可能性もありますが、何度も指摘して「お金にルーズな性格」であることをハッキリと自覚してもらう事が近道となります。

給与振込口座を管理する

お金にルーズな人は、給料が振り込まれる銀行口座のキャッシュカードを所持していると「使ってはいけないお金」と分かっていても、楽しさに負けてATMからお金を下ろして使います。それを回避するには、パートナーがキャッシュカードを管理します。

誰かがお金を管理する必要がある

パートナーが銀行のキャッシュカードを管理して、予定外にお金が減ってしまう可能性を回避します。そして、もう一つの問題はクレジットカードを所持している場合です。

クレジットカードの限度額をコントロール

全てのクレジットカードは、ショッピングキャッシングに利用できる限度額が設定されています。その金額が100万円であるなら、100万円まで使い込んでしまう可能性があります。そのため、限度額を下げる申請をします。

限度額を30万円程度まで引き下げておく

設定した限度額までカードを使用してしまうと、一時的に「カード使用不可」の状態になります。現在請求されているカード使用料金の引き落とし日まではカード利用枠が空かないので、その日まで無駄な買い物をストップできます。

この方法は、お金が使える上限を設定する一つの方法ですが、他の企業が提供するクレジットカードやカードローンを申し込んで、キャッシングの借り入れ先を増やしてしまう(多重債務に陥る)可能性もあります。

お小遣い制にしてお金の使いすぎを制限

毎月の支払いに必要なお金を使い込んでしまう状況を回避するために、パートナーが給料が振り込まれたら公共料金の引き落とし口座へお金を移動させます。そして、自由に使ってよいお金は、数日分を財布に入れるようにします。

  • 家賃や公共料金の支払い金額を銀行へ移動する
  • 1週間ごとの遊びに使うお金を財布に入れる
  • 交通費、昼食代などは毎日必要な金額だけ

毎月の公共料金や家賃などの支払いに必要なお金は信頼できるパートナーが管理し、将来の貯蓄マイホームの購入費用など)を確保するには、会社の積立制度、銀行の定期預金などを優先的に利用します。

まとめ:お金にルーズな人は改善できるのか

お金にルーズな人が身内にいると、トラブルが続いて悩まされる原因となります。そのため、周りの人達がお金に対する考え方の問題点を指摘して、安定した生活ができるようにお金をコントロールする必要があります。

お金にルーズな習慣は、その人の本質(社交的、内気、活動的・・のような性格)と同様な先天的な気質となるので、改善させるまでには大きな労力と時間が必要となります。

Posted by mon