お金の話ばかりする男・彼氏・親・女・彼女の心理とは? 【タブー】

 「手持ちの現金がないから・・」と遊びに行くのを断ったり、「臨時収入があった!」としておごってもらったりする事があるはずです。

 多くの人は、自分の収入が増えたり減ったりなどの「お金の出入り」について話したがらないはずです。ですが、「お金の話ばかりする人」はどのような心理でお金の話をしたがるのか気になります。

 今日は「お金の話ばかりする男(または女)、彼氏や彼女」などの心理について見ていきます。

楽しい・ストレスとなるお金の話は自然と多くなる

 お金は毎日心配のタネになります。収入がストップして困っている話や、明日からどのようにお金を稼いでいけばよいか・・など、生活の中心となる「お金の出入り」は誰もが執着しています。そして、そのようなお金の話を何度もしたがる人がいます。

 自分の貯金やバイトの給料の話だけならまだしも、上司や友人たちが買った物の金額や、他人の自動車ローンの金額や、財布の中にどれくらいのお金が入っているか・・などの情報を聞かされることがあります。

お金の話に執着してしまう人がいる

 子供の頃に「懐事情(お金の悩み)を公にするのはタブーである」と教えられてきた人は、大人になってもお金の出入りについては口にしないはずです。しかし、そんな事お構いなしでお金の話ばかりする人が必ずいます。

お金の話ばかりする男・女の心理

 何かの飲み会があって参加していると、自己紹介のようにお金の話をしてくる人がいます。そのような人は決まって・・

  • 去年はボーナスが少なくて厳しかった・・
  • 給料が少ないなりに苦労して(うまくやりくしして)いる
  • あなたの給料はどのくらい?
  • へぇーそうなの?(ほぼ関心がない)
  • でも、こっちは会社のせいでムダに交通費使って・・
  • サービス残業ばかりの会社なのであなたより苦労してる
  • あなたより給料良くても会社のせいで辛いことばかり・・

 というようなグチが延々と続きます。たちが悪いのは「自分の給料は周りの人よりも良い」をアピールしながら、「あなたたちより苦労しているので損している」と、話の中心が「自分はもっとお金をゲットできる人アピール」になります。

自己中心的な性格である

 お金の話ばかりする男や女の心理とは・・

自分に関心を持って欲しい(好感度を高めたい)

 という考え方が基本になります。周りの人のお金の事情を聞いて、「そっちも大変なのか~」と言いながら、結局は自分の収入が(少しでも)高い事をアピールしたいし、その給料よりも自分の能力が高いことを(遠回しに)言いたいのです。

他人の話の邪魔をしてくる人

 ファッションの話、旅行の話、食事の話など、今流行っている話題で盛り上がってるときに・・

で、それいくらしたの?高かった?

 というお金のことを聞いてくる人がいます。楽しい情報で盛り上がりそうだったのに、結局は「そんな事にお金を使って・・・ムダじゃないの?」というような流れの話になってしまいます。周りの人達も、こんな事が続くとシラケてしまいます。

自分のお金の使い方が優れているアピールである

 ファッションブランドを追求していくのは「お金のムダ」というような考えをアピールする人の心理は・・

良品を見定める目利きに優れていて、無駄遣いをしない頭が良い人

 のような、見た目にダマされず判断力が高いことを知ってもらいたい「目立ちたがり」の性格が影響しています。

 財布の紐が固いなら「賢い:知能が高い」と好印象になりそうですが、他人の盛り上がりそうな話を「ぶった切る」のは、デリカシーのない自己中心的な「面白くない = つまらない話をする」人となります。

親切心の塊であることも

 お金の話ばかりするのは、知り合いの男性や女性だけでなく、自分の親も同じであることが多いはずです。つまり、「お金の話ばかりする」のは、自己中心的な欲求の高い人(ナルシスト)だけでなく・・

  • 心配性である人

 も含まれます。例えば、親は子供が失敗するポイントを知っているので、イージーミスでひどい目に遭ってしまう「お金の使い方の注意」ばかりしてきます。

彼女・彼氏の気になるお金の話

 彼氏や彼女が相手にお金の話をよくするのも、「相手が失敗しないでやりくりできること」を思っているからであり、結婚間近のカップルなら「過去のお金で失敗した経験」について何度も言ってしまうことがあるはずです。それは・・

結構相手とお金の価値観を合わせておく必要がある

 からです。最終的に、彼女や彼氏と貯金を一緒にしてやりくりをする可能性が高くなるため、「大事なお金が間違ってムダに無くならないように」しつこくお金の話ばかりしてしまいます。結局、「お金の話ばかりする親」と考え方は同じになります。

男性と女性でお金に対する価値観が違う

 男性がお金の話をしたがるのは、自分の地位を高めたいから・・という見方もあります。元々、結婚をするための(生活を支える)お金を稼ぐのが男の本質的な考えですが、それ以外にも男の本音では このような欲求があります。

  • 愛人を作って遊ぶにはお金がかかる
  • 高級車・ギャンブルのお金も必要
  • 周りの目はお金持ちに集まるはず

 言い換えると「権力のある強い男」を目指しているので、その中心となるのがお金です。お金を示せば様々な欲求を満たすことができるので、必然的にお金に執着するし、いつもお金をゲットするにはどうするべきか考えています。

 お金の話ばかりをするのは「下品である」ということは承知しています。しかし、将来のに手に入れたいお金がずっと気になっており、それが、お酒を飲む場ではさらにオープンになって、抑えている「お金の執着心」が出てしまいます。

女性はお金の話をする男が嫌いである

 自分の立場を強くするために「いつもお金に執着して金持ちになりたい男性」に対して、一般的な女性なら・・

お金の話ばかりする男性が嫌い

 なので、ここでかみ合わない部分が出てきます。女性は将来の旦那かもしれない彼氏に対してなら「貯金の心配」があるので、お金について話したがりますが、「友人・会社の飲み会・コンパ」などでは、お金の話をする男性は最低の評価になります。

 ただ、男女の間の話なので、「最低の男が見せたギャップに・・」ということもありえます。女性は男性の「お金・車・名誉をゲットして女性に注目されたい」という野心を「気持ち悪い」と感じるか、「肉食系」と見るかによって、その後の印象が変わってきそうです。

まとめ:お金の話ばかりする男・彼氏・親の心理

 お金の話ばかりするのはタブーだと言われます。給与や貯金、ローンやお小遣いなど、自分とは関係ない人のプライベート情報を平気で言う人は嫌われます。

 ですが、身内の家族・彼氏(彼女)など収入を一つにして生活をしていく間柄であれば、「お金の話ばかりする」のは必然的なことです。逆に、旦那や妻がお金に無関心になっているなら、ずっと一緒に生活を続けることが難しい危険な状態かもしれません。

Posted by mon