お金の話をよくする事が成功する秘訣である

性格の影響

nature-view

必要なお金を調達するために、知り合いにお金貸してと頼む人がいます。このようにお金に対しての考え方がオープンであり、友人や周りの人達などに素直に自分の考えを話す人がいます。

印象的に悪いと思う事はほとんどありませんが、これが友人の間ではなくビジネスであったり、社交的な場で同様であると問題となる可能性があります。

多くの人は、お金を使わない倹約した生活をしようと考えます。そうなってくると、安い商品を探すために一生懸命になったり、収入が減少したので家賃の少ないアパートに引越をしたりするなどの情報は言わないようになります。

そのあたりをオープンに話す人がどうして良い印象になるのか考えてみます。

お金の事を話すのは悪い事ではない

お金の事は毎日心配のタネになります。急に収入がストップしてしまったら、明日からどのような生活をしたら良いのか?または、将来予定しているマイホームを購入する為の貯金がなかなか貯まらないのはどうしてなのか?など、気になる事が多いはずです。

このようなお金の心配事に関しては、周りの人達も同様であり、いつもお金について悩んでいる事を口にせずに我慢している状況が考えられます。そのため、お金について話すことは以下のようなメリットがあります。

    お金について話す事のメリット

  • 本当に悩んでいる事を話してもらえるため信頼感が高まる
  • お金がない生活のネガティブな印象が改善される
  • 他人のお金のやりくりのテクニックを勉強することができる
  • 公的なお金を節約したり手当を頂く知識を増やすことができる
  • 将来の土地や建物などの知識と選択肢が増える

このようにいくつも良いところがあるため、積極的にお金の話をしていく事を優先していくべきです。

貧乏生活をしているとお金について話したがらない

毎月の生活費が少ない状態で生計を維持している人の場合には、お金の話となればギリギリのお金のやりくりの話であったり、借入の情報であったり、完済まで何ヶ月必要かなど、ネガティブな問題がいくつも出てくる可能性があります。

そのため、困窮した生活をしている人はお金に対しての考え方がシビアであり、その部分を他の人に話す敬遠されてるしまうのではないかというマイナスイメージがあります。

そのため、本当はお金について真剣に悩んでいるのに、周りの人達とお金について話ができない状況があります。本当に困窮している人が近くにいるのであれば、共感できる内容を相談する事もありますが、あまり多くは語らない状況があります。

お金について話す習慣を心がけるべき

学生の頃には、遊ぶお金であったり将来に買いたい物に必要なお金について友人たちと話す事があったはずであり、そのような友人たちとは信頼関係が成立していたはずです。

これが大人になってくると、段々とお金について話す事が悪い事であるかのように捉えられる事が多いのです。例えば、隣の人が購入した車がどれくらいの価格であったとか、知り合いの人が勤めている会社の給料がいくらであるとか、そのような事を話す事がネガティブな要因と捉えられる事があります。

そのような状況が考えられるので、お金について話すときには以下のことについて考慮する必要があります。

  • 話している相手が信頼できる友人なのか?
  • 就職のことについて話すと失礼にならないか?
  • 結婚の話をしても大丈夫な人なのか?
  • 子供の学費について相手も真剣に悩んでるのか?

などです。本当の友人であればどのような話であっても共感してもらえるはずですが、社会人になると相手に失礼になるので言わない方が良い事も増えます。そのため、何を言っても笑ってすごせる人と、失礼だからと怒ってしまうような人もいるのです。

お金儲けの話に嫌悪する人が多い

お金の話については話す相手も選ぶ事が重要ですが、そんな中でもお金儲けの話については避けるべきです。お金についてマイナスなイメージのある人は収入が少ないことが多いのです。

そうなってくると、大きなお金を儲ける話をしても興味が無いことや、収入が少ないことを笑われているかのような印象を受けるので、お金儲けの話をすると嫌悪する人が多いのです。

そのためお金儲けについて話す事ができる人は、同じ境遇にあってビジネスチャンスを探しているような仲間とすることです。それ以外は家族や兄弟など、育ちや貯金の金額も全て分かってるような人達と話せばマイナスの要因は考慮しなくても良いのです。

まとめ:お金の事を話す

積極的にお金の話をすることによって、お金儲けや収入アップなどの話に興味がない人を排除していくことが可能です。自分の本当に話をしたい内容に共感してもらえる人と、お金の話をすれば良いという考え方となります。

しかし、良い企業に就職したり、生活のお金の流れを良くしたりするために友人を振り分けているような状況になるのは、得策ではない可能性があります。そのあたりも考慮して、多くの人に違和感を与えないようにお金の話を自粛するか、本当にお金の話をしても違和感のない人とつながりを強くするか考える事も大事です。

Posted by mon