お金のかかる趣味 ランキング【かける費用・年間に使う金額】男性

 趣味にお金をかける男性:旦那や彼氏などにウンザリしている女性が多くいます。

お金かけ過ぎ!

 と注意しても、なかなか直らない理由はなぜなのか。

 同年代の男性と比較して、使う金額がどれくらい違っているのか気になります。この熱中してしまう趣味に関する・・

  • 趣味にかかるお金の年間平均額
  • どのような趣味がヤバいのかランキング
  • 多趣味な男性のデメリットと対策

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

多趣味であるのは男性の本質である

 まず、最初に考えるのは、なぜ一つの趣味にのめり込んでしまうのか?についてです。

 男性は、強くてカッコいい物に引かれます。「強い・勝つ・カッコいい」と周りの人がうらやましがられることは、男性の本質です。無意識に他の男性をライバルだと思い、自分をより大きく見せようとアピールします。

POINT

男性がカッコいいものに惹かれるのは目立ちたいから

 男性が、強くて 珍しいものを所有して、羨ましがられたいと思うのは「異性へのアピール」でもあり、知識・経験からなるステータスの高い人になりたい要求でもあります。

夢中になってしまう要因とは?

 趣味にお金をかける男性のまずい所は・・

POINT

エンドレスで(ずっと)お金を使い続ける

 この状態が継続してしまうからです。これには男性特有のライバル心が影響しています。

男性が趣味にお金を使ってしまう要因
1外車:フォルクスワーゲン ビートル 300万円を購入
2信号待ちで BMW 500万円が並ぶ → すげえ!と感動
3外車:ベンツCクラス 500万円を購入
4信号待ちで ポルシェ ケイマン700万円が並ぶ → すげえ!
5以下、高額外車の購入が続く・・

 男性は、自分の器以上にカッコ良く見せたがります。誰もが知っている高級車を所有することで、より高いランクになりたいと思っています。

 豪邸・車・趣味のコレクションで尊敬している先輩の話をすることがあるはずです。それは「うらやましい」という気持ちを抑えることができないからです。

お金のかかる趣味ランキング

 パートナーが「どハマり」している趣味が どれくらいお金をつぎ込むヤバい趣味なのかを知るには、熱中しすぎて行き着くところまでいってしまった方の費やした金額を、ランキング形式で並べてみると分かりやすくなります。

お金を使いすぎる趣味ランキング
順位趣味お金使いすぎレベル
1パチンコ・パチスロ激高数年で家が建てられるほど
2競馬・競輪激高数年で家が建てられるほど
3車・クルーザー激高フェラーリは事故車でも4,000万円の価値
4オーディオ高い底なし。防音された家を建てる人も
5骨董品収集高いお金の感覚がマヒしがち
6バイク高いハーレーは金食い虫
7ゴルフ高い下手なのは道具のせい信者に
8アイドル追っかけ高い握手券をゲットしてCDを捨てがち
9カメラ高め新発売も旧タイプも欲しくなる
10旅行高め連休は必ず空港へ行く習慣
11ネットゲーム高めのめり込むと大量課金
12自作PC普通1年経てば全て旧マシンに
13鉄道マニア普通遠出する頻度による
14ファッション普通限定販売は逃さない
15楽器演奏普通楽器は どれも高額
16美術鑑賞普通書籍で見るだけなら安上がりだが・・

 あまりに熱中すると、趣味を楽しむ目的で豪邸を建てる方がいます。

  • 自宅のレコーディングスタジオ
  • 絵画を描くためのアトリエ
  • コレクションの展示・ストック倉庫として

 ここまで本気の趣味になると、周りの声はもう聞いてくれないはずです。

 日本では、カジノを含めた巨大なテーマパーク+ホテルの建設に前向きです。すると、テーブルゲームやスロットマシンを楽しむ遊びのエリアが増えるので、お金をつぎ込む趣味が変化してくる方もいるはずです。

お金のかからない趣味へ切り替える方法

 「結婚前の趣味」「職場が変わってからの趣味」「子供が増えてからの趣味」のように、ライフスタイルのちょっとした変化によって、趣味の対象が変わってくることがあります。これがあるなら・・

きっかけがあれば趣味がガラッと変わる

 こうなる可能性は十分にあると予想できます。

 なので、こっちから意図的に仕掛けて刺激を与える方法を狙います。問題は、「いつ」「何をきっかけに」変えるのかです。

 転職(または田舎へ引越す)など、できるだけお金をかけずに楽しめる趣味の環境へ誘導します。都会は歓楽街が近かったり、高級ブランドショップ・賭けごとを楽しむお店・誘う友人が近くにいたりするので、より田舎の環境を優先します。

 比較的お金の消費が少なめとなる趣味はこのあたりです。

お金を使いすぎない趣味一覧
趣味お金使いすぎないポイント
ワイン収集月1万からワインセラーは高いが買いすぎを防げる
自転車月1万から購入を年1台に抑えるならオススメの範囲
カラオケ月1万からカラオケハウス・自宅カラオケなら安上がり
ボーリング・ダーツ月1万からほぼ場所代のみ。打上げの居酒屋が高い
コミック・小説月5,000円から買いすぎても許容範囲・理想の趣味
食べ歩き月5,000円から県内のみなら・食事、ガソリン代だけの出費
釣り月5,000円からある程度の道具が揃えば、毎月少額だけ
熱帯魚・犬・猫月5,000円から初期は高額だが、維持する費用は理想の範囲
囲碁・将棋月1,000円から道具は高いが、揃った後は格段に低コスト
ウォーキング月1,000円から低コストで健康的。社会的にも好印象に

 最もコストのかからない趣味では、ウォーキングやジョギングなどのエクササイズ系になります。

 これらのお金のかからない趣味に切り替えていくために、早寝・早起きの習慣を意識するべきです。夜更かしをする趣味は「お金がかかる」傾向があります。電気代もかかることや、外食やお酒を飲む機会も増えてしまいます。

メタボを理由に外で体を動かす方向に

 年齢が高くなるほど、メタボになる可能性が高まります。肥満だと健康診断で医師から注意されることや、病気になりやすくなってしまいます。

 そうなってくると毎年支払う医療費が増えてしまうので、旦那を・・

スポーツジムに誘ってみる

 この方法が効果的です。ジムは年会費が必要ですが、月あたりの平均金額を出してみると、趣味に投資する費用よりも かなり安上がりになるはずです。

 インスタや芸能ニュースなどでも、芸能人やモデルがジムで汗を流している写真が流行っているので、「カッコいい」時間の使い方として 受け入れやすいはずです。

有名アスリートのデザイングッズを買う

 有名なプロスポーツ選手が愛用している「シューズ」や「ウェア」と同じシリーズが、期間限定で一般向けに販売されることがあります。

 このような有名アスリートモデルのアイテムを買うとモチベーションを高くすることができます。それは・・

男性は「見た目」から入るからです

 「イケてる服」「カッコいいバッグ」など、同僚や後輩から注目されるファッションアイテムを身につけると、やる気がアップして趣味としても熱中することができます。

趣味にお金をかける本当の理由とは

 お金がかかってしまう趣味についていろいろと見てきましたが、もう一つ最もお金を使ってしまう趣味がありますが、先に挙げた「お金を使いすぎる趣味ランキング」にはランクインしていません。それは・・

女遊び

 となります。名目上は、「会社の接待」「サークルの打ち上げ」「昔の仲間が帰ってきた」などの理由で 飲み会に行ったり、キャンプに出かけたりしますが、その輪の中に気になる女性がいたりします。

POINT

女性と楽しみたい(注目されたい)心理がある

 そして、かっこいい車を買う、腕時計を購入、ファッションアイテムを追いかけることに夢中になり・・

 この性格が見えてきます。より自分のレベルを高めて(見た目を良くして)女性から注目されたいという要素です。

所有する喜びと旅行に行く喜び

 旅行先に強いこだわりがあったり、骨董品などを絶対手に入れたいという強い信念がある男性は、これらの趣味の優先順位が女性よりも上になるので、なかなか結婚できないマイナスの要素となってしまいます。そのため・・

マニアックなコレクターは結婚できない

 この傾向にあります。

 もし すでに旦那がいて、その旦那の趣味にコレクターの要素があるなら、女性が興味を持ちそうな趣味には無関心であり、ストレスを感じながら趣味の時間につき合っているだけかもしれません。

ゲームの世界に引き込んでしまう

 現在は、バーチャルの世界で楽しめるコンテンツが溢れているので、家庭用ゲーム機(またはパソコンのゲームソフト)にて、趣味で熱中していることの「さらに予算をつぎ込んだ世界」を擬似的に体験する事ができます。

  • スポーツカーを運転したい(近くで眺めたい)
  • ゴルフの世界ツアーに参戦したい
  • 競馬で賭けて大もうけ(馬主になりたい)
  • 大陸発見・洞窟探検・登山をバーチャルで

 戦車・ガンプラを作って戦争をしたり、牧場経営、コンビニ、鉄道、テーマパーク経営もゲーム内で楽しめます。

 多趣味な男性なら、ゲオ・ブックオフに行けば、つい手が出るタイトルがあるはずです。現実世界で散財するくらいなら、ゲームソフトの購入費用は安上がりになるはずです。

趣味があるのは精神的に落ちついてる証拠

 近年は、うつ傾向に悩む方が増えています。やる気が無い・楽しくない・明日もストレスが続く・・と考える方です。このような症状に悩む方は・・

趣味がない

 これが圧倒的に多いことが分かっています。

 趣味はライバルよりも「多くの体験・収集」「勝つ・有名に」という張り合いの心理が関係しています。これは生きるために必要な要素であり、ご長寿な方に共通する傾向です。つまり「趣味に熱中 → 生きる目的 → 健康・長寿」となります。

まとめ:趣味ランキング かける金額 年間平均|2019年版

 趣味の内容を金額別にランキングして、年間平均金額を算出してもあまり参考にはなりません。ジェットスキーやメダカの飼育でも、次々と設備を買ってしまうと 毎月の給料以上にお金をつぎ込んでしまうので、平均値は人それぞれとなります。

 趣味にかかるお金は、ドハマリすると家族に邪魔されない「アパートを借りる・倉庫をレンタルする」となるので頂上が見えなくなります。そのため、場所の制限・または金額を制限して、範囲内でストレスを解消してもらう作戦が有効です。

 以上、お金のかかる趣味 ランキング【かける費用・年間に使う金額】男性...についてでした。