物欲やばい!原因はこれだった|物欲のメカニズム 30・40・50代

 毎月の貯金通帳の数字を見て、給料がなかなか増えないので ため息を漏らすことがあるはずです。

どうして節約生活がうまくいかないのか?

 月末になると「残金がやばい」状態になるのは、何かにお金を使っているということです。予想外に買い物をしてしまう「物欲」のメカニズムを知ることがポイントになってきます。

  • 買いたい物を見ると脳が活性化する
  • 原因となるドーパミンのはたらき
  • カード限度額がやばい

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

物欲が少ない若い人たち

 「買いたい物がない」という若者が増えています。高校を卒業する年齢になると、何かと必要になりそうなマイカーについては・・

POINT

  • 電車をメインに利用、たまにタクシーで十分
  • カーシェアリングにて必要な時だけ車を借りる
  • 家族の車があれば問題ない

 このように、必要ないので買わなくてよいと判断します。

 所持しているスマホ、タブレットへ人気のアプリをインストールし、仲間と共有して楽めるなら「他の娯楽:旅行・車・ファッション」については・・

必要ない = 物欲が沸いてこない

 という若者が多くいます。

 このような状況は、年配の方たちの目には・・

現代の若者は物欲がない

 という風に見えてしまいます。

物欲が少ないのでお金が必要ない

 物欲とは、買いたい商品の執着が非常に強く、経済的に余裕がなくても買ってしまうことです。しかし、物欲が少ない人は、「お金そのもの」が必要ないと感じます。そのため・・

生活に必要な分だけ仕事をするライフスタイル

 を好む人がいます。いわゆるフリーターです。

 何か買いたい物が出てくると(物欲が高まってきたら)アルバイトをはじめて、目標達成したらバイトを辞めて無職になり、自由な時間を楽しむというライフスタイルです。

派遣社員として働く

 最近では、アルバイトと派遣社員の線引きが曖昧になっています。社会保険が適応する勤務スタイルで期間限定で仕事をするなら、アルバイトも派遣社員も条件は変わらなくなっています。現在は派遣社員が多すぎる状況となって・・

ワーキングプア(仕事はあるけど貧困)

 という生活をしている方が多くいます。

 政府では 年収300万円以下の低所得者層を減らすため、社員登用しやすい人事採用ルールをいくつも設定しています。しかし、問題なのは物欲のない若い人は・・

POINT

後に正社員として働くことを望んでいない

 という方もいます。つまり政府が作ったルールが迷惑なのです。

 好きな期間だけ働いて「物欲を満たす分のお金をゲットする」期間社員の方が気楽で良いと考えるのですが、正社員では無いためボーナスが支給されないなど、収入はずっと不安定なままです。

30代、40代は買いたい物がとても多い

 20代あたりの社会人になりたての頃は、これまでの「お小遣い」をもらっての生活から、急にまとまった収入が入ってくるようになるので・・

POINT

お金を使う方法が分からない(物欲がない)

 と感じる方が多くいます。

 ですが、その後は30代に差し掛かる頃までには、転職、恋愛や結婚などの予定が目白押しでライフスタイルが大きく変化し、あらゆる物が必要になってくるため物欲がどんどん高まってきます。

  • 恋愛の意識が高まり・ファッション・車の購入
  • デートで頻繁に外食・ラブホテルを利用
  • 海外旅行・ブランド物のプレゼント
  • 結婚資金として、まとまったお金が必要

 家庭を持つようになると、マイホームを含めてどんどん物欲が高まってきますが、子供の食費・被服費・学費・進学のために貯金するという「必ず買う物」があるので自由にお金が使えなくなります。

 住居費用などを金融公庫から借りること、子供を奨学金で大学へ行かせるなど「お金が足りない」状況がずっと続きます。そのため、物欲がある・なしに関わらず、50代にさしかかあるまでは 必要に迫られる出費にずっと追われ続けます。

50代になるにつれて物欲が薄れていく

 50代にかけてマイホームの購入を決める方が多くなる時期であるため、家具や家電製品など ほとんどの家財道具を買い替える時期が来ます。あらゆる必要に迫られるので、購入する物が大量になります。

住居の購入に伴って物欲がピークになる

 マンションや一戸建てなどの住居と「宅内で必要なもの」を一通り購入した後は、50代、60代と・・だんだん物欲が薄れていきます。

 その理由は、大きな買い物をしなくても日常生活を送ることに「不便を感じない」ことや、高額な車や装飾品などを買って「誰かに見せて喜びを得る」ような欲求(物欲)をあまり感じなくなるようになってくるからです。

物欲が高まるメカニズムとは

 友人の中に・・

買い物をするのは大好き!やめられない

 という方がいないでしょうか?ファッションショップに足を運び、好きなもの手に取って購入しようか考えているときには、「楽しい」という快感を感じています。このとき、頭の中では・・

POINT

ドーパミンという脳内物質が分泌されている

 ことが分かっています。このドーパミンは、快楽ホルモンと言われており、美味しい食事を食べたときや、旅行に行ったときなど、楽しい刺激を受けているときに放出されます。

買い物をする瞬間に快楽を感じる

 買い物の刺激によって脳内にドーパミンが放出されると「心地よく」感じますが、これが病みつきになると、物欲が抑えられなくなります。

ドーパミンの気持ちよさをもっと求めるようになる

 好きな趣味に熱中している時には、ドーパミンはずっと出続けます。その楽しさに集中しているので、他の体の反応が無視されてしまうことがあります。

  • 趣味が楽しすぎて食事を忘れる
  • 大恋愛で夢中になって眠れない
  • ギャンブルで頭がいっぱいで他は全て無視

 物欲が止まらなくなってしまう人の症状と、原理的には全く同じ症状となるのが「ギャンブル依存症」です。

 日本にはパチンコ店が非常に多くありますが、後にカジノの建設が開始されることも決まっています。そのため、パチンコ・競馬・競輪などのギャンブル業界で「お客さんの取り合いがおきるのではないか」とも言われています。

物欲がやばい、抑えられないのはどうして?

 お店に行って欲しかった商品を手にするときには、ドーパミンが大量に分泌されて楽しく感じます。物欲を満たすことで、脳で快楽を感じて満足できます。しかし・・

POINT

物欲が満たされるとドーパミンは減少する

 商品の購入を検討しているときにドーパミンが分泌され「楽しく」感じますが、購入後はなくなります。そして、さらに刺激が欲しいと感じると新たな商品を手に入れたい欲求が生まれます。このように・・

物欲はいつまでも抑えられない

 という状態が永遠に続きます。

若い女性の物欲がやばいのはどうして?

 物欲のメカニズムは、ドーパミンが原因となっている事を先に紹介しましたが、このドーパミンが分泌されるのは、物欲を満たして「満足度を得たい」と感じていすからです。その事から分かることは・・

若い女性の物欲がやばいのは、心が満たされていないから

 といえます。つまり、彼氏や旦那さんなどと・・

POINT

  • 会話が少ない
  • 優しい言葉をかけてもらえない
  • 女性として見てくれない

 のような「心が満たされていない」状況が続くと、脳からドーパミンが分泌されない状況が続いてしまいます。そうなってくると、「買い物」をして欲求を満たしたい(ドーパミンを分泌させて楽しみを感じたい)状況になります。

 これが、若い女性の物欲がヤバくなるメカニズムとなります。

クレジットカードの限度額が問題

 物欲が抑えられなくなってしまう原因の一つに、「まだまだショッピングできる余裕がある」という気持ちが関係しています。買い物で利用する「クレジットカードの利用限度額」まで余裕がある状態であったときには・・

明日も明後日も買い物をすることができる

 という「楽な気持ち」でショッピングできます。そして、購入時にはドーパミンが放出されて楽しめる事が分かっているので、その楽しさが「まだまだ続く」と分かると抑えが効かなくなります。

 買い物に対する快楽:物欲を抑えていくためには「買い物する限度を決める」必要があります。

ショッピング限度額の調整は簡単

 所有しているクレジットカードの、ショッピング枠の金額(上限額)を設定するのはとても簡単です。

ネットの会員ページへログインし、希望の「ショッピング上限金額」へ設定を変更する

 必要以上にお金を借りてしまう:キャッシングをする習慣があるなら、キャッシング枠も同時に下げることで、物欲が自由になる限界の金額を決めてしまいます。

 この設定した限度額の範囲内だけで物欲を満たして楽しむのであれば、それほど大きな問題にはならないはずです。

まとめ:物欲やばい!原因・物欲がなくなる女性とは

 物欲のメカニズムを知ることで、どうして買い物に熱中してしまうのか原因が分かってきます。私たちは、毎日何らかの楽しみ(報酬)を得たいと思っており、刺激が少ない生活が続くと・・

「買い物の楽しさ」に快楽を求めるようになります

 この状態を回避するには、ストレスを発散できる遊び(スマホゲーム・麻雀・ゴルフ・釣り・手芸・プラモデル)などを楽しむ習慣が大事になってきます。

Posted by mon