送料無料 仕組み からくり|無料なぜ?通販 ネットショップの平均

楽天市場の送料無料ページ

 ネットショップを利用するとき、買いたい商品をカートに入れ、支払い方法、住所などの入力が終わって最終の合計金額を見たら、予想していなかった「送料 680円」が記載されていると・・

ボッタクリかっ!

 と言いながら、購入をキャンセルする事があるはずです。

 ネットショップを使い慣れると「送料無料」で商品を発送してくれるショップはかなり「良心的」に感じます。このネットショップの送料無料にまつわる・・

  • なぜ「送料無料」にこだわるのか
  • 送料無料を実現できる仕組み:からくり
  • ネットショップが利益を出せる理由とは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

送料無料の仕組み:からくりとは

 まず、前提として「送料無料」とは、ネットショップが運送業者に配送の料金を支払っていないという意味ではありません。「送料無料」にて発送する商品の運送については・・

ネットショップ → 運送業者へ規定の送料を支払います

 つまり、大手のテレビショッピングでおなじみの・・

送料は当社が負担します!

 このセリフには、秘密のからくりは本当になくて、ネットショップ側が送料無料で発送する商品の運送料金を負担しています。

どうして送料を無料にすることができるのか

 送料を「当社が負担」して赤字となって倒産しては意味がないので、商品の価格をうまく調整して最終的な利益が出るようにコントロールします。

商品の価格は「送料コミ」で決めている

 ネットで商品を販売する時は、「送料が必要 = 高い」、「送料無料 = 安い」このイメージが定着しているので、送料が無料になっているように見せる「値段のつけ方」がポイントになります。

商品の価格に含まれるもの
商品の仕入れ値ネットの運営コスト運送業者の配送費用

 商品の価格には、これだけを含める必要があります。「仕入れ値」「運営費」「配送料」この3つを含めながらも、他のお店より安く販売することを目指します。分かりやすく表にしてみます。

送料無料にて提供する商品の例

 分かりやすく1つの商品の価格と、その内訳の金額の例を見てみます。

送料無料(含む場合)の内訳(単価2,000円の商品の場合)
商品の価格商品原価運営コスト配送料利益
2,000円1,400円100円300円200円

 この例では、2,000円の商品を送料無料で提供し、200円の利益が出ています。運営コストとは、巨大倉庫で商品を管理する・・

POINT

  • 土地
  • 建物
  • 管理スタッフ
  • ネット設備

 これらのレンタル・給与・購入・メンテナンスなどにかかる費用です。

同じ商品を送料別で販売した場合

 次は上と同じ商品を送料別で売ったときです。

送料別(含まない場合)の内訳(単価2,000円の商品の場合)
商品の価格商品原価運営コスト配送料利益
2,000円1,400円100円0円500円

 商品の価格は2,000円で同じですが、別途 送料の300円を追加で請求します。つまり購入する側は、送料を含めて合計額2,300円を払います。

 このように、送料を別にすると商品の価格:2,000円の中に送料300円を含めなくてよいので、結果的にショップ側の利益は、200円 → 500円と2倍以上にアップしました。

送料が上乗せされると購入をキャンセルする

 冒頭でも触れたように「送料無料のネットショップに慣れている客は多いので」、支払い内容を確認する画面で、送料が上乗せされると「不当に手数料を取られている」と感じるので、購入をキャンセルする人が出てしまいます。

利益が2倍以上だが、購入者は5分の1になる

 利益が2倍あっても20%しか売れないとき、利益を合計してみると減っている計算になります。これではまずいので、倉庫・運送・作業スタッフに余力があるなら・・

1つの利益は小 x 大量に売る = 利益合計がアップ

 このスタイル:薄利多売の道を選びます。いつも送料無料のサービスを提供しているAmazonやネットスーパーの販売戦略です。

安売りで儲ける商売の基本:薄利多売

出典:価格.com

 大手のネットショップが 送料無料で提供できるのは、爆発的な販売数を狙っているからです。

薄利多売で利益を出すには
商品1つの利益売れた数最終利益
送料無料200円10020,000円
送料300円500円2010,000円

 このように、送料無料で100個販売すると 1個200円しか儲けがないのに、20,000円の利益が出せます。それに対して利益500円を狙って「送料:300円」で売ると 20個しか売れず、利益は10,000円。儲けは半分になってしまいます。

送料無料で大量に売ると・・

Amazonトップページ
出典:amazon.co.jp

 Amazonなどのネットショップは、商品を保管する巨大倉庫を完備しており、人件費、ネットの運営費も毎月のように決まった額の出費があります(経費はほぼ固定している)。それがあるので・・

「送料無料」で満足度を高めて、ガンガン売りまくる

 「送料無料で利益半減 → でも売上5倍 → 結局、トータルの利益は2倍以上に!」この流れが予想できるので、大量仕入れ・大量販売を繰り返せば、どんどん儲かります。これが薄利多売の仕組みとなります。

 そして、もう一つのメリットは・・

安く商品をゲットでました。オススメ!

 このような話題が口コミで広がりやすいので、広告を出すお金(経費)を減らせます。

 ブログやツイッターで、ラッキーなつぶやき「送料コミで1,000円以下でゲット!」のように情報を発信する人は多いので、送料無料のサービスを提供するだけで 口コミ効果でどんどん利用者が増えていきます。

3,000円以上を送料無料に設定する理由

 送料無料として商品を販売するときに問題になるのが、商品の中に含めた送料が利益を超えてしまうことです。例えば・・

1,000円の商品で送料が300円かかるとき
商品1個の利益含める送料販売時の利益
200円300円-100円(赤字)

 送料無料としているので、配送料300円を商品の価格で負担する必要があります。上の例では、まずいことに100円の赤字です。

 売れば売るほど赤字が広がってしまうので、これを続けるといつか倒産してしまいます。そこで考えたのが「3,000円以上送料無料」です。

3,000円の商品で送料が300円かかるとき
商品1個の利益含める送料販売時の利益
600円300円300円(儲け)

 商品を3倍の3,000円まで増やすと、商品の利益が600ほど見込めるので「送料無料で売っても300円の儲け」となります。

いくら購入以上で送料無料にするか

ユニクロのネットショップ

 上の例では300円の利益を確保するには、3,000円がボーダーラインという考え方でしたが、 「送料無料にする購入総額」を決めるもう一つの方法が、「客単価」のアップです。「客単価」はレジで会計するときの「一人で購入する金額」の平均です。

  • 「客単価」が1,800円 → 2,500円以上で送料無料に設定
  • 「客単価」が2,600円 → 4,000円以上で送料無料に設定

 このように、あと商品を2つ買ってくれたら「送料無料」になるような金額を設定します。人気のユニクロネットショップでは、「5,000円以上で送料無料」となっています。

 ちょっと強気な設定だと感じられますが、実際に利用してみると Tシャツ、アンダーウェア、ルームウェアなどが低価格で豊富に提供されているので「買い物カゴ5,000円以上」までは簡単に到達してしまいます。

送料全国一律料金のショップと比較する

 商品の販売価格の内に送料を含めて送料無料とするショップ以外にも、もう一つお得になるかもしれない方法があります。それが・・

送料全国一律を設定してるショップです

 まず、商品の価格の比較からです。

送料無料と送料全国一律の商品の違い
商品の価格商品の利益含む送料追加送料商品+送料
送料無料2,300円200円300円0円2,300円
送料一律2,000円200円0円300円2,300円

 分かりやすくするために、送料の金額を同じにした場合、送料無料(送料含む)で提供しても、商品+送料全国一律料金追加 で提供しても販売価格は一緒です(実際は大手ショップの送料無料の販売価格が安くなる場合がほとんどです)。

送料全国一律は利便性を優先している

ベルメゾンネットのトップページ

 ここで、送料全国一律の内容を見てみます。例えば、関東にネットショップの販売店があるとき、関西へ配送 → 300円。北海道へ → 700円。沖縄へ → 900円 の配送料金が必要でも・・

POINT

送料全国一律480円のルールで営業します

 利用するお客さんは、関東、中部、関西あたり(配送300円以内)が圧倒的に多くなるため、480円以上の地域が赤字でも平均の金額ではプラスになることが多いのです。

送料が分かりやすいメリットがある

 送料が赤字の地域を含めて送料全国一律料金を設定するのは・・

分かりやすいからです

 地域ごとに送料がゴチャゴチャ書かれていると、自分の住んでいる地域の送料を調べて商品の金額と合計して・・という計算が面倒なので客が離れていきます。そのため、分かりやすくするために「送料全国一律」を設定します。

大手の送料無料ショップより安くなることもある

香辛料の入った瓶

 「九州・沖縄地方」「東北」「北海道地方」などの通常配送の価格が高い地域から注文した場合「送料全国一律」料金を加えても最安値になることがあります。特に大手の楽天市場では

離島地域は送料無料の対象外となることがあります

 また、楽天市場にて出店しているショップは、オリジナルの送料ルールを設定できるため・・

POINT

  • とても分かりにくいシステム
  • 他店よりも高い送料設定
  • 全国一律料金が提供されない地域がある

 このように送料に関しては各店でバラバラになり、最終的に支払う価格が分かりにくくなっています。

ドロップシッビングも送料の設定がポイントに

もしもドロップシッピングサイト

 ドロップシッピングというスタイルで副業をする方が増えていますが、商品がなかなか売れない理由が送料になっていることが多くあります。

 ドロップシッビングとは、在庫を保有しないスタイルでネットショップで商品を販売 → 卸企業から商品が発送されるという運営するスタイルです。ここでも・・

大手のショップに勝てないのは送料の設定が高いから

 こんな状況があります。

 同じ商品を送料無料で提供するネットショップがある中で、送料を上乗せしながら利益を追求するのは難しくなります。

まとめ:送料無料 仕組み 理由 ベルメゾン ショッピング|2019年版

 ネットショップとして大人気のAmazonでは、配送業務を依頼しているヤマト運輸と かなり安い料金で契約しています。そのため、最安値の価格設定でありながら「送料無料」が実現できています。

 ただ、Amazonの大量の商品配送によって常に人手不足であり、ドライバーの負担が高すぎる事から配送料金の見直しが行われています。また、再配達の増加を減らす「宅配ボックス」を設置していく取り組みも広がっています。

 以上、送料無料 仕組み からくり|無料なぜ?通販 ネットショップの平均...についてでした。