業務スーパー 買うな!安い中国産 品質 安全性 冷凍野菜は危険?

 業務スーパーは常に安い価格で商品を提供しているので、お肉に冷凍野菜、卵に牛乳など、毎日食べる食材を調達するにはベストなお店です。ですが、気になるのは・・

中国産は農薬が混入しているので危険!

体に悪い・安全性がヤバいので買うな!

 こんな注意喚起をしているホームページを見かけることです。そんな業務スーパーにまつわる・・

  • 激安な食品の安全性・危険性
  • なぜ安い?その理由・中国産・仕入れ日
  • 買っちゃダメ・買うな!の根拠:買わない方がいいもの

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

業務スーパーは安すぎる 絶対買ってはいけない?

 業務スーパーの概要の前に、このページを訪れる方が検索している・・

POINT

  • 業務スーパーで買うな!
  • 中国産の品質がヤバい 危険 !
  • 業務スーパーで買っちゃダメな商品とは

 この問題から見ていきます。

 ネットで見かける「業務スーパーは危険!」とするサイトでは、業務用食材を提供している大手スーパーにて(業務スーパー以外も含めて)売られている食品に・・

  • 危険な残留農薬が残ったまま売っている
  • ホルモン剤が注射された肉を販売している
  • 必要以上に防腐剤が使われていて危険

 このような事を理由に「業務スーパーは危ない・絶対買うな!」として注意喚起をしています。

買ってはいけない商品が売られている可能性

 このようなサイト・SNSを見た方が「業務スーパーの安い食品は 体に悪い中国産だ!」としてネットへ発信すると、正しい情報なのか確かめもしない人達が「ネットで騒いでいる = ヤバいのは本当らしい」として、さらに拡散されていきます。

 もし、買っちゃダメな食品(安全性に問題があるもの)が業務スーパーで普通に売っている → これが本当であるなら・・

  • 食の安全を守る厚生労働省がチェックしていない
  • 業務スーパーが食品安全ルールを守らずヤバい食品を仕入れている

 このどちらかが、当てはまることになります。

ブラジル産鶏肉の食肉不正問題

 業務スーパーは、海外から価格の安い商品を仕入れています。ちょうど、業務スーパーで ブラジル産鶏肉が業界最安値で売られて話題になっていた2017年頃、ブラジルで大きな問題が発覚しました。

食肉不正問題・・・腐った鶏肉がバレないように、発がん性のある化学物質を混ぜて販売

 この問題で、ブラジル政府は問題の発覚した工場の輸出禁止を命じました。

 日本をはじめとした輸入国は、ブラジル産食肉の輸入を停止しました。このニュースを知った方が業務スーパーで鶏肉ブロックを手に取ったとき・・

ブラジル産 = ヤバい!買わない方がいい

 こんな連想をしたのかもしれません。

 この食肉不正問題が発覚した際には、国・民間企業の対応により問題のある工場以外からの輸入に早急に切り替えています。問題のあった工場は、ブラジル全体の1%ほどであったとされています。

冷凍食品(中国産)の商品がヤバすぎるのか?

 もう1つ、何度もでてくる話題に中国から輸入された冷凍食品:ほうれん草に基準値の6倍の農薬(クロルピリホス)が検出された問題です。2002年から2003年あたりに複数回の報道がありました。

 その時は直ちに輸入自粛措置がとられ、2年後に中国側の安全確認体制の改善状況の調査結果を経て輸入再開となっています。その後 農林水産省では・・

中国の行政機関・調査機関・生産農家を訪問して調査しています

 農林水産省によると「農薬管理・衛生管理・品質管理には国際的な品質管理システムとなる HACCP ISO9000が導入されている」としており、安全性に対する意識はより高まっていると見られます。

輸入した冷凍食品:中国産だけの問題ではない

 中国のほうれん草問題のときには、基準値が 0.01ppmなのに6倍の0.06ppmが検出されたのですが、このような基準値オーバーの事例は中国産の冷凍食品だけではありません。厚生労働省の「平成27年度 食品中の残留農薬等検査結果」を見ると・・

 国産・輸入食品300万件の検査をした結果・・

平成27年度 食品中の残留農薬等検査結果
残留農薬検出基準値超過数
国産0.28%0.0003%
輸入0.42%0.0011%

 残留農薬が検出されたのは、国産が0.28%、輸入だと0.42%です。比べてみると国産の残留農薬は少ないので・・

輸入食品はダメだが 国産は安心・危険性はない

 このように断言できるのか疑問が残ります。

 業務スーパーの「中国産はヤバい」という話のはずが、実は「国産もヤバい」となれば、どちらの食品も買えなくなってしまいます。

残留農薬が基準値オーバーでも残留レベルは低い からくり

 国産・輸入食品のどちらも残留農薬が検出される問題ですが、これにはちょっとしたカラクリがあります。先の厚生労働省のレポートには、結論の文章が記載されています。それは・・

基準値超過の割合はいずれも低く、我が国で流通している食品における農薬等の残留レベルは十分に低い

 こうなっています。つまり「問題ないレベルなので安心できます」と言っています。

 残留農薬は全く検出されなければ最高の結果ですが、十分に薄めて使用しても残る事があります。それなら、害虫に農薬の効果がアリながら → 濃度を最大限に薄くするバランスのよい数値が決められていて、その上限が残留農薬の基準値です。

POINT

  • ほうれん草 → 0.01ppm
  • 玄米 → 0.1ppm
  • レタス → 0.1ppm
  • はくさい → 1ppm
  • ケール → 1ppm

 ポイントは野菜の種類により基準値が違っているところです。ほうれん草で問題になった0.06ppmがそれぞれの野菜で検出されたら・・

POINT

  • ほうれん草 → アウト
  • 玄米 → 安全
  • レタス → 安全
  • はくさい → 安全
  • ケール → 安全

 こうなります。0.06ppmのさらに10倍の濃度であっても、はくさい・ケール(青汁に含まれる野菜)は安全ラインです。ほうれん草の基準:0.01ppm以上あったらヤバい!と判断するなら、野菜のほとんどが買えなくなります。

日本は食品安全基準が高い国である

 国内では食肉の衛生管理、冷凍野菜の残留農薬の問題は常に重要視されています。

 そんな中で、業務スーパーだけ食品安全基準を守らずに販売していることはあり得ません。つまり・・

POINT

日本国内で販売される食品は食品衛生基準・輸入食品監視(検疫所:食品監視窓口)

 この基準を必ずクリアしており、業務スーパーも国民に輸入食品を販売することが許可されています。

安い肉・卵・冷凍食品の安全性

 つまり、業務スーパーで売っている肉・冷凍野菜・卵などに・・

残留農薬・ホルモン剤が混入して危ない!

 このような いい加減にこじつけた話を真に受けてはいけないということです。少なくとも日本国内のスーパーチェーン店において、食品衛生基準を守らずに危険な食品を売り続けることは困難です。

 業務スーパーは すでに国内820店舗以上の巨大フランチャイズチェーンです。ヤバいホルモン剤やら農薬まみれの食品を仕入れて・・

業務スーパーはダマして儲けている

 という「ネットのウワサ」は、あまりにもナンセンスです。

安全安心への取り組み:専門スタッフによる厳正な検査

 先に説明したように、輸入される食品は厚生労働省や農林水産省の検査をパスしないと国内で流通することはできません。業務スーパーでは、行政指導による各種検査をクリアした食品だけを提供しています。

 まずは食品衛生検査です。食品の安全を守るためには重要な検査です。

 そして、食肉・ソーセージ、野菜・果実類をチェックするこの検査があります。

業務スーパーが実施している・検査・検疫
検査内容必要な
検査証明書
動物検疫食肉 ハム等から伝染病の侵入を防ぐ輸出国政府機関の検査証明書
植物防疫穀類・野菜の病害虫の侵入・まん延を防ぐ輸出国政府機関の検査証明書

 この検査をパスした商品をさらに商品ごとに基準を設定して 独自検査を実施しています。

 輸入した食品すべてをランダムに抽出して、微生物検査理化学検査官能検査を実施しています。これらの検査を行うスタッフは検査精度チェックの訓練を受けています。

業務スーパーはなぜ安い?安い理由

 では ここから本題です。

 業務スーパーが海外の市場で売れない「ヤバい食品」を仕入れていないのなら、なぜ安く商品を提供できるのかについてです。

 業務スーパーが、これだけフランチャイズ店舗を増やした理由として有力なのは「品揃えが豊富で価格が安いから」であるはずです。その安い価格を提供できるのは・・

POINT

  1. 安い海外の食材を仕入れている
  2. コスト管理が徹底している
  3. 商品陳列を簡素化している
  4. 売り出しをしない(チラシを出さない)

 業務スーパーの本来の目的は、卸価格で商品を提供することです。本来なら、レストラン・居酒屋・喫茶店のオーナーが、業務用食品をダンボール箱ごと買っていくスタイルです。

 この業務用食品を 一般のお客さん向けにも提供しています。そのため、普通のスーパーとは品揃えが違ってきます。

作業を簡素化してスタッフの人員を減らす

 一般的なスーパーでは、青果担当、総菜担当、鮮魚担当などのスタッフを配置しますが、業務スーパーでは商品の範囲を限定しているので専門の担当者を置いたり 作業の細分化をする必要がありません。

  • 魚を捌いてトレーに入れ値付けする必要がない
  • お惣菜を調理する場所・スタッフが不要
  • 野菜の鮮度管理が不要

 野菜は、傷んでくると廃棄処分をするので利益を確保しにくい部門です。同様に手間のかかる鮮魚・総菜を置かないことで、人件費を減らします。(店舗によっては、卸業者がパック詰めした鮮魚の品揃えがあります)

 商品を陳列するときには ダンボールを積み上げて、値札を貼り付けるだけの簡単な作業だけにします。見栄えよりも経費をカットして価格に反映したほうが、お客さんの満足度が高くなります。

海外の食材を仕入れている

 業務スーパーで陳列している商品の品質表示欄を見ると、スペイン産・ベルギー産など海外からの輸入品であることを確認できますが、その多くが中国産であることが分かります。

中国からの加工食品を輸入しコストを削減

 アジア諸国から輸入された食品は、国産の食品よりも圧倒的に安くなります。しかし、安いながらも品質のよい商品を仕入れているため、コストパフォーマンスも十分に優れています。

広告宣伝費が少ない

 業務スーパーは バスの車両へ広告を掲載したり、テレビを使う事もあります。しかし、他の食品スーパーのように、新聞の折り込みチラシを頻繁に利用する事はありません。

広告のコストを最低限に抑えています

 チラシでお客さんにアピールすることは重要ですが・・

  • 毎日がこの安さ この価格
  • プロの品質とプロの価格

 このキャッチコピーでずっと運営しているので、定期的に売り出しをしません。チラシがある・なしにかかわらず、業務スーパーの価格が安いことは すでに誰もが知っています。

食材加工のコストを抑えている

 業務スーパーが提供してる食品のほとんどは、PB(プライベートブランド)です。これは、大手の食品メーカーに依頼して・・

POINT

  • 人気ブランドの食品と同じもの物を安く提供してもらう
  • 原材料を安いものに変更して提供してもらう

 このような対策で 業務スーパーのオリジナルパッケージを開発し、より安い価格で提供します。

 プライベートブランド商品の製造元をチェックすると、国内の聞き慣れた有名な会社名であることがあります。

紙パックスイーツがネットで話題に

 業務スーパーは、自社運営の酪農部門があったり、自社工場を多数所有して全国の800以上の店舗へ届けています。中間マージンなしで製造から販売まで行うことで大幅にコストを抑えています。

 それ以外にも、紙パックに入ったリッチチーズケーキ、杏仁豆腐などのスイーツがテレビ・ネットでも話題になりましたが・・この食品を製造するときにも裏技があります。

POINT

  • 牛乳の製造レーンで牛乳パックスイーツを作る
  • 豆腐の製造レーンでチーズケーキをパッケージ

 このように製造コストを抑える対策を試行錯誤しています。

 消費者の目線では、パッケージが簡素でも質の良い商品を安く購入したいはずです。そんなニーズに応える商品を納得の価格で提供して人気を得ています。

 次は業務スーパーの概要についてです。

業務用の食材を取り扱うスーパー

出典:Costco Japan

 業務用食材を取り扱っているお店は、関東あたりなら「ビッグ・エー」が有名であり、アメリカから来ている激安大量食材のお店なら「コストコ」が人気です。コストコの品揃えのバリエーション、パッケージのサイズ・ラインナップには驚かされます。

 そして、国内最大の店舗数となっている業務用食材を取り扱うお店に・・

POINT

神戸物産の「業務スーパー」があります

 ただ、「安い食品を売っているお店 = コストコ」と答える方が圧倒的に多いはずです。その理由は、安く商品を提供する仕組みが業務スーパーとは違っているからです。

年会費が必要となるコストコ

 コストコは激安食材を調達できるオススメなショップですが、唯一気になるのが「会員制」であることです。コストコの年会費は・・

  • 個人会員:4,752円(税込)
  • 法人会員:4,158円(税込)

 この金額になります。

 ちょっと高額な気もしますが 給料日に大量買いをする習慣にしていけば、確実に4,752円の元を取ることができます。ただ気になるのは、週末に足を運ぶと・・

駐車場に入るまでが大渋滞になる事です

 ガソリンの消費量が増えてしまい 長く待たされるので、年会費のない近場の業務スーパーにメリットを感じる方もいるはずです。

 コストコは店舗数を 2030年までに現在の2倍(国内50店舗)へと増やす計画があります。大渋滞が緩和するなら業務スーパーよりもベストなお店になりそうです。

業務用食材といえば業務スーパー

 神戸物産の業務スーパーは、フランチャイズスタイルで店舗数を増やしたため、日本全国に急激に店舗数が増えています。

 元々業務スーパーは・・

  • 企業が業務用の食材を仕入れるために利用するショップ
  • 個人の利用することもできる。会員制ではない(会費なし)

 業務用食材がメインとなっていますが、個人のお客さんでも問題なく利用できるというコンセプトのお店です。

 一般のスーパーでは、鮮魚、総菜担当スタッフがいて、発泡スチロールの容器にサイズごとに小分けのパッケージングをして販売しますが、そのような小分けの作業はせずに・・

POINT

  • 500グラム・1キロ・2キロパッケージのみ
  • 1リットル・1.8リットルボトルのみ

 このような大容量サイズの商品をメインとしています。大容量なので格段にコスパが良くなります。

100円ショップでフリーザーバッグを買っておく

 業務スーパーを使い慣れると気になってくるのは、業務用サイズの食材の消費期限です。うまく食べきらないと価格が安くてもコスパはよくなりません。

 そこで使っていきたいのが、フリーザーバッグです。

フリーザーバッグって何?

 という方もいるかもしれませんが、最も売れているブランド名の・・

POINT

ジップロック」と言えば分かるはずです

 「ジップロック」と似た素材が使われているフリーザーバッグは、100円ショップにもあります。ダイソー、セリアなどで扱っている商品は薄い素材の製品もありますが、問題なく利用できます。

 冷凍庫に小分けして保管することで、毎日の弁当の食材としても少量を毎日使っていくことができます。

どのような食材の保存に使うか

 フリーザーバッグの普通タイプは、電子レンジで加熱することができなかったり、お鍋で湯せんをすることもできません。また、冷凍に向かない製品もあります。

 フリーザーバッグについてまとめると、このようになります。

  • 空気を抜いて保存するので食材が傷みにくい
  • フリーザーバッグは再利用しない(使い捨て)
  • 鍋に火をかけて使うこと(湯せん)ができない
  • 冷凍に利用できないタイプもあり

 ここでポイントになってくるのは、業務スーパーで安く食材を買って、フリーザーバッグを買って保存するので、余計にお金も作業する時間(手間)もかかってしまうことです。

 自分で小分けした食材と、近くのスーパーで「小分けされている食材」を買った食品の価格差が、10円~20円程度なら業務スーパーを使うメリットはありません。小分け作業の時間も「時給」に換算して計算すると、損をしているはずです。

小分け作業の労働時間も換算 = タイムイズマネー

 手間をかけすぎる節約は意味がありません。フリーな時間を空けて在宅ワークに集中した方が、ずっとお金のやりくりは改善されるはずです。

消費期限の長い食材を選ぶ

 大サイズのパッケージを買うとなれば、最後まで使い切るまで時間がかかります。そのため・・

POINT

業務スーパーで食材を調達するときは、消費期限の長い食材を選ぶ

 逆の発想になりますが、消費期限の短い食品は「期限切れ間近」という理由で2割引き(または半額で)処分されます。この「処分価格」の食材を調達して自炊していくと食費を節約できます(家庭のエンゲル係数が下がります)。

 次は、業務スーパーで調達できるオススメ食材で、コストを追求した「貧乏メシ」についてです。

鶏肉の2キロブロックは貧乏食材に最適

 節約のために質素な食生活を続けているときでも、ずっとお肉を食べずに貧乏生活を続けることは難しいことです。

 お肉の中で最も安くなるのは鶏肉です。業務スーパーでは、2キロサイズの冷凍ブロックの鶏肉を最安値で販売しています。

 鶏肉は、部位によって価格が違ってきます。時期によって価格は変動しますが、平均的にはこのあたりの価格になるはずです。

  • 鶏肉(もも肉)2kg 700円
  • 鶏肉(むね肉)2kg 840円
  • 鶏肉(ささみ)2kg 900円
  • 豚肉スライス 500g 400円
  • 豚肉(レバー)500g 180円

 2キロのパックでは、鶏肉の塊が6~8切れ入っていますが、凍ってブロック状に固まっているので、調理で使う前には一度半解凍にして小分けにする作業が必要です。

 業務スーパーでは、仕入れ先の異なる冷凍鶏肉を扱っています。世界的にも激安と言われるブラジル産、または国産など日によって変わります。時には、2キロの冷凍鶏肉ブロックでありながら500円台まで価格を下げたこともあります。

冷凍野菜:カット野菜をうまく使う

 冷凍食品のカット野菜を購入すると、皮を剥いてカットする手間を省くことができます。仕事に追われて自炊に時間をかけられない時は、カット野菜が重宝します。

格安のカット野菜を調達し料理の手間を軽減させる

 嬉しいのは、カット野菜でありながら生で販売されている野菜と比較しても、「グラムあたりの価格」があまり変わらない事です。価格が変わらないなら、カットされている野菜がお得になります。

揚げ物するならパン粉が付いたタイプを買う

 外食でとんかつやメンチカツなどを食べると高いので、業務スーパーで冷凍食品を買って自宅で揚げると非常に安く済みます。購入時には「パン粉が付いた」パックの購入がおすすめです。

チキンカツの1kgなら370円。油へ投入するだけで完成

 春巻きやロールキャベツ、ギョウザなども、加熱するだけで完成するタイプの冷凍食品を購入すると手間をかけずに素早く料理が完成します。このような「時短料理」ができる美味しい食品を探すのも、業務スーパーを見る楽しみとなります。

生麺タイプの焼きそばが激安

 最近では何処のスーパーでも品揃えのある「焼きそば三食セット」ですが、メーカーによって固さ(もちもち感)や風味が変わるので、食べ比べてより美味しい食品を提供しているスーパーで調達します。

POINT

業務スーパーでも1食30円以下の生麺が好評

 この焼きそば・うどんなどの生麺に、カット野菜を加えて加熱してソースをかけるだけで、簡単な「野菜入り焼きそば」や「焼きうどん」が完成します。ガスも少量しか使わないので、トータルで50円ほどの激安な食事となります。

パスタでお金を使わない生活ができる

 貧乏な食生活を救ってくれる激安メニューにパスタ料理があります。

 業務スーパーなどの激安スーパーでは、常に「トマトソース缶」を安い価格で販売しています。70円ほどで購入できたなら、ピーマン、タマネギなどのあり合わせ野菜でソースを作ります。

中東(トルコ・チュニジア・ギリシャ)産のパスタは味も良くて安い

 ペペロンチーノやミートスパゲティは、材料費も安くて手軽に完成するのでおすすめです。パスタはイタリア産ばかりではなく 中東産でも十分に美味しいので、安いパスタを常備して「おいしいソース作り」を楽しみます。

 その他にも、小麦粉を使うと「お金を使わない生活」ができます。業務スーパーは、乾燥麺・缶詰・冷凍食品だけで節約料理が作れるので非常に重宝します。また、海外のインスタントラーメンが安く品揃えしていることもあるので助かります。

まとめ:買ってはいけない商品 買わない方がいいもの|2019年版

 賢く業務スーパーを利用するには、一度に大量買いをしないことも重要です。細かく何度も足を運ぶ習慣にすることによって・・

POINT

期限間近の値下げされた商品を手にできます

 通常価格でも安い商品が、さらに2割引きや半額に値下げされます。毎日の食事レシピに入れて確実に食べきる予定であるなら、賞味期限はマイナス要素となりません。

 以上、業務スーパー 買うな!安い中国産 品質 安全性 冷凍野菜は危険?...についてでした。