チップはめんどくさい習慣|平均いくらくらいが相場?払いたくないとき

 ヨーロッパやアメリカなどに旅行に行くときには、前もってチップ(Tip)の文化について知っておく必要があります。旅行当日には現地へ到着して、現地通貨に切り替えた後に・・

POINT

手渡しできるサイズにチップを折り曲げる作業

 をやっておきます。この作業をやっておかないと、後で気まずい感じになってしまいます。

  • チップ(Tip)という「めんどくさい習慣」がなぜあるのか
  • 平均いくらくらいが相場なのか
  • 日本でチップの習慣がないのはどうしてか

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

チップとは何なのか?

 チップ(Tip)とは、サービスを受けたときに、指定したサービス(購入した商品)の購入代金以外に、お店のスタッフに感謝の気持ちを表すために支払う「心付けのお金」です。

チップ = 感謝の気持ちを表すお金

 このような位置づけの「仕事ぶりに感謝して送る」という内容になっていますが、実際のところは必ず払うべきお金となっています。

POINT

チップを払わないと常識の分からない失礼な客

 と思われてしまいます。

チップが収入源のスタッフは給料が安い

 アメリカなどにおいては、ウェイター、ウェイトレスなどが勤務中にチップを手にする事を見越して、かなり安い時給で働いています。

時給が3ドル(300円前後)で雇われている場合もある

 欧米では、チップを頂けるサービス業の給料はあらかじめ低く設定されています。これは時間給にプラスしてチップを頂くことを前提にしているからであり、この給与に納得してスタッフは勤務しています。

 そのため、お客さんがチップを出してくれないと・・

生活ができません

 チップを頂く文化のある国では、安すぎる時給だけでは生きていけないのです。このような文化ができあがっているので、それに従う必要があります。

チップは確定申告して所得税の対象となる

 チップで頂いたお金は仕事の報酬として手に入れたお金であるため、会社側から頂く給与と同じく「仕事で獲得した報酬」として、確定申告の対象となります。

チップは所得であり所得税の対象となる

 チップで頂いたお金を集めて そのお金から税金を払っているので、チップを頂けるルールで働いているスタッフへチップを渡すのは「当然のルール」であることが分かります。

チップを与える習慣のある国はどこ?

 ここで疑問になってくるのは、海外旅行に行くときにチップを準備しなければいけない国はどこなのか?ということです。観光客が多く訪れる国の中では、このあたりの国にチップの習慣があります。

  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • イタリア
  • アメリカ
  • カナダ
  • メキシコ
  • ペルー
  • ギリシャ
  • デンマーク
  • ロシア
  • エジプト
  • インド
  • インドネシア
  • マレーシア

 注意したいのは、食事などのレシートの支払いとは別にスタッフへ渡す場合、そして、食事の金額+チップの金額をまとめてレシートに記載している場合があることです。

 同じ国でも、チップの払い方が異なるジャンルのショップがあるため、現地のルールを事前にチェックする必要があります。

ホテルでのチップ:平均いくらくらいが相場?

 チップで渡すべき基本の金額はある程度 決まっています。ハリウッドスターなどのセレブがお店に来たときには、破格のチップを渡されてネットニュースで話題になる事もありますが、一般の観光客であれば相場に従うべきです。

ホテルで支払うチップの相場 アメリカの一般的なホテルの場合
ルームサービス ベッドメイキング ドアマンがタクシーを手配
2$~5$ 2$~5$ 1$~2$
レストランで食事をした場合
食事の会計の金額から計算して15%程度。高級店は20%
お酒を提供するお店:バーカウンターの場合
ドリンク1杯のオーダーにつき1$
タクシーに乗車した場合
「お釣りは取っといて」と言う。少ない時は10%を上乗せ
美術館・博物館などでサービスを受ける
1$~3$

 この他にも、スパ・マッサージのスタッフ、ヘアカットをした時の担当者にも(それぞれに)感謝の気持ちを込めてチップを渡しておくべきです。

チップの金額でお店のサービスを評価する

 旅行する際には、お札を持たずにクレジットカードにて食事の代金などを支払いする場合が多いはずです。カード決済をする場合においても、チップを支払うことができるようになっています。

 「Check please」と言えば、食事代金の明細が書かれたレシートを持ってくるので、食事の代金や消費税合計金額をチェックします。その時に・・

チップ(Tip、またはGratuity:心付け)の項目

 があるので、食事の代金 + チップ を払います。または、明細に目を通すとチップがすでに合計金額として含まれている場合もあるので、細部までチェックします。

レストランの食事の満足度をチップの金額で示す
サービスの質が悪い 普通である 満足度が高い
10% 15% 20%

 カード払いの時には、そのチップの支払いの欄に希望のチップの金額を書き込みます。食事代金の10分の1の金額よりも少し高めの「きりの良い数字」をチップの金額として書き込みます。

 二人で食事をしたときにに「とても満足した」と感じるなら、5$ほど上乗せすると全体の20%あたりのチップとなるはずです。

チップが不要:払いたくない・払わないでよい店

 ホテルでサービスを受けるときには、以下のスタッフにはチップを渡す必要があります。

  • ベルマン(ベルボーイ、ベルガール)
  • ドアマン
  • ウェイター
  • ウェイトレス

 ホテルのスタッフであっても、このスタッフにはチップは必要ありません。

POINT

フロント業務のスタッフ

 また、チップを渡さないお店はこのようになります。

  • ファーストフード店
  • ファッションショップの店員
  • 食料品を売っているお店の店員
  • レンタカーを手配している窓口のスタッフ

 この違いは、多くの人に同じようなサービスを提供しているスタッフであるかどうかです。

全ての客へサービスを提供する業務にはチップ不要

 自分の都合で困った時にスタッフを呼び、やってほしい仕事をオーダーして、完了した時にチップを渡すルールとなっているのです。

めんどくさい習慣:事前に1$札を何枚も準備する

 海外に到着したら、まずはお金を両替しますが、1ドル札(100円前後の価値)に近い現地通貨のお札を複数枚 所持しておくようにします。

 もしくは、世界で利用できる国際ブランド:VISA、MasterCardのクレジットカードを所持してるのなら空港近くの専用ATMでお金を貸してもらうこと(キャッシング機能)が利用できるはずです。

POINT

クレジットカードで現地通貨を確保してチップを用意する

 海外旅行時には、安心できる決済のためにクレジットカードの出番は多くなりますが、ベルボーイにカード払いでチップを渡すことはできないので、チップに使うお札を何枚も持っておく必要があります。

日本にチップがない理由

 欧米諸国のサービス業の給与体系は、チップを頂く事を前提にバランスを調整しています。では、日本ではどうなのか?

日本のサービス業は報酬は給与に含まれる

 日本ではお客さんにサービスを評価してもらい「チップで給料を受け取る」のような考え方はなく、最初から時給計算(または月給)として報酬を受け取るシステムなので「チップがないと生活できない」スタッフはいません。

 それでも、海外の観光客は「心付けのお金」として・・

  • ベッドメイキングに感謝して、枕の下に
  • レストランの接客と料理を評価して、代金を多めに置いていく

 という方がいます。

 しかし、日本では「お客さんの忘れ物」「会計を間違えた」と勘違いしてお客さんを追いかけてチップのお金を返すスタッフもいます。

日本には階級の意識がない

 本来、チップは目上の人が下の人に「施し」をする意味もありました。そのため、階級が上の人がいる国の文化が「チップを与える習慣」を作りました。

 その点から考えると、日本では生まれた家系からくる階級を意識しない文化になってから長いので、「お金を施す」という習慣が定着していません。

POINT

日本でチップを与えられると「失礼」だと考える人もいる

 海外では、日本の文化を紹介する旅行者向けDVDに「日本ではチップを与えないように」という内容も収められています。これは・・

POINT

  • 日本は「施し」がなくても最高のおもてなしをする文化
  • 十分な報酬を雇用主が払っているために気遣いは不要

 という両方の意味が含まれます。

まとめ チップはめんどくさい 平均いくらくらい 払いたくない

 アメリカなどでは、お客さんに接するスタッフの給与は低く設定され、バックオフィスで働く(チップが頂けない部署に所属する)従業員の年収は高くなるように設定しています。

 この報酬のシステムが分かってくると、旅行の際には・・

チップを渡すことが常識である

 ということが分かってきます。ただ、海外の観光地では「日本人の観光客はチップが多い」と言われる傾向があり、必要以上にチップを与えすぎているので・・

これまでの日本人はもっとチップを多くくれた

 と言って、追加のチップを請求するスタッフもいます。

Posted by mon