車にお金をかけない人とは?維持費にお金をかける生活を改める

 車にお金をかけないライフスタイルが注目されるようになってきました。

 マイカーを所有する生活では、どのくらいの維持費がかかっているのか集計してみると、予想よりも高コストであることが分かってきます。ただし・・

POINT

車を所有しない生活は、電車やバスなどに使う費用

 を準備することになるため、車の維持費と比べて判断することが大事になってきます。

  • 新車を購入してから廃車までの費用
  • 中古車を乗り継いだ場合の維持費
  • 必要な時だけ借りるスタイルの生活

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

車にお金をかけないために:新車と中古車

 車の維持費を集計してみると、毎年のように出費が続いていくことが分かります。まずは、車両の金額からですが、新車を購入するパターンと中古車を乗り継ぐパターンの両方を見ていきます。

 1500ccあたりのファミリーカーを新車で購入した場合、そして、5年落ちの中古車を購入した場合を比較してみます。

POINT

  • 車両購入時:160万円で10年間利用できる
  • 中古車を購入:50万円で5年間使用できる(10年で100万円)

 新車で購入する時には大きな出費となりますが、車の耐用年数を考慮すると10年以上は利用できるので、「今後の大きな出費が抑えられる」という見方ができます。

 ただ、新車から3年ほど経過するまでに車の価値は大きく下がります。5年落ちになると1/3程度の価値まで落ちるので、中古車を5年ごとに買い替える方が、購入価格では安くなります。

車に愛着があるか

 1台の車を10年間所有することは、車の愛着がわいて充実したカーライフを送る事ができるとプラス面に考えるひとと、飽きてしまうので買い替えたい気持ちを我慢しながら乗り続けるという人がいます。

新車は気に入ったデザイン・グレード・カラーを選び長期間使える
中古車は飽きてきた頃に次の車に乗り換えやすい

 このように見ると、5年ごとに中古車を買い替えるというパターンが良さそうに思いますが、実際のところは新車登録から5年が経過した中古車を購入するときには、いくつものマイナスポイントを考慮する必要があります。

故障のリスクを考えた車両選び

 日本車は性能が良いこともあり、新車から5年の間で想定外の故障となる可能性はかなり低くなります。そのため、故障したときの修理費用が抑えられます。

POINT

新車はメンテナンスの時間が少なく、修理費用がかからない

 2回目の車検を終えると、ちょうど5年目となりますが、このあたりから消耗品の点検と交換のためにコストがかかり、不意な故障が起きてしまう頻度が増えます。

 7年が過ぎると経年劣化から故障の頻度が高くなるため、毎年 修理費用の予算を5万円程度程度は見積もっておくべきです。

修理・メンテナンスの費用込みでの維持費

 修理費用の金額を想定すると、5年落ち中古車を5年間使用するなら年間修理予算5万円 × 3年間(7年目以降の3年)で15万円となり、中古車の購入金額の50万円と合計すると65万円となります。

POINT

5年間でで中古車1台にかかる費用は65万円

 これが10年間で二台分となれば130万円となります。この金額は新車を買って10年間乗り続ける費用よりも、だいぶ安くなります。

新車でも7年目からは故障の頻度が増加

 ただ、新車からずっと乗っていても、7年目あたりからは故障の頻度が増えます。その修繕費(1年あたり5万円の修理費用)を想定するなら、新車160万円+修繕費15万円総額175万円の計算になります。

 この金額は車両購入価格 +故障したときの修理費用です。

  • 新車 10年で 175万円(修理に15万円)
  • 中古車10年で 130万円(2台分:修理に30万円)

 車が故障してしまうととレッカー車を手配したり、修理依頼をする整備工場の予約が必要となります。車両を引き取る際にも時間を取られるため、車のために時間とお金がかかります。

 「車にお金をかけない:お金を使わない生活」をしていくためにも、ライフプランシミュレーションをしてから、お金をかける予算を前もって数字として出しておきます。

維持費の大まかな内訳

 大まかにこれらの費用がかかってきます。

  • 車検費用:2年ごとに8万円
  • 自動車税:毎年3.5万円
  • 自動車保険:毎年5万円
  • 駐車場の費用:毎年6万円
  • ガソリンの費用:毎年8万円

 マイカー通勤をするのであれば、ガソリン代はそのまま会社から支給される通勤手当で相殺されると考えます。会社までの距離が長くなるとその分だけより多くの通勤手当が支給されるはずです。

 通勤手当の料金は・・

POINT

  • 区間のバスの料金に準じて
  • 車での移動距離に応じて
  • 会社の独自規定

 などの計算方法で算出されますが、大きく赤字になることはないはずです。

駐車場のコストがかかる

 駐車場の費用は住んでいる地域によってかなりのバラツキがあります。一月あたり駐車スペースの賃貸に5000円ほど必要な地域や、全く費用がかからない(無料)で何代でも駐車か可能な地域があります。

 とりあえず、上の条件(駐車場のコストは月5000円。年間では6万円)として1年間の維持費を計算すると・・

合計額は、約22.5万円

 となります。マイカーを所持しない選択をすると毎年22.5万円の維持費が浮く計算ができます。

 なお、この金額には車両の購入費用が入っていません。

最も安い軽自動車を買った場合の維持費とは

 最も安い軽自動車を購入したと想定します。購入時の諸費用(税金・リサイクル料金など)を全て含めた「コミコミ料金で100万円」を想定します。

 「ミラ」「ミニカ」「アルト」などの車両なら、下から2番目・3番目あたりのグレードなら、全て込みで100万円を切るはずです。そして、自分で新車から乗り続けるワンオーナーカーなので12年は使えると想定します。

100万円で購入した軽自動車の1月あたりの価格
購入費用全額 廃車までの年数 1年あたりの購入費用
100万円 12年 8.3万円

 走行距離にもよりますが、12年で廃車になると想定すると、1年あたりの購入価格は8.3万円となります。

 先に計算した年間の維持費と合計すると 22.5万円 + 8.3万円 = 約31万円となります。安い車を購入・維持していくには、「最低でも年間あたり31万円ほどかかる」といえます。

更に細かい維持費がかかる

 車を維持していくためには更に多くのコストがかかります。

POINT

  • タイヤの交換費用
  • バッテリーの交換費用
  • エンジンオイルと、エレメントの交換費用
  • ワイパーゴムの交換
  • クーラントの交換

 このように車を快適に維持していくためには、その都度メンテナンスコストがかかります。毎年ではなくても「もうすぐ故障しそうなパーツ」があるなら、その都度 交換する必要があります。

車検時には経年劣化の激しいパーツをまとめて交換する

 ただ、これらのコストを安くしていくためには、自分でメンテナンスしてホームセンターで随時安い商品を購入して取り替えていく考え方も必要です。全て他人任せにしていると、メンテナンス費用が割高になってしまいます。

 細かなメンテナンスの時間をかけるようにすると、大きなパーツ(コストのかかってしまう部品)の損傷を回避できる可能性もあります。

車にお金をかけない人は軽自動車を選ぶ

 車両のサイズで車の維持費は変わってきます。軽自動車を利用することで毎年かなり安く税金を抑えることができます。年間の自動車税はこのようになります。

POINT

  • 軽自動車:10,800円
  • 普通車:34,500円
  • 大型乗用車:51,000円

 これ以外にも車検の際の重量税もかなりの差があります。その為、長期的にみても軽自動車を利用していく事が経済的にも有効な対策となります。もう一つ大きく影響してくるのが燃費です。

実燃費(リッターあたり)
軽自動車:20キロ
普通車:16キロ
大型乗用車:12キロ

 これくらいの差になります。やはり軽自動車を所有した方が、ガソリンを使う量も少ないので維持費に大きな差が出てきます。

まとめ:車にお金をかけない人・お金をかける対策とは

 車にお金をかけないためには、自動車税が安い軽自動車を選びます。これは燃費のコストを考慮しても普通車よりも断然メリットがあります。

 普通車で、燃費を下げるためにハイブリッドタイプを選択することも可能ですが、車両本体価格が相当に高くなるので、トータルコストがかなり跳ね上がってしまいます。維持費を考慮した車両選びでは、やはり軽自動車が断然にお得となります。

 軽自動車の燃費競争は今後も続いていくので、燃費が優秀なタイプでほどよく価格が下がった車を乗り継いでいくことが維持費を最も削減する方法となりそうです。

Posted by mon