在宅ワーク 問題点|家でできる仕事 副業の罠・割に合わない事

 専業主婦から大学生、フリーター、そして 定年後のお小遣い稼ぎとして注目されるようになってきたのが・・

POINT

在宅ワークで稼ぐスタイルです

 ただ、実際に在宅ワークを始めてみると、予想外の問題に遭遇することがあります。それは・・

  • 誰でも簡単に稼げる方法ではない
  • 仕事量と報酬がが割に合わない罠
  • 報酬をゲットするまでの時間が長すぎる

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは利点を再チェックしておく

 在宅ワークの問題点を挙げる前に、まずは利点から見ていきます。

 家でできる仕事で稼ぎたいと考える方はとても多くいます。出勤せずにお金儲けができるのは、多くのメリットがあります。

POINT

  • 会社に遅刻しないように時間通りに起きる必要がない
  • 仕事用の服(スーツ)へ着替えなくてよい
  • 髭剃り、ヘアのセット、化粧が不要
  • 通勤の交通費にガソリン代、定期券の費用がかからない
  • 仕事終わりに(嫌な)酒のつきあいに時間を取られない

 最大の利点は「仕事の時間が制限されない」「会社に通勤せずに済む」の2つになります。小さなお子さんのいる主婦は 空き時間が少なくパートタイマーとして働きに出ることが難しいので、在宅ワークで稼ぐスタイルが最適です。

仕事以外のムダを全てカットできる

 在宅ワークの利点を一言で言えば・・

仕事の成果に関わらないムダな作業をやらなくてよいことです

 会社への通勤のために車を購入して毎月維持費がかかること。ヘアサロンに行って、見栄えの良い服を買って・・そして「同僚や取引先とのつき合い」が発生します。これらの面倒くさいルールが無くなるので、自分の時間が増えます。

 この最大の利点があるのに、「在宅ワークが割に合わない」という人が沢山います。「不満に思っている問題点はどんなの?」という質問の答えを探してみます。

在宅ワークの最大の問題点とは

 在宅ワークの最大の利点は、そのままマイナスポイントにもなります。それは・・

POINT

自由に時間が使えるので、仕事をせずにサボりやすい

 このような「気の緩み」が出てくるようになることです。

 まるで小学生の生活指導のようですが、大人になっても「楽になる」ことは 気がゆるむ最大の罠です。

 仕事量は自分で決められるので、パパッと今日の仕事を終わらせてリラックスする時間を過ごせます。すると、効率よく仕事ができているので・・

ヒマな時間が増えた

 このように考えるようになります。

 しかし、余った時間が多くなった本当の理由は「サボってる時間が多い」かもしれないのです。

パソコンを立ち上げると仕事モードになってしまう

 在宅ワークのスタイルにもよりますが、仕事の「受注」や作業完了後に「納品」するときには、パソコンがあると作業がはかどります。スマホで「作業のやりとり」ができたとしても、やっぱりパソコンの画面が見やすく操作も楽です。

 そんな中、今日予定した在宅ワークの仕事を完了して、プライベートとしている時間(夕食を食べて風呂に入った後)にパソコンを立ち上げると、Amazonで買い物をするはずが・・

メールの受信箱をチェックして(在宅ワーク)の返信メールを書いていた

 このようなことがおきます。

 つまり、自分では仕事は終了と思っていたのに、プライベートの時間にも仕事をして、結局は就寝する予定の時間まで作業をやっていた・・ということがおきます。

仕事とプライベートの境界線がなくて苦労する

 そして、もう一つの問題点は・・

家族・親戚・友人たちから、「自宅でニート生活」をしている

 このように思われる事です。

 思っているだけならさほど問題とはなりませんが、いつもとは違ったイベントがある時には苦労します。

POINT

  • 親戚のお祝いの集まり
  • 自治体・サークルでの作業に参加
  • 友人の引越し・誕生日・合格などの飲み会

 このようなイベントがあるとき・・

どうせ自宅にいて、
ヒマなんでしょ

 このように言われる日がくるかもしれません。

 そして、社会人ではよく聞くことがある「明日も会社があるんで、このへんで失礼します」のような、お誘いの断りがやりにくくなります。

予定通りに時間のやりくりができない

 自由に時間が使えることが在宅ワークの利点ですが、親戚や友人のつき合いにおいては、その利点がそのままマイナスポイントになります。そのマイナス部分を少なくしたいために・・

友人・知人とのつき合いの時間を減らす努力をする

 このようになってしまいます。

 人とのつながりが減ると、自分の自由時間を確保できますが、生きていく上で「重要かもしれない」つながりも、簡素化してしまうことが問題となります。

請け負った仕事を達成させる必要がある

 多くの場合、在宅ワークは仕事を供給する企業からの請負仕事です。「これだけの量の作業なら2週間後を締め切りに・・」という条件に同意して仕事を開始します。そのため・・

POINT

仕事の信用を得るために、予定の期日までに作業を完了する

 これを達成するためのストレスがあります。小さな子供がいる主婦は・・

  • 子供の弁当を作る
  • 保育園の送り迎え
  • 家事に追われる

 このような「やるべきこと」が多い中で作業をこなして期日に間に合わせる必要があるため、いつも緊張しながらの生活が続きます。

上司や同僚との信頼関係がない

 企業に勤めていると、自然と気の合う同僚ができます。上司の悪口を言い合ったり、仕事の問題点をお互いにチェックしたりできるので、仕事のストレスが軽減します。

在宅ワークでは、信頼できる仲間ができにくい

 気に入らない上司に監視されない利点はありますが、自分がミスをしたときのリカバリーや、仕事に行き詰まって悩んでいる時の「立ち直るきっかけ」が見つからなくて、時間だけが過ぎていきます。

 そして、「今回だけの依頼」が多い事も問題です。短期の仕事のつなぎ合わせになりがちなので、サラリーマンのように「決まった月給」が頂けるわけでありません。

企業に勤務できない体質になってしまう

 在宅ワークでの仕事と似たような「自由な時間で仕事をする」スタイルの職業では、小説家、漫画家、クリエイティブ系のアーティストなどがあります。これらの職業をしていると、勤務時間が決まっている企業勤めに「転職できない体質」になってしまいます。

POINT

自由な仕事時間に慣れるとサラリーマンの仕事に戻れなくなる

 タイムカードで時間を制限されることがストレスに感じるので、時間に追われないルーズな仕事のスタイルを求めるようになります。

家族の居住スペースで仕事をするとき

 親と同居している場合には、家族がリラックスする空間と作業スペースが重なっていると作業効率が落ちます。

家族で共有する場所は邪魔が入る

 知り合いの来客があったり、近くで子供が遊んでいたり、昼寝していると気が散って仕事どころではなくなります。

専用の仕事場所を確保すること

 集中して在宅ワークの仕事をこなしていきたいなら、専用の仕事場を作ります。家族の居住スペースから離れた(声が聞こえない)物置きとなっている部屋にパソコンを設置して作業場としたり・・

近隣の喫茶店やネットカフェ

 などを作業スペースとして考えるのも1つの手です。やはり、自由に場所を選べるといっても、「仕事をする」ことを前提とするなら、邪魔されない空間を確保しなければ集中できません。

チームで作業をする考え方

 在宅ワークとで報酬をゲットしたい方はとても多いため、同じ境遇の方達と連絡を取り合っていくやり方があります。お互いの弱点をカバーして相談しながら取り組んでいけば、効率を高めてスキルもはやく上達します。

POINT

チームで仕事を請け負い、分担して作業する

 クラウドソーシングに登録して仕事の依頼を受ける時にも、個人で仕事を請け負うのではなく、チームで助け合って作業をしていくチームプレーのスタイルが注目されています。

 仕事を請け負った後に病気になってしまった時は、チームに仕事を分担して助けてもらい、また誰かが緊急事態の際には、積極的にカバーして報酬をゲットしていきます。

まとめ:問題点|家でできる仕事 副業の罠とは|2019年版

 在宅ワークは、作業スタイルの利点ばかりが注目されるので、実際にやってみると割に合わない仕事ではないか?と不安になる人も多いはずです。

 頂ける報酬と作業内容、仕事にかかった時間を考慮して「割に合う仕事なのか?この報酬で大丈夫か?」など、在宅スタイルでの問題点については、実際に自分で試した結果から判断する必要があります。

 在宅ワークの利点は、簡単に始めることができるだけでなく、ダメなら(大きな損失を出さずに)普通のサラリーマンに戻る事ができることです。

 以上、在宅ワーク 問題点|家でできる仕事 副業の罠・割に合わない事...についてでした。