おサイフケータイ 便利?いらない うざい やめたい 勝手に出てくる

 「Apple Pay」のサービスが開始された時期に、これまで使っていた「おサイフケータイ」から切り替えた方も多かったはずです。しかし、便利な「おサイフケータイ」の機能が・・

うざい・いらない・必要ない

 このように言う方がいます。必要ない・利用をやめたいといった不満にまつわる・・

  • 過去に使っていたガラケーの影響がある
  • Androidスマホの設定の見落としで勝手に起動する
  • 便利だが使用をやめたい理由とは

 このような おサイフケータイが必要ないという方の「うざい」理由、それとは逆に「便利で必要だ」と感じる方の違いを見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「おサイフケータイ」とは何を指しているのか

 「おサイフケータイ」を説明する前に、「勝手に起動するのがうざい」理由で困っている方は「第5章:勝手に出てくる:必要ない機能」へ移動してください。

 まず「おサイフケータイ」とは何か?についてですが、ガラケー(またはスマホ)の中に非接触型ICカード:「モバイルFeliCa(フェリカ) ICチップ」という情報を読み取るチップを搭載して・・

POINT

  • 電子マネー決済
  • クレジットカード決済
  • 会員証
  • ポイントカード
  • 住宅の鍵(電子ロックキー)

 これらをまとめて操作できる画期的な決済システムです。

 2004年に「おサイフケータイ」機能を搭載したガラケーが登場してから注目が高まり、その後リリースされるガラケーにも相次いで「おサイフケータイ」が採用されました。

ガラケー・スマホを快適に利用する重要な機能

 「おサイフケータイ」の機能が利用できれば、クレジットカード・電子マネー決済が更に楽になります。

  • 公共交通機関の利用が楽になる
  • 現在の残高確認・入金操作もアプリから可能

 その後、「おサイフケータイ」の便利な機能はスマホにも受け継がれ、今となっては「おサイフケータイ」機能の搭載があたりまえになりました。

 電子マネーなどを利用したいときは・・

スマホで「おサイフケータイ」アプリを起動する

 この操作をするだけで、スマホをかざして「支払い」が完了、身分証カード情報を呼び出せば「本人確認:認証」が簡単にできます。カードを探して出す手間もなく、スマホの操作だけで決済が完了できるのでとても助かります。

 ただ、ここで気になるのは、現在 利用者が増えてきた「Apple Pay」、「Google Pay」と どのように違うのかです。

「おサイフケータイ」、「Apple Pay」、「Google Pay」の違い

 以前からあった「おサイフケータイ」、そして「Apple Pay」、「Google Pay」の違いはこのようになります。「Google Pay」は、これまであった「Android Pay」と「Googleウォレット」が、2018年に統合されたサービスです。

「おサイフケータイ」と他のスマホ決済システム
サービスの名称利用チップ対応スマホ
おサイフケータイFeliCa
ICチップ
iPhone・Android
Apple PayFeliCa
ICチップ
iPhone
Google PayFeliCa
ICチップ
Android

 表を見て分かるように、どのサービスも「モバイルFeliCa ICチップ」の機能を使って決済をするサービスです。例えばApple Payが利用できる条件は・・

POINT

FeliCa ICチップが搭載されたiPhone

 となります。これはGoogle Payも同様になります。

 つまり、現在のところ国内でリリースされるほとんどのスマホに「FeliCa ICチップ」が搭載されているので、「おサイフケータイ」が利用できるのです。

携帯会社(au、Softbank、Docomo)の違い

出典:Google Pay

 スマホ、ガラケーは、提供している携帯電話会社で利用できる端末が決まっていますが、どのキャリア(au、Softbank、Docomo、格安SIM業者が提供するスマホの一部)の端末においても「おサイフケータイ」は利用できます。

POINT

「おサイフケータイ」は携帯会社がどこであっても利用できる

 スマホに搭載されているOSが、「iOS」なら「Apple Pay」が利用でき、「Android」なら「Google Pay」が利用できます。これらのことから分かるのは・・

スマホで決済できるシステムは全て「おサイフケータイ」

 と言えます。ガラケーの時代に「おサイフケータイ」と言っていたので、「Apple Pay」や「Google Pay」よりも古いサービスのようなイメージがありますが、どのサービスも基本は「おサイフケータイ」なのです。

 その他、乱立する○○Payのスマホ決済サービスLINE Pay楽天ペイなども同様に「おサイフケータイ」の機能が利用できるスマホのアプリとしてサービスを提供しています。

「うざい」と感じるのはなぜ?

 スマホに「おサイフケータイアプリ」をダウンロードして、設定を完了できれば すぐに使えます。「簡単・便利」で使い勝手が良いはずですが、デメリットが多いので「必要性を感じない」という方もいます。それは、こんなことがあるからです。

POINT

  • スマホのバッテリー切れ、不具合で使用できなくなる
  • スマホ端末によっては、希望の電子マネーが利用できない

 ヒマな時間があると スマホでLINE、ゲーム、Youtubeを見ることがあります。その後にコンビニに寄って、買い物カゴに商品を入れてレジ前に並びます。順番が来てカゴを置き、スマホをタッチするために アプリを立ち上げようとすると・・

バッテリー切れ!
なんでこんな時に!

 このような信じられないことが起きます。現金を持っていると助かりますが、足りなかったら・・かなり恥ずかしいことになります。

スマホのバッテリーに気を使う

 肝心なときに、スマホが電源OFFになってしまうと・・

  • 「おサイフケータイ」の機能が使えない
  • 会員ページへログインしての操作ができない

 「おサイフケータイ」はアプリが動かないと使えないため、バッテリー切れなど(なんらかの問題があって)アプリが起動できなければ、全てがストップします。

 同じ用途で利用できる「電子マネーカード」「クレジットカード」は バッテリー切れなんてありえないので、いつでも安心して使えます。この違いがあるので・・

おサイフケータイはいらない!
うざい・必要ない!

 こんな不満がたまります。

「おサイフケータイ」が使えない端末はいらない

 最近では、大手携帯電話サービス(au・Softbank・Docomo)以外の格安な携帯電話会社と契約する方が増えています。いわゆるSIMフリースマホにて格安のプランにします。

 SIMフリースマホは、海外から輸入される端末がとても安くてお買い得ですが、「FeliCa ICチップ搭載・日本の通信規格に対応」のような、スマホの詳細情報が確認できないことがあります。つまり・・

POINT

「おサイフケータイ」が利用できない端末の可能性があります

 中国などで製造している中華スマホには、日本の電子マネーの規格を考慮していないコスト重視のスマホもあるため、購入前に確認しておくべきです。

必要性のないアプリが勝手に起動 → うるさい

 「おサイフケータイ」が使えないと感じる要因の1つに・・

勝手に「おサイフケータイアプリ」が起動してしまう

 この厄介な問題があります。症状を回避するには、携帯電話(スマホ)の設定、もしくは「NFCアプリ」の設定を見直す必要があります。

POINT

  • 「ICカード残高 自動読み取り」の設定をオフにする
  • NFC・おサイフケータイ設定のリーダー・ライター機能をオフにする

 NFCの機能を利用する頻度が少ないなら、オフにしたほうが楽です。Androidスマホの・・

POINT

  • 上の部分をスワイプして通知部分を表示
  • 「NFC」と書かれたアイコンをタッチしてオフにする

 このように自動読み取り設定をオフにすると、意図せず勝手にアプリが立ち上がってしまう問題を回避できます。とても便利な機能ですが、勝手に起動する(誤作動する)ために「うざい」と感じてしまいます。

勝手にインストールするデメリット 機能を無効にしたい

 もう一つ、「おサイフケータイ」が勝手にインストールすることに不満を感じる方がいます。これは、カードケースや財布に入っているICカードに反応して「ICカード残高自動読み取り設定」が働いてアプリを立ち上がることに連動しています。

 この症状も・・勝手に「おサイフケータイアプリ」が起動してしまう問題と全く同じです。

「ICカード残高自動読み取り設定」をOFFにします

 お金にまつわるアプリなので、安全に利用するためのアプリ更新が必要であるなら、起動して勝手にダウンロード・インストールを実行します。

複数の電子マネーを入れると重複決済される?

 おサイフケータイは非常に便利なので、いくつもの電子マネーを登録している方は多いはずです。このとき・・

複数の電子マネーを入れると決済が重複するのでは?

 これが気になる方がいます。その答えは → 重複決済になってしまう可能性はありません。

 そもそも、スマホをかざして「ピッ」と読み取る際には、1つの決済にしか対応できないシステムなので・・

2つめの決済を同時に行うことは不可能です

 次は、「おサイフケータイ」のサービスについて いまさら聞きにくい情報をまとめています。

おサイフケータイで利用できるサービス

 現在のところ非常に多くのサービスがおサイフケータイに対応しています。

 日本で電子マネーの読み取り端末にかざして決済ができるサービスなら「おサイフケータイ」の機能が使えると見てまちがいありません。

おサイフケータイは世界中で使えるのか?

 おサイフケータイは非常に便利なシステムですが、残念ながら海外では利用できません。それは、読み取り機器が「おサイフケータイ」のFeliCa(フェリカ) ICチップではなく、海外では違うタイプが基準になっているからです。

「おサイフケータイ:FeliCa」は、日本独自に発展したサービス

 世界で利用者が多い規格はMiFare(マイフェア)です。Mifare(マイフェア)はFeliCaに比べて・・

  • 圧倒的に安く作ることができる
  • 暗号化の機能はFeliCaよりも低い
  • 大量生産により低価格:世界で最も普及している

 このような特徴があります。

 海外へ行く機会が多いのなら、MiFareの規格で通信できるスマホを所持したいところです。

おサイフケータイのメリットとは

 おサイフケータイの最大のメリットは、これまで財布に入れて持ち歩く必要があったカードが、おサイフケータイで代用できるので、自宅に置きっぱなしにできることです。

POINT

  • クレジットカード
  • 電子マネーカード
  • 会員証
  • 現金

 現在でも、クレジットカード・電子マネーの決済に対応していないお店もありますが、通勤などで毎日同じルートの行動なら「おサイフケータイ」だけで不便を感じる事はないはずです。

 現金の代わりだけでなく、会員証やクーポンなどを提示する事もできるので、財布をさらに軽くすることができます。

複数の電子マネーを設定できる

 現在では、楽天EdyWAONSuicaのような、複数の電子マネーサービスががあるため迷ってしまいますが、おサイフケータイが搭載されているスマホがあれば、これら全部の電子マネーをスマホへ設定することができます。

利用したい電子マネーが複数あっても問題なし

 現在では、コンビニ・スーパー・飲食店など多くのお店で おサイフケータイを利用した様々なアプリで決済することができます。

プリペイド型とポストペイ型

 おサイフケータイには、WAONやnanacoのように、あらかじめお金をチャージしておかないと使えないタイプがあります。これをプリペイド型と言います。

 そして、クレジットカードのように先に商品を購入して、後払いの方式でクレジットカードから引き落としをするスタイルがポストペイ型となります。現在の残高を気にせずに利用できるメリットがあります。ただ・・

POINT

スマホを落としたときにはカードを落とした時と同じリスクがある

 この問題が気になるので、悪用されないように「おサイフケータイ」には クレジットカードの登録を控えるという方もいます。

まとめ:必要ない 不要 アプリが勝手に起動 メリット|2019年版

 現在よく利用されている「Android」「Google Pay」も 基本はソニーのFeliCaチップで決済する「おサイフケータイ」です。そのため・・

「おサイフケータイ」は必要ない!やめたい!

 として他の代替を検討しても、スマホで決済をするなら 結局は「おサイフケータイ」の機能を利用しているスマホを手にするはずです。

 おサイフケータイの代替はないので、「アプリが勝手に起動・勝手にインストール」のようなうるさい挙動を止めるには、使わない機能をオフにして調整するしかありません。

 以上、おサイフケータイ 便利?いらない うざい やめたい 勝手に出てくる...についてでした。