Visa payWave コンビニでタッチ決済|NFC・ペイウェーブ・日本

出典:VISA Visa payWave

 最近では券売機、ドリンクの自販機、タクシーなども電子マネーが利用できるので、複数枚の電子マネーを使い分けている方は多いはずです。この調子で 海外旅行に行ったときも便利に使いたいのですが・・

POINT

財布に入っている電子マネーカードは、海外では使えない

 この問題があります。

 そのため、世界各国で利用できる電子マネー「Visa payWave ビザ ペイウェーブ」の注目度が高まっています。Visa payWaveにまつまる・・

  • 日本国内での使い勝手、海外の状況
  • どうして「楽天Edy・WAON・Suica」が海外で使用不可なのか
  • スマホ(iPhone)でVisa payWaveが使えるか

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

Visa payWaveとは

 国内で利用されている「Suica」「楽天Edy」などの電子マネーは、海外では利用できません。そのため、世界各国で利用できる「Visa payWave」が注目されています。Visa payWaveは・・

POINT

「VISA」が提供しているタッチ型の決済システム

 となります。ポストペイ式の電子マネーであるため、利用するには(後でまとめて請求するために)クレジットカードが必要となります。海外では、ショッピングの際にクレジットカードを使わずに「Visa payWave」を利用する方が増えてきています。

海外ではクレジットカードがあれば良いのでは?

 「海外では加盟店の多いVISA・MasterCardのクレカあれば大丈夫」と聞くことが多いはずです。すでにクレジットカードを所持しているのに、電子マネーの「Visa payWave」の利用者が多いのは・・

カード情報が抜き取られる「スキミング」を回避したい

 このような考え方があるからです。「スキミング」のやり方はこうです。

スキミングとは?

 お店のスタッフにクレジットカードを渡すと、見えない場所に移動し 専用のスキマー:情報を読み取る装置を使って、一瞬でスキミング作業が完了します。その後、普通にカードが戻ってきます。

 一瞬なので本人は全く気がつかず、後で・・

身に覚えのない高額商品の代金が請求されて慌てる

 ということになります。クレジットカードの利用明細書は、利用金額の確定・印刷・郵送して手元に届くまでに1ヶ月~2ヶ月間後の期間があるので、スキミングの被害に遭遇した地域・ショップが特定しにくいという問題もあります。

POINT

できればクレジットカードを出さずに支払いをしたい

 というセキュリティ対策から、「Visa payWave」の電子マネーカードを接触させて「ピッ」と支払いを完了したいのです。

NFC決済(タッチ決済)でサイン・暗証番号不用

 「三井住友銀行」や「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」などの銀行口座を開設しているなら、「Visa payWave」対応のデビット機能付きキャッシュカード(SMBCデビットなど)を取得することができます。すると・・

POINT

  • かざして「ピッ」とNFC決済(タッチ決済)
  • サイン・暗証番号の入力の手間がない
  • 電子マネーのように「チャージする手間」がない
  • 銀行口座にあるお金で即座に支払い完了

 銀行のキャッシュカードを使って「タッチ決済」で買い物ができるので、小銭を出すような時間のかかるショッピングが減ることや、財布に入っているカード枚数を減らすこともできるはずです。

「Visaのタッチ決済」の使い方・加盟店のチェック

 利用できるショップには、店頭かレジの周辺に「加盟店のマーク:上の写真」があります。Visaのタッチ決済の使い方はとても簡単です。

レジ横に設置のリーダーにVisa payWave対応カードをタッチ

 この操作だけです。支払後のサイン、または暗証番号の入力などもありません。

 ただし、高額のショッピング(1万円を超える)場合には、クレジットカードと同様に端末にカードを挿して暗証番号を入力するか、サインが必要となります。

増える加盟店:スーパー・コンビニ・ファーストフード店

 「マクドナルド」や「TSUTAYA」「メガネストアー」のように、国内でも「Visaのタッチ決済:Visa payWave」が利用できるスーパーマーケット・コンビニが増えてきています。

POINT

  • イオン
  • MaxValue
  • ダイエー
  • ミニストップ

 2019年からはイオングループの店舗のレジ10万台に順次導入することが決まっています。

コンビニ:セブンイレブン・ファミマでの利用

 Visa payWaveが利用できる店舗において、コンビニはこのようになっています。

Visa payWaveが利用できるコンビニ
コンビニ名 Visa payWaveが利用可能か
ローソン 利用できる
ミニストップ 利用できる※
ファミリーマート 使えない
セブンイレブン 使えない

 ※ イオングループは2020年にかけて全店に導入予定となっているため、ミニストップはまだ対応していない店舗もあります。

 海外にからの外国人観光客の利便性を高めるために「Visa payWave」の導入を検討する企業は今後も増えていくと予想されます。

なぜ国内で使いにくいのか?加盟店が少ない理由

 Visa payWaveは、現在の所、国内においてはそれほど普及している状況ではありません。それは、私たちがいつも利用している「タッチ型決済システム」の規格が適合していないからです。

 カードをかざして「ピッ」っと支払いが完了する技術は・・

非接触ICカード技術「NFC」

 と言われる技術が利用されていますが、国内で見かける、Pasumo、WAON、Suica、楽天Edyなどは、FeliCa(フェリカ)と呼ばれるICチップで利用が可能です。

 このFeliCaは、ソニーが独自技術で開発した規格ですが・・

国際標準基準にはなりませんでした

 つまり、海外では台湾など一部の地域でしかFeliCaが採用されていないので、国内で使っている電子マネーは海外で利用できません。

海外では標準となるTypeA、TypeBを利用しているサービス

 日本では、電子マネーはFeliCaが使われていますが、一部のサービスだけは世界で使われている(Visa payWaveが利用できる規格)の「TypeA/B」が採用されています。

日本で使われるTypeA、TypeBのサービス
TypeA Taspoカード(タバコの購入)
TypeB 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、マイナンバーカード、

 最近のスマホには、FeliCa、TypeA/Bのどちらも利用可能なNFC(ICチップ)が搭載されるようになっています。

 一般的によく言われる・・

POINT

世界基準の「NFC」(TypeA/B) に対して 日本のみ採用された「FeliCa」

 という言い方がありますが、厳密な分類としてはFeliCaもNFCの中の一つとなります。つまり、NFCの中に「FeliCa・TypeA・TypeB」の規格があります。

「Visa payWave」は世界各国で利用できる

 「Visa payWave」は、世界71カ国で利用することができます。

「Visa payWave」が利用できる国
アメリカ・カナダ・フランス・イギリス・オーストラリア・シンガポール・香港・韓国・台湾など世界71カ国

 クレジットカードとは違い、ICカードの読み取り機:NFCにかざすだけで決済が終了するので、スピーディーに支払いが終わります。何より、海外のレストランやホテルなどにおいて、従業員に「クレジットカードを手渡しせず」に支払いが完了します。

 これは、スキミングなどのトラブルに巻き込まれる対策としてベストな方法となります。

今後は加盟店が増加していく見通しである

 国内の電子マネーのようなガラパゴス状態では使いにくいので、今後は国際規格となるNFCで利用できる電子マネーが普及していくと予想されています。その中でも・・

ブランド力のある「Visa payWave」は最有力

 と見られています。そして、スマホを提供しているメーカーも「TypeA/B」が使えるスマホ端末を重要視するようになってきています。

 日本には多くの外国人観光客が訪れるあため、「日本では世界基準の電子マネーが使いにくい」となれば、世界に取り残されてしまいます。そのため、「TypeA/B」のNFCを導入して「Visa payWave」が使えるようにしたいショップが増えています。

モバイルVisa payWaveサービスが終了へ

 Visa payWaveが利用できるクレジットカードは、三井住友カード、Orico Card、ジャックスカードから提供していましたが、それぞれ、新規募集を終了しており、モバイルVisa payWave決済サービスも終了することになりました。

Visa payWave対応アプリのサービス終了
提供カード サービスの終了
三井住友カード Visa payWave 2018年12月19日
JACCSモバイル決済サービス 2018年10月31日
Orico Mobile Visa payWave 2017年9月末日

モバイルでのNFC決済は Apple Payにて

 現在は、NFC決済に対応しているAndroidスマホもリリースされていますが、モバイルVisa payWaveのサービスが終了となれば、スマホでのNFC決済はApple Payで利用できる「J/Speedy:JCBブランドのサービス」などに限定されてしまいます。

 これまで日本モデルのiPhoneには、Felicaへ対応(Suicaのみ)という状況でだったのが、iPhone8・Xからは、海外モデルにもFelicaが採用されています。そんな事もあり・・

モバイルSuicaの登録者数が増加しています

 それを受けてSonyでは、海外展開に力を入れていく(海外にて採用拡大を目指す)方針となっています。

 モバイルVisa payWaveは終了し、Felicaが海外へ向けて対策をはじめているなど、今後もモバイル決済は大きく動いていきそうです。

まとめ:コンビニ決済・NFC・ペイウェーブ・日本

 「Visa payWave」は、2007年から海外で利用されるようになりましたが、日本ではソニーの技術:FeliCaが優れていると判断し、多くの電子マネーがソニーのFeliCaを採用してリリースされたので、「Visa payWave」の普及が遅れています。

 これからは「Visa payWave」、そしてもう一つの世界基準の電子マネー:Mastercardが提供する「Mastercardコンタクトレス」の加盟店が増加し、より利用しやすい環境が整っていきそうです。

Posted by mon