Visa payWave コンビニでNFC決済|ペイウェーブでタッチ決済

出典:VISA Visa payWave

 最近では券売機、ドリンクの自販機、タクシーなども電子マネーが利用できるので、複数枚の電子マネーを使い分けている方は多いはずです。この調子で 海外旅行に行ったときも便利に使いたいのですが・・

財布に入っている電子マネーカードは、海外では使えない

 という問題があります。日本と海外の電子マネーの違い、そして世界で注目を集めている電子マネー:「Visa payWave(ビザ ペイウェーブ)」について見ていきます。

Visa payWaveとは

 国内にて多くの方が利用している「Suica」「楽天Edy」などの電子マネーは、海外では利用できません。そのため、世界各国で利用できる「Visa payWave」が注目されています。Visa payWaveは・・

POINT

「VISA」が提供しているタッチ型の決済システム

 となります。ポストペイ式の電子マネーであるため、利用するには(後でまとめて請求するために)クレジットカードが必要となります。海外では、ショッピングの際にクレジットカードを使わずに「Visa payWave」を利用する方が増えてきています。

海外ではクレジットカードがあれば良いのでは?

 「海外では加盟店の多いVISA・MasterCardのクレカあれば大丈夫」と聞くことが多いはずです。すでにクレジットカードを所持しているのに、電子マネーの「Visa payWave」の利用者が多いのは・・

カード情報が抜き取られる「スキミング」を回避したい

 という考え方があるからです。「スキミング」のやり方はこうです。

スキミングとは?

 お店のスタッフにクレジットカードを渡すと、見えない場所に持って行かれて専用の装置を使って(一瞬で)作業を完了。一瞬なので本人は全く気がつかず、後で(身に覚えのない)高額商品の代金が請求されて慌てる・・となります。

POINT

できればクレジットカードを出さずに支払いをしたい

 という考え方から、カードを出さずにレジに設置している装置にスマホをかざすか、「Visa payWave」の電子マネーカードを接触させて「ピッ」と支払いを完了したいのです。

NFC決済(タッチ決済)でサイン・暗証番号不用

 「三井住友銀行」や「りそな銀行」、「埼玉りそな銀行」などの銀行口座を開設しているなら、「Visa payWave」対応のデビット機能付きキャッシュカード(SMBCデビットなど)を取得します。すると・・

POINT

  • かざして「ピッ」とNFC決済(タッチ決済)
  • サイン・暗証番号の入力の手間がない
  • 電子マネーのように「チャージする手間」がない
  • 銀行口座にあるお金で即座に支払い完了

 銀行のキャッシュカードを使って「タッチ決済」で買い物ができるので、小銭を出すような時間のかかるショッピングが減ることや、財布に入っているカード枚数を減らすこともできるはずです。

「Visaのタッチ決済」の使い方・加盟店のチェック

 利用できるショップには、店頭かレジの周辺に「加盟店のマーク:上の写真」があります。Visaのタッチ決済の使い方はとても簡単です。

レジ横に設置のリーダーに非接触対応のVisaカード(またはiPhone)をタッチ

 するだけです。支払後のサイン、または暗証番号の入力などもありません(ただし、高額のショッピングとなる場合には、クレジットカードと同様に端末にカードを挿して暗証番号の入力を求められることがあります)。

増える加盟店:スーパー・コンビニ・ファーストフード店

 「マクドナルド」や「TSUTAYA」「メガネストアー」のように、国内でも「Visaのタッチ決済:Visa payWave」が利用できるスーパーマーケット・コンビニが増えてきています。

 2019年からはイオングループの店舗のレジ10万台に順次導入することが決まっています。

POINT

  • イオン
  • MaxValue
  • ダイエー
  • ミニストップ

 日本は、海外に比べてキャッシュレス化が遅れているため、外国人観光客の利便性を高めるために「Visa payWave」の導入を検討する企業は今後も増えていくと予想されます。

なぜ国内で使いにくいのか?加盟店が少ない理由

 Visa payWaveは、現在の所、国内においてはそれほど普及している状況ではありません。それは、私たちがいつも利用している「タッチ型決済システム」にあります。コンビニ、自販機などで目にする決済が可能となる技術は・・

非接触ICカード技術「NFC」

 と言われる技術が利用されていますが、国内で見かける、Pasumo、WAON、Suica、楽天Edyなどは、FeliCa(フェリカ)と呼ばれるNFCで利用が可能です。このFeliCaは、ソニーが独自技術で開発した規格ですが・・

国際標準基準にはなりませんでした

 つまり、海外ではFeliCaが採用されている国が少ないため、国内の電子マネーは海外で利用できません(台湾など一部の地域で可能なところもある)。

 そのため、海外で電子マネーを便利に利用するには、国際基準となっている「TypeA/B」と呼ばれるNFCで利用できる電子マネーが必要となるため、多くの国ですでに普及している「Visa payWave」が注目されています。

「Visa payWave」は世界各国で利用できる

 「Visa payWave」は、世界71カ国で利用することができます。

「Visa payWave」が利用できる国
アメリカ・カナダ・フランス・イギリス・オーストラリア・シンガポール・香港・韓国・台湾など世界71カ国

 クレジットカードとは違い、ICカードの読み取り機:NFCにかざすだけで決済が終了するので、スピーディーに支払いが終わります。何より、海外のレストランやホテルなどにおいて、従業員に「クレジットカードを手渡しせず」に支払いが完了します。

 これは、スキミングなどのトラブルに巻き込まれる対策としてベストな方法となります。

今後は加盟店が増加していく見通しである

 国内の電子マネーのようなガラパゴス状態では使いにくいので、今後は国際規格となるNFCで利用できる電子マネーが普及していくと予想されています。その中でも・・

ブランド力のある「Visa payWave」は最有力

 と見られています。「Visa payWave」が読み取り可能なNFC(ICカードの読み取り機)である「TypeA/B」は、「iPhone6・iPhone7・iPhone8」にも搭載されており、今後の新製品にも搭載され続けていく可能性は高くなります。

 その他、携帯電話キャリアも「TypeA/B」が使えるスマホ端末を重要視するようになってきています。

 日本には多くの外国人観光客が訪れるあため、「日本では世界基準の電子マネーが使いにくい」となれば、世界に取り残されてしまいます。そのため、「TypeA/B」のNFCを導入して「Visa payWave」が使えるようにしたいショップが増えています。

Visa payWaveが利用できるカード

 三井住友VISAカードでは、NFC決済が可能となるスマホと組み合わせて、海外でも「Visa payWave」が利用できるサービスをリリースしています。または住信SBIネット銀行のデビットカードにも、Visa payWaveの機能が付帯しています。

その他にも、Orico Card Visa payWave、ジャックスカード Visa payWaveなどが選べるため、海外旅行を重視する人におすすめのカードとなります。

 現在の所は海外向けのカードとしていますが、今後は国内の「Visa payWave」の加盟店が増加して、国内外で利用する電子マネーを1つのカードにまとめることもできるかもしれません。

まとめ:Visa payWave コンビニNFC決済・タッチ決済

 「Visa payWave」は、2007年から海外で利用されるようになりましたが、日本ではソニーの独自技術が優れていると判断し、多くの電子マネーがソニーのFeliCaを採用してリリースされたので、「Visa payWave」の普及が遅れています。

 また、日本においては圧倒的な人気のiPhoneですが、iPhone7、7 Plus、iPhone8、8 Plus、Apple Watch Series 3にはFeliCa(フェリカ)が採用されています。そのため、Visa payWave、同様に世界基準の電子マネー:Mastercardコンタクトレスが普及しにくい状態が続きます。

 そのような状況であるため、世界基準の電子マネーが浸透していくには、まだまだ時間がかかりそうです。

Posted by mon