Visa payWaveとは?タッチ決済・iPhone7・NFCの違い・コンビニ

出典:VISA Visa payWave

 最近では券売機、ドリンクの自販機、タクシーなども電子マネーが利用できるので、クレジットカードの出番を減らすことができます。電子マネーは「手軽さ」がメリットであり、この機能を海外でも利用したい人が多くいます。

 ですが、海外でも使えるとなると・・所持するカードがガラッと変わります。その理由と、世界的に注目されている「Visa payWave」について見ていきます。

Visa payWaveとは

 Visa payWaveは、「VISA」が提供しているタッチ型の決済システムです。国内で人気の「Suica」「楽天Edy」などの電子マネーは、海外では利用できません。そのため、世界各国で利用できる「Visa payWave」が注目されています。Visa payWaveは・・

ポストペイ式電子マネー

 となるので、利用するには(後でまとめて請求するために)クレジットカードが必要となります。海外でも、ショッピングの際にクレジットカードの出番を減らせるため、セキュリティー面で優れています。

海外ではクレジットカードがあれば良いのでは?

 「海外では加盟店の多いVISA・MasterCardのクレカあれば大丈夫」と聞くことが多いはずです。すでにクレジットカードを所持しているのに、電子マネーの「Visa payWave」の利用者が多いのは・・

カード情報が抜き取られる「スキミング」を回避したい

 という考え方があるからです。「スキミング」のやり方はこうです。

スキミングとは?

 お店のスタッフにクレジットカードを渡すと、見えない場所に持って行かれて専用の装置を使って(一瞬で)作業を完了。一瞬なので本人は全く気がつかず、後で(身に覚えのない)高額商品の代金が請求されて慌てる・・となります。

できればクレジットカードを出さずに支払いをしたい

 という考え方から、カードを出さずにレジに設置している装置に「iPhone6などの端末」か、「Visa payWave」の電子マネーカードを接触させて「ピッ」と支払いを完了したいのです。

「Visaのタッチ決済」の使い方・加盟店のチェック

 国内でも「Visaのタッチ決済:Visa payWave」が利用できるコンビニ・スーパーマーケットが増えてきています。利用できるショップには、店頭かレジの周辺に「加盟店のマーク:上の写真」があります。Visaのタッチ決済の使い方はとても簡単です。

レジ横に設置のリーダーに非接触対応のVisaカード(またはiPhone)をタッチ

 するだけです。支払後のサイン、または暗証番号の入力などもありません(ただし、高額のショッピングとなる場合には、クレジットカードと同様に端末にカードを挿して暗証番号の入力を求められることがあります)。

なぜ国内で使いにくいのか?加盟店が少ない理由

 Visa payWaveは、現在の所、国内においてはそれほど普及している状況ではありません。それは、私たちがいつも利用している「タッチ型決済システム」にあります。コンビニ、自販機などで目にする決済が可能となる技術は・・

非接触ICカード技術「NFC」

 と言われる技術が利用されていますが、国内で見かける、PasumoWAON、Suica、楽天Edyなどは、FeliCa(フェリカ)と呼ばれるNFCで利用が可能です。このFeliCaは、ソニーが独自技術で開発した規格ですが・・

国際標準基準にはなりませんでした

 つまり、海外ではFeliCaが採用されている国が少ないため、国内の電子マネーは海外で利用できません(台湾など一部の地域で可能なところもある)。

 そのため、海外で電子マネーを便利に利用するには、国際基準となっている「TypeA/B」と呼ばれるNFCで利用できる電子マネーが必要となるため、多くの国ですでに普及して居る「Visa payWave」に注目が集まっています。

「Visa payWave」は世界各国で利用できる

 「Visa payWave」は、世界71カ国で利用することが可能です。

「Visa payWave」が利用できる国
アメリカ・カナダ・フランス・イギリス・オーストラリア・シンガポール・香港・韓国・台湾など世界71カ国

 クレジットカードとは違い、ICカードの読み取り機:NFCにかざすだけで決済が終了するので、スピーディーに支払いが終わります。何より、海外のレストランやホテルなどにおいて、従業員に「クレジットカードを手渡しせず」に支払いが完了します。

 これは、スキミング防止のためにはベストな方法となります。

今後は加盟店が増加していく見通しである

 国内の電子マネーのようなガラパゴス状態では使いにくいので、今後は国際規格となるNFCで利用できる電子マネーが普及していくと予想されています。その中でも・・

ブランド力のある「Visa payWave」は最有力

 と見られています。 「Visa payWave」が読み取り可能なNFCとなる「TypeA/B」は、「iPhone6・iPhone7・iPhone8」にも搭載されており、今後の新製品にも搭載され続けていく可能性は高くなります。その他、携帯電話キャリアも「TypeA/B」が使える端末を重要視するようになってきています。

 日本には多くの外国人観光客が訪れるあため、「日本では世界基準の電子マネーが使いにくい」となれば、世界に取り残されてしまいます。そのため、「TypeA/B」のNFCを導入して「Visa payWave」の加盟店が増えてきています。

Visa payWaveが利用できるカード

 三井住友VISAカードでは、NFC決済が可能となるスマホと組み合わせて、海外でも「Visa payWave」が利用できるサービスをリリースしています。または住信SBIネット銀行デビットカードにも、Visa payWaveの機能が付帯しています。

その他にも、Orico Card Visa payWaveジャックスカード Visa payWaveなどが選べるため、海外旅行を重視する人におすすめのカードとなります。

 現在の所は海外向けのカードとしていますが、今後は国内の「Visa payWave」の加盟店が増加して、国内外で利用する電子マネーを1つのカードにまとめることもできるかもしれません。

まとめ:Visa payWaveのメリット iPhone8 NFCの違い

 「Visa payWave」は、2007年から海外で利用されるようになりましたが、日本ではソニーの独自技術が優れていると判断し、多くの電子マネーがソニーのFeliCaを採用してリリースされたので、「Visa payWave」の普及が遅れています。

 また、日本においては圧倒的な人気のiPhoneですが、iPhone7、7 Plus、iPhone8、8 Plus、Apple Watch Series 3にはFeliCa(フェリカ)が採用されています。そのため、Visa payWave、同様に世界基準の電子マネー:Mastercardコンタクトレスが普及しにくい状態が続きます。

 そんな事からも、世界基準の電子マネーが浸透していくまでには、まだまだ時間がかかりそうです。

Posted by mon