自販機 電子マネー【id 楽天edy】使えない理由 使い方 コカコーラ

 町中を歩いていると、新しいタイプの自動販売機を目にすることがあります。特に最近人気なのが、電子マネーが使えるタイプの・・

POINT

コカコーラのマルチマネー対応自動販売機です

 id 楽天edy suicaなど複数の電子マネーが使えるキャッシュレス自販機ですが、この自動販売機にまつわる・・

  • id 楽天Edyが使えない 使い方とは
  • 電子マネーが選べない自販機 本当に使えるのか
  • スマホをかざして購入・ポイントが貯まる

 これらの疑問について、分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コカコーラのマルチマネー対応自動販売機

 コカコーラの自販機は町中でもよく目にしますが、より人通りが多くて販売量が期待できる地域では「マルチマネー自販機」が設置されることが多くあります。

POINT

コカコーラの自販機で、iD、楽天Edy、Suicaなどの電子マネーが使える

 「電子マネーつかえます」と記載されているコカコーラの自販機の「硬貨を投入する場所」あたりに、電子マネーアクセプタンスステッカー(ロゴマーク)が掲載されていれば利用可能です。

 注意したいのは、見た目は全く同じ同型モデルの赤い「コカコーラ:電子マネー対応自販機」であっても・・

対応可能となる電子マネーは自販機ごとに違ってきます

 そのため、利用する前に「電子マネーのステッカー」を見てから判断する必要があります。

「iD」や「楽天Edy」が使えないとき:使い方は?

 電子マネー対応タイプのコカコーラ自販機にて、「idカード」「楽天エディカード」などをかざして決済できるか試してみると・・

POINT

タッチしても反応しない(使えない:選択できない)

 このような話を聞くことがあります。

 この症状が自販機の故障ではなく正常な状態であったなら・・

iD(または楽天エディ)に対応していないマルチマネー対応自動販売機

 これであるはずです。

自分の電子マネーカードだけエラーになるワケではない

 iDや楽天Edyを利用するための「使い方の裏技」や「からくり」はありません。単に・・

対応していないだけです

 マルチマネータイプと言っても「電子マネーが全部使えます」という意味ではなく、全く同じタイプの自販機なのに、こっちは「楽天Edy」のみ使える。あっちは「iD」と「楽天Edy」の両方が使える・・ということがあります。

 自販機を設置している場所によって利用できる電子マネーのルールが異なる(設置したオーナーの意向による)ので・・

使えない・選べない・なんで?

 と悩んでも答えはありません。

 利用不可なら他の電子マネーを使ってみる、または 現金払いで購入することを検討します。

マルチマネー自販機の使い方

 マルチマネータイプの自販機で、電子マネー決済をするやり方です。

 電子マネーカードを使って購入する方法はこのようになります。

POINT

  1. 通常と同じようにドリンクを選択します
  2. スマホで決済する電子マネーを選択する
  3. 携帯(スマホ)をタッチします

 これだけです。コンビニでスマホの電子マネーを呼び出す「おサイフケータイ」で決済する方法と全く同じになります。

コカコーラ スマホ自販機(Coke ON)とは

 コカコーラでは、コカ・コーラ社の自動販売機(Coke ON:コークオンのロゴ入があるタイプ)を全国で27万台以上設置しています。この『スマホ自販機』ではロイヤリティプログラムが利用でき、お得なサービスがあります。

 自販機を利用する際にはスマホの『Coke ON』アプリを起動した状態でドリンクを購入することで・・

ドリンク1本購入ごとに
1スタンプを獲得

 この特典があります。

15スタンプでドリンク1本と無料交換できる

 Coke ON対応自販機の利用頻度を増やして ポイントを獲得していくと・・

15ポイントでドリンク
チケットを獲得できます

 このドリンクチケットは、コカコーラ製品のお好きなドリンク1本と無料で交換することができます。

 「Coke ON」では他にこのような特典もあります。

POINT

  • ドリンクチケットを近くの友達へプレゼント
  • ウォーキングの目標達成でスタンプをゲット

 スマホでドリンクチケットを表示した状態で、スワイプすると近くの友達へドリンクチケットをプレゼントできます。

 また、1週間のウォーキング歩数を自分で設定し、その歩数を達成するとスタンプがたまります。すでに利用している方も多くいる人気の特典となっています。

コカコーラ スマホ自販機の設置場所を検索

 「Coke ON」自販機の設置場所を検索するには、アプリの「自販機検索」を利用します。ただ、あるはずの「Coke ON」自販機の設置場所に見つからないこともあります。

「Coke ON」自販機の
設置場所を検索
疑問点対策
スマホ自販機が見つからない自販機住所の誤り・ポイントにズレがある
施設内の自販機がない一般の方が利用できる自販機のみ表示される

 「Coke ON」自販機の設置場所に誤りがあるのを見つけたら「お問い合わせフォーム」よりお知らせくださいとしています。

コカ・コーラのの自販機「Cmode」は使えない

 現在見かけるコカ・コーラの自販機でも「Cmode:シーモ」という電子マネーが使えるタイプがあります。プリペイド型電子マネーであり、コカ・コーラ自販機以外では見る機会はないはずです。「Cmode」とは・・

  • 赤外線通信
  • QRコード
  • ケータイICカード
  • ケータイ画面(自販機のカメラに見せる)

 このようにアクセス方法も多く、au、Softbank、Docomoの全てのスマホに対応しています。とても使い勝手の良さそうな「Cmode」ですが・・

POINT

2010年末で利用停止(サービスを終了)しています

 町中では「Cmodeが利用できる」としているコカ・コーラ自販機がまだ見る事がありますが、今後もずっと使えません。自販機の入れ替えにはコストがかかるので、まだしばらく見る事がありそうです。

現金お断りのキャッシュレス自販機とは

 最近では、従来型の硬貨を投入して利用することができない・・

「現金お断り」の電子マネー専用自販機も登場しています

 現金お断りタイプの自販機はこのようなメリットがあります。

POINT

  • 現金の精算をするパーツがないため自販機のコストが下がる
  • Suicaの定着した地域の駅周辺自販機はキャッシュレス可能

 「現金が使えないタイプ」は不便に感じるかもしれませんが、「Suica」などの交通機関系の電子マネーが浸透した地域なら、電子マネー専用自販機でも問題ありません。

電子マネー対応自販機では1円単位の値付けが可能

 通常の自販機では「1円玉」は使わずに10円単位での価格が基本です。

 しかし、電子マネー決済専用タイプでは、小銭のやりとりが全く発生しないため1円単位で値付けをすることができます。

「1円単位」で値付けができるメリットがある

 例えば、通常の自動販売機が160円で設定しているペットボトルを、149円のような価格で売ることができます。

「イチキュッパ」のような割安感をアピールできる

 「100円」のドリンクを「99円」に価格変更するだけで、「すごく安い」印象を与えることができます。この価格アピールの戦略によって、より売上アップを狙えるようになります。

自販機でポイントをためることができる

 現金販売タイプの自販機でドリンクを購入するときは、スーパーやコンビニで普通に利用できるポイントサービスには対応していません。

 しかし、電子マネー自販機ではポイント付与が可能です。

POINT

電子マネーの利用で自販機でもポイントをゲットできます

 これで、コンビニまで行かなくても狙っているポイント集めが自販機で可能になります。

販売の機会損失を防ぐことができる

 電子マネー特化タイプの自販機においては、現金の自販機のような小銭(釣り銭)のストックが必要ないため、釣り銭が出せない状態でストップしてしまう機会損失を回避できます。

POINT

  • 「釣り銭切れ」で販売中止にならない
  • 釣り銭の小銭を用意しなくてよい
  • 小銭のシステムを搭載しないので自販機が安くなる

 「釣り銭切れ」で止まることはないので、最後の1個まで商品を販売することができます。

 また、小銭をセットする必要がない分だけメンテナンス(小銭のセット・商品の補充)の巡回頻度を減らすことができる(簡素化できる)メリットがあります。

自動販売機の盗難・いたずらを防ぐ

 釣り銭をストックせずに販売できることは、盗難防止・いたずら対策にも効果的です。

お金をストックしないので防犯対策に効果的

 自販機をまるごと持ち去っていく盗難以外にも、偽造硬貨を使って自販機の誤動作を狙った詐欺行為を回避することもできます。

顧客情報を調査する

 自動販売機で商品を購入する人が電子マネーを利用すると、顧客データに関しては、自動販売機代に販売実績としてデータが蓄積されていきます。

POINT

性別や年齢などの一般情報を収集できる

 これを、スーパーのPOSレジのように季節や時間帯によって、男性と女性のどちらが好む商品であるのか、または年齢別にどの商品の売れ行きが伸びているのかなど、様々な販売データを取得することができるようになります。

 このようにして、コンビニが売れ筋商品をリサーチしながら品揃えを変えていくように、自動販売機でも最も売れる品揃えを見つける有力な情報を集めることができます。

電子マネーで買うと5円引き

 現金と電子マネーの両方が利用できるタイプの自販機は、電子マネー専用タイプよりも値引き設定をしている自販機が多くあります。

POINT

電子マネーで商品を買うと5円引きの自販機がある

 最近では電子マネーなどのカード決済ができれば、小銭が不要なショップが多くなりました。そのようにキャッシュレスを優先したい人は多くいて、「電子マネーが利用できるなら自販機を使いたい」というニーズがあります。

まとめ:自動販売機 電子マネー エラー suica coke on|2019年版

 自動販売機のドリンクは、消費税や気温の変動などで売上が左右されるため、状況に合わせてドリンクの価格を細かく変化させることが有効です。電子マネー専用の自動販売機は、このようなテクニカルなアクションが即座にできます。

 今後は、iDや楽天Edyだけでなく、他の電子マネーが気軽に使える自販機も増えていくはずです。

 以上、自販機 電子マネー【id 楽天edy】使えない理由 使い方 コカコーラ...についてでした。