身に覚えのない請求書はどうすればいいの?クレジットカード対策

 スマホにショートメールが着信していて、メッセージの内容をチェックしてみると「身に覚えのない請求」である事があります。

 「過去に何かを購入し支払いを忘れているのか?」、または「不正な請求にダマされているのか?」などの可能性を疑い焦ってしまいます。今日は、このような身に覚えのない請求(請求書が届く、ショートメール、電話)の対応策について見ていきます。

身に覚えのない請求とは

 毎日の買い物でクレジットカードを利用する頻度が多いと、カードの利用明細書には利用したショップの名前がズラッと並んでいるはずです。

POINT

カードの利用明細書(請求書)には日時とショップ名が記載される

 こと明細書の中身をチェックしていくと、「身に覚えのない請求」が見つかることがあります。この時・・

  • カード会社が間違って請求するはずはない
  • 自分の記憶違いなだけである

 このような、安易な考え方で「細かなチェックをスルー」してしまうのは大きな間違いです。

利用明細(請求書)は本人に中身を確認してもらう書類

 クレジットカードは、カード会社が先に商品代金を立て替えて払ってくれる「信用」をウリにしている商売です。利用者は「1月分をまとめて後払い」なので、お金のやりくりがとても楽になります。

 しかし、実際に使った(商品を購入した)内容と請求内容に違いがあるかについては、カード会社も分からない部分があります。

商品を販売したショップが手続きを間違って請求

 してしまう可能性があります。それをチェックするのが「クレジットカードの利用明細書」です。つまり、中身を本人が確認し「おかしな請求をチェックする(請求がミスなら払い戻す)」手続きが必要となります。

 そのため「身に覚えのない請求」があるなら、間違っていないか必ずチェックする必要があります。

どのように調べたら良いか

 身に覚えのない請求が見つかった時には、冷静な判断をすることが大事です。

  • 身に覚えのない項目の会社名を調べる
  • 購入した金額からどの商品であるか予想する
  • 副業をしているなら本業だけにとらわれないように

 意外に多いのが、何らかの商品を「自分で購入していながら忘れてしまっている」ことです。カードの利用明細に書かれる会社名は、ショップの名称ではない可能性があります。

POINT

  • ○○ショッピングセンター の請求→ □□株式会社
  • パソコンショップXX の請求→ △△オンラインサービス

 このように、商品を購入したお店の名称がそのままカードの利用明細に書かれるのではなく、そのショップを運営している親会社のサービス担当窓口の企業からの請求となる事があります。

利用した会社の名称が変わっただけ

 クレジットカードで購入する商品・サービスは、毎月同じような使い方になる事が多くなるため、過去のカード利用明細書を見ると、「よく利用するお店・金額」が分かります。その内容から比較して・・

POINT

毎月利用しているショップの親会社が変わった可能性

 があります。つまり、従来通り正しい請求なのですが、会社名が変わったのを自分が知らなかっただけという結果です。「先月の利用したお店の名前が今月は見つからない」ときは、ネットで「会社概要」について調べてみる事です。

カードの請求日が変わってくる

 もう一つ注意すべきポイントは、購入したショップから請求される時期が変わってくる場合です。多くの場合、今月購入した商品の請求書が来月に届き、銀行口座からカード利用料金が引き落とされるのが2ヶ月後である場合が多くあります。

今月のカード利用料金は来月に請求が来る

 しかし、カードの利用料金を請求する期間はカードの加盟店によっても大きく変わってきます。毎月定額となるインターネット固定料金の請求が、1月のうちに2回来る事もあります。

毎月利用のサービスの引き落としが2回来る事もある

 これは、カード加盟店がカード会社に決済を依頼する期日が決まっていないことが原因となります。そのため、現在請求が来ているクレジットカード明細の利用日をチェックすると、三ヶ月以上前に利用した金額が請求されている可能性があります。

海外の企業である可能性

 身に覚えのない請求のある会社名をチェックし、ネットで企業の素性を確認することは非常に有効な対策です。その時に、該当する企業が外国の企業である事があります。

POINT

身に覚えのない請求が外国の企業からある

 この時、完全に不正利用架空請求)だと考えてしまいますが、実際のところは自分で利用している可能性があります。

 それは、日本語で運営しているネットショップであっても、実は海外に本社のある企業が運営している場合です。先月あたりにネットショップで商品を購入したことがあるなら、そのショップの名称と運営企業の情報をネットで調べてみる事です。

実際に不正利用である場合

 いくつもの項目をチェックし、それでも身に覚えのない場合には、すぐに対策をする必要があります。まず最初にやるべき事は以下となります。

クレジットカード会社のサポートセンターに問い合わせる

 身に覚えのない請求の内容を確認してもらい、カードの明細書で得られないような情報も教えてもらいます。そして確実に架空請求である事を伝えて、カード会社に対策を依頼します。

 基本的には、身に覚えのない請求はクレジットカード会社が全て対処してくれます。クレジットカードの所有者には、ペナルティーとされるような請求などが来る可能性はありません。

少額の請求がある場合

 身に覚えのない請求があるときには、かなり大きな金額が請求されるのですぐに発覚するパターンが多いですが、中には発覚を恐れて少額の請求での不正利用もあります。

POINT

身に覚えのない金額が少額である事もある

 そのため、不正利用を早期発見するためにも知らない請求に関しては、クレジットカード会社に連絡をして問題を追及することが重要となります。

まとめ:身に覚えのない請求書はどうすればいいの?

 便利に利用できるクレジットカードですが、常に不正利用の可能性がつきまといます。クレジットカードを入れたカード入れは常にポケットにて携帯し、カード番号を誰にも知られないようにする対策が求められます。

 毎月必ず請求所を確認し、身に覚えのない請求がないかチェックする習慣が求められます。

 自分が商品を購入しているのに、不正利用を疑って対策をしてしまう可能性があるので、ショッピングで利用したショップの運営している企業名などを再度確認するべきです。

Posted by mon