ユニバーサルクレジットカードとは?FuzeCard SWYP plastc emv

出典:Fuzecard

 手間をかけずに買い物をするためにクレジットカード・電子マネーカードが便利です。魅力的なカードが次々にリリースされるので、気がついたら財布がカードでパンパン状態になってしまうことがあります。

 このようなカードが増えすぎた時の対策として・・

POINT

「ユニバーサルクレジットカード」1枚に集約する

 この方法があります。とても便利なカードですが、まだ広く知られていないので利用者のレビューも少ない状態です。このユニバーサルクレジットカードの・・

  • 海外でユニバーサルカードが好評な理由
  • Coin plastc swypの機能とは
  • FuzeCardの利用 emvとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

海外ではキャッシュレスでの買い物が常識

 海外では日本よりも圧倒的にカード文化:キャッシュレス化が浸透しており、「ユニバーサルクレジットカード」のアイディアも かなり古くから発案・リリースされています。

 これほどキャッシュレス決済に拘るのは・・

POINT

現金払いでは、偽札を受け取る可能性があるからです

 高額紙幣を出したお客さんがいると、お札の「透かし」を慎重に見て偽札でないかチェックしなければ安心できないので、このリスクを回避したいためにカード払いを歓迎するショップがほとんどです。

偽札が見つかっても取り替えてくれない

 お客さんから頂いたお金は、後で偽札だと発覚しても、警察・銀行ともに 本物のお金と換えてくれません。つまり・・

偽札であるか見抜けないと大損します

 このようなトラブルを避けたいので、偽札が偽造されやすい高額紙幣:100ドル札など(日本円では11,000円ほど)は、受け取りを拒否するショップもあります。

 ショップ・お客さんのどちら側も、トラブルに遭遇したくないので当然のようにカードを使います。すると、買い物用(クレカ・電子マネー・ギフト)・会員登録証・身分証など、財布がカードだらけになってしまいます。

ユニバーサルクレジットカードとは

 電車の利用はSuicaのカード、ショッピングはクレジットカード、他にマイル・ポイント用のカードのように複数枚のカードを持ち歩くのは不便です。この増えすぎたカードをコンパクトにまとめたいなら「ユニバーサルクレジットカード」が最適です。

ユニバーサルクレジットカードは多くのカードを1枚に集約できる

 ユニバーサルクレジットカードとは、複数枚のカードをスマホの中(あるいはカード型の端末)に取り込み、必要な時に使いたいカードの情報を呼び出してカード決済を行うシステムです。

 スマートフォンのイヤフォンジャックにICカードリーダーを装着し、クレジットカードをスキャンして情報を取り込みます。取り込み可能なカードは・・

POINT

  • クレジットカード
  • 電子マネーカード
  • キャッシュカード
  • ポイントカード
  • 会員カード

 このような「磁気情報を保有しているカード」をユニバーサルクレジットカード内へ取り込み、必要に応じて呼び出します。

まだユニバーサルクレジットカードの利用者は少ない

 ユニバーサルクレジットカードは、海外の企業が開発・販売していおり・・

世界中のクレジットカードを登録、使用できます

 このようなキャッチコピーでリリースされる事が多くあります。しかし、海外のメーカーが製造しているカードであるため・・

日本での利用を想定したテストが十分でない

 この状況であることは間違いないといえます。

 仕様上は使えるはずですが、実際に日本のクレジットカードを登録、使用すると正常に動作しない(読み取りエラーとなる)ユニバーサルクレジットカードがあります。

トラブルがあったら外国語でメールのやりとりをする

 海外製のユニバーサルクレジットカードを購入して、利用に関するトラブルに遭遇したときには、海外のメーカーへサポートを依頼する(外国語)の語学力が必要になってきます。

POINT

外国語でトラブル対応をする可能性がある

 セキュリティ面がクリアできているか情報を集めても、なかなか日本人のレビューが見つからずに困ることになります。そんなこともあり、実際にカードを契約して・サービスを利用してみないと分からない部分があります。

 次は、過去にリリースされたユニバーサルクレジットカードと、日本で使えるかについて見ていきます。

Coin(コイン)

追記:2017年2月にサービスを閉鎖しています

 ユニバーサルなカードとして かなり以前から話題になっていたのが、Coin(コイン)です。「コイン」はこのような特徴があります。

POINT

  • カード型の電子デバイスでありサイズはクレジットカードとほぼ同じ
  • 複数のクレジットカード情報をCoinに取り込む事が可能である
  • デビットカードや、ギフトカードなど、合計8枚取り込める
  • スマホのアプリ(AndroidiOS)が必要である
  • Coin本体は、スマホのアプリとBluetoothで接続
  • Coinがスマホから遠ざかると、アプリからアラート音がする
  • Coinとスマホの接続が切れてしばらくするとCoinが使用不能になる

 このような特徴がありますが、重要なのはセキュリティ面で安心なICチップ&暗証番号のタイプはなく、磁気ストライプによるクレジットカード決済ということです。

 発売後、不具合が続出していることや、クレジットカードにEMVと呼ばれるチップ(日本のカードに多く採用されている)が義務づけられた事から、新型のCoin 2.0をリリースしています。

 しかし、同様なプロダクトにおいては、後発でより安定したPlastcが本命となっています。

Plastc(プラスティック)

追記:2017年4月20日に「Plastc, Inc.」は破産しました。理由は「事業継続をするための及び資金獲得手段が尽きてしまいました」としています

 Coinの後に登場、より高機能な機能を詰め込んだ仕様に人気が集まり、クラウドファンディングにおいて900万ドルを集めています(約99億円)。

 Coinと同様の機能を搭載しながらICチップ&暗証番号が利用可能となるため、交通系のICカードや、電子マネーなど多くのカードの取り込みが可能となっています。最大で20枚の取り込みが可能となります。

液晶で情報を確認できる

 Coinには 小さな小窓(タッチスクリーン)が搭載されており、目的のカードを切り替えて利用する事が可能となります。

 Bluetoothでのペアリングや、置き忘れてスマホにアラートが転送される機能などもCoinと同様となります。安定して利用できるというレビューも多いのですが、155ドルという価格がネックとなっています。

SWYP

出典:SWYP

追記:2017年7月に生産・出荷を中止しています。理由として、最終的に「規制当局の承認が得られなかった」としています

 Coin、Plastcよりも後に発売されたのが、SWYPとなります。カードの登録枚数は25枚となっています。価格は99ドルに設定されているためリーズナブルですが、非接触IC&暗証番号に対応してないので機能はCoinに近くなります。

 Coinには不具合の報告が多くある事から、人気はPlastcに集まるようになっています。

 今後発売されるクレジットカードは、磁気ストライプだけでなくICチップ決済が主流となることが決まっているため、海外・日本においてのSWYPの仕様レビューが少なく、購入を決断する方も少ない傾向にあります。

Fuze Card:日本で使えるカード

出典:Fuze Card

 資金難などでライバルが次々と脱落していく中で、新たに登場したのがFuze Cardです。注目される機能はこのようになります。

  • 標準的なカードサイズでありながら、磁気ストライプ、EMVチップ、NFCチップに対応
  • 最大30枚のカード:クレジットカード、電子マネー、クレジットカード、キャッシュカード、会員カードを集約
  • 手持ちのカードをFuzeへ登録するには、付属のカードリーダーを使用する
  • Fuze Cardが手元から離れると自動的にロック(使用不可)となる
  • 紛失した場合には、手元の操作でFuze Cardの登録情報を消去できる
  • Fuze Cardを使用するには、Fuze Cardのボタンで目的のカードを選択

 従来型のユニバーサルカードよりも格段に機能が強化されています。30枚のカードを1枚に集約できるためカード類をスッキリ整理できます。

 以前はFuze Cardのサイトに「Fuze Cardの使用方法:日本語のページ」がアップされており、日本への進出が本格的に進むのかと思いきや、2019年になると日本語の使用方法に関するページは削除されています。

確かに日本でも使えるが・・

出典:fuzecard shop

 Fuze Cardは、ICチップ(EMVチップ:カード左側に金色のキラキラした部分)が付いてるタイプと、付いていないタイプがありますが、現在のところ・・

日本から購入できるのはICチップ無しタイプのみ

 この状況になっています。つまり・・

POINT

レジでカードをスライドして情報を読み取る

 このやり方のみ利用できるカードであり、カードを端末に差し込んで暗証番号を入力する(ICチップ付きカード)の決済スタイルは利用できません。

 そのため キャッシュカードなど、ICチップでセキュリティ対策をしているカードの多くに対応できていません。

クレジットカードはICチップつきが主流に

 最近はクレジットカードはICチップつきが主流になっています。何より2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の「日本再興戦略」において、日本クレジット協会は・・

2020年までに100%のICカード化を目指す

 このように宣言しています。

 つまり、どのクレジットカードも更新の期限が来ると「金色のチップ付き」に変わります。そのため、ショップのレジでは読み取り端末にカードを差し込み、暗証番号を入力して決済するシステムだけに変わっていきそうです。

まとめ:ユニバーサルカード 日本 FuzeCard swyp|2019年版

 「Apple Pay」「Google pay」「おサイフケータイ」など、スマホ決済が便利になっても、財布に入っている「磁気カードを1つにまとめたい」というニーズが世界中にあります。

 ユニバーサルカードの企画はアイディアが素晴らしく、世界中に共感する方が多いのですが・・

POINT

  • 規制にまつわる問題
  • セキュリティ対策の実績
  • 世界中の読み取り端末でエラーを回避

 これらの問題をクリアするハードルが高いために、なかなか普及ないジャンルとなっています。日本で安定して利用できるユニバーサルカードは、まだまだ先になりそうです。

 以上、ユニバーサルクレジットカードとは?FuzeCard SWYP plastc emv...についてでした。