総量規制外ローンとは|銀行カードローン・おまとめ・街金・借りれた

 過去には、金融業者がゆるい審査でどんどん貸付けし、高い金利でボロ儲けしていました。借りる側は「借金地獄」に陥ってしまい、自己破産する人が相次ぎました。

 この異常な状態を立て直し、債務者(借入れしている人)を保護するために「総量規制」が導入されました。

 ですが、「今、10万円があったら来月から立て直せるのに・・」と考えている人には「総量規制」は、やっかいな制度です。このような時には、総量規制のルールに「制限されない」借入できる「総量規制外ローン」を利用する方法があります。

総量規制とは?

 まずは、総量規制のルールのチェックからです。「それは十分知っている」という方は、読み飛ばして「3章:総量規制外ローンとは」へどうぞ。

 総量規制は債務者(お金を借りる人)が、お金を借りすぎて返済が困難にならないようにするために、借りる金額を制限する制度です(2010年の6月に改正貸金業法が完全施行)。総量規制とは・・

年収の3分の1を超える金額を貸し付けてはいけない

 というルールです。給与収入は、銀行口座に振り込まれる(手取り)の金額ではなく、会社が支払っている総支給金額(社会保険料・交通費・残業手当などを引く前の総額)が該当します。

 この「年収」には他にも、企業を経営している人の役員報酬、そして年金受給者は年金額も該当します。そして、不動産を所有しているとは不動産収入も年収に含まれます。

総量規制が適用される(ルールを守るべき)金融会社とは

 総量規制の決まりを守るべき借入はこのような金融業者です。

  • 消費者金融
  • 信販会社
  • クレジット会社

 個人でお金を借りる いわゆる消費者ローン(フリーローン)、クレジットカードで借入ができるキャッシングのほとんどは 消費者金融系となり、「総量規制ルール」で貸付けを行っています。

総量規制で借りる事ができる上限金額

 総量規制ルールを守って貸付をしている消費者金融でお金を借りるなら、年収に応じた上限金額までしか借りる事ができません。

自分の年収額 借り入れ可能な上限額 年収に対する割合
300万円 100万円 1/3
450万円 150万円 1/3

 借入れる金額が100万円を超える場合には、所得証明書の提出が義務づけられています。複数の消費者金融、クレジットカードキャッシングがある場合、全ての借入れの合計額を「年収の3分の1を上限」とします。

総量規制外ローン:総量規制の対象外となる借入

 総量規制の内容で重要になるのがこの部分です。消費者金融などから借入をしているなら、総量規制の対象になりますが、それ以外に規制の対象にならない借入がいくつもあります。

  • 自動車購入時の貸し付け(自動車ローン)
  • 不動産購入時の貸し付け(住宅ローン)
  • 高額医療費の支払いのための借り入れ
  • 有価証券の担保に使用する借り入れ
  • 金融取引業者からの500万円を超える借り入れ
  • 手形の割引
  • 個人事業主の借り入れ

 総量規制の対象になるのは「消費者金融、信販会社、クレジット会社」系のフリーローン(使途が自由)となります。それ以外の住宅ローンや自動車ローンなどの「生活に必要な物:不動産を手にする」「担保のある借入」のような、使途が明確な借入は対象外です。

おまとめローンも総量規制外ローンである

 複数の債務(借入れ)がある場合には、金利の高い消費者金融などからの複数の借入を、金利の安い(返済が楽になる)借入にまとめることができます。

A社から「30万円」・B社から「70万円」 を C社「100万円」に切り替える

 おまとめローンは、借り入れている総額は同じですが、金利が安いローンに「まとめること」ができるので、完済するまでの期間を短く(利息が減るので完済予定日を早める)ことができます。また、毎月のように複数の支払い先にお金を振り込む手続きが一つで済むので、借金返済のストレスが軽減されます。

おまとめ一本化が総量規制外ローンとなる理由

 「おまとめ」「一本化」「借り換え」などは新規に借入れをして、現在の複数の借り入れ先を入れ替える方法です。このタイプのローンなら「総量規制」で規制される消費者金融でも利用できます。

  • プロミス・アイフルなどで新規におまとめローンの申請ができる

 つまり、新しい借入ですが、「借り入れる側(顧客)の債務が有利になる(返済が楽になる)場合は総量規制外」というルールがあります。つまり、借り換えるならどこの金融会社でも貸し付ける事が可能なのです。

総量規制外ローンは銀行が提供するカードローン

 年収の3分の1までしか借入ができない「総量規制のルール」が適用されない金融機関があります。それが・・

銀行

 となります。消費者金融などは「貸金業法」が適用されるために「総量規制」を守る必要がありますが、銀行が提供しているカードローンなどは「銀行法」が適用されるため、総量規制のルールである「年収の3分の1まで」に従わなくても良いのです。

  • 銀行からの借入れは年収の規制がない

 銀行は独自の審査に基づいてお金の貸し付けの審査を行うため、総量規制の上限額まで借り入れしている状態で審査を依頼した場合でも、審査の内容によっては貸してくれる可能性があります。

総量規制外ローンが利用できる借入先

 総量規制外ローンとなる銀行が提供しているカードローンはこのようになります。

総量規制外ローン:現在の借入額の上限に規制がない
年収による借入上限 金融機関名 金利
なし:総量規制外 イオン銀行カードローン 3.8%~13.8%
なし:総量規制外 三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5%
なし:総量規制外 三菱東京UFJ銀行バンクイック 1.8%~14.6%
なし:総量規制外 オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8%
なし:総量規制外 みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0%
なし:総量規制外 じぶん銀行カードローン 2.2%~17.5%
なし:総量規制外 北洋銀行スーパーアルカ 1.9%~14.7%
なし:総量規制外 セブン銀行カードローン 14.0%~15.0%
なし:総量規制外 スルガ銀行カードローン 3.9%~14.9%
なし:総量規制外 楽天銀行スーパーローン 1.9%~14.5%
なし:総量規制外 新生銀行レイク 4.5%~18.0%

 有名な「アコム」「プロミス」「モビット」などでも「総量規制外ローン」が可能というネット広告を見ることがありますが、これらの企業は消費者金融であるため「総量規制の対象」です。対象外の借入も可能として勧めているのは、「おまとめローン」となります。

総量規制外ローンも制限されていく可能性

 現在のところは、「総量規制」があるために借り入れ先が見つからない方が銀行の総量規制外ローンに審査を申し込む流れがあります。しかし、それに伴って「総量規制外ローンによる自己破産の件数」も増えてます。そのため・・

総量規制外ローンの貸付けを制限するように

 という流れがあります。2017年春:全国銀行協会からの通達「銀行による消費者向け貸付に係る申し合わせ」によって、過剰な貸付をしないようにという注意喚起が行われています。そのため、今後は「総量規制外ローン」の審査が厳しくなる傾向があります。

 もう一つの違いは、「総量規制対象外」という文字を表示しないようになりました。そのため、銀行系のローン公式サイトをチェックしても、「総量規制外ローン」については書かれていないはずです。

まとめ:総量規制外で借りれた 街金・ヤミ金 おまとめ 注意

 総量規制外ローンとして「街金」「ヤミ金」などの話が出ますが、このような業者は「高すぎる利息」「借金取り立てが非常識」などの理由から、絶対に手を出してはいけません。「街金」「ヤミ金」であるかの判断は、ネットの公式ページを探すと分かるはずです。

 「総量規制外ローン」なら銀行系カードローン利用します。審査の基準が違うので、総量規制にひっかかる人でも借りれた人がいます。ただ、「審査が通るかに」ついては、実際に申し込んでみないことには分かりません(結果を予想するのは難しい)。

Posted by mon