タイムイズマネー 時は金なりの意味 ウシジマくんとフランクリン

性格の影響

仕事の結果を最重要とする場合、その作業にかかる時間を短縮することが最も重要となってきます。少ない時間で多くの結果を出し続けることが多くの利益を生むことになります。

短時間で多くの結果を出す時に重要なのが「タイムイズマネー」という言葉です。日本語に訳すと「時は金なり」となります。

小説やマンガ、ドラマなどにおいても度々出てくる言葉であり、人気のウシジマくんの映画やドラマにおいても、主人公となる天生翔の決め決めゼリフに「タイムイズマネー(時は金なり)」が出てきます。

タイムイズマネーとは

「時は金なり」という言葉は、教育の現場でも良く使われることわざであり、その語源はアメリカにて大きな功績を残した政治家であるベンジャミン・フランクリンが「Advice to a Young Tradesman」にて記載している中にあります。

時間はお金であることを忘れるな(Remember that time is money)

時間を浪費してしまうことが問題であり、有益なことに使うべきであると言う意味になります。自分のおかれている環境に左右されることなく、将来を見据えた有用な時間の使い方を自分で決めていくことが重要となります。

表現方法が違う場合がある

タイムイズマネーということわざを利用する場合、本来の意味とは違うニュアンスで使用されることも多くあります。

  • お金と時間のどっちを優先するか
  • 時間をお金に換算して計算すべき
  • お金のように時間を使うこと

ドラマなどにおいては、意図的に本来の意味とは違った使い方をしている場合もありますが、基本は「時間はお金と同じくらい価値のあるものである」という意味合いとなります。

時間を浪費せずに仕事に集中する事により、より多くの収益をもたらすという考えであったり、プライベートの時間の使い方においても時間を決めて集中して遊ぶことも「タイムイズマネー」を実践していることになります。

更に深読みをする

タイムイズマネー(Time is money)「時は金なり」は、時間を浪費するなという意味合いとなりますが、起業家などが考える場合は更に多くの意味があります。

  • 時間を短縮するためにお金を使え
  • 時間を先取りするためにお金を使う
  • お金は時間と共に増加していく

お金を使うことによって、時間を購入するという考え方があります。自分の1日の時間は限られているので、作業の一部を従業員を雇って任せるという考え方です。俗に言われる「マネーイズタイム」という考え方となります。

マネーイズタイムの考え方

投資家などは、投資できるお金を所有していれば将来的に大きく増やしていけるので、そのお金を使って自分の時間を作るために費やしたり、そのお金を担保として事業に必要な物を購入します。

お金を使って時間を増やす事を考える

重要なのは、投資に使えるお金を減らさない考え方です。不動産などを現金を担保に購入したり賃貸し新たな事業を展開します。その利息よりも投資で得る利益が多ければ、無限にお金が増えていく計算が可能となります。

お金と時間のどちらが必要か

お金持ちである人は、必然的に時間を得るために試行錯誤するようになります。仕事を部下達に任せて自分のプライベートの時間を増やす事や、新しい事業を始めるためにお金を使って自分の時間を作ろうとします。

金持ちほどお金で時間を作る

この時重要なのは、タイムイズマネーの考え方となります。余暇を増やす為の考え方であるか、更にお金を生み出すための対策であるかです。

但し、プライベートでの専門の業種以外の人達と交流は、遊んでいる時間であっても事業を拡大する足がかりとなる可能性があります。そのため、将来のお金を増やす為に遊びの時間を費やしているという考え方もできます。

遊んでいる時間をお金に換算

タイムイズマネーの考え方の根本的にあるのは、現在仕事をしている時間的な給与がプライベートの時間においても同じだけの時給が発生するという考え方です。自分の時給が1,000円だとする場合は以下のようになります。

  • 3時間テレビを見たので3,000円分浪費した
  • ゲームを5時間やったので5,000円使用した
  • 週末に8時間アルバイトして8,000円得た
  • 二日酔いで翌日に10時間影響=1万円損した

常に時間とお金が連動してることを考えながら生活をする事によって、タイムイズマネーの生活習慣が定着するようになります。

自宅の掃除を自分で5時間やるよりも、3,000円で誰かに掃除をやってもらい、自分はアルバイトで5時間仕事をする事でプラスマイナスで2,000円のお金を得ることが可能です。このような、何をするにしても時間をお金に換算していく考え方が重要となります。

お金を増やしていく時間の使い方

仕事を効率的に行ってプライベートの時間を増やしていく対策も「タイムイズマネー」となりますが、常に時間をお金に換算して考える習慣が定着していけば、将来的に大きく貯金を増やしていく対策が見えてきます。

それは、将来的に大きく収入が増える事が分かっているなら、借金をしてでも自分に投資をしていく考え方です。例えば、一流大学や専門学校、資格などを取得してより高い報酬を得るために、お金を借りて学校に通う考え方です。

お金を借りて高い学歴を得る考え方

将来に多くの収入が得られる事が分かっているのであれば、借金をする事もプラスになります。今やっておくべき最も重要なことに時間を使うべきであり、そのやるべき事に資金が不足してればお金を貸してくれる人を探すべきです。

まとめ:タイムイズマネーの考え方

時間を無駄に浪費することなく効果的に使っていくためには、常にタイムイズマネーという考え方を基本としていくことが重要となります。お金に関する意識を高めることが、将来の貯金を殖やす為にも有効であるし、仕事の成功にもつながります。

投資家や企業家などは、自分の時間を有効に使っていくことに長けており、常にタイムイズマネーの意識が高い状態にあります。時には借金をしてでも自分の時間を作ることを優先し、将来に向けて時間が必要であればお金をどんどん使います。

Posted by mon