派遣社員 頭おかしい わがまま むかつく 変な人が多いのはなぜ?

 スタッフを多く抱えている企業は、その大半が派遣社員であったりします。派遣社員を優先して採用するのは・・

POINT

正社員を採用するよりもメリットが大きい

 こう考えているからです。この「派遣社員の仕組み・ルール」に触れますが、その前に 調べている方がとても多くなっている、派遣社員にまつわる・・

  • ムカつく変な人が多いこと
  • わがままでめんどくさい理由は
  • おかしい人との接し方とは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

派遣社員の問題点:めんどくさい人が増える要因

 「頭おかしい わがまま むかつく派遣社員が多い」と問題点が指摘される背景には、雇用形態で大きく損をしている状況が関係しています。派遣社員の問題点はこのようになります。

POINT

  • 雇用できる最長期間が三年と決まっている
  • 派遣先の正社員との間で責務の差がある
  • 賞与(ボーナス)がない
  • 三年未満の契約打ち切りの可能性

 まず、前提として派遣社員が「わがまま・変な人が多い」と言われるのは、給料が少ないこと(賞与が頂けない条件であるなど)が関係します。仕事のやる気は給料の金額とともに強くなり、責任感も高まります。

 派遣社員の増加は(仕事をしているのにずっと低所得者である)「ワーキングプア」となるライフスタイルが要因となっています。

抵触日「3年ルール」がマイナスに働く

 派遣社員として働いているスタッフが、3年以上同じように業務に従事していくためには、派遣先の企業が直接雇用するルールとなっています。ですが、この「3年ルール」があるために、良好な職場・雇用関係が良かったとしても・・

仕方なく派遣先(職場)を変える

 この選択に迫られてしまう派遣社員がいます。そのような派遣社員は、正社員のフルタイム(残業あり)の条件で直接採用を望んでいるわけではなく・・

現状の「限定された勤務時間で働きたい」と望んでいます

 弱い立場にある派遣社員を守る「抵触日」の決まりですが、「3年ルール」が壁になっているために やる気が減退する → 「めんどくさい人」と見られてしまう要因になっています。

正社員と派遣社員の間で考え方の違いがある

 派遣社員とは、派遣会社に依頼して派遣されてきた契約社員であるため、派遣先の社員からは・・

期間限定で来ていただいたお客さん

 このような扱いを受けることがあります。

 そのため、派遣先の企業では「正社員と同じように責任を負わせる」ことに躊躇してしまいます。全く同じチームで作業をするスタッフでも・・

POINT

  • 派遣社員の責任範囲を限定する
  • 仕事を教える範囲を限定する
  • 知らせない(教えない)範囲を決めている

 このような取り決めをしている企業もあります。

正社員のサポートの仕事だけやらせる

 短期の「助っ人」的な考え方で派遣社員を入れている企業は、派遣社員が従事する職務の範囲を限定し、「サポート的な役割」しか与えないことがあります。

POINT

派遣社員は責任が少なく、雑用が多い傾向になる

 このような業務内容の違いは・・

  • 予算達成の「責任範囲」
  • 好成績により「特別手当がつく」

 このような仕事の「やりがい」に関係してくることがあります。この環境が定着していくと派遣社員のやる気が減退し「わがまま」「ムカつく」のような印象につながります。

派遣社員は賞与(ボーナス)がない

 同じ職場で働いていても「正社員」は年に複数回のボーナスが支給されますが、派遣社員は給与を支払っている企業が別の企業(派遣会社)であるため、給与の規定そのものが違っています。そのため・・

POINT

正社員がもらっているボーナスの支給がない

 給与を支給する企業が違ってくるので、ここは仕方がないところです。(一部、派遣社員へボーナスを支給する派遣先企業もあります)。

 同じ業務に従事して、職務内容も遜色ないのにボーナスが支給されないのは、就業意欲にも影響してきます。

派遣社員と賞与の関係

 賞与とは、社員の毎日の労働に対する報酬を「まとめて払っている」ことになります。年収の内訳をこのように見ると分かりやすくなります。

  • 賞与無し・残りを給与として12等分
  • 賞与あり・残りを給与として12等分

 この金額(年収)はどちらも同じ金額になります。つまり、正社員は月給が少し減った代わりに、ボーナスでまとめてゲットしています。このように考えると、派遣社員の場合・・

POINT

賞与がない分だけ月給(時給)が高めに設定されている

 このように考えることもできます。実際に入社一年目の若手正社員よりも、派遣社員の月給が高くなることがあります。

三年未満の契約打ち切りの可能性がある

 派遣社員は「抵触日」までの3年間、派遣先の企業で業務に従事することが可能ですが、この就業期間は派遣先の企業が決めます。そのため・・

予定外の期間(3ヶ月・1年など)で契約が打ち切られる可能性があります

 よく問題とされるのは、特にミスをしたわけでもないのに「理由を教えられないまま解雇」されてしまう「雇止め」です。

「雇止め」は使い捨てと感じる方が多い

 派遣スタッフを切ってしまう何らかの条件にあてはまると急に解雇されるため、派遣社員の生活はずっと不安定なままです。仕事に慣れて熟練度も高まりかけた頃に解雇されると・・

POINT

「使い捨て」のイメージが強く残ります

 このようなストレスが人間関係をギクシャクさせる要因となっていて、「変な人が多い」「わがまま」「ムカつく人」のような印象につながります。

 次は派遣社員の環境などについてです。

派遣社員の仕事はどのように違うのか

 派遣社員を多く採用したい企業の考え方:メリットはこのようになります。

POINT

  • 長期雇用でなないので、人事採用に神経質にならなくてよい
  • 人員削減のコントロールが容易である

 派遣社員の仕事内容は他のスタッフと同じような責務を強いられるので、派遣社員の仕事は割に合わないと言われる事もあります。

 しかし、それは同時に(中途採用でも)正社員がこなしている業務と同じ条件の業務に従事できる「即戦力」としてのやりがいを感じる事ができます。

婚姻率が極端に下がってしまう

 派遣社員は正社員と比較すると、収入の格差(格差社会の影響)が年代によってどんどん広がっていくことが問題視されています。そのため、派遣社員の雇用形態を長く続けていると、結婚をするのも難しい状況になります。

大卒の男性の未婚率 週刊東洋経済調べ
正規雇用派遣・契約社員アルバイト
22歳95%以上95%以上95%以上
36歳25%67%85%

 数字を見てすぐに分かるのは、派遣社員の仕事をしていると婚期を逃してしまう事です。また、アルバイト等の雇用形態だと更に状況は悪化します。やはり、最重要なのは年収の金額である事が分かります。

 女性は結婚した後にもパートとして働きに出ることが多いので、雇用形態と未婚の関係性は大きな変化が見られません。つまり、収入が少なすぎていつまでも独り身で生活を続けるのは、男性が圧倒的に多いという状況になります。

派遣社員の仕事を始めると悪循環が始まる

 派遣社員のデメリットの一つに・・

POINT

いつまでも初任給の給与で仕事をしている

 ことが挙げられます。一定期間で新たな派遣先に移動することを繰り返していると、常に初任給の給与を頂くことになります。

 熟練度の高い派遣社員は、最初から時給が高く設定されていますが、その時給の幅も大きくはないので、年齢と共に確実に昇級していく正社員との給与の差は大きく広がってしまいます。

派遣社員が長く続けるとことは問題である

 そしてもう一つの問題点は、派遣社員のキャリアが長すぎると、特別な技能がない限り正社員へ登用されるチャンスは限りなく低くなってしまいます。

派遣社員が長いと派遣社員以外で働きづらくなる

 20代などの若いうちは、好きなアルバイトや派遣社員で「経験を積む」ことはプラスにはたきますが、ある程度の年齢になると履歴書に書いている「派遣社員でいる期間の長さ」がデメリットとなってしまいます。

複数の派遣会社の勤務経験

 正社員は、短い期間にコロコロと勤務先を変えていくと「マイナスの印象」を受けます。その理由は、新しい職場の「ストレスに耐えられない人」であると見られてしまうからです。

 その反面 派遣社員は、派遣先の企業の都合で「雇用期間」が数ヶ月から、3年以内まで様々です。そのため、履歴書には、短期間の雇用先の企業名がズラっと並ぶようになります。

派遣社員の履歴は短期雇用ばかりになる

 また、条件の良い派遣先を探す為に、複数の派遣会社に登録することは、派遣先の人事担当者には「良く見られない」状況が考えられるので、注意する事です。

派遣社員は人員調整がやりやすい

 企業は利益を求めるためにスタッフを採用しますが、業務拡大の際に派遣社員を大量募集し、事業縮小の際には派遣社員の人員を調整します。

POINT

派遣社員が多く勤務していると、人件費の調整がやりやすい

 そのため、職務に対する経験値、社員間のコミュニケーション能力、生産性よりも、企業の利益目当てで真っ先に人員の操作されるのが派遣社員となります。

まとめ:めんどくさい ムカつく うざい 使えない派遣の女|2019年版

 派遣社員の大きなデメリットの一つに・・

派遣社員の経験がキャリアとして認められない事があります

 大学生で派遣社員の経験が豊富ならプラス要因となりますが、40代になっても派遣社員をしていることはマイナス要素となります。

 期待値に応えてくれる安心感(経験値が高いこと)は認めてもらえますが、正社員としては・・

年齢が高くなりすぎているためマイナスです

 そうなると、35歳の熟練した派遣スタッフよりも、22歳の新卒者を採用する企業が多くなります。

 「派遣社員はやる気ない・接し方が変」というネガティブな印象があります。正社員に対するコンプレックスがあるとなかなか馴染めず「有効な関係を続けるのがめんどくさい」という印象を与えてしまいます。

 以上、派遣社員 頭おかしい わがまま むかつく 変な人が多いのはなぜ?...についてでした。