タクシー 5km 10km 料金|仕組み 深夜料金は何時から?10分

 タクシーに乗車しているとき、赤信号の前でタクシーが停車しているのに・・

POINT

料金メーターが上昇(運賃がアップ)する

 これを経験したことがあるはずです。前進していないにもかかわらず、お金をとられてしまうのはどうしてなのか?タクシー料金の仕組みにまつわる・・

  • 5km、10km走行時の料金とは
  • 停車中に料金が上がる仕組み・10分のタクシー代
  • 深夜料金は何時から・何時まで 切り替わる時間

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タクシーの料金システムとは

 日本では、ほとんどの地域において電話・スマホでタクシーを呼ぶ事ができます。アルコールを摂取していて車の運転ができないとき、または 病気や体調不良で病院へ向かう手段として重宝します。

POINT

タクシーは地域によって初乗り料金が変わります

 より都会に近くなると初乗り料金が高くなる傾向にあります。例えば、都内で利用できるタクシー会社では、このような料金の仕組みとなっています。

距離に応じて加算されるタクシー距離運賃制の例
初乗り2キロの区間は730円。その後、280メートルごとに90円の加算。

 このタクシー料金は数年ごとに見直されていきます。

5km・10km利用したときのタクシー料金とは

 実際のタクシー会社の運賃表を元に「5km」「10km」を利用した場合のタクシー料金を計算するとこのようになります。

「5km」「10km」をタクシーで利用した場合の料金
タクシー会社初乗り料金初乗り距離5km10km
仙台タクシー宮城県670円1.500km1,630円2,990円
日本交通東京都410円1.052km1,690円3,370円
阪急タクシー大阪府680円2,000km1,560円3,080円
名鉄交通愛知県450円1,050km1,730円3,040円
福岡MKタクシー福岡県580円1,194km1,480円2,730円

 東京・大阪・名古屋においては、タクシー料金の違いはほとんど無い事が分かります。上記は初乗りと距離のみの計算です(深夜料金・時間料金は含まれていません)。

時間によっても料金が加算されるシステム

 タクシーが停車している時に料金が加算されていくのを見た事があるはずです。タクシーは・・

  • 走行した距離(移動した長さ)
  • 利用している時間(乗車から現在までの時間)

 この両方を計測しており、ちょうど信号待ちのときに「時間による加算」で料金が増えることがあります。

特定の速度の場合に加算される時間距離併用運賃
時速10キロ以下の場合に、1分45秒ごとに90円の加算。

 初乗り料金はタクシーに記載されているのですぐに分かりますが、その後の時間による加算は・・

乗車している時には、いつ上がるのか分かりません

 ただし、タクシー会社のホームページでは「料金システム」について詳しく説明があるので確認することができます。

タクシー料金 10分の値段はいくら?

 このページを訪れた方が 気になっている内容のひとつに・・

タクシー代 10分の料金はいくら?

 この疑問があります。

 タクシーは、走っている距離によって料金が加算・渋滞になって時速10キロ以下になると時間で加算のルールです。そのため、走行できた距離にバラツキがあるために「10分の値段とは?」の答えを出すのは困難です。ですが仮に・・

メチャ渋滞 → ずっと時速10キロ以下で10分が経過した

 こんなことがあった時には、10分を経過した時点でのタクシー料金(1分45秒ごとに90円加算のタクシー会社の場合)なら、「450円」になっています。

高速道路では「高速メーター」での計算となる

 ノロノロ運転でも料金が増えていくので、高速道路を走ると安くなりそうです。しかし、タクシーで高速道路へ入ると・・

POINT

高速メーターに切り替えます

 この高速メーターとは、時間距離併用運賃がストップすることを意味します。つまり、時間による課金を止めるのです。

 交通事故や自然災害などで 車が全く進まない大渋滞に遭遇したときに、高速メーターに切り替えて時間距離併用運賃をストップしてくれるタクシードライバーもいます。

スマホで料金の計算ができる

 距離によってタクシーの料金が決まるので、地図を使用して目的地までの距離を計算できれば、タクシー料金を算出することができます。

 Googleマップにてルート検索をするとタクシーで移動予定の距離を算出できます。

利用する地域、距離からタクシー料金を計算できるサイトがある

 「タクシー 計算」とGoogleで検索すると、タクシー料金シミュレーションのサイトが見つかります。ここで現在地と移動する目的地の住所を入れるとタクシー料金が分かります。乗る前から請求される運賃が分かるので助かります。

深夜には料金が割り増しになる

 タクシーをよく利用する人にはお決まりの常識ですが、夜遅くなるとタクシー料金が値上がりします。

POINT

深夜・早朝時間帯(22時から翌日5時)は、2割増し(割増料金)となります。

 深夜の時間帯にタクシーを前面から見ると「2割増し」という文字が点灯しているのを確認できるはずです。

 その他に、この条件にあてはまるときに運賃の割引があります。

  • 長距離割引 9,000円を超えると、超えた運賃を1割引き
  • 障害者割引き 登場した区間全ての運賃を1割引き

 特別な条件でのみ割引きが適用されますが、高額になりがちなタクシー料金が安くなる嬉しいサービスとなります。

その他、追加される料金

 タクシーを利用する際に、無線配車を利用すると、送迎料金として410円が加算されます。

 また、無線配車で現場にタクシーが到着しても、お客さんがまだ到着していない場合には、タクシーが到着してから5分後にメーターをスタートします。

 このルールは、事前に予約した配車の場合にも適用されます。予約配車の場合には、無線配車の料金となる410円にプラスして、予約料金の410円が加算されます。

タクシーを無線配車、または予約配車で利用する
無線配車予約配車
無線送迎車料金410円410円
ご予約料金410円
合計410円820円

クレジットカード決済が可能な場合

 近年は首都圏を中心にクレジットカード、または電子マネーなどの決済方法が利用ができるタクシー会社が増えてきています。

POINT

  • タクシーチケット
  • キャブカード
  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • toica
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • JapanTaxi Wallet
  • クレジットカード(VISA、Master、Amex、JCB、Diners)

 様々な支払い方法で対応してくれると非常に助かります。ただし、このような決済方法が充実しているタクシー会社はまだそれほど多くないため、プリペイドカードなどで乗車する予定でタクシーを捕まえても、決済できない場合もあります。

クレジットカード決済が拒否される

 クレジットカード決済が導入されているタクシーであっても、ドライバーが・・

カード払いの受付を好まない事があります

 特に年配のドライバーはカード払いのシステム(手続き)がうまく分からない事と、カードのエラー時に対応が面倒なのでカード払いを受け付けないことがあります。

 もう一つの困った問題は・・

POINT

数%のカード決済手数料がドライバーの給料から差し引かれる

 このルールが採用されているタクシー会社があります。そうなると、乗務員はカード決済システムが利用できるのに現金を要求してきます。(現状は改善されつつあります)

まとめ:5km 10km 10分の値段 深夜料金は何時まで|2019年版

 仕事やプライベートでタクシーをよく利用するなら、少しでもお金を使わないようにタクシー料金の仕組みを知っておくべきです。地元で有名な初乗り料金が安いタクシー会社がおすすめです。

 電子マネーのポイント・マイルを貯めている人には、タクシーの利用時にもカードが使えてお得です。ゲットできる共通ポイントを事前に調べておきます。

 以上、タクシー 5km 10km 料金|仕組み 深夜料金は何時から?10分...についてでした。