タンス預金はいくら?金額 入れ物 保管方法|贈与税と自宅貯金

 銀行にお金を預けても、すでに利息がつかない状態なので・・

銀行へ預けても意味が無い

 このように感じるはずです。日本銀行は「預けていないでガンガン使って 好景気にしましょう」という意図なのですが、まだまだ将来は不安ばかりなので自宅で貯金(タンス預金)をする人が増加中です。

 ネットでは高額な相続税を逃れる裏技的な方法など、自宅で現金をキープしておくメリットが注目されています。そんなタンス預金にまつわる・・

  • いくらまで自宅貯金をしておくべきか
  • 災害時にはどのような問題があるか
  • タンス預金の入れ物はどうする?

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タンス預金とは何を指しているのか?

 定期的に日銀が資金循環統計を発表します。それによると、近年は銀行に預ける金額が減っていても なかなか使われない状態であるため、自宅に保管(タンス預金)を優先する方が多くなったと見ています。

 タンス預金とはこのような考え方のお金です。

POINT

  • 自宅に保管してすぐに引き出せるお金
  • タンスに実印・債権とともに現金も保管する
  • 政府は資金の流れが読みにくくなる

 要するに「銀行に預ける意味が無くなった」ために、タンス預金でお金を保管した方がメリットがあるという考え方です。

 ちなみに、欧米で自宅でお金を保管するなら「マットレスの下」が圧倒的に多い事が分かっています。日本ではタンス預金、欧米はマットレス預金となります。

金庫がドンドン売れている

 タンス預金として利用する「入れ物」に関しては後で詳しく触れますが、自宅でお金を保管するとなれば・・

重量のある耐火金庫が安心できる

 この考え方から銀行の金利が下がるにつれて、金庫が飛ぶように売れています。この購買欲の動きから分かるのは・・

自宅に大金を保管するのは危険かも・・

 不安な要素があってもタンス預金を選んでいます。この考え方は正しいのか?メリットと、デメリットを見ていきます。

自宅でお金を所持し続けるメリットとは

 政府は景気を良くするために「お金を使ってほしいので」銀行の金利を下げています。しかし、日本の将来は少子高齢化が続くことが確定しており、年金の受給金額もドンドン減少します。

 このような不安な要素が続くので、少なくとも現在の現金をキープすることが最優先となります。メリットがなくても大金を銀行に預けていると・・

POINT

破綻してしまうとお金が戻ってこない可能性がある

 このようなデメリットがあります。つまり「ペイオフ対策」です。

ペイオフ対策で預金上限は1,000万円に

 実際に銀行が破綻したとしても、他の銀行が吸収合併したり、何らかの救済措置で対応してくれる可能性が高い(つまりペイオフは実施されない)との見方が強いのですが、過去には実際にペイオフが実施されたことがあります。

 この問題を解決するためには・・

POINT

ペイオフで守られる1千万円以上のお金を銀行に預けてはいけない

 この答えが正解だといえます。そのため大金を所持している方は、複数の銀行に1,000万円だけ残して、残りを自宅のタンス預金で管理しようとします。

相続税対策となる

 もう一つは相続税の対策としての考え方です。タンス預金として自宅に現金を保有しておくことで、税務署が銀行の預金から資産をチェックしたときに・・

保有している資金を少なく見せることができます

 資産の総額を決定して、その金額を基に相続税の計算をするので、この金額をできるだけ少なくする事が相続税対策には有効です。そして、もう一つ方法である 贈与税を非課税にする「基礎控除110万円」と併用します。

基礎控除110万円の対策:贈与税の計算方法

 贈与税の計算方法はこのようになります。

課税対象額 = 贈与する金額 – 基礎控除110万円

 1人あたり、1年で110万円までは贈与に含まれません。つまり、子供が3人いた場合には生前から(病気・または死亡について意識しない何年も前から)・・

POINT

1年あたり(110万円 × 3人)× 10年 = 3,300万円

 十年間の期間で、1人あたり110万円を3人に与え続け、十年後には、3,300万円の贈与を(税金を全く取られずに)完了するというやり方です。このやり方はもちろん合法で、多くの方が取り組んでいる方法です。

 タンス預金で現金を保有し続けて、所有現金を少なく見せることができます。そして「基礎控除110万円」ルールを併用すると、非常に有効な相続税対策となります。

タンス預金の金額はほぼバレている

 税務署は、個人(その家族)が自宅で保管している「タンス預金の有無」と、おおよその金額を知っています。これは・・

POINT

マイナンバー制度で、収入・税金の流れを正確にチェックできる

 脱税をしていないのであれば、法人税、所得税、事業収入、株にまつわる収入は筒抜けになっています。過去何十年ものデータを集計すると、おおよその自宅保管の資金:タンス預金が分かります。

 ある程度の金額以上の収入がある時は、確定申告をする必要があるので、ナイショで高額のお金を貯め込むことは困難です。

タンス預金のデメリット

 タンス預金のデメリットは、銀行に預けていないので全てのトラブルの責任を自分で負う必要があることです。

POINT

  • 火災でタンス預金が灰となる可能性がある
  • 震災時にも現金を持って移動する必要がある
  • 火災保険や地震保険では現金は保証対象外である

 自然災害に遭遇した場合、保険会社に現金を保証してもらうことができないので・・

  • 自宅が土砂で流されて崩壊
  • 火災で灰になる

 このときに、タンス預金が救出できいかもしれません。

 もしくは、災害がおきた時 見事にタンス預金を持ち出せたとしても、バッグに入った現金を持って長距離を歩くのは困難です。

盗難されるリスクを警戒すべき

 最近は、銀行へお金を預けずに自宅保管するタンス預金がトレンドになっているので、裕福な家庭ほど自宅貯金が多いと予想できます。

盗難対策のために強固な金庫が必要

 自宅の設備として破壊が困難な据え置き型金庫(持ち出しは考えない)を設置すると、災害時には建物が崩壊する前に金庫を開けて中身を取り出す必要がでてきます。

 セキュリティ面のメリットは、同時に災害時のデメリットとなります。

タンス貯金の入れ物をどのサイズにするか

 タンス預金のデメリットから予測できるのは、金庫が大がかりになると、自宅が破壊してしまう災害に遭遇したときには、中身を持ち出す必要があります。そのため・・

POINT

タンス預金の入れ物はコンパクトなサイズにする

 軽い入れ物にすると持ち運びしやすいメリットがあります。このあたりを踏まえて、タンス預金のために注目されている金庫を見ていきます。

Sentry 耐火・耐水金庫(1時間耐火) テンキー式

 自宅に設置する金庫としては、高い安全性と耐火設備が整っている金庫です。Amazonで販売されている価格では、46,636円(税込み)です。

性能・価格のバランスの良い耐火金庫

 ちょうどよいサイズ・性能から、レビューの内容も非常に良好となっています。家庭用金庫としてはハイクラスのセキュリティ構造になっています。

POINT

  • ハイセキュリティ構造 – カンヌキの太さが従来比60%UP。極太カンヌキを装備
  • デジタルメディア耐火テスト認定品 – CD・DVD・フラッシュメモリの耐火性能
  • 水からも守る – 火災時の消火放水や、豪雨や台風などの水害による浸水をガード

 火と水、窃盗のリスクを最小限に抑えることができます。

コンパクトサイズの金庫が人気

 先に紹介した耐火金庫よりも人気が高いのが、コンパクトタイプの金庫です。重量があって盗難予防の機能が満載している大型よりも、手提げタイプの簡易金庫を選ぶ方が多いのは・・

災害時にすぐに全ての貴重品を持ち出せる

 このメリットがあるからです。

  • 洪水に襲われて流されそうな時
  • 地震の警報が鳴って急いで外に出るとき
  • 火災の中にいて急いで脱出するとき

 このように、据え置き金庫の考え方ではなく、鉄でできたブリーフケース(ナンバーロック+南京錠+特殊キー)のような入れ物として考えます。緊急時には金庫ごとサッと持ち出せると安心です。

 簡易的なダイヤルキータイプから、ダブルロックで重量があるタイプなどサイズ・バリエーションともに豊富にあります。1,500円~5,000円あたりで調達できるので、タンス預金の保管場所としてよい選択となりそうです。

まとめ:自宅貯金はいくら?金額と入れ物とは|2019年版

 タンス預金は緊急時にすぐに持ち出せる入れ物(リュックなど)に保管する方法、または重量でがっちり固定する耐火・耐水で守るタイプの金庫、この中間タイプとなるコンパクトな手提げ金庫に入れておくなどの保管方法があります。

 少量ならコンパクトタイプを準備し、債券・証券・アクセサリなどの貴重品が多くなってきたなら据え置きタイプの耐火金庫を用意。その中に手提げのコンパクト金庫を入れておくというスタイルもあります。

 以上、タンス預金はいくら?金額 入れ物 保管方法|贈与税と自宅貯金...についてでした。