Suicaとはなんですか?どこまで使えるのか icoca pasmoの違い

 チャージした分だけ利用できるプリペイドタイプのカードは使いやすくて便利です。「Suica」は電子マネーの中でも非常に利用者も多く便利なカードです。

 しかし、いつもマイカー通勤をしていたり、公共交通機関を使わない人にとっては、いまさら「Suicaとは?」と聞きにくい状態となってしまいます。

 Suicaは、すでに電子マネーと同じく「買い物」に使える便利なカードになっています。今回はSuicaが「どこまで使えるのか」機能や、便利な使い方をチェックしてみます。

Suicaとは?

 JR東日本(東日本旅客鉄道)、東京モノレール、東京臨海高速鉄道などにて導入された共通乗車カードです。プリペイドカードでありながら、電子マネーの機能も搭載しています。

 券売機の前に並んで乗車券を購入する時間と手間を省くのがSuicaの良いところであり、駅の改札で時間をかけることなくスムーズに通過することが可能となります。首都圏を中心に交通網を利用するのなら、Suicaの所持は常識となっています。

 改札機の読み取り部分に、Suicaをタッチするだけで「ピッ」と音が鳴り、読み取ります。カードをタッチするのですが、パスケースなどに入れた状態でも密着させれば、十分に読み取りできます。

10の事業者で相互利用ができる

 Suicaは、JR東日本が便利に利用できるようにサービスを提供していますが、同様に日本各地でも様々なICカードがあり、これらの事業者のカードと相互利用が可能となります。

  • Kitaca(JR北海道)
  • Suica(JR西日本)
  • PASMO(首都圏の鉄道、交通事業者多数)
  • TOICA(JR東海)
  • ICOCA(JR西日本)
  • nimoca(西日本鉄道)
  • manaca(名古屋市)
  • SUGOCA(JR九州)
  • はやかけん(福岡市)

 このどちらかのカードを所持していれば、全てのサービスを提供しているエリアで利用が可能となります。

 ただし、基本的にエリアがまたがってしまう区間では利用する事はできません(SuicaエリアとPASMOエリア、SUGOCAエリアとはやかけんエリアはまたがって利用が可能な区間があります)。

電子マネーとしても使える

 Suicaは、プリペイド式のカードとして、首都圏の鉄道の利用が便利に利用できますが、FeliCaポートのついたパソコンを利用することによって、ネットショッピングの決済にも利用することができます。

 また、相互利用ができるので、このマークがあるお店では電子マネーとして商品を購入する際に利用することができます。

  • Kitacaマーク
  • Suicaマーク
  • PASMOマーク
  • TOICAマーク
  • ICOCAマーク
  • SUGOCAマーク
  • nimocaマーク
  • はやかけんマーク

Suicaで買い物が出来るお店

 Suicaは、大手のコンビニ、ショッピングセンターで利用できるため、生活で消費するお金をSuicaで管理することができます。

POINT

Suicaポイントとは

 Suicaを利用して買い物をするとSuicaポイントをためることが可能です。

200円利用ごとに1ポイントから2ポイント(還元率0.5%~1%)

 得られるポイントは利用するお店によって異なります。Suicaのポイント還元率の高いお店は・・

 などです。acure(アキュア)自販機は、JR東日本エキナカ自販機を中心に展開していますが、この自販機も「ポイントが1%」となるためお得です。

JRE POINTへ登録してポイントゲット

 ポイントを獲得するには、Suicaカードを利用する前に「JRE POINT」へ登録しておく必要があります(2017年までは「Suicaポイントクラブ」でした)。非常にお得なのは・・

  • 不定期に「ポイント5倍キャンペーン」
  • 特定の曜日だけ「ポイントが10倍になるキャンペーン」

 などが開催されることがあります。また、Suicaポイントは、Tポイントや、WAONなどに交換することもできます(他の電子マネーへのポイント移行)。ただし交換レートはかなり低くなるので、おすすめできません。

Suicaを入手するとき

 Suicaを入手するには、Suicaエリア内にある多機能券売機、みどりの窓口で購入できます。一枚あたり2,000円となります。預かり金となるデポジットの500円を含みます。この500円はカード返却時に返金されます。

POINT

Suicaを入手には預かり金として500円が必要

 または、ゆうちょ銀行に口座を作ることで「ゆうちょSuica」を作る事ができます。このカードは銀行のキャッシュカードにSuicaの機能が搭載されたタイプとなります(クレジット機能はありません)。デポジット不要で作成することが可能です。

チャージするには

 Suicaにチャージ(入金)するには、自動券売機や、多機能券売機などで可能です。その他様々な店舗でもチャージは可能です。

  • KIOSK(キヨスク)
  • NEWDAYS
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • スリーエフ
  • サークルKサンクス
  • セブン・イレブン
  • デイリーヤマザキ
  • イオン
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • ソフマップ

 このように、多くのショップでチャージができます。

オートチャージも利用できる

 自動改札機にてタッチ操作をするだけでオートチャージが利用できます。

POINT

Suica定期券、My Suica等と決済に利用するビューカード(VIEW Card:クレジットカード)を用意し、駅に備え付けのATM(VIEW ALTTE)にてリンクします

 VIEW ALTTE(ビューアルッテ)では、オートチャージの金額変更手続きや、利用のストップの操作ができます。

オートチャージが可能となるSuicaカード

 オートチャージに利用できるカードには「氏名」、「生年月日」、「性別」が登録されてる必要があります。そのため以下のタイプのカードが利用可能となります。

  • My Suica(記名式タイプ)
  • Suica定期券
  • Suica機能付き 学生証
  • ゆうちょIC キャッシュカードSuica

 これらのSuicaカードとリンクします。リンクは現金のチャージ以外にも、ビューサンクスポイントの移行、各種提携ポイントの移行ができます。

まとめ:Suicaとはなんですか どこまで使えるのか

 Suicaが利用できる店舗は非常に増加しており、特に関東で生活するなら必ず所持すべきカードです。クレジットカードにSuicaがついているタイプも増えてきているため年会費の安い便利な一枚を探してみるべきです。

 現在ではプリペイドカードや、電子マネーのカードが増えてきているので、これらをSuicaに限定することで財布の中をスッキリ整理することができるはずです。

Posted by mon