利用停止とは?楽天カード エポスカード イオンカードの取引

 ショッピングで支払いをするときに、店員へクレジットカードを渡したら・・

このカードは使えません

 こんな感じで断られてしまったら困ってしまいます。

 一時的に使えない状態なのか、または ずっと利用停止になってしまったのか原因を特定する必要があります。このカード利用停止にまつわる・・

  • 何かのトラブルが影響しているのか
  • カード会社による利用停止の規定(ルール)とは

 これらの疑問について、また 人気のクレジットカード(楽天カード エポスカード イオンカード)にて利用停止となる質問が多いので、これらのカードが利用停止となる条件についても見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

利用停止になってしまう状況とは

 まずは、過去のカード利用を振り返ってみます。高額の買い物していたり、カード会社に怪しまれるような商品を海外で注文したりしていないか、カードの使用履歴をよく考えてみます。

 今回、例として楽天カードエポスカードイオンカードを所持している条件の場合では、利用停止になってしまうのは、このような理由が考えられます。

POINT

  • カードを所持している契約者が利用停止の依頼をする
  • クレジットカードを提供している会社の判断で利用停止
  • カード利用者、クレジット会社どちらの判断でもない場合

 最初にチェックすべきなのは、クレジットカード会社に誰かから「利用停止」の依頼があった場合です。

 カード規約にもあるようにクレジットカードの利用停止の状態にできるのは「本人のみ」であるため、クレジットカード会社による利用停止の処分でなないのなら、「本人が申請した」で間違いないことになります。

カード会社の判断で利用停止となる

 レストランなどで「このカード使えませんよ」と言われる状況の多くは、自分では身に覚えのないことであるはずです。

 つまり、クレジットカードを提供してる会社の判断で「利用を止められている」状況があります。カード会社が利用停止をするときには、このようなときです。

POINT

  • カードのショッピング利用枠を超えてしまっている
  • リボ払い設定のあるカードの限度額に達している
  • キャッシング枠で多くの金額を利用している
  • 毎月のカード使用料金の引き落としができなかった
  • カードの有効期限切れ
  • カードの不正利用のチェックシステムにかかった
  • カードそのものが物理的に破損している
  • カード契約時の規約違反が発覚した場合

 このような可能性が考えられます。最も多いのは、今月に利用したショッピングの量が分からなくなってしまっている状況です。例えば、たまたま使いすぎた事を忘れてしまっている場合です。

海外旅行に行った月は、予想外に使っている事がある

 クレジットカードに設定されている月額利用枠(ショッピング上限)に達してしまうと、利用停止の状態となります。

今日だけ利用停止:プチストップの可能性も

 クレジットカード会社は、カード決済が利用される状況を監視しています。カードが不正利用されているかもしれない状況を判断して・・

怪しいので止めておく:瞬間的に利用停止

 この判断をする事があります。人が見て判断するのでは無く、コンピューターが、地域・金額・頻度を計算して、危険度が高いと思えるときには利用停止の状態にします。

 例えば、いつもショッピングしている県内のスーパーを4件ほどはしごしてみると、短時間にカード決済の利用チェックが4回発生します。すると、4件目にプチストップとなる可能性があります。

限度額を超えてしまった場合

 カードの利用停止になってしまう最大の原因は「カードの使いすぎ」です。これを防ぐには、普段の金銭感覚を改善していく心がけが大事になってきます。

POINT

  • ショッピングで商品を購入するときは冷静に(計画的に)判断する
  • 先月までの利用金額と支払金額を把握する

 カードでショッピングをするときには、商品を購入した金額が毎月累積していきます。そのため、毎月の利用金額はそれほど多く無くても、カードの引き落とし日に支払っている金額よりも、使っている金額が多ければどんどん蓄積していきます。

 そして、いつかはカードの利用枠まで到達し、一時的な利用停止の状態になります。

本人が利用停止をする状況

 次は、自分で利用停止を希望する場合です。何らかのトラブルに遭遇したら最悪のケースを考えて、自分で停止の決断をすべきです。

 カード契約者本人が利用停止の判断をする状況はこのようなときです。

  • どこを探してもカードが見つからない場合(紛失)
  • 旅行先などでカードが消えた場合(盗難)

 カードは、第三者が所持する事によって不正利用される可能性があります。そのため、紛失や盗難など何らかの要因で手元からカードが消えたときには、速やかにカード会社に連絡をして利用停止の手続きをする必要があります。

 ですが、利用停止の手続きが遅れて、第三者がカード決済を利用してしまった場合でも、本人が利用していないことが証明できるはずなので、不正利用された分のカードの使用料金は全て補償されます。

キャッシング枠も同様である

 クレジットカードの明細書をチェックすると、このような記載があるはずです。

  • ショッピング枠 80万円
  • キャッシング枠 80万円

 この場合、お金を80万円まで貸してもらえる事と、お店で商品を80万円まで購入できる事は同時にはできません。キャッシングと、ショッピングを合わせて80万円まで利用できるという意味になります。

 そのため、キャッシングを使いすぎていると、利用限度額に到達してしまっている可能性があります。

POINT

利用限度額 = ショッピング枠 + キャッシング枠

 現金が欲しい時にカードのキャッシング枠を利用する方法は、一時的には有効な対策となりますが、返済が進んでいない状態が続くと、ショッピングに出かけても限度額に到達しているのでカードが利用停止の状態となります。

利用限度額の制限で一時的に利用停止となる

 そのため、前月までの支払残高を確認して、できるだけ多めに繰り上げ返済を心がけるようにします。

カードの利用代金未払いの利用停止

 利用停止となってしまう最も多い原因は、カード利用代金の未払いです。引き落としができなかった際には督促状が届き、指定された銀行口座へ早急にカード利用代金の支払いを求められます。

カード会社から利用代金の請求所と銀行の振込用紙が届く

 この通知が来てから 数日以内にカード利用代金を支払うことにより、利用停止を回避することができるはずです。しかし、翌月になっても支払いがない場合には、高い確率で利用停止となります。

利用できるようにするには、支払いを完了する

 再度、利用できる状態にするためには、未払いになっている利用料金の全てを早急に支払う必要があります。支払いを完了させると カードの利用枠が空くので、これまでと同じように使えるようになります。

未払いを解消する事でカードが利用できる状態になる

 カードの利用代金未払いが3回以上続いたり、未払いの期間が長くなってしまうと「強制解約」の可能性が高まります。どの程度で利用停止となり、その後、強制解約になってしまうのかについは、カード会社独自の判断となります。

カードが不正利用された可能性

 利用停止となる可能性の1つに不正利用があります。これは、クレジットカードを手元に所持していても、どこかで番号が抜き取られていて、別の場所でネットショッピングなどで利用されている場合です。

 あまりにも金額が大きかったり、いつも利用する国とは違う国で使われている場合にはセキュリティーチェックにかかるので、利用停止の状態となります。この場合以下の対策が必要となります。

POINT

クレジットカードの会社に連絡をし現在の状況を説明する

 別の国で大きな金額の決済が使われた場合、クレジット会社が全て補償してくれます。そして、今後のクレジットカードの利用は、カード会社の指示に従います。

物理的にカードが破損している場合

 可能性としては少ないですが、カードの情報を読み取る部分「磁気ストライプ」の情報が物理的な損傷(キズなど)によって読み取りできない状況となっている可能性があります。

 レストランなどでクレジットカードの、情報を読み取る機器でスキャンしても直ちに情報が読み取れないので「利用できないカード」となります。この場合、利用停止とは違いカード会社は分からない部分であるため、自分でカード交換を申請します。

POINT

他の要因が見つからない場合、カード破損の可能性をカード会社に問い合わせる

 クレジットカードは、夏場に直射日光の当たる自動車内に置きっぱなしにしていると、変形してしまう可能性があります。または、冬場に暖房器具の知覚に置いておくと、同様に熱で変形して読み取り不可になってしまう可能性があります。

まとめ:利用停止とは?楽天カード エポスカード|2019年版

 最近では人気のクレジットカードである、楽天カード、エポスカード、イオンカードなどを所有しているユーザーが、利用停止の状況を問い合わせる事が多くなってきています。

 その内容は、利用限度額に到達していたり 利用料金の未払いなどであるため、クレジットカードの契約書と前月の利用明細書に目を通す事で「自分で答えが出せる」場合がほとんどです。

 以上、利用停止とは?楽天カード エポスカード イオンカードの取引...についてでした。