ソフトバンクカードとは 【メリット・ポイント・おまかせチャージ】

 買い物の際には、目的のポイントを集める為にお店を選ぶ事が多いはずです。携帯電話の会社では、auが「au WALLET」、docomoが「dポイント」という独自のポイントサービスを提供していますが、ソフトバンクは共通ポイントの「Tポイント」を採用しています。

 このTポイントを効果的に貯める事ができるカードが「ソフトバンクカード」です。世界各国の加盟店が最も多いVISA加盟店でクレジットカードと同様に利用可能なので、プリペイド専用のTカードよりも利用できる店舗はより多くなります。

ソフトバンクカードとは?

 ソフトバンクカードは、ソフトバンク株式会社(資本金 1,772億)が提供するプリペイドタイプのカードであり、ソフトバンクの携帯電話やスマホを所持している人には、審査無しですぐに発行してもらえるお得なカードとなります。

ソフトバンクカード
入会金 カード発行事務手数料 年会費
無料 無料 無料

 プリペイドカードですが、見た目的にはクレジットカードと違いはありません。所持できる人の条件はこのようになります。

POINT

ソフトバンクケータイを所持している12歳以上の方

 未成年者の場合には、親権者の同意が必要になります。12歳以上の方(未成年者)がVISA加盟店で利用できるカードを所持できるのはかなりメリットがあります。

Tポイントが貯まる

 ソフトバンクカードでは、200円の買い物をすることに、1ポイントのTポイントが貯まります。還元率は0.5%となります。これが、おまかせチャージを契約し、VISA加盟店の利用で100円ごとに1ポイント(還元率1%)となります。

ソフトバンクカードで、購入100円ごとのTポイント
ソフトバンクカード ソフトバンクカード+
おまかせチャージ
Tポイント提携先 0.5ポイント 0.5ポイント
VISA加盟店 0.5ポイント 1ポイント
VISA加盟店+Tポイント提携あり 1ポイント 1.5ポイント

 このような特典があるので、おまかせチャージのオプションを設定しておくようにします。

VISA加盟店で利用:クレジットカードのようなメリット

 Tポイント専用カードよりもソフトバンクカードが優れているところは、「VISA加盟店」世界3,800万店で利用できることです。

VISA加盟店で使用できるカードとTポイントカードが1つに

 買い物の際には、カードを提示して「1回払いで・・」と言うだけです。このあたりはクレジットカードの使い方と全く同様となります。

非接触タイプのカードではない

 ソフトバンクカードは、電子マネーの利用ではおなじみである専用機器の上にカードをかざして「ピッ」と音がしたら、カードの認証が完了する・・というタイプではありません。

POINT

レジ前で専用端末にカードを差し込み「暗証番号」を入力する

 お店によっては、サインを求められることがあります。この場合も、通常のクレジットカードと同様にサインをすることで本人認証が完了となります。

 VISA加盟店で利用できるようにするためには、「銀行振込からのチャージ」以外にも、ソフトバンク携帯を利用しているユーザーには楽にチャージできる選択肢があります。

ソフトバンクカードへチャージをする

 ソフトバンクカードの特徴は、カードにチャージをする方法がいくつも選べることです。

  • おまかせチャージ
  • ソフトバンクまとめて支払いチャージ
  • Tポイントでチャージ
  • 口座振替チャージ

 「Tポイントでチャージ」は、100ポイントが85円としてチャージ(キャンペーンで100円になることも)となるため、キャンペーン以外の日には、他のチャージ方法を選ぶべきです。

 「おまかせチャージ」は、自動的にチャージしてくれる設定であり、無料で利用できるオプションサービスです。通常のプリペイドカードのように事前チャージではなく、オートチャージができます。

自動でチャージできる「おまかせチャージ」

 現在チャージしている残高が減少したときに、あらかじめ設定した金額がオートチャージされます。そのため、いつでも設定金額以上がチャージされている状態を保つことができます。

チャージした金額は後払い

 後日にジャージした金額が、あらかじめ指定している銀行口座から引き落としされます。この「おまかせチャージ」のオプションは、ワイジェイカード株式会社が提供するオプションサービスであり、18歳以上の方が無料で申し込めます(契約の前に審査があります)。

ソフトバンクまとめて支払いチャージとは

 「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」は、ソフトバンクの携帯を利用しているユーザーが、ケータイ料金以外を「まとめて支払い」が可能となる決済サービスです。

毎月の携帯利用料金の使用料と一緒に引き落としできるれる

 新たに口座引き落とし日が増えることなく、いつものソフトバンク携帯の利用料金に合算されるので、ライフスタイルに変化の必要が無いので楽です。「ソフトバンクまとめて支払いチャージ」は上記の「おまかせチャージ」との併用はできません。

子供の利用(ゲームの課金など)に最適のカードである

 スマホでゲームを楽しむ子供は非常に増えており、無断で大人のクレジットカードを使用する事が問題となっています。そのような時にソフトバンクカードを利用すると、ソフトバンクカードにチャージした金額を上限として利用制限ができます。

POINT

プリペイド型であるため使いすぎを防止することができる

 ただし、12歳以上とはいってもカードを受け取る際には加盟店に足を運ぶ必要があるので、親と一緒にカードを取得して、そしてカードにお小遣いとして使うお金をチャージしてもらいます。

 ソフトバンクカードはSoftbank携帯電話を使っている家族において、ネットゲームなどの「お金の使いすぎ」を管理しやすいカードです。

家族・知り合い間の送金が容易になる

 その他にもソフトバンクカードを利用する事で、お金の受け渡しが容易になります。

POINT

家族や知り合いのソフトバンクカードへ送金(バリューを送ること)が可能

 ソフトバンクカードの会員同士で相手の電話番号が分かるなら送金可能です。毎月利用すべき金額を月の初めに送金して設定することも可能です。

 「バリュー」とは、ソフトバンクカードへチャージしているお金の代わりになるポイントのようはものです。

まとめ:ソフトバンクカードのメリット・ポイント・アプリ

 ソフトバンクのスマホを所持していて、Tポイントを集めているなら、ソフトバンクカードがおすすめです。海外も含めて3,800万店もあるVISA加盟店で利用できるカードに、Tポイントの機能が一つになっているため使いやすい1枚です。

 おまかせチャージの引き落し口座にみずほ銀行を設定すると、お得な特典があるなど、期間限定で様々なキャンペーンが行われることもあります。また、Yahoo!ショッピングをよく利用する人もソフトバンクカードでお得になれるはずです。

Posted by mon