小銭支払い拒否!レジで受け取りできる硬貨の枚数 限度と法律

 買い物の際に小銭を出すのが面倒なので お札ばかりを出していると、小銭が大量に増えます。このままだとヤバいので、ある日 レジで大量の小銭を処分するために 積み上げていたら・・

POINT

小銭の受け取りを拒否される

 こんな対応をされてしまう可能性があります。

 小銭を大量に持ち込むお客さんに対して お店側が拒否するのは、ちゃんとした理由があります。

  • 小銭支払いを拒否されないためには
  • 法律上で定められているルールとは
  • 手数料をかけず小銭をお札に替える方法

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大量の小銭支払い拒否は法律で定められている

 スーパーのレジで、お年寄りが袋に入った「大量の小銭」を出しているのを見た事があるはずです。レジ担当者は小銭をいちいち数えて対応しますが・・本来、一度の買い物で大量の小銭を出すと・・

POINT

お店側が拒否できます

 これは、通貨の利用に関する法律:「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」の第7条によって決められています。その内容はこうです。

貨幣は、額面価格の二十倍までに限り、法貨として強制通用力がある

 ちょっと分かりにくいので、私たちがいつも使っている言葉になおすと・・

  • 額面価格の二十倍まで = 同じ硬貨は20枚まで
  • 強制通用力がある = 問題なく支払いに使えます

 つまり、「同じ硬貨は20枚まで利用してOKです」となります。分かりやすく表にするとこんな感じです。

法律:レジで同じ硬貨が使える条件
商品の価格拒否できない支払い拒否できる
800円10円:20枚+
100円硬貨:6枚
10円:80枚
15,000円500円:20枚+
千円札:5枚
500円:30枚

 同じ硬貨を20枚以下にすることが条件となります。

 10円玉15枚、50円玉18枚・・のように、20枚を超えていないなら 小銭を大量に使うことは問題なく、お店側も小銭の支払いを拒否できません。

お札の支払い限度とは?

 硬貨は一度に使う枚数によって「拒否できる」支払い限度を定めた法律がありますが、「お札」の場合には・・

POINT

「お札」は無制限に通用する(お札の支払い限度はない)

 このように定義されています。これは「日本銀行法第46条第2項で規定されています。

 飲み会の幹事などをしていると、割り勘の飲食代を集めると「千円札が30枚以上」になることもあるはずです。このようなお札が大量になってしまう支払いでも(法律上のルールをクリアしているので)問題ないことになります。

大量の小銭はお札へ両替する

 お店のレジへ お年寄りが小銭を大量に持ってきても、ショップ店員は追い返さずに数えてくれるはずです。しかし常識が分かる人なら、禁止されている方法であることを理解すべきです。

レジで小銭を積み上げるのは禁止

 近年は、効率的にレジの支払いができる自動精算機を導入しているお店も増えてきましたが、まだまだ スタッフが小銭を受け取るお店は多いはずです。そこで、大量の小銭を数えさせる行為は他の客にも迷惑です。

 そうなると、大量の小銭をお店で使うには両替をしておく必要があります。しかし、両替を依頼する場所によっては手数料がかかります。

銀行で大量の小銭をお札に両替する

 財布に増えてしまった小銭をいつも貯金箱に入れる習慣にしていると、貯金箱がパンパンになるまでに さほど時間はかからないはずです。

 これをまとめてお札にする方法で すぐに思いつくのは銀行へ持っていっての両替です。ですが、銀行で(硬貨 → お札)の両替は手数料がかかります。

銀行:窓口での両替手数料
500枚まで501枚~1,000枚
三井住友銀行432円864円
三菱UFJ銀行540円1,080円
りそな銀行324円648円

 次は両替機を使った場合です。

銀行:両替機での両替手数料
500枚まで501枚~1,000枚
三井住友銀行200円864円
三菱UFJ銀行300円600円
りそな銀行200円300円

 三井住友銀行は、両替機で「500枚以内の両替」なら、1日につき1回は無料で利用できます。この特典を利用するために、日を改めて何度も三井住友銀行に足を運ぶ方法で手数料を節約することもできますが、手間がかかりすぎてしまいます。

手数料を使わずにお札にする「まとめる方法」

 手っ取り早く銀行で硬貨をお札に両替するときには、両替機を使ったとしても手数料を取られてしまいます。このムダな手数料を使わない方法があります。それが・・

POINT

自分の銀行口座を経由する方法です

 なんてことない いつも銀行ATMでやっている入金をするだけです。その後「引き出し」をすると、お札の状態で受け取れます。

 三菱UFJ銀行・三井住友銀行などで、窓口に併設しているATMなら「硬貨 COIN」から小銭の入金がOKなはずです。ATMから入金できない銀行であるときは、窓口で手続きをする必要があります。

大量の小銭をお札にまとめる手順

 銀行で両替を窓口で依頼するときには、「持参した金額:いくらあるのか」を用紙に記入する必要があるため、大量の硬貨を前もって数える必要があります。しかし、自分の口座へ「入金」する場合には・・

大量の硬貨がいくらあるのか数えなくてよい

 このメリットがあります。窓口に「大量の硬貨」を持参して、「預入れ用紙」に金額を記入する前に、窓口で硬貨を機械で数えてくれます。

○○円です。この金額で間違いないですか

 このように聞かれるはずです。自分で数えていないなら「あるだけの金額を入金します」と伝えることで、受け付けてくれます。

 中には、事前に入金額(大量の硬貨の合計金額)を「預入依頼の用紙」に記載していないと受け付けてもらえない銀行もあります。そんなときは、どこの地域にもあるはずの「ゆうちょ銀行」を利用するとOKです。

ゆうちょ銀行で大量の硬貨を入金する

 まず、窓口で「入金票(通常貯金用)」の記載をします。入金する「金額の欄」、金種欄(500円硬貨が何枚か?など)などがありますが、「金額」「金種欄」は空白のままにして、自分で記入するのは・・

POINT

「おなまえ」の欄だけで問題ありません

 この用紙とキャッシュカード、大量の硬貨を窓口で渡します。その時に・・

あるだけの金額を入金します

 このように伝えればOKです。

 1,000枚以上入金依頼をすると5分程度、3,000枚でも10分ほどでは手続きが完了するはずです。そして通帳へお金が入金されたら、いつものようにATMで「引き出し」手続きをすると、ゆうちょ銀行での両替が完了します。

銀行員が嫌な顔をするって本当なのか

 実際に大量の小銭を銀行の窓口に持っていった経験のある方は、揃って・・

銀行の担当職員が
嫌な顔をしていた

 このように言いますが、これは一般利用者の勝手な思い込みです。銀行の業務は絶対に間違ってはいけない(1円の間違いも絶対にできない)ため、真剣な表情をしているだけです。これが周りの人達から「嫌な顔」に見えてしまいます。

 大量の小銭を持ち込む方は珍しいことではなく、銀行業務の中でも・・

ありふれた「よくある依頼」です

 そのため、気にせず大量の硬貨を持ち込んで入金依頼をするべきです。

まとめ:支払い拒否 受け取り硬貨の枚数 両替|2019年版

 スーパーのレジで大量に小銭を出すのは失礼になってしまうので、両替をしてお札に切り替えてから使用します。

 銀行の両替機を利用すると手数料を取られるため、無料で両替するためには「銀行口座へ入金」の対策が有効です。

 以上、小銭支払い拒否!レジで受け取りできる硬貨の枚数 限度と法律...についてでした。