お金が足りない どうする?電車や病院・毎月の生活費の支払い

家計簿

blue-face

生活のお金が足りなくなってしまう状況は誰にでも起こり得ますが、毎月のように生活費が足りない状態が続いてしまうと、お金の確保に必死になり生活が安定しない状態になってしまいます。

今すぐお金が必要な状況に迫られるのは、収入の金額が安定していないことと、毎月の出費の金額を把握できていないなど、何らかの問題がある可能性が高くなります。

この問題を回避出来ないと、常にお金が足りない生活が続き、お金を貸してくれる人を探す日々が続いてしまったりと、ストレスを感じながらの生活となってしまいます。

お金が足りない理由は何故なのか?

多くの場合、お金が足りない困った状況になるとお金を確保する手段を考える為に必死になります。

このような状況になると、対策できる方法は限られてくるので、とりあえず現状のピンチを回避するためにキャッシングや知り合いからお金を要だけどもらうなど、一時しのぎのお金の確保が最優先となります。

そして今後も同じような状況にならないようにするために、生活の中身を見直す対策を考えていきます。

収入と支出の中身を全て書き出してみる

まずは、何にどれくらいのお金を使っているのかはチェックしてみる事が大事です。以下は、一般的な家庭の家計簿の数字となります。このような現状の数字を全てまとめて見ると、無駄遣いしている部分が見えてきます。

収入
会社からの給与 基本給 214,000円
残業代 22,000円
ボーナス
手当など 10,000円
他の収入 在宅ワーク 46,000円
児童手当 24,000円
所得税還付金
投資の収入 受取利息
配当金 18,000円
支出
教育費 教科書・文具品 22,000円
授業料・学費 40,000円
塾の費用 20,000円
娯楽費 旅行費用
映画・アミューズメント 8,000円
書籍・CDなど 2,000円
通信費 スマホ・モバイル 12,000円
固定回線 4,000円
交際費 冠婚葬祭 12,000円
贈答品
交通費 車両維持費 10,000円
ガソリン 18,000円
駐車料金 4,000円
水道光熱費 電気代 9,000円
ガス代 7,000円
上下水道代 6,000円
住居 家賃・地代 78,000円
家具・家電 11,000円
修繕費
各社保険 自動車保険
社会保険料 14,000円
健康保険料 6,000円

食事に関しては最も大きく影響してくるため、最終的な判断をするために残ったお金でやりくりする事を考えます。

最も影響する食費を抑える

毎月の食事が40,000円程度使っている場合、これを30,000円に抑えるのはそれほど難しいことではありません。

  • お米のランクを1つ下げて2割程度コストを下げる
  • パスタ・ラーメン・そうめんなどをプライベートブランド
  • 鶏肉や牛肉は、業務用品専用スーパーまとめ買い
  • 作られたお惣菜を購入する頻度を減らす
  • 外食の回数を減らしファーストフード店で安く済ませる

最も大きく影響するのは外食の頻度です。月に5回ほど外食をしているなら、月1回に抑えるだけで5,000円程度浮かせることができるはずです。ファーストフード店のバリューメニューを楽しむようにして、無駄な出費を抑えます。

被服費はカットするように

仕事で使う靴を購入することは必ず必要となりますが、それ以外のプライベートで利用する履き物や、衣類などは全て買わないようにします。タンスの中やクローゼットをチェックすると、どうにかやりくりできる服が必ず見つかるはずです。

  • ファッションアイテムは全く買わない
  • 靴も仕事で見せる靴以外は買わない
  • 肌着は見えないため購入頻度を半分に

他に、スマホの買い替えサイクルを抑えたり、時計やアクセサリー、バッグ、パソコンなども現状で使える物を継続して使い続ければ、年間あたり数万円のお金をセーブすることができるはずです。

通信費を大幅に減らすために

毎月のお金が足りなくなってしまう最大の要因は、スマホを利用する為に無駄な出費が続いていることです。docomo、SoftBank、auの大手キャリア端末を利用している場合、これを格安スマホと、MVNO(格安SIM)へ移動します。

携帯電話会社を大手から格安SIMへ移動する

この手続きをするだけで、1台のスマホあたり3,000円程度のコストを下げることができます。4台分であれば12,000円ほど浮かせることができます。

ただし、大手キャリアの契約は2年縛りが適用されており、途中で解約すると1万円以上の違約金を請求される場合が多くあります。そのため、格安のスマホ回線へ契約を移動する際は、時期を選ぶことが最大のポイントとなります。

毎月の支払いに記入漏れがある場合

毎月の出費の一覧表を作ってみても、なかなか無駄遣いをしている部分が見つからない場合、以下の項目が抜けている可能性があります。

  • NHK受信料
  • 衛星放送視聴料金
  • 住民税
  • 固定資産税
  • 町内の自治会費
  • 冠婚葬祭の費用
  • タクシーの利用
  • 校納金
  • 電子マネーチャージ料金
  • 車の車検費用
  • 車のタイヤ・バッテリー交換
  • 同僚への贈答品の購入

落ちついて利用した金額を思い出して、全ての出費の数字を集めていけば、必ず無駄遣いしている部分と、仕方のない出費である状況などが分かってきます。

どうしても、冠婚葬祭などの予定外の出費が続いてしまう場合には、お金が足りない厳しい環境になってしまう可能性があるため、そのような時は諦めて節約を続けて我慢をする必要があります。

収入源を増やす対策を試みる

お金が足りなくなってしまう状況に悩むのではなく、最初から収入の金額が少ない事が原因で、お金がない状況に悩まされてしまうと考え方を変える事も重要です。

毎月の給料が少ないと、どのようなやりくりをしても最終的なお金を残していくのは困難であるため、収入アップの為の対策を試みていきます。収入源を増やすためには以下のような対策があります。

  • 自宅で在宅ワークを始め毎月20,000円の収入アップ
  • 週末だけ日雇いアルバイトをし、月30,000円の収入
  • プライベートの空き時間に内職をして月20,000円の収入源に
  • 1日数時間のクラウドソーシングで月30,000円の収入

勤めている会社を辞めて、収入アップを狙って新たな企業を探していくのはリスクがあります。予定通りに高収入の会社に就職出来れば良いですが、いつまでも就職先が見つからなかったり、予定外に給与がダウンする可能性も考慮に入れる必要があります。

貯金の切り崩しや財産の売却を考慮する

定期預金をしている場合、定期預金を担保にお金を借り入れる事が可能です。もしくは、定期預金を解約し生活費が足りない分をカバーしていく考え方が必要です。

または、不動産や価値のある金品を所持している場合、とりあえず売却し生活を安定させることを優先します。物は後から購入することができるので、借金をせずに安定した生活ができる事を最優先とします。

価値のある物は早めに売却し生活の安定に努める

時には、通勤に利用しているマイカーを売却する考え方も必要です。車検費用や税金、バッテリーがタイヤ交換など、ガソリン代以外にも車の維持には様々なコストがかかるので、これらを全てなくして電車通勤にすると毎月の出費が減る可能性があります。

医療費に多くのお金を使う場合

病気だけは避ける事が難しいので、状況によっては医療費に多くのお金を費やす事が多くなってしまいます。

あまりにも多くの医療費の支払いが続くときには、高額医療費の申請をすることによって、収入によって大幅に医療費の出費を抑えることが可能となります。医療機関で入院費用を支払う前に以下を提示する事で出費を大幅に下げることができます。

高額療養費の限度額適用認定証の提示

この認定証は、後に払い戻しをする手続きではなく、最初の支払いの段階で高額医療費の負担が減額した費用を払うだけで済みます。つまり、後払い方式ではなく、最初の段階で適用された少ない金額の医療費を支払うことが可能となります。

何をしてもお金が足りないときには

どのような対策をしても、お金が足りない状況が回避出来ないなら、市役所などに相談に行くことです。どうしても生活費を確保する事が困難な状況が認められれば、総合支援資金の貸付制度を利用できる可能性があります。

  • 生活支援費:月20万円以内
  • 住宅入居費:40万円以内
  • 一時生活再建費:60万円以内

誰でも貸し付けが可能な制度ではありませんが、生活が困難な状況を説明し、貸し付けできる状況であると判断してもらえれば、融資してもらえる可能性があります。

まとめ:お金が足りない

お金が足りない状況が続くなら、契約している生命保険や医療保険などの見直しをしてみることも大事です。若い年齢では病気になる可能性は相当に低いので、生活が安定するまでは医療保険などをカットする考え方も重要です。

もしもの時を想定して保険を契約するのではなく、お金が続かない今の状態が危険だと判断し、安定して生活のお金が回るようになるまでは、様々な保険料を全て止めてしまう考え方が必要となります。

Posted by mon