高齢者クレジットカード何歳まで作れる?審査 後期 年金 70歳

最近は、電子マネークレジットカードなどのカード払いをメインとしているお店や、自動販売機、鉄道関連のシステムが増えてきました。そのため、便利に決済をするためにカードを所持する必要があります。

しかし、高齢者の場合では状況が変わってきます。カードが発行できれば、お金が足りない時にカード決済で商品を手に入れることができたり、ちょっとしたお金を作る為にキャッシングを利用する対策も可能です。

現金を使わず便利な生活をするためには、クレジットカードを手に入れたいのですが、高齢者の場合審査の基準が変わってくる可能性があるため多少の問題があります。

高齢者でもカードが作れるのか?

三井住友VISAクラシックカード、楽天カード、三菱UFJニコス VIASOカード、ライフカードなど、主要なカードのお申し込み資格では、18歳以上という大まかな規定しか提示されていないため、実際に審査を依頼するとどれくらいの可能性が分からない状態となっています。

高齢者のカード申し込み:年齢の上限は設定されていない

そのため、カードの取得に関しては、クレジットカード会社の審査による部分が大きくなります。

高齢者は難しいという考えは古い

確かに高齢者がクレジットカードの審査を依頼する時には、働き盛りの年齢の人が依頼するときよりも審査が厳しくなってしまうことは仕方のない事です。しかし、高齢者がカードを習得できる可能性は以前より高まってきています。

以前よりも高齢者のカードを所持できる可能性は高い

その理由の1つが、年金受給の時期がずれ込んできたことです。そのために定年退職をする時期が遅くなってきているため、長く仕事を継続できる高齢者が増えてきています。仕事を長く継続すると言うことは、その分だけ給与収入の可能性が増えます。

高齢者の給与所得が増えてきている

定年退職の時期が遅れる分だけ、カードに入会できる可能性は高まる状況が考えられます。

70代、80代も申し込み可能

年齢が高くなるとカードの入手が厳しくなると言うのは、収入の金額が大幅に減る可能性があるからです。しかし、若い頃から安定してクレジットカードを所持している場合には、70代になっても80代になってもカードを所持する事は可能です。

また、新たに70代で新規クレジットカードの審査を申し込んだ場合でも、当然のように審査に通ってカードホルダーになれる可能性は十分にあります。

70代で新規カードの所持者になれる可能性がある

そして、これまでの借入実績やローン返済状況などを考慮する事で、ゴールドカードを新規に申し込んでも十分に取得できる可能性があります。

年金受給者であるかがポイント

クレジットカードの審査の基準は、年収の金額で決まります。そのため年齢が高かったとしても十分な収入がある人の場合には、クレジットカードの審査は通過できる可能性が高くなります。

例えば年金収入だけであっても、審査基準をクリアできれば問題無くカードを手にする事ができるはずです。

年金収入でもカードの審査に通る可能性がある

クレジットカード会社によっては、年齢制限を設けている審査基準となっている場合もあるため、申し込み前に年齢制限があるのか聞いてみる事が重要となります。

以前よりも高齢者は優遇される

70代以上のような後期高齢者であってもカードが所持できるようになっているのは、後期高齢者の方達の人口が非常に増えてきたことが影響しています。

若い人達にカードを発行するよりも、団塊の世代の人達に多くカードを使ってもらう事によって、カード会社の利益を維持することができるようになります。

団塊の世代の人達にもカードをより多く使ってもらいたい考えがある

また、最近では駅やその周辺のお店や自動販売機など、カードを所持している事で便利に利用できる状況がかなり多くなります。団塊世代の高齢者達にも、このようなお店でお金を使ってもらう為には、クレジットカードを所持してもらう事が重要となってきます。

定年退職前に優良なカードを所持する

高齢者でも新規のカード契約が可能であるといっても、企業に勤めて十分な年収のある時期に比べると、審査が厳しくなってしまうことは間違いありません。そのため、より確実に優良なクレジットカードを手にする為には、定年退職前に契約をしておく事が重要です。

より年会費が少なく、傷病補償サービスなどの大きな保証が付いたカードを所持する事が重要となります。カードの契約をして所持してからは、年齢が高くなってもそのまま使い続けることが可能となります。

70代になって新規カードを契約するより定年退職前に契約する

高齢者であっても、カード決済が利用できれば便利になる状況はいくらでもあります。小銭を数えなくても良いメリットがあるので、様々な特典が付いている優良なカードを契約しておくことが重要となります。

まとめ:高齢者とカード

高齢者でクレジットカードを作成したいと考えている方は、とりあえず審査を依頼してみることが重要です。カード会社によって最初から年齢制限が設けられている場合もありますが、年金収入があればカードを発行してもらえる可能性が高くなります。

カードには、キャッシング枠が設定されており、その枠が最低の10万円の状態のカードであれば、多くの人に発行が可能となるはずです。逆に、キャッシング枠を大きく設定しておきたいのであれば、多くの収入を得ている(年金生活をする前の)状況で審査を依頼すべきです。

Posted by mon