ホテル セーフティボックスの使い方とは?金庫が開かない・盗難時

 楽しい海外旅行では、トラブルを回避するために気を使います。特にお金・パスポートなどの・・

POINT

貴重品が盗難に遭ってしまう

 この問題だけは絶対に避けたいところです。

 旅行ガイドで紹介されるグレードのホテルなら、「セーフティボックス」が備え付けられているはずです。このセーフティボックスで気になること・・

  • 封筒の中身(現金)だけが盗難に遭うとき
  • 信用しても良いのか
  • ボックスが開かなくなった時には

 このような疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホテルでは貴重品を預かるサービスがある

 海外のホテルにチェックインを済ませると、とりあえず一段落できます。その後、外出をするなら所持している貴重品を・・

セーフティボックスに入れて保管する

 この判断について悩むことになります。

 セーフティボックスには、基本的にはこの2種類があります。

POINT

  • 各部屋に設置されている「Inroom Safe:ミニ金庫」
  • フロントの奥に設置されている貸金庫

 金庫の場所やサイズはホテルにより様々ですが、ホテル滞在中に利用できる「貴重品を入れておくボックス」のことをセーフティボックスと言っています。

セーフティーボックス内へ入れるもの

 まず、セーフティーボックスに入れるものは、このようなものであるはずです。

POINT

  • パスポート
  • 手持ちでは多すぎる現金
  • 航空券

 近場で買い物に出るときには、アクセサリー・ビデオカメラを入れる事もあるはずです。手持ちでは多すぎる現金をまとめて保管しておき、その都度 少額を持って出るようにします。

 ホテルから離れて海水浴などを楽しむときは、財布や腕時計もセーフティーボックスへ保管しておく方が安心できます。

ホテル独自のセーフティーボックスのルールがある

 国が変われば、セーフティーボックスの利用ルールも変わってきます。

出典:Groupe Accor

POINT

  • 部屋のタンスの中に「暗号キータイプのミニ金庫」が設置
  • フロントの奥にコインロッカータイプが並んでる
  • フロントで封筒に入れ糊付け(サインが必要)

 各部屋の設備としてクローゼット内に設置されているセイフティボックスは固定されており(持ち出せません)・・

POINT

4桁(または6桁)の暗証番号を入力してロックします

 フロントの奥に設置しているタイプでは、預かった自分のキーと もう一つフロントマンが所持しているキーの2つがなければ開かないシステムの金庫もあります。

ホテルマンは開け閉めが自由にできる

 ここで気になるのは、自分で暗号を設定するタイプなら安全なのか?ということです。

 部屋に設置してある「暗号キー」を自分で設定するタイプ、フロントの奥に設置しているタイプのは、このような違いだけです。

セーフティボックスは2つのタイプがある
設置タイプ信頼できるか
部屋に設置番号ホテルスタッフに呼ぶと開けてくれる
フロントに設置フロントマンは開けられる

 このことを念頭におくと、ホテルに働いているスタッフなら どのタイプのセーフティボックスも「開け閉めが自由にできる」と考える事ができます。そのため、セーフティーボックスを利用したほうが良いかどうかについては・・

POINT

ホテルマンを信用できるか

 この一点だけになってきます。

 次は、セーフティーボックスに預けるべきもの、使用しないと判断したときには どのような対策が可能であるかです。

貴重品をひったくられるよりマシである

 海外において、外を歩いている日本人観光客は、犯罪のターゲット(カモがいる)と見られている危険な状態です。

 日本は治安が良い国なので、警戒心のない人が多いのです。さらに、世界から見ると日本人は「お金を持っている」というイメージが強いため強盗に狙われやすくなります。実際に遭遇してしまったら・・

パスポート・現金・貴重品を全て失います

 そう頻繁に強盗に遭遇しなかったとしても、貴重品を全部持ってドキドキしながら観光するのは精神的にも疲れます。外国にいるときには、どこで何をしていても強盗・盗難の危険性があると考えるなら・・

(不安でも)セーフティーボックスで保管する

 この判断にするべきです。

 ホテルによってはセーフティーボックスの利用は有料になっていますが、僅かな手数料で財産を守れるなら利用すべきです。

身分証としてのパスポートが必要

 ホテルでチェックインを済ませてから、外出をするときでも身分証の提示が必要となることがあるかもしれません。そのような時には・・

パスポートのコピーを持ち歩く

 これでほとんど対処できるはずです。

 スリや強盗に遭遇しても、財布と僅かなお金、パスポートのコピーが無くなるだけなら、たいした損失にはなりません。

貴金属の所持は最低限に

 楽しい海外旅行なので、自分の好きなブランドの腕時計やアクセサリなどをつけて楽しみたいところですが、大所帯のツアーではなく 少人数での観光なら・・

強盗に遭遇してしまうことを想定しておきます

 旅行ガイドに書かれている「治安の良くない地域」ではなかったとしても、盗難・強盗に遭遇する可能性の多い国・地域はたくさんあります。

クレジットカード払いは安全である

 デジカメ、スマホ、タブレットなども、基本は無くなってもよい物だけを所持します。クレジットカードは、ショッピングの利用だけでなく・・

POINT

ホテルのデポジットの手続きにも使います

 デポジットとは、ホテルのチェックイン時にカード払いが可能な(支払いOKなカードを所持している)お客さんであることを証明するカードのオーソリ(利用可能であるかをテスト)するために必要です。

 重要なのは、カード払いの範囲をできるだけ広げることで・・

手持ち現金を減らすことができます

 カードを紛失・盗難された時には、電話1本で利用停止の状態にしてくれます。また、後日 身に覚えのない請求があったときにも支払いを拒否できます。そのため、海外でのショッピングはカードが安全であり、リスクはありません。

三つ星以上のホテルなら安心か?

 どこのホテル従業員でも、勤務しているホテル内にあるセーフティーボックスを開けることができます。

 「暗証番号がわからなくなった!」というトラブルになったときは、ホテルの担当者、またはホテルと馴染みのある鍵屋さんが登場して・・

POINT

100%開けることができます

 ルームメイクに入室するホテルスタッフ、清掃を請け負う他社の職員がホテル内を歩いているのを見かけますが、その人とセーフティーボックスを担当するフロントマンが親しいならセーフティーボックスは簡単に開きます。

 ホテルのグレードが「三つ星以上だから安全」という判断ではなく、ホテルスタッフの信用が関係してきます。

五つ星ホテルなら大丈夫か?

 ホテルのグレードが高くなると貴重品が守られる傾向は高まりますが、完全に信用できるとは限りません。実際に「五つ星ホテル」のセーフティーボックス利用時に、現金が無くなる被害を被った人もいます。そのため・・

星の数よりもその国のモラルの問題

 これが重要になってきます。

 特に東南アジアあたりの国はセキュリティーが甘いため、日本人宿泊客のセーフティーボックスは、他の旅行客・ホテルのスタッフ・清掃員なども狙っています。

実際にどのような被害に遭遇するか

 実際に海外旅行で「セーフティボックスを利用していた」にもかかわらず、盗難の被害に遭った方の中にはこのような経験をした人もいます。

POINT

  • 財布に入っている現金だけが全て無くなっている
  • 10万円入れていったうちの2万円だけが抜かれている
  • 2つの財布に6万円ずつ入れていると、1万円ずつ抜かれている

 犯人グループは全部を持っていかない事が多くあります。それは・・

少額の被害なら大事にならないだろう

 このような「バレずに成功する」狙いと、バレたとしてもホテル側が「お客さんの過失である」として、たいした調査もしてくれない状況を期待しています。

暗証番号のロックを回避するフリーの番号

 セーフティーボックスのお金を盗難するグループは、ホテルマンから「フリーで開く暗証番号」を教えてもらっており、清掃スタッフなどを装って合い鍵を使って部屋に入り・・

POINT

堂々とセーフティーボックスを開けて抜き取ります

 このトラブルが起きてしまうことを想定して・・

  • 入っている金額を紙に書いて入れておく
  • デジカメで入っているお金を撮影しておく

 このような対策が必要です。

 なんらかの対策をやっておかないと、ホテル側の言い分(お客さんの勘違いだろうという憶測)が正論のようになってしまいます。

「お客さんの勘違い」と思われないようにする方法

 そしてもう一つ、フロントなどスタッフの目の前で貴重品を預けるホテルであるなら、この問題を回避する確実な方法の1つに・・

「預り証」を取っておく

 この対策があります。

 複数のスタッフが見ている中で預けるようにしますが、その時に封筒に入れるお金を数えて「現金の枚数と金額」、そして同時に預ける貴重品を「預り証」に買いてもらいます。

 この「預り証」、そして預ける際に自分で撮影したデジカメ写真の両方があれば、確実にホテル側の憶測「お客さんの勘違い:最初から入ってなかったのでは?」について否定できます。

現金が抜かれた場合の対策

 現金が減少していることが確認できたら、すぐにホテル支配人に連絡を取って対応策を迫ります。そして・・

POINT

ホテルに設置している監視カメラの映像をチェック

 これを依頼します。

 ホテル側が期待したような対策をやってくれない時には、警察を呼んで被害届を出すようにします。

 ホテル側は警察沙汰になってしまうことを避けようとするかもしれませんが、無くなった貴重品を取り戻すには「警察」の力を借りることもやるべきです。

開かない時の対処法とは

 海外のホテルでセーフティーボックスが開かなくなったときには、フロントに連絡します。そして・・

セキュリティー担当者に開けてもらいます

 ホテル内の専門スタッフが来てくれたり、または他の業者へ作業を依頼する状況になったときには、他社のスタッフが到着するまで何時間も待たされることがあります。ただし・・

POINT

中に入れているパスポートが取れずに帰れない

 このような 帰国する日程がずれ込むほど待たされることは無いはずです。

フロントスタッフが来て金庫を開ける

 部屋に設置されている金庫(セーフティーボックス)が開かなくなったら、フロントへ連絡すると・・

POINT

すぐに到着、ロック解除の装置ですぐに解錠

 このパターンもあります。電子ロックタイプは、端末を持ってきてセーフティーボックスへケーブルを差し込み、必要な情報を入力するとリセット作業がすぐにできます。

 待たされずに開錠してもらえるので助かりますが、フロントスタッフが簡単に開錠できることが分かるので、セーフティーボックスの安全性が気になります。

まとめ:盗難時の対策・使い方 金庫が開かない|2019年版

 セーフティーボックスを利用すると大丈夫であるか?という議論をすると、大半の人は「問題無い」という答えが返ってくるはずです。しかしグレードの高いホテルであっても、従業員が窃盗グループを手伝っているなら・・

簡単に抜き取ることができます

 「五つ星ホテルだから大丈夫」という考えが正しくないかもしれないことも念頭において、セキュリティー対策を考えいていくべきです。

 以上、ホテル セーフティボックスの使い方とは?金庫が開かない・盗難時...についてでした。