おこめ券で買えるもの【お米券 1kg】ドンキホーテ・イオン おつりは?

 ギフト券の定番となる「おこめ券」を頂くことがあります。しかし、使う場面をイメージできなくてタンスへしまっている方も多いはずです。そして、久しぶりに手に取ってみたときに・・

おこめ券で買えるものは?

 イオンなどのスーパー、ドラッグストア(ドンキホーテなど)で使えるのかネット検索することになります。

「おこめ券」はその名の通り お米の引換券ですが、実際のところはお米以外の商品の購入に(お金の代わりとして)使うことができます。

  • おこめ券で買えるものとは
  • 【お米券 1kg】にある1キロの意味とは
  • タバコや酒を購入できるのか
  • おつりをもらう事はできるのか

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おこめ券とはどのようなものか?

 おこめ券とは、全国米穀販売事業共済協同組合が発行している金券であり、全国のお米専門のお店や食品スーパーなどで利用できます。おこめ券は贈答用のギフトカードとして非常に人気があります。

POINT

  • おこめ券は一枚あたり440円の価値があります
  • おこめ券は有効期限が設定されていません

 おこめ券とは、「全国共通おこめ券(販売価格500円)」の一種類のみであり、1,000円券、5,000円券などのバリエーションはありません。そのため3,000円分なら6枚、1万円分なら20枚の「全国共通おこめ券(1枚500円)」を購入します。

表面に書かれている「1kg」は目安である

 最も勘違いしやすいのが、おこめ券の前面の中央下に はっきりと「1キロ」と表示されていますが、1枚で購入できるお米は1キロではありません。

「1キロ」はただの目安であり、おこめ券の価値は1枚440円

 もし、重さ(キロ数)で交換だったなら、安い「ブレンド米の1キロ」と、「魚沼産コシヒカリ1キロ」が 同じ価値で取引できてしまう問題が生じてしまいます。

 重さで取引をするとおかしくなってしまう(取引の基準とするには無理がある)ため、紛らわしいですが・・

1キロの表示はただのデザインで意味はない

 このように覚えておきます。

おこめ券はネット通販で購入する事もできる

 おこめ券は、全国のスーパーや百貨店などで購入することができます。提供している全米飯のページから、ネット通販で購入することもできます。

 全米飯のホームページから購入する時には、送料として400円が必要となります。これでは損をしてしまいますが、1万円以上をまとめて購入することによって送料無料で発送してくれます。

 おこめ券は誰もが知っているので使いやすいギフト券ですが、現金で商品を購入するとき(現金 → 商品)よりも「確実に損」をします(現金 → おこめ券 → 商品 と購入した場合)。

 そのため、自分で使うのではなく「贈答用・景品」として利用すべきです。

おこめ券は手数料(発行経費・流通経費)の分だけ損をする

 おこめ券を購入する際には、一枚あたり500円の値段で買います。ですが、利用する時には440円の価値となります。

POINT

  • 購入時 500円
  • 利用時 440円

 この差額の60円は、おこめ券を発行する際の手数料(流通経費)となります。そのため・・

現金でお米を買うときに比べて「おこめ券」は損をする

 このようになります。例えば、「JCBギフトカード」の場合は・・

POINT

  • 購入時の価格:1,000円
  • 利用時の価値:1,000円

 このようになるので 全く損をしません。それだけでなく金券ショップで1,000円のギフト券を980円で購入できたり、クレジットカードを使用して購入するとポイントをゲットすることもできます。

 それに比べて「おこめ券」は、1枚あたり60円の手数料の分だけ損をします。そのため 近い身内へのギフトであるなら、おこめ券ではなく「現金を包んで渡す」か、金額によっては「現金書留」で送付する方が手数料が安上がりになります。

おこめ券はどこで使える?

 大手スーパー、デパートなど「お米を販売しているお店」であるなら、おこめ券を提供しています。販売しているお店は・・

レジ周辺に「おこめ券取扱店」との表示:アクセプタンスマークがある

 購入価格をより安くしたいなら、ヤフオク(またはフリマアプリ)などで探すと、多少安く提供している出品者を見つけることができるはずです。

おこめ券はコンビニでは販売していない

 最近のコンビニでは、レンジでチンする「パックのご飯」だけでなく、袋入りのお米(無洗米など)を販売しているお店があります。

 「お米を販売するショップ = コンビニ」なのですが・・

コンビニでは「おこめ券」を取扱っていない

 このようなお店が多くあります。ただ、販売はしていませんが「お店によっては」使う事ができます。これは、ファミマやローソンのようなチェーン店での決まりごとではなく・・

各店舗のオーナーの判断によります

 そのため「おこめ券」が使えるコンビニであるかについては、その店舗にいる従業員への確認が必要になります。

お米以外に買えるもの

 おこめ券という名称ですが、現在では食品スーパーなら、ほとんどの商品の購入に利用できるようになりました。そのため、おこめ券一枚は「440円の金券」と考えることができます。このようなお店で利用できます。

 各地域のスーパーやデパートならどこでも利用できるはずです。ただ多くの場合において、おこめ券を使うときにはおつりが出ないので、おこめ券を(1枚を440円として)使える枚数だけ出して、端数は小銭を出すようにします。

おつりを出すお店:ドンキホーテ

 お店によっては購入した商品の中にお米が入っていないと、おこめ券が利用できないというルールのお店もあります。そして、多くのお店ではおこめ券は おつりが出ないのですが、ドンキホーテにおいては・・

POINT

おこめ券の利用時に おつりを出している

 このような違いがあります。全米飯(全国米穀販売事業共済協同組合)では、「おつりを出せるのか」のルールは・・

それぞれのお店の判断に任せている

 この決まりにしているので、お店によってはおつりが出せます。詳しくは、その店舗にいるスタッフへ確認してみるべきです。

 おこめ券と同じように利用できる イオン商品券マックカードジェフグルメカードなどは、確実におつりが出ます。このあたりの違いを覚えておくべきです。

ドラッグストアでも利用できる

 おこめ券はドラッグストアで利用する事ができます。

 食料品から雑貨品、家電製品にアクセサリーなど、様々な商品をおこめ券で購入する事ができます。

 そして、全国展開しているビジネスホテルの東横インにおいても、宿泊費の支払いにおこめ券を使う事ができます。そのため、ビジネスの出張で おこめ券を消費する事ができます。

タバコ お酒の購入に使えるか

 「お米を扱っているお店」であれば、全ての商品の購入に「おこめ券」が使えるはずです。お店のオーナーの判断でルールが決まりますが、基本的には・・

お店側からすると現金と全く同じ扱いで商品を提供できる

 このようになります。そのため・・

お酒、タバコを提供する事は可能ではあるはずです

 VISAギフトカードや、VJA、JCB、三菱UFJニコスギフトカードなども「タバコの販売は可能です」。

 「おこめ券でおつりが出せるか」のルールと同じように、そのお店のスタッフに聞いてみないと、「販売してよい方針であるか」については分からないのです。

まとめ:おこめ券 ドラッグストア マツキヨ どこで使える|2019年版

 おこめ券は、お米と交換できる引換券として誕生したのですが、今ではとても柔軟な考え方になっています。食料品を取り扱っているスーパーでは現金と同じように利用できるため、贈答品としておこめ券は喜ばれます。

 スーパー・デパート・ホームセンターでは・・

お米を購入するときのみ おこめ券が利用できる

 このようにHPへ記載していても、実際はどの商品でも売ってくれたりします。それは、お米を卸す業者に「おこめ券」を渡すと、現金と取り替えてくれるからです。つまり、「何を買ったか」については、細かく詮索しないのです。

 以上、おこめ券で買えるもの【お米券 1kg】ドンキホーテ・イオン おつりは?...についてでした。