リボ天とは?リボ払い専用カードの審査|損得・一括・クレヒス天井

 カードで高額商品を一括払いで購入すると、翌月のカード引落し日に多額の支払いをすることになってしまいます。これを避ける方法として・・

POINT

カードをリボ設定に変更する

 このやり方があります。毎月のカード引落金額のバラツキをなくして、安定させることによって一定の生活費をキープできることになるのですが・・

リボ設定にダマされるな!
リボ天丼でひどい目に・・

 このようなマイナスの印象を持つ方が多くいます。分かっているようで知らないかもしれない・・

  • リボ払いの仕組み・メリットとは
  • 注意したい落とし穴・デメリット
  • カードの利用実績とネットのうわさ

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リボ払い:リボ払い専用カードとは?

 クレジットカードを頻繁に利用する方でも、リボ払いの仕組みをよく分からないまま利用している方がいます。リボ払い(リボルビング払い)とは、商品購入の金額や、商品購入の頻度(件数)にかかわらず・・

POINT

毎月一定額の支払いをしていくシステムです

 毎月、あらかじめ設定している引落金額を上限にして元金と利息を支払います。

 ポイントは、今月分の利息を引き落とし額で支払いつつ、利息以外で残った金額で元金を減らしていく(返済する)ルールになっています。

リボ払いの設定例

 例えば所持してるカードのリボ払いの設定が3万円となっている場合、10万円の商品を購入するとこのようになります。

リボ払いの仕組み 10万円の商品を購入 今月の支払い
銀行口座の入金額引き落とされる金額残りの商品代金(翌月へ)
20万円3万円7万1,000円
引き落とされる3万円の内訳:元金2万9,000円 リボ払い手数料1,000円

 このようになります。リボ払いの設定になっていると、引き落とし口座に20万円の現金が入っていたとしても、3万円しか引き落としされません。その3万円の中にはリボ払い手数料が含まれています。

 3ヶ月後までの支払いはこのようになります。

リボ払い設定中の銀行口座のお金
今月来月2ヶ月後
口座にあるお金20万円13万円28万円
引き落とし額3万円3万円3万円
手数料(利息)1,000円1,000円1,000円

 このように 銀行口座にいくらのお金が残っていても、常に設定した金額だけ引き落としを行うのが「リボ払い」となります。

リボ払いは手数料を払い続ける

 リボ払いは、「毎月の支払いの金額を抑えて生活にゆとりを・・」という前提となっていますが、支払い能力がある(口座に残高がある)状況であっても、一定額だけを支払って、残りを翌月以降へ後まわしとなるため・・

POINT

ずっと利息を払い続ける状況となります

 そのため、お金に関することに無頓着であったり・いつもお金にルーズになりがちな性格であるなら、「リボ払い専用」のカードは回避するようにすべきです。

 しかし、現在は「リボ払い専用のクレジットカード」はとても増えているのですが、審査申込みの広告に「リボ払い専用」の文字が見つからないこともあります。

リボ払い専用のカードに注意

 「リボ払い専用」のクレジットカードは、リボ払いを利用しない一括払いをメインにしたカード利用を想定していても「リボ払い設定」が強制となっているために、設定変更ができません。

 ご利用の注意事項に目を通すと「リボ払い」についての設定についての記載がありますが、カードを申し込む前に確認できる広告には・・

「リボ払い」に関する記載がないことがあります

 「毎月決まった金額のお支払いで生活が楽になる・・」という説明は、親切で使い勝手が良いサービスだと感じるため、リボ払いの手数料の分だけ毎月「損をするカードである」という要点を忘れがちです。

初期設定でリボ払いになっている

 リボ払い専用カードを知らずに契約した人は、ショッピング時に「一括払い」と指定してカードを使ったはずなのに、リボ払い上限金額(5,000円など)だけが引き落とされ、残りは翌月へ後まわしになっている状況に困惑するはずです。

初回は毎月5,000円のリボ設定になっている

 リボ払いのルールを知らずに使っていると「なぜ手数料が発生しているのか?」と詳細が分からず焦ってしまうかもしれません。カード契約時の説明には・・

POINT

ご入会後に、リボ払い上限額の設定が可能です

 このような内容が、注意書きのような感じでクレジットカード入会の広告の下の方に書かれています。そのため、入会した後に・・

すぐにリボ払いの設定を変更しないと利息を払うことになる

 この状態になっているとに気がつかない場合が多くあります。

リボ天井(リボ天)になってしまう危険性

 毎月の支払金額を少なく抑えてくれるリボ払いですが、「毎月の返済額」を少額に設定していると、いつまでもリボ払いが終わらない状態になります。

リボ天丼の支払い状況
今月の支払い額利息に充てられる額元金に充てられる額
1万円9,000円1,000円

 このような「リボ払い」の設定のままだと・・

POINT

  • 今月、1,000円をカード払い → 借金は減らずに【現状維持】
  • 今月、5,000円をカード払い → 借金は増える【完済までがさらに遠くなる】

 このような状況が続きます。いつまでも完済できない状態が続き、ショッピング限度額ギリギリをずっと維持するので・・

リボ天井:略して → リボ天

 ネットで言われている「リボ天」という状態になってしまいます。

10年後まで2万円を払い続けた場合

 例えば、リボの残債が90万円・利息18%の条件だったなら、毎月2万円のリボ設定にしていると・・

ほぼ利息だけ払って元金が減らない

 このような状態となっているはずです。

 10年後までずっと「毎月2万円」を払い続けたとしても、利息だけ払っているため元金はそのままです。

毎月2万円を10年払った場合
毎月の支払い10年で払う回数合計の支払い金額
2万円120回240万円

 これまで240万円も払ったのに、借金(リボの残債)は90万 ← そのままです。

 このように支払い能力が低い状態で「リボ天」になってしまうと、一生「リボ天井」から抜け出せないのです。

リボ天井の影響とは

 クレジットカードのリボ払いは、毎月の公共料金やショッピングなどの生活費の範囲に入る支払いが多くなります。長期的にみると、車を購入したり、マイホームのために住宅ローンを申請することもあるはずです。この時・・

リボ天井の状態ではローンの審査を通貨できません

 現状の借入(リボ払いの状況)は、CIC(信用情報を登録する機関)へ登録されるので、クレジットカードの申込み審査、住宅ローン、教育ローン、オートローンなどの審査に悪影響があります。

リボ天の手前ならクレヒスにプラスとなる

 リボ天井では、他のローンの審査に通らないので「リボ払いの多用」は印象(信用)が悪くなると思われがちですが、限度額まで使わず、ほどよい金額で支払いを滞りなく行っているのなら、クレヒス:クレジットカードヒストリー(利用実績)にプラス効果があります。

少額リボ払いを毎月継続・延滞の履歴なし

 クレジットカード会社は、リボ払いを利用して手数料を多く払ってくれるお客さんを歓迎します。リボ払い手数料を毎月 キッチリを払ってくれるお客さんは(クレヒスに)高ポイントとなります。

 つまり、住宅ローンや、新規のクレジットカードの審査、オートローンなども「リボ払いを継続しており、延滞なし」である人は「良好なクレヒス」がたまり、各ローンの審査が通りやすくなります。

まとめ:リボ天井とは?一括 使わない クレヒス|2019年版

 リボ払い専用カードは、毎月のお金のやりくりを楽にしてくれるメリットがありますが、リボ払い限度額まで使い切るようなライフスタイルになると、いつまでも「リボの残債」が減らないリボ天井の恐れがあります。

 楽な支払いとは、元金が減らずに利息ばかり払い続けることになります。リボ天丼になると、消費者金融からの借入も困難になり、個人間融資などでお金を調達する選択になりますが、トラブルになる可能性があるので避けたい方法です。

 以上、リボ天とは?リボ払い専用カードの審査|損得・一括・クレヒス天井...についてでした。