損益計算書 例 見本 図示|項目を簡単 わかりやすく 経常利益

 会社の決算書を読み解くことで、会社の財務分析をすることができます。

 損益計算書は一定期間内の利益を出すためにどのような費用(売上を確保するために使ったもの)が必要だったのかなどを 一覧できるようにまとめたものです。

経常利益はいくらだったの?

 このように聞かれたとき、どの数字から・・足し算・引き算をして導き出せるのか知っておくことが大事になります。そんな損益計算書にまつわる・・

  • 主な項目を大枠から図示・図解する
  • 項目の記入例をもとに解説
  • 経常利益・当期純利益の違いとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

損益計算書とは?

 会計期間といわれる会社の1年の区切りは、それぞれの会社で自由に決めてよい事になっており(3月を年度末にする企業が多い)、その1年間の経営成績を表す書類(決算書)の一つが「損益計算書」となります。

POINT

損益計算書はPL(Profit and Loss statement)と略して言われることもあります

 損益計算書を簡単に説明すると・・

財産が出ていくもの、入ってくるものを分かりやすくまとめた表

 となります。まずは全体図からです。

主な項目の説明(内容を図示)

 損益計算書は、(期間内の)「収益」から「費用」を差し引きます。そして残ったものが「利益」となります。分かりやすく図解するとこのようになります。収益よりも費用が少ないなら黒字。費用が多いなら赤字です。

損益計算書を簡単に(黒字の例)損益計算書を簡単に(赤字の例)
 
費用
 
収益費用収益
利益損失

 上の内容を踏まえて、実際の損益計算書ではこのように項目が並びます。主な項目だけをピックアップして「並び方」だけを図示します。

損益計算書:主な項目の並び
主な項目内容の簡単な説明
営業収益営業活動で得られたお金:売上高など収益
売上原価商品を仕入れて製造にかかるお金費用
販売費及び一般管理費営業に使った経費:家賃や給与など費用
営業外収益本業以外で得られるお金:家賃収入など収益
営業外費用経常的に発生する費用:減価償却費など費用
特別利益本業以外で得られたお金:証券売却など収益
特別損失予定外におきた損失:火災・事故など費用

 収益と費用が交互に並ぶようになっていますが、一番上の営業利益(今期の売上高)を基準にして、商品の仕入れ:売上原価と、商品販売にどのようなコストがかかったのか(販売および一般管理費)が分かるように項目が並びます。

損益計算書は最も上にある「営業収益」から、最も下にある「当期純利益」を算出する課程が書かれている

 最終的な「当期純利益」を算出するまでに、足したり引いたりしているように見えますが、その中身を全て引き算で表すと分かりやすくなります。損益計算書の細かな項目を見る前に、「主な項目」だけを並べ替えて図解します。

当期純利益を算出するまでの内容を図示

 主な項目を分かりやすく並べ替えるとこのようになります。



売上原価
売上総利益販売管理費
営業利益営業外損益
経常利益特別利益
特別損失
税引き前当期純利益法人税
住民税
当期純利益

 上にまとめた図解をチェックすると、これらが分かってきます。

POINT

  • 売上高 = 売上総利益 + 売上原価
  • 売上総利益 = 営業利益 + 販売管理費
  • 営業利益 = 経常利益 + 営業外損益
  • 経常利益 = 税引き前当期純利益 + 特別利益(損失)

 最終的な目的は「当期純利益」を求める事であり、答えにたどり着くまでに「営業にかかったお金」の項目を算出し、足したり引いたりします。その計算過程の内容を確認できるのが損益計算書となります。

 次は、実際に営業にかかった経費、営業外の収益なども含めた損益計算書の項目を見ていきます。

損益計算書の主な項目の例(金額入り)

 損益計算書の項目・内容について、おおまかな数字を入れた状態で確認していきます。

科目金額
営業収益売上高1,000,000円
売上原価400,000円
受取手数料0円
売上総利益600,000円
販売費及び一般管理費役員報酬100,000円
給与150,000円
福利厚生費10,000円
接待交際費30,000円
水道光熱費5,000円
通信費4,000円
事務用品費2,000円
雑費1,000円
新聞図書費1,000円
支払手数料2,000円
地代家賃50,000円
広告宣伝費20,000円
旅費交通費0円
租税公課70,000円
賃借料50,000円
修繕費0円
減価償却費5,000円
販売費及び一般管理費 合計500,000円
営業利益 合計100,000円
営業外収益受取利息3,000円
雑収入5,000円
営業外収益 合計8,000円
営業外費用支払利息割引料4,000円
経常利益 合計104,000円

 経常利益まで算出できたなら、その後は・・

POINT

  • 税金を引く前の利益 = 「税引き前当期純利益」
  • 引いたあとに残った金額 = 「当期純利益」

 このように当期純利益を導き出すことができます。

 次は、収益「売上高」「売上総利益」など、主な項目について分かりやすく説明します。

収益を集約したもの:売上高

 売上高は、営業活動において商品やサービスを提供し得たお金であり、業務をする際の全ての収入の合計額となります。

売上高が大きい企業は、事業規模が大きいとも言われる

 企業の営業活動で得られる全ての「利益」であり、会社の指標(決算書など)もここを基準として算出します。そして、売上総利益とは売上高から原価のコストを引いたものです。一般的に業界用語として使われる・・

粗利はどれくらいあった?

 このように聞かれる時の数字が「売上総利益」となります。

 商品を生産して販売するまでには様々なコストがかかりますが、最も大きいのが原材料にかかる費用となるため、この数字が分かれば・・

POINT

純利益に大きく貢献している商品

 であるか分かってきます。

営業利益は期間中のコストを引いた金額

 そして、ニュースや新聞などでも良く書かれる項目に「営業利益」があります。営業利益とは・・

営業利益は、売上総利益から「販売および一般管理費」を引いた金額

 となります。簡単に言えば経費を差し引いた残りの利益となります。商品を販売する企業の場合には、これが本業の利益と言われる部分となります。

 「販売および一般管理費」の経費の部分は、コントロールする事ができるので、経費削減で赤字状態を黒字にする(利益の幅を増やす)ことができます。

販売及び一般管理費の内容の説明

 経費とされる範囲は非常に多いのですが、損益計算書に記載される項目・その内容や目的を簡単に説明します。

販売および一般管理費に
記載する項目と内容
役員報酬取締役(社長)や
監査役などの報酬
給与雇用している従業員
に与える報酬
福利厚生費給料以外の報酬
慰安旅行 お祝い金など
接待交際費得意先・仕入れ先
などへの接待・贈答
水道光熱費電気代・上下水道
・ガス代・灯油など
通信費郵便物の配送・切手・
インターネット関連
事務用品費事務の業務で
消費される消耗品
雑費他の項目にあてはまら
ない少額の費用
新聞図書費新聞・調査、研究目的
の書籍・参考書
支払手数料税理士などの報酬・
不動産仲介の費用
地代家賃事務所・倉庫・工場・
車庫の賃貸費用
広告宣伝費商品告知の広告・
宣伝をする費用
旅費交通費社員・役員の移動
に関わる費用
租税公課国税・地方税などの
公的負担金
賃借料土地・建物・車両・
設備の借入費用
修繕費建物・設備・機械を
修理する費用
減価償却費建物・設備を耐用年数
により分配する費用

 大手企業が業績悪化を理由に・・人件費を削減するリストラを敢行する場合がありますが、「役員報酬」や「従業員の給与」が大幅に減少するため、営業利益を確実に黒字に転換させる有効な対策となります。

POINT

「役員報酬」と「給与」の操作で黒字に転換させることが可能

 次は、経常利益を見ていきます。

経常利益の数字で収益力が分かる

 家賃や給料などの様々なコストを差し引いた残りの利益が「営業利益」であり、さらに・・

POINT

  • 「営業外収益」 本来の営業活動以外で獲得した収益:配当金・賃貸収入など
  • 「営業外費用」 主な営業以外で発生する費用:支払利息・有価証券売却損など

 この両方を差し引きすると「経常利益」が分かります。そして「税引き前当期純利益」が求められます。

税引き前当期純利益は、経常利益に対して臨時的に発生する土地を売却した利益であったり、退職金の支給などが影響して収支の加減があります。

 そして、税務署や市役所へ支払う「税金」を差し引くと「当期純利益」が求められます。

当期純利益は、税引き前当期純利益から、法人税や住民税を引いた利益の部分です。一定期間の営業活動にて、この数字を増加させる事ができるかが大きな指標となります

 損益計算書に記載される項目を年度別に比較していくと、業務内容が改善しているか「効率が高まっているか」分かります。

売上高の数字に迷わされないように

 事業規模を示す売上高の数字が大きいと、安定した大企業のように思えますが、営業利益の数字を「利益率」というパーセントの数字で出してみると非常に少ない利益率である可能性があります。

売上高の金額が大きくても「安定している企業」ではない可能性がある

 「利益率」が思わしくない状態が翌年以降も続くと・・

POINT

多少の売上高のダウンで赤字に転じる可能性

 があります。または、従業員を雇用して「経費:販売及び一般管理費の給料」が多少増えただけで赤字に転じる可能性もあるため、安定して利益を出せるかどうかは売上高だけでなく、利益率が重要な指標となります。

まとめ:損益計算書 例 見本 図示 項目 簡単|2019年版

 損益計算書は安定して利益を出していける企業であるかの指標となります。同じ業種で規模が近い企業と比較していくと、役員報酬や社員の給与の金額が多いにも関わらず、最終的な当期純利益の数字が変わらない企業などが見つかることもあります。

当期純利益が近くても、経常利益の内容が大きく違うこともある

 安定した経営のためには、損益計算書を年度ごとに見ていくことや、ライバル企業の数字と比較することも良い対策となるはずです。

 以上、損益計算書 例 見本 図示|項目を簡単 わかりやすく 経常利益...についてでした。