ポストペイ 電子マネー|suica ICOCA PiTaPa 楽天Edyとの違い

 交通機関系のSuicaなど、人気の電子マネーはプリペイドタイプが多くあります。その特徴は・・

POINT

  • チャージした分だけ使えるので無駄使いがありません
  • 未成年でも所持できるメリットがあります

 しかし、クレジットカードを所持している社会人なら、後払いが利用できる「ポストペイ型電子マネー」をメインに使う方が何かと便利です。

  • ポストペイ型電子マネーとSuica・楽天Edyとの違い
  • ポストペイ型は高額決済に利用可能
  • カードの残高を気にせず・オートチャージ可能

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポストペイタイプの電子マネーとは

 現在のところ多くの人が利用するようになった、楽天EdyやSuica、WAON、nanacoなどは、プリペイド型の電子マネーです。それに対し、利用する前にチャージをする手間がかからないのがポストペイタイプとなります。

電子マネー名称支払い方式オートチャージ
楽天Edyプリペイド型設定可能
Suicaプリペイド型設定可能
WAONプリペイド型設定可能
nanacoプリペイド型設定可能
iDポストペイ型自動
QUICPayポストペイ型自動
PiTaPaポストペイ型自動

 電子マネーで決済し、残高が(設定している)一定金額より少なくなると自動的にチャージをしてくれる機能がオートチャージです。

 プリペイド型の電子マネーは、クレジットカード一体型(Edy機能付き楽天カード)などを利用するとオートチャージが利用できます。ポストペイタイプはクレジットカードと連動しているので、設定不要で常にオートチャージされます。

残高を気にせずに利用できる

 ポストペイ型の電子マネーは、利用した分だけ紐付けしているクレジットカードからの引き落としとなるので、現在のカード残高を気にせずに利用できます。

ポストペイは残高を気にしない後払いシステム

 コンビニなどのチャージ端末でチャージをする意識も不要になるので、ショッピングが楽になります。

電子マネーはクレジットカードにまとめる

 ポストペイ型はクレジットカードと連動して利用していくため、ポストペイタイプの専用電子マネーカードを所持してクレジットカードと連動(オートチャージの紐付け)の設定をして利用します。ですが、それよりも・・

POINT

電子マネーが付帯しているクレジットカードを契約する

 これが便利です。財布の中に入っているカードの枚数が減るので、カードの管理が楽になります。

 例えば、オリエントコーポレーションが提供している「OricoCard THE POINT」はポストペイタイプ電子マネー「iD」と「QUICPay」の2つをクレジットカード1枚にまとめることができます。

 ポストペイタイプの電子マネーは、加盟店数で比較するとプリペイドタイプよりも若干少なくなってしまうため、それをカバーするために複数のポストペイタイプの電子マネーを使えるようにしておきます。

盗難時には保証の対象となる

 ポストペイタイプは後払いのサービスであるため、チャージが足りなくなって利用を止めることができません。そのため、カードを落としたり紛失すると不正利用の被害が大きくなる可能性があります。

 この問題があるので、クレジットカードと同じように・・

盗難や紛失したら すぐに利用停止の手続きをします

 ポストペイタイプは、クレジットカードと連動して高額の買い物ができるので、紛失した際の対応もクレジットカードと同様の手続きとなります。

ポストペイ型は高額決済に利用できる

 ポストペイ型のメリットの1つは、カードと紐付けされているので、カード払いで支払う時と同じように高額決済にも利用できます。

 そしてもう一つは、カード払いの際にクレジットカードの番号を読み取られてしまう「スキミング」と言われるトラブルを回避することができます。

 ポストペイ型の電子マネーはスタッフにクレジットカードを出さずにICカードリーダーにタッチするタイプなので、セキュリティ面で有利です。

ポストペイ型は使いすぎが心配

 ポストペイ型の電子マネーは後払いシステムであるので、利用する前にカードにお金をチャージする心配をする必要がありません。これはメリットなのですが・・

使いすぎてしまうかもしれないデメリットにもなります

 つい必要以上の物を買ってしまうような無頓着な方の場合には、ポストペイ型の電子マネーを所持していると物欲を止めるチャージ上限がないので、必要以上に買ってしまう可能性があります。

 サラリーマンのお小遣い上限を設定するように、月あたりの使ってもよい上限金額を設定するなどの対策が必要になります。

利用には審査が必要である

 ポストペイ型の電子マネーを利用する際に最も大きなハードルとなるのが、ポストペイ型電子マネーを利用する審査を通過する必要があることです。

 クレジットカードに付帯するサービスとして契約をするため、事前にクレジットカードの取得審査をクリアする必要があります。つまり、クレジットカードの審査に通過できなければ、ポストペイ型の電子マネーは利用できないことになります。

ポストペイ型はクレジットカードの審査に通過する必要がある

 利用金額の上限額を設定することにより、審査に通りやすいポストペイ型のカードもあります。しかし、使う金額が予め決められるのは、プリペイドタイプと同様の使い勝手となってしまうため、ポストペイタイプの良さを出し切れない状態となります。

PiTaPa Suica ICOCAは相互利用可能

 SuicaをはじめPiTaPa、ICOCA、TOICA、Kitaca、SUGOCA、nimocaなどは、相互利用が可能な電子マネーですが、PiTaPaはポストペイ型の電子マネーになります。

 そのためPiTaPaを利用するときにはチャージをせずに使えます。ただし、カードの発行を依頼してから審査、そして実際に発行して手元に届くまでには二週間程度の期間が必要です。

PiTaPaはオートチャージが可能

 PiTaPaは、ポストペイ型であるためチャージ不要で利用できるのですが、エリア内においては自動的にポストペイ型の利用方法となり、チャージを気にせず後払いシステムとなります。

PiTaPaはエリア内のみポストペイタイプとして利用できる

 そして、エリアから出たときには他の相互利用可能な電子マネー(プリペイドタイプ)と同様の利用ルールになります。

 そのため、PiTaPaカードには2,000円のチャージができる仕組みとなっています。

1,000円以下になると自動的に2,000円までオートチャージ

 PiTaPaエリアの改札を通過すると自動的に2,000円までオートチャージされます。

 このようにポストペイ型の電子マネーでも、それぞれ使い勝手を優先して独自の仕組みがある事を覚えておく必要があります。

まとめ:ポストペイ電子マネー ICOCA 楽天edy 違い|2019年版

 ポストペイ型の電子マネーは、チャージ残高を気にせずに利用できるのが最大のメリットです。クレジットカードとは違い、決済時にかざすだけで支払いが完了するのでスキミングなどの被害を回避できます。

 そして、カードを紛失した際にも補償サービスを受けられるため、安心して利用できます。

 以上、ポストペイ 電子マネー|suica ICOCA PiTaPa 楽天Edyとの違い...についてでした。