paypal 安全性|評判・使い道・危険性 ペイパルを安全に使うには?

出典:Paypal

 海外のネットショップで購入代金を支払うときには・・

POINT

  • 国内銀行 → 海外銀行へ振込
  • クレジットカード払い

 このどちらかを選ぶことになります。

 しかし海外のサイトはセキュリティの不安があるために、クレジットカードを使いたくない方も多いはずです。こんなときには「PayPal」で支払うと安全に取引できます。PayPalは、利用手数料が無料でありながら・・

  • 銀行口座の番号
  • 銀行口座の暗証番号
  • クレジットカード番号

 これらの情報を相手に伝えなくても送金手続きが完了します。このPayPalを上手に使っていく方法:安全性・評判などについて、分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PayPalとは?

 PayPalは、PayPal Holdings Inc.(本社:アメリカ合衆国、カリフォルニア州)が提供している電子商取引のサービスです。現在では190の国で利用されているサービスです。

PayPalは世界各国に利用者がいる

 日本語ホームページも用意されており、日本のユーザーが電話で問い合わせたときには日本語でスタッフが対応してくれます。

 PayPalは世界のネットショップの決済に利用でき、クレジットカードよりも「簡単・安全」な取引ができることから、PayPal決済が利用できるネットショップを優先する方が多くいます。

PayPalは、基本無料で利用できる

 PayPalが世界中で高評価となっている理由の1つに、利用する際のあらゆる手数料が無料になっているメリットがあります。

PayPalを利用する際の手数料
国内決済手数料無料
年会費無料
新規登録無料

 PayPalは年会費が無料、維持費も無料となるサービスなので、思い立ったときにアカウントを作っておき、使う場面が来るまで ずっと保留しておいても、デメリットは何もありません。

POINT

入金無し:残高が0円の状態でもアカウントが削除されることはない

 ネットでのお金をやりとりを専門にしているネットバンクは、取引量が少ないアカウントは「口座維持・振込時」に手数料を請求するルールであったりするため、使い勝手(コスパ)はPayPalの方が断然に優れています。

PayPalが利用できるなら優先する

 海外の通販サイトを利用するときは、他の決済方法と比較して「PayPal」の方が・・

  • 決済手数料が安くなる
  • 支払いの行程が少ない:簡単
  • セキュリティ面で安心できる

 このようなメリットがあります。そのため、複数の決済方法が選べるショップでは「PayPal」を優先するようになるはずです。

 海外送金の際には、海外通貨に替えるための「為替手数料」がかかる事があります。為替の手数料は、他の送金手段(paypal以外)を利用しても必要となるため、PayPalだけが特別に請求しているわけではありません。

PayPalのしくみ

 PayPalの取り引きはメールアドレスで行われます。PayPalのサイトでアカウントを作成し、どのメールアドレスに紐付けをするか設定を行います。

 そして、二人の間でお金のやりとりをするときには、相手のメールアドレスにお金を送る手続きをします。

 PayPalのお金のやりとり(商売目的でのみ利用可能)

POINT

  1. 「bbb@bbb.net」のアカウントの人へお金を送る
  2. 「aaa@aaa.com」のアカウントからPayPalにて送金手続き
  3. 「aaa@aaa.com」 → 「bbb@bbb.net」 に送金
  4. 「bbb@bbb.net」のメール所有者にお金が届く

 基本的にはこれだけです。

 このシステムをネットショッピングの決済に組み込むことによって、クレジットカードで決済している手段にとって代わり、商品代金の支払いをしてくれます。

パーソナルアカウント・プレミアアカウント・ビジネスアカウントとは

 PayPalには3種類の口座があります。

  • パーソナルアカウント 個人の支払いに利用する
  • プレミアアカウント 個人事業主向け
  • ビジネスアカウント 法人向け

 パーソナルの場合には、PayPalのアカウント同士で送金をする場合、手数料が無料で利用出来ます。プレミア、ビジネスの場合には有料になります。

PayPalを利用するメリット・評判が良い理由

 PayPalが人気となっている最大のポイントは、クレジットカード番号を相手に教えることなくお金のやりとりができる事です。

ショッピングサイトの運営では、カード決済システムを導入するコストが安い

 PayPalの利用者はとても多く、カード決済よりもPayPalを優先して使いたい希望者が多くいます。その最大の理由はネットショップでの安全性です。

海外のネット決済に利用すると安全性が高まる

 PayPalを個人で利用する最大のメリットは・・

POINT

海外ネットショップで安心して決済ができる事です

 買いたい商品が海外にしか売っていないとき、慣れない外国語のサイトではクレジットカードを使いたくないはずです。

 そんな時にPayPalで決済をすることで、面倒なクレジットカードのルールを調べなくて済みます。そして、もう一つのメリットは・・

クレジットカード番号、セキュリティコードを入力

 この手続きをやらなくても買い物ができます。

 外国語のサイトが公式サイトを真似したフィッシングサイトであった場合、おかしな点を見抜けない可能性があります。このトラブルを回避するためには、クレジットカードを使わない選択がベストです。

POINT

カード不正利用のトラブルを回避する

 クレジットカードを使わずに海外のサイトで支払いを完了できるので安全・安心です。この安全性がPayPal最大のメリットといえます。

銀行口座へ引き出しの手続きと手数料

 PayPalはアメリカドルで管理されていますが、随時日本円に聞き出した場合の金額も記載されています。いつでもPayPal残高を銀行口座に引き出す事が可能です。出金の手続きの際には、金額によって手数料が必要になります。

PayPal残高を登録した銀行口座に引き出し
引き出す金額手数料
49,999円以下250円
50,000円以下無料

 「銀行口座へ引き出し」の手続きが完了してから、3営業日から6営業日かかります。多くの場合2営業日では振り込まれますが、週末の休日を挟んだ場合には予想しにくいので、できるだけ早めに引き出し依頼をしておくべきです。

 引き出し銀行口座は事前に登録しておく必要があります。

POINT

登録する銀行口座は、登録者と同一名義
銀行コード支店コードを入力して手続き

 複数の銀行の登録が可能となるため、予定がない場合でもとりあえず手持ちの銀行口座を登録しておきます。

残高がないときはクレジットカード払いにする

 PayPalは自分のアカウントに保有しているお金を相手に送金する事ができます。この時、paypalは残高がなくても利用できます。

クレジットカードを登録すると足りない時は自動的にカード決済する

 PayPalのアカウントへ紐付けするクレジットカードを登録することで、PayPalでの取引きの不足分のお金をカード払いでカバーしてくれます。

主要な国際ブランドのカードをユーザー登録画面で登録

 VISA・Mastercard・JCBカード・アメックスなど、主要な国際ブランドのカードに対応しています。

POINT

ダイナースクラブカードはDiscover(ディスカバー)を選ぶと登録できる

 Discoverは、アメリカのカード会社です。PayPalユーザー登録画面にてDiscoverを選択するとDiners Clubカードを登録できます。

 残高が足りなければ、カードからお金が使用されて相手のメール(PayPalのアカウント)へ送金する事ができます。そして、相手から送金があった時にはPayPalの残高が増え、登録メールアドレスへ入金があったお知らせメールが届きます。

 自分のアカウントの残高のお金を 指定した銀行口座に振り込みすることもできます。自動的にクレジットカードが使われた時には、クレジットカードに付帯しているそれぞれのポイントがつきます。

購入者の保護システム:買い手保護制度がある

 クレジットカードを提供している企業は、買い物をしたときのトラブルに対応する「ショッピングプロテクション」のサービスを提供していますが、PayPalも同様なサービスがあります。

 ネットショップで商品を購入してPayPalにて支払います。その後・・

POINT

  • ショップで提示していた商品とは違う商品が届いた
  • いつまで待っても商品が届かない

 このようなショッピングのトラブルに遭遇した時に、180日以内にPayPalのサイトで手続きをすることによって、問題解決に向けての交渉をしてくれます。

 その後も問題が解決に至らないときには、PayPalから全額返金があります。

海外通販のショッピングに最適

 PayPalは、ネット経由でのあらゆる取引で利用できますが・・

買い手保護制度は商用の支払いがあったときに適用される

 このルールがあります。

 PayPalはとても便利なので、友人・家族間でのお金の送金に使うことも出来ますが、この時にトラブルがあっても「買い手保護制度」は適用されません。

 このような「買い手保護制度」があるので・・

POINT

海外のネットショップは PayPal決済できるお店のみ利用する

 このルールで安全対策をするネットユーザーが多くいます。

支払い履歴の確認をするように

 PayPalは世界中の人々が利用しているシステムであるため、ネットショップで手続きをした支払いの中で「身に覚えのない項目」がある時には、早めに指定してチェックしてもらう必要があります。

ログイン → 各お支払い → お支払い の項目を確認

 PayPalは、支払いが行われた際には、同時に登録しているメールアドレスに、支払った詳細が記載されたメールが届きます。このメールのチェックに加えて定期的に支払い履歴に目を通すようにします。

PayPalを利用するデメリット

 PayPalは、利用してみるとメリットの多いシステムですが、不安視する方もいます。問題の理由として挙げられるのは このあたりです。

  • フィッシングメールのターゲットとなる
  • パスワードの漏洩が気になる

 PayPalのシステムは、メールアドレスでお金のやりとりが可能となるシステムです。そのため、メールを利用して相手のパスワードを聞き出そうとするフィッシング詐欺のターゲットになる可能性があります。

 例えば、PayPalからのメールに見せかけて「パスワード再設定の手続き」のような・・

POINT

パスワードを盗み取るためのメールを送ってくる

 この問題に遭遇する可能性は少なからず高まります。悪意のある者にパスワードが知られてしまうと、PayPalの残高のお金を自由に送金されてしまいます。

 トラブルを回避するためにも、不審なメールを開封しないなどの「セキュリティの意識」を高めることが大事になります。

まとめ:paypalとは ペイパルの口コミ 安全な使い方|2019年版

 海外のネットショップで通販をするとき、安全なショップであるか分からないサイトではクレジットカードは使わず、PayPalで支払うようにします。

 以前は商売以外の送金も受け付けていましたが、現在は利用できないルールになっています。とても便利であるため再度対応してほしいという声が多くあります。

 以上、paypal 安全性|評判・使い道・危険性 ペイパルを安全に使うには?...についてでした。