ダイナース アメックス カード番号 桁数14・15桁を入力するには?

 高いステイタスと充実した付帯サービスが魅力の「アメリカンエキスプレス」・「ダイナースクラブ」のカードを所持していると、他のクレジットカードとの違いが気になることがあります。それは・・

POINT

カード番号の桁数が14桁・15桁である(一般のカードは16桁)

 数字がいくつ並んでいるかなんて どうでもいいように思えますが、困った場面に遭遇することがあります。それは、ネットショッピングでクレジットカード番号を入力するページに・・

桁数が16桁(4桁x4つ)の入力フォームがあるときです

 16桁の入力フォームが表示されると、アメックス・ダイナースのカードが使用できるのか(もしくはダメなのか)気になってしまいます。

 このような「カード番号 桁数が14桁・15桁のカード」を使用するルールを分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

桁数が14桁 15桁のクレジットカードとは

 カード番号の桁数は、発行される国際ブランドによって変わってきます。

国際ブランドとカード番号の桁数
国際ブランドカード番号の桁数番号の区切り
VISA16桁4-4-4-4
MasterCard16桁4-4-4-4
JCBカード16桁4-4-4-4
銀聯カード16桁4-4-4-4
アメリカンエキスプレス15桁4-6-5
ダイナースクラブ14桁4-6-4

 ネットサービスでクレジットカード情報を入力するときには、VISAやMasterCardの16桁の入力フォームを基準に作られていることがあるため、AmexやDinersのカードを使う時には、ちょっとしたコツがいります。

ネットショップで15桁、14桁を入力するとき

 ネット通販を利用する際にカード決済を選択すると、カード番号を入力する画面が出ます。そのカード番号入力欄が、このようになっていることがあります。

一般的なクレジットカード決済の入力フォーム(番号が全て3の場合)
3333333333333333

 4桁ごとに区切られており、全ての番号を入力すると合計16桁の数字を入力することができます。このスペースに、アメリカン・エキスプレスのカードは15桁、またはダイナースのカードでは14桁の数字を入力します。

クレジットカード番号入力フォームの注意書き

 ネットショップの注意書きを読んでみると、14桁、15桁となるクレジットカード番号を入力する方法が記載されているはずです。

  • 番号を左詰めで入力する
  • 16桁を想定して足りない部分に「0」を入力

 このような入力方法があります。実際にカード番号を入力するとこのようになります。

アメリカン・エキスプレスのカードの場合

 アメリカン・エキスプレスのカードの場合には15桁(4-6-5)で記載されているはずですが、その並びを無視してこのように入力します。まずは左詰めで入力して、最後に残った桁数を空欄にします。

アメリカン・エキスプレス決済の入力:その1(左へつめる:最後は空欄)
333333333333333 

 そしてもう一つは、16桁に足りない部分を「0」で埋める方法です。

アメリカン・エキスプレス決済の入力:その2(最初に「0」を入力する)
0333333333333333

 このようになります。次はダイナースクラブを利用する場合です。

ダイナースクラブのカードの場合

 ダイナースクラブのカード番号は14桁(4-6-4)となります。4桁、6桁、4桁の並びを無視してこのように入力します。まずは、左詰めで入力していき、最後に足りない桁数を空欄にしておく方法です。

ダイナースクラブ決済の入力:その1(左へつめる:最後の2文字は空欄)
33333333333333 

 そして、もう一つが16桁の数字から足りない桁に「0」を(2つ)入力する方法です。

ダイナースクラブ決済の入力:その2(最初に「00」を入力する)
0033333333333333

 このようになります。

 各ショップの決済システムによって数字が入力できるスペースも変わってきますが、多くの場合「左詰め」、「前方に0を入力」のどちらかで対応できるはずです。

桁数が合わない決済システムでエラーは出ない

 ネットショップの決済システムは、カード番号の入力トラブルの可能性を排除して100%エラーが出ないように「慎重なテストを繰り返して」から運用されます。そのため・・

「左詰め」「前方に0を入力」のどちらの方法でもエラーは出ない

 このようなシステムになっている可能性が高いはずです。

 4つの枠に分けずに一つの「大きな枠に全部のカード番号を入力」となるスタイルの決済画面では、「 – 」ハイフンのあり、なしの番号でも的確に処理します。

「AAAABBBBCCCCDDDD」→ OK
「AAAA-BBBB-CCCC-DDDD」→ OK

 最近では「 – (ハイフン)なしで入力してください( AAAABBBBCCCCDDDD )」とするシステムが増えています。

 カード決済システムは、14桁、15桁のカード番号が入力されると正しくAmexやDinersのカードだと判断できます。そして、ハイフンの「あり」、「なし」のどちらで入力しても正しく情報を読み取ります。

14桁、15桁、16桁の数字の位置で分かること

 クレジットカードの番号は、位置によって意味が違ってきます。国際ブランドによって利用している会員の情報となる「会員口座識別番号」の桁数が違うため、カード番号の桁数が変わってしまいます。

カード前半:数字から分かる事
12345678
発行者識別番号
カード後半:数字から分かる事
910111213141516
会員口座識別番号

 最初の6つの数字は「発行者識別番号」であり、どこのクレジット会社が発行しているカードであるか識別する数字です。イオンカード楽天カード、三井住友VISAカードなどが判別できます。その先頭(最も左)の数字で国際ブランドが分かります。

カード番号の先頭数字の意味
先頭ブランド例:他の番号は全て0とする
4VISA4000-0000-0000-0000
5MasterCard5000-0000-0000-0000
35JCB Card3500-0000-0000-0000
36Diners Club3600-000000-0000
34Amex3400-000000-00000
37Amex3700-000000-00000

 アメリカンエキスプレスは、「34」「37」のどちらも該当します。次は、7番目の数字以降についてです。

7番目の数字以降は「会員口座識別番号」

 7番目の数字から、最後1つの数字の手前までが「会員口座識別番号」です。国際ブランドによってこの桁数が変わるので、合計が14桁、15桁、16桁のカード番号となります。最後の1つの数字は、正しいカード番号を識別するチェックデジットです。

チェックデジットとは、カード番号の数字を足し算・引き算で求められる数字

 カード番号の位置ごとに「足し算、その答えを かけ算」などのルールで計算した結果の「数字1字」がチェックデジットとなります。つまり、カード番号が正しいのか(デタラメの数字を入力していないか)をチェックするための数字です。

まとめ:クレジットカード番号 14・15桁数の入力|2019年版

 楽天市場やAmazonベルーナ、Yahoo!ショッピングなどを利用するときには、会員ページでクレジットカード情報を事前に登録します。カード番号の入力フォームでは 「4桁x4つの入力枠」ではなく、14桁~16桁を(ハイフンを入れずに)1行の中へまとめて入力します。

 アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブのカード利用において、「左詰め」または「前方に0を入力」するタイプのネットショップは減少しています。そのため、今後はカード番号の桁数を意識することも減ってきそうです。

 以上、ダイナース アメックス カード番号 桁数14・15桁を入力するには?...についてでした。