自己破産した後でもnp後払いを利用できるのか

np後払い 自己破産をした(または申請中に)後払い使える?

 借金の返済が厳しくなってしまい、最終的に自己破産を決断する方がいます。すると、クレジットカードや後払いのローンの決済ができない状態になるため・・

すべて現金で払う生活になります

 自己破産をしたので仕方がないことではありますが、これまで便利に使っていた後払いショッピングができないのは不便です。なので、クレジットカードではなく・・

np後払いなら 自己破産のあと使える?

 コレが気になります。

 np後払いを自己破産した後に、または自己破産の申請中につかえるのか?について、分かりやすく見ていきます。

自己破産をすると後払い決済は使えなくなる?

自己破産をすると後払い決済は使えなくなる?

 まず自己破産で変わることですが・・

ブラックリストに載る

 これがあります。

 信用情報機関という「お金を貸す:信用チェック」のリストにNG(事故情報)が掲載することですが、このブラックリストの掲載でお金の融資に関する全てが制限されます。ブラックリストとnp後払いの関係はこちらにまとめています。

自己破産で借り入れ ローンは制限中のはずが・・

 自己破産の手続きを終えた状態なら、これらが制限されます。

自己破産で制限されること
自己破産で制限制限期間
キャッシング、クレジットカードの利用5年間
住宅ローンの融資を受ける10年間

 こんな状態であり、お金を借りる+ローン(商品を先に受け取り、お金は後で)関連のサービスは利用できなくなっています。しかし・・

np後払いの決済は利用できます

 こうなっているのはnp後払いの仕組みが関係していて、先に説明した自己破産の情報が掲載される信用情報機関をnp後払いでは利用していません(別の信用情報サービスの機関を利用しています)。

自己破産した後でもnp後払いが使える

 自己破産 = キャッシング、ローン不可、後払いルールは利用できず・・のはずが、np後払いのように事情によっては使えるサービスがあります。ただ・・

すべての自己破産の方が利用OK

 という事ではありません。

ブラックでも合法的に借金をする方法

 np後払いは、ネットショップが多く利用する信用情報サービスを参照しており、過去にネットショップに迷惑とされる行為をやっていた方の場合は、審査で弾かれます(利用不可となります)。

自己破産の申請中は利用しないこと

 自己破産の手続きを弁護士に依頼すると・・

手続き完了までの期間は 現金以外の決済は使わないように

 このように言われるはずです。

 これは、ローンや後払いを使ってしまうと、その後で払うべき金額も全部「自己破産の範囲」に入ってしまうからです。「もう払えません」と言って自己破産を決めたのに・・申請中にお金の立て替えが追加されると、おかしな事になります。

自己破産の申請中はnp後払いを使わない

 np後払い側では利用OKの状態なのですが、申請の作業をしている弁護士からは怒られることになります。

自己破産の経験アリの方にはnp後払いは貴重に

自己破産の経験のある方にはnp後払いは重宝される

 自己破産をすると信用情報機関へ記録されて、10年後になったら記録が消されるのは間違いありません。

 ただし、消費者金融やカードローンなどを取り扱う大手グループ企業では、自己破産などの異動情報をずっと記録していることがあります。例えば、キャッシングサービスの一つで免責(返済しない:チャラにする)があったら・・

グループで共有するリストに名前がずっと残ります

 お金を貸したら約束をしたハズなのに返済せずにチャラにされたのですから、警戒するのは当然です。そんなことから、10年が経過したら金融業界すべての記録が無くなる・・という事にはなりません。

 銀行などローン事業を運営する企業はお互いにつながっているので、初めて申請するローンの審査なのに過去の自己破産がマイナスに影響する可能性があります。そんなことから、少額ではありますが安心して後払いサービスが利用できる・・

np後払いは今後も重宝します

 期日までに支払いを心がけていれば、後払い決済をずっと利用できます。

参考になる記事:np後払い 自己破産をしても使えるのか

まとめ:自己破産の申請中にnp後払いを使う|2021年版

 自己破産を決めるとキャッシング、クレジットカードが制限されてしまいます。

 ですが、np後払いは自己破産の申請後、申請中でも利用することは可能です。ただし、自己破産の手続きの手間を増やしてしまうため、自己破産の申請中はnp後払いを利用せずに 現金でのみ支払いをするべきです。

タイトルとURLをコピーしました