新聞配達の仕事でお金を確保するためには

administration

少ない給料では、いつまでもお金の不安を抱えたままとなってしまうため、これを解消する為に新たな仕事を探す必要があります。

転職をすることで対策する事も可能ですが、現状勤めている企業よりも多くの報酬を得るキャリアアップとなるかどうかがポイントであり、自分のスキルや向上心に自信がない場合は、どうにか現状の生活を維持しながら更に収入を増やす必要があります。

お金を確保する為に困った問題が一つあります。それは、簡単にバイトができない仕事があることです。特に新聞配達などの仕事を掛け持ちすることができれば、通常の企業の出社時間にも間に合うので非常に便利ですが、なかなかうまく仕事に就けない場合があります。

新聞配達を仕事はどのような形態なのか

新聞配達員とは、誰もが知っている新聞を自宅に宅配する仕事であり、子供からお年寄りまで誰でも仕事ができる非常に便利なバイトとなります。

    新聞配達になる為の条件

  • 年齢制限は特に設けていない
  • 学歴や資格などの特別なスキルは必要無い

誰でもすぐに仕事を始めることができるのが新聞配達の良いところです。ここで気になってくるのは、昔は子供が新聞配達をして貧乏生活を支えるスタイルがありましたが、現在においては子供が新聞配達をしている姿を見ることが無くなりました。

子供に新聞配達をさせることは違法になるのか?

一般的には子供に仕事をさせることは禁止されています。これは、労働基準法に15歳に達した3月末日まで労働をさせてはいけないという内容が書かれています。つまり、最低でも16最上にならないとアルバイトはできないという条件が設定されています。

しかし、新聞配達に関しては

児童の健康及び福祉に有害でなく、かつ、その労働が軽易なものについては、行政官庁の許可を受けて、満13歳以上の児童をその者の修学時間外に使用することができる。

出典:厚生労働省 労働法

との規定があり、分かりやすく説明していくと、一般的なアルバイトは16歳以上という条件があり、軽微な仕事は13歳以上(つまり中学生)の労働が可能であるとなっています。

軽微な仕事とは、新聞配達の仕事以外に、映画やドラマなどの子役として働く仕事が該当します。新聞配達は小学生は不可となっていますが、特別な許可を取ればドラマなどに小学生が出演するのは可能となります。

新聞配達の仕事は二種類のスタイルがある

指定された新聞を宅配するだけの新聞配達の仕事ですが、給料を決める仕事のスタイルが二つあります

  • 時給制
  • 部数制

この二つになりますが、時給制は最近の新聞配達のスタイルであり、決められた範囲の中で、制限時間までずっと新聞を配り続けるというスタイルです。一方で部数制は、昔から多くの新聞配達所で取り入れられている基本的なスタイルとなります。

部数が限られていて、配達する家が決まっているのです。そのため、慣れてくるとかなりスムーズに配達を終える事が可能になります。その分だけ、1部の単価が低く設定されている場合が多くあります。

効率の良い仕事なのか?

新聞配達でお金を確保していくためには、継続する事が大事になります。配達する家を覚えてひたすら体力勝負になるので、最初の一ヶ月は間違えないように神経を集中しながら、慣れない多くの新聞を持って歩くのでかなりの疲れる仕事となります。

しかし、これが慣れてくるとストレスも全く感じずにパパッと仕事を得ることが出来るので、割に合う仕事である可能性があります。給料は受け持つ部数によって変わってきますが以下のような状態が一般的です。

    一般的な200部程度を配達するとき

  • 朝刊のみ 7万円程度
  • 夕刊のみ 5万円程度
  • 朝刊と夕刊を両方やるとき 12万円程度

年収で計算すると140万円程度となりますが、これも熟練度によります。燃費の良いばいくを使って多くの部数を受け持つ人になると、年収が300万円程度にもなります。そのため新聞配達だけで生計を立てる事も可能となります。

バイクを所有している方が良い

新聞配達の仕事をするときには、歩いて新聞受けに入れていく必要があるのですが、多くの新聞を抱えたまま歩き続けるのは苦痛になる為、自転車やバイクを利用する方が効率的となります。

自転車で新聞配達をする人もいますが、大量の新聞を積載して走るとかなり不安定になり、特に上り坂はかなりの苦痛となります。そのため、新聞配達を初めてある程度落ちついた頃にはバイクの取得を勧められる場合が多いのです。

新聞配達の仕事は週に1回程度が休みとなります。営業所によっては休肝日以外に休みを入れることを認めていないところもあるので、仕事を始める前に休日の設定をチェックする事は非常に重要です。

まとめ:新聞配達の仕事

少しばかりのお金を確保する為に新聞配達を始めるのは悪くない選択です。早朝に早起きをして仕事をするので健康維持のためにも優良な対策になります。ただ、通常の会社勤めと併用する場合には、睡眠不足や披露の蓄積などの影響も考える必要があります。

特に、新聞配達の仕事がキツいのは雨の日です。豪雨になった場合でも配達を雨天中止にすることは無理な事なので、どんなに厳しい状況においても配達しなければいけない厳しいルールがあります。

当然のように大雨や台風の日に新聞を配達しても、給料はいつもと同じ条件となります。また、体調不良であったり、お酒を飲んだ翌朝などは相当にキツい仕事となります。その生活サイクルのバランス調整と、給料の金額をよく考えることが大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加