ネットスーパー比較 2019|送料無料 イオン 配送料値上げ 高い

 「ネットスーパー」がさらに便利になり 注目されるようになってきました。自宅にいながら商品の注文・受取ができるので、このような方に好都合です。

POINT

  • 子育てに奮闘している主婦
  • 仕事が忙しいので夜に配達希望
  • 足腰に問題のある高齢者
  • 外出そのものが嫌いなニート

 予定した時間に自宅で商品を手にできるので「買い物」の常識が大きく変わります。ここでは、ネットスーパーにまつわる・・

  • 配送料 手数料が安いネットスーパーとは
  • イオン含む 配送料値上げの傾向に
  • 送料無料となるサービスを比較する

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ネットスーパーとは

 ネットスーパーの概要の前に、送料や手数料のランキングを知りたい方は、「11章:2019 送料無料・手数料が安いランキング」へ移動してください。

 Amazonや楽天市場などの一般的なネットショップでは、野菜や魚のような生鮮食品を提供することが困難でした。しかし、近隣のスーパーから商品が届けられるサービスである・・

POINT

ネットスーパーなら、刺身、卵、牛乳、レタスも買える

 ネットスーパーは、牛乳や卵、魚介類に野菜など、生鮮食料品や冷凍食品なども含めて「スーパーで扱っている全ての商品」を、自宅にいながら注文することができます。

午前中の注文なら当日配送ができる

 ネットスーパーは、注文の依頼を受けると、希望の時間に合わせて箱詰めしてすぐに配送します。

POINT

ネットスーパーは(時間によっては)当日配送してくれる

 午前中の段階で注文を終えておけば、夕食を作り始める時間までに、商品を届けてもらうことができます。

品切れの際には代用品を配達してくれる

 ネットスーパーのシステムは、実店舗の品揃えを反映していますが、野菜や日配品などは その都度在庫数が変化するため、注文した商品が品切れになっていることがあります。そのような時は、代用品を配送します。

品切れの際には類似の商品を届けてくれる

 類似商品の価格が高いなどの理由で気に入らない時は、買わない選択もできます。

 野菜については、ネットで現物の写真を見ることができません。当日にに販売している野菜のサイズ・色・鮮度をチェックして細かく指定できないので、ある程度の範囲は許容する必要があります。

ネットスーパーのメリット

 ネットスーパーは生鮮食品などの宅配サービスとして古くから提供している企業もあったのですが、なかなか人気のサービスとして利用者が増えてきませんでした。

 現在は サービス内容が更に充実して、多くのニーズに対応できるようになりました。ネットスーパーのメリットは、このようになります。

POINT

  • 自宅にいながらネットで24時間好きな商品を注文できる
  • 大手スーパーの価格と遜色ない値段で購入できる
  • 売り出し期間中の特売品も事前に予約注文できる
  • 食料品だけでなく、ペット用品や園芸用品なども注文可能
  • 注文のキャンセルや、再配達の指定なども柔軟に対応する

 最も好評を得ているのは、少ない送料で宅配してくれることです。

 飲料水やお酒類・お米・缶詰類など、買い出しに出て荷物を持ち帰る手間を考えると、玄関口まで宅配してくれるサービスはとても助かります。

食品宅配サービスとの違い

出典:Oisix

 近年は、無農薬野菜など産地に拘った優良な食材を宅配してくれる「食品宅配サービス」が人気です。ネットスーパーも これらのショップと似た営業スタイルですがが、両者の違いはこのようになります。

 まずはネットスーパーです。

POINT

  • 近くの実店舗で営業している
  • 品揃えがスーパーと同じく豊富である
  • 地域密着型の品揃えとサービス

 次は食品宅配サービスです

POINT

  • ネット運営のみ(実店舗での営業はしていない)
  • 付加価値の高い食料品の提供
  • 定期販売のルールとなるため 数日中の変更に対応できない

 「食品宅配サービス」では野菜の産地に拘ったり、より栄養価の高い緑黄色野菜を定期購入できるなどのサービスが人気です(大地宅配Oisixらでぃっしゅぼーや)など。

 コスト面で比較をすると、商品の単価、送料などの手数料を含めてもネットスーパーが安くなります。しかし、値段が高くなっても・・

  • 野菜、魚の産地にこだわる
  • 無農薬野菜だけで食事を作りたい

 このような質の高い「こだわりの食材」を求めたい方は、「食品宅配サービス」が提供する食品に魅力を感じるはずです。

宅配のみを取り扱うネットスーパーもある

 ネットスーパーとは、実店舗のスーパーに置いている商品をネット経由で注文でき宅配できるサービスですが、最近では実店舗を運営していないネットスーパーのみを専業とする業者も出てきています。

配送センターから商品を宅配するネットスーパーがある

 実店舗を持たないネットスーパーのメリットは、店頭販売をしていないので全ての商品が倉庫管理されている事です。そのため、店頭と併売しているスーパーのように売れ行きによって「品切れに」となることはありません。

生協タイプのネットスーパー

 生協では、団地の駐車場や、個人宅の玄関先まで定期的に商品の配達をしてくれます。定期販売の手続きをするためには、生協に加入する必要があります。

生協に加入することで、必要な商品を毎週定期的に届けてくれる

 生協では、提供元が分かっているデイリー食品や野菜などを、指定した量で購入できるので便利です。生協でしか販売していない価値の高い食品もあるため、他のネットスーパーに比べて十分な価値があります。

食事のレシピによって食材を宅配してくれる

 ネットスーパーで商品を注文するときには、肉や野菜なども写真や産地の表示を参考に決めますが、この食材選びを自動でやってくれるサービスがあります。

POINT

夕食の献立レシピを選び必要な食材を宅配する

 主婦をしながらパートへ出ている人にとっては、とてもありがたいサービスとなります。

 ただし、旬な時期ではない魚や、希少価値のある高めの野菜などがレシピに記載されていると、これらの食材をまとめて購入するので 予定よりも高い食材調達になることもあります。

ネットスーパーは早さを優先する

 ネットスーパーの強みは、ネットで商品を注文すると近隣のスーパーの店舗から商品が発送されることです。つまり、注文を受けてから商品が到着するまでのタイムラグが非常に少なくなります。

 お店によっては 早めの時間(午前中など)に注文をしておけば、当日配送が可能です。この即日対応のサービスは、一般のネットショップでは困難となります。

商品到着の早さを求めるならネットスーパーが良い

 もう一つは、中高年の一人暮らしなど 車で買い出しに行くことが難しい家庭では、玄関まで「お米」「水」「ドリンク」などの重い荷物を配達してくれるネットスーパーが非常に助かるはずです。

比較:2019 送料無料・手数料が安いランキング

 2018年現在の主要なネットスーパーの通常の送料、そして、送料無料になる合計金額、その他、代引きを依頼する際の手数料についてランキング形式でまとめています。

 代引き手数料は無料・または108円のどちらかであり、それほど違いはないのですが、「お買い上げの合計金額」によって変動する送料は各ネットスーパーで設定金額が違ってきます。

2018 送料無料・手数料が安いランキング
名前送料1回(税込み)送料無料の金額代引き手数料
イズミヤ楽楽マーケット108円3,000円以上0円
マルエツネットスーパー216円1,800円以上108円
イトーヨーカドーネットスーパー324円5,000円以上0円
ライフネットスーパー432円※5,500円※0円
イオンネットスーパー324円5,000円以上108円
アピタネットスーパー324円3,000円以上0円
西友ネットスーパー324円5,000円以上0円

 ネットスーパーの認知度が高まるまでは「送料無料キャンペーン」などを行いますが、通常営業に移行すると「買い物合計が5,000円以上で無料」「5,000円未満は324円」で横並びになります。

 そんな中で、「イズミヤ楽楽マーケット」「マルエツネットスーパー」は送料をワンランク安く設定しています。※「ライフネットスーパー」は送料の規定が他と異なります。下で解説します。

イズミヤ楽楽マーケットは送料がお得

イズミヤ楽楽マーケットでは、お買い物合計額が3,000円未満であれば、送料は「216円(税込み)」、3,000円以上の購入では、「108円(税込み)」となります。

 その他、月会費324円の支払いで・・

月間使い放題会員となります

 多くのネットスーパーが「5,000円以上の利用で324円」とする中で、非常にリーズナブルな配送料で利用できます。

マルエツネットスーパーは1,800円以上で無料

 ネットスーパーで送料を無料にするには、最低でも5,000円前後の商品を購入する必要があります。これが、ネックであると感じるなら「マルエツネットスーパー」を利用してみるべきです。

POINT

1,800円以上の商品購入で送料が無料に

 大手のネットスーパーと比較しても半額以下のお買い上げでも送料無料にできるので、非常にお得です。

ライフネットスーパーは送料無料チケットがお得

 「ライフネットスーパー」では、通常の配送料金はこのように設定しています。

ライフネットスーパーの配送料金
お買い上げ価格配達料
税込み5,940円未満432円(税込み)
税込み5,940円以上216円(税込み)

 他のネットスーパーと比較すると多少高い配送料金を設定しています。しかし、「使い放題チケット」を買えば1500円から送料無料にすることができます。現在売っている「送料無料チケット」はこの3種類です。

期間で選べる「使い放題チケット」
使い放題期間価格(税込み)
30日700円
90日1,800円
180日2,980円

 この「使い放題チケット」は、期間限定で日数が10日サービスされることがあります。例えば・・

30日+10日 = 「40日使い放題チケット」:700円(税込み)

 このように、価格据え置きで10日間適用される期間が延びます。180日のチケットに+30日がサービスとなることもあります。

アイワイネット:イトーヨーカドーのネットスーパー

 商品数の品揃えや対応する店舗の数が非常に多いため、ネットスーパーと言えば「アイワイネット」のことを連想する人が多いはずです。実店舗と同様な価格で購入できる事からネットスーパーのメリットを最大限に利用できます。

POINT

3万点の品揃えの中から選べるネットスーパーの定番

 無料会員登録をするだけですぐに利用できます。配達時間は午前11時から午後9時までとなっており、およそ夕方4時頃までに注文した商品は、当日に配送してくれるはずです。

 ネットスーパーの選択の大きなポイントとなる配送料はこのようになります。

POINT

  • 配送料金は一律315円
  • 税込み5,000円以上で送料無料なし

 2018年の3月前半までは、送料無料となるキャンペーンが続いていましたが、3月後半には終了して、5,000円未満の買い物では、一律315円の送料がかかります。

 イトーヨーカドーやセブン-イレブンで買い物をする際に5%オフの特典があるクレジットカード:セブンカードプラスは、実店舗のみの特典となり、ネットスーパー「アイワイネット」では、5%割引の対象外となります。

子育て期間中には配送料金が安くなる

 アイワイネット:イトーヨーカドーのネットスーパーでは、「子育て応援キャンペーン」を実施しています。その内容は・・

交付から4年以内の母子手帳を見せると4年間送料が税込み100円です

 小さな子供を見ながらだとスーパーまで買い物に出かけるのも不安があります。100円の配送手数料だけで玄関口まで商品を届けてくれるのであれば、十分にメリットがあります。

 手続きは届けに来てくれたスタッフに母子手帳を見せて、いくつかの書類を記入するだけです。4年間は有効となるので、子供の手を引いて出かける時期までネットスーパーを安く利用できるます。

魚を注文する時にメリットがある

 アイワイネットには、あまり知られていない独自サービスがあります。それが、お魚を捌いてくれるサービスです。例えば・・

POINT

  • アジは三枚下ろしで
  • ブリは煮込み料理用にぶつ切りで

 このような調理で使いたいサイズに捌いた状態で届けてもらう事ができます。このサービスが無料で含まれているので、一律315円の送料であっても魅力は十分です。

イオンネットスーパーでWAON POINTを獲得

 イオンネットスーパーは、イオンの実店舗で販売している商品をネットから購入できるネットスーパーであり、システムの使い勝手や商品の安さなど、利用しやすいサービスであるため 利用者が多くいます。

 以前はダイエーネットスーパーがありましたが、2015年8月31日にダイエーの店舗がイオンへ吸収合併となったため、ダイエーネットスーパーのサービスは終了となりました。

  • 3万点以上の品揃え
  • 会員に入る入会金、年会費は無料
  • 送料は5,000円未満は315円。5,000円以上の購入で送料無料
  • チラシで提供される特売商品とネットスーパーの価格が同じ
  • 配送時間を細かく指定することができる
  • 商品購入によりWAON POINTを獲得
  • PB(プライベートブランド)商品の購入が可能

 イオンを利用するメリットはトップバリューというプライベートブランドす。特売日だけ安く提供する特価品と違い、毎日安い価格で購入できるため、満足できる商品を見つけていけば家計が楽になります。

 そして特に好評なのが、配達時間が細かく指定できるどころです。

イオンネットスーパーの配達時間
配送日時締め切り時間
10:00~12:0018:00
12:00~14:009:00
14:00~16:0011:00
16:00~18:0013:00
18:00~20:0015:00

 このように、締め切り時間が決まっており、その時間内で購入の決定をしておけば、指定した時間内に届けてくれます。

まとめ:送料無料 値上げ イオン 手数料比較|2019年版

 SEIYUドットコムや楽天ネットスーパーなど、ネットスーパーの選択肢は多いので、ちょっとしたサービスの違いや届けてくれるサービスに注目が集まります。

 実店舗で買い物をすると「レジ袋 有料化」を気にしてマイバッグの準備をする必要があります。レジ袋はたったの3円ほどですが気遣いが疲れます。また、必要なガソリン代のコストも考慮すると、やはりネットスーパーが優れています。

 以上、ネットスーパー比較 2019|送料無料 イオン 配送料値上げ 高い...についてでした。