金銭感覚のない嫁・夫とは離婚?合わない夫婦・おかしい違い

 結婚前に付き合っている時期には、二人で楽しい思い出を作ることも多かったはずです。明日は早くから仕事があるのに、夜遅くからタクシーでわざわざ会いに来てくれたり、記念になる日にいつも花束を用意したり、ブランドの財布なども・・。

 これらを「自分への思いが強いので常に優先してくれる」と感動して結婚を決めたはずです。ですが、結婚して何年も経過すると、同じような行動をしていると離婚の理由になりかねません。

 「たった2時間お茶するために3,000円もタクシー代に使ったの?」、「花なんて1週間でゴミなのに」、「ブランドがついてるだけで1万5,000円も出したの?」・・このような金銭感覚の違い「お金の考え方がおかしい」不満につながっていきます。

嫁・夫への金銭感覚の不満とは?

 嫁の金銭感覚がおかしい・・、または夫の金銭感覚についていけないという女性は多くいます。金銭感覚を直していく(夫婦間のお金の価値観を調整する)ためには、周りの人達と比べて「本当に異常なのか」を見ていく必要がありそうです。

男性・女性の平均的な金銭感覚をチェックする事から

 結婚後は「嫁が給与を管理している」という夫婦や、「通帳は未だに別にしている」という夫婦でも、趣味に使えるお金は何故か確保できたりします。何かを買った後で、「そんなにお金どこにあったの?」ということになります。

夫の金銭感覚が狂っていると思える事

 まずは、「旦那が趣味にお金を使いすぎている」という不満です。

  • 週に1回以上は部下へおごりで飲みに出かける
  • 収入が安定していない生活なのに外車とバイクにお金をつぎ込む
  • アイドルのライブがあると他県に泊まり込みで出かける
  • ゴルフのスコアが伸びるまでグッズを買い続ける
  • いつも頭の中は競馬のことだけ。新聞・テレビも全て競馬

 特に問題なのは、パチンコやスロット、競馬に競艇などをギャンブル系にハマってしまう事です。毎月の生活費+将来のマイホーム資金や、子供の進学のお金がキープできているか気になるところです。

 しかし、負け続けて熱くなってしまい「生活費で馬券を購入して、負けた分を取り戻す!」と考え始めると、離婚の危機が迫ってきます。

嫁の金遣いが気になること

 次は「嫁の金銭感覚がおかしい」と考えてしまう不満です。

  • 美容院に毎月5万円ほどつぎ込んでいるが何も変わらない
  • フィットネス・ネイルエステに何軒も通っている
  • 家にあるバッグと変わらないものを10万円で購入した

 女性のヘアケア商品、スキンケア商品、化粧品などは高額商品が多いため、おかしくない金銭感覚で商品を買っているにもかかわらず、夫から見ると無駄遣いしていると見えるはずです。

お金のかかる趣味は収入と相談してから

 給料が少ない若い頃は、財布に見合う範囲で楽しんでいたはずですが、本当に楽しい趣味が見つかると「大金をつぎ込んでも先が見えない」泥沼状態になります。

購入したワインセラーへ絶品のワインを収集する
Jリーグチームのサポーターは毎月 他県へ遠征
美食家は、現地の本場の味だけを追いかける

 これらの趣味は、夫婦やカップルで楽しめる範囲であるため、二人で追求していけば離婚の問題だけはクリアできます。ただ、お金をつぎ込む趣味に二人で夢中になりすぎると、借金生活になってしまう可能性があります。

金銭感覚がおかしいと感じるシーン

 友人と一緒に買い物に出かけたりすることがあるはずです。その時に「この人とは金銭感覚が合わない」と思う場面が多々あるはずです。

  • ユニクロ・GU・しまむらの服はダサいのでブティックを回る
  • マックで「バリューセット」ではなく、単品をいくつも注文
  • ドラッグストアよりデパートの方が落ちついて買い物できる
  • 「安くてラッキー」より「コンビニは近くて便利」と感じる
  • バーゲンで大量に買ったら重すぎるので タクシーで帰る

 一緒に食事をするときは、会計をまとめて請求されて、あとで割り勘にすることもあるはずです。その時に、「これは注文しなくても良かったのでは?」のように感じることがあるはずです。

 5~6人で出かける時なら、誰かが金銭感覚がズレている人を「ツッコむ」はずなので、一般的な常識よりも「おかしい状態なのか」ある程度は指摘できるはずです。これを二人の時にもできれば、本当の親友になれるかもしれません。

スーパーで見切り品を購入できるか?

 無駄遣いをできるだけ減らす為には、毎日食べるものを自宅で自炊することが基本です。そして、食材を買って作るよりも手間をかけずに安くゲットできる方法が、スーパーでお惣菜の見切り品を購入する方法です。

昼間に500円の弁当が、夜間には300円になってお買い得

このように感じるか、それよりも

古い弁当に300円より、吉野家 牛丼並盛り380円をテイクアウト

 この場合、作りたての食事で美味しさの詰まった「牛丼並盛」がお得のように感じますが、牛丼屋は昼間も営業してるので、「作りたて500円の弁当」が売られている時間も「牛丼並盛り」は380円です。つまり、更に牛丼がお得に見えます。

 この考えでいくと、スーパーでお弁当をいつまでも買えない状態になります。無駄遣いをしないように金銭感覚を徹底すると、ケチな買い方ばかりとなります。「楽しさ」も含めてお金を使うことも必要となってくるはずです。

親の金銭感覚が子供に伝わる

 現在は、好きなときだけ働くフリーターがいたり、働かずにニートになる人もいます。これは、幼少期から働く事に慣れていないことが関係しており、「働かなくても生きていける」、「必要なものはお願いして買ってもえばいい」という感覚が影響しています。

 親の家業を手伝ったり、家事をしなければ生活できない環境で育った子供は、「言われなくても仕事のやり方が分かる」「お金を節約しないと物が変えない」ことが脳裏に刻み込まれているので、大人になって金銭感覚がおかしくなることはありません。

  • 金銭感覚かおかしいのは育った環境が影響している

 「大富豪で育った子供が、親の企業の金を何億円も使い込んで捕まった」というニュースがありました。東大を卒業するほどIQが高くても、金銭感覚だけは一般の人と同じような「抑え」がきかなかったということです。

 そして、1代で有名企業を作り上げた社長には、庶民と同様なアパート暮らし、電車通勤をしている方もいます。贅沢をすることが悪ではありませんが、無駄な物にお金を使わない金銭感覚が企業を成長させ、有能なスタッフが集まったことは違いなさそうです。

まとめ:金銭感覚の合わない夫婦は離婚? 違い

 カップルや夫婦などで物事の価値観が合わないと、「破綻」「離婚」の原因となります。「金銭感覚の合う人」が結婚生活を続けるポイントであると考えるなら、合わない部分を早めに発見して「意見を言い合う」べきかもしれません。

 金銭感覚は幼い頃の経験が関係しているので、修正していくには長い日数が必要となってしまいます。それでも彼氏や彼女とうまく付き合っていきたいなら、遠慮なく指摘するべきです。

Posted by mon