金銭感覚が合わない嫁・旦那とは離婚?夫婦 おかしい価値観

 結婚をする前には、二人でいるだけで楽しくなる時間があったはずです。明日は仕事が早いのに 夜遅くからタクシーでわざわざ会いに来てくれたり、記念日には花束をもらって、ブランドの財布なども・・。

 「自分のためにそこまでやってくれる・・」と感動して結婚を決めたはずです。ですが、結婚した後にも、同じことをしていると離婚の理由になりかねません。

  • たった2時間お茶するために3,000円もタクシー代に使ったの?
  • 花なんて1週間でゴミなのに
  • ブランドマークがついてるだけの商品に5万円も出したの?

 夫婦のイベントにお金を使う事が「気まずい」ようになってくると、このような金銭感覚が、だんだんと趣味に向けられます。

性格の不一致とはお金の使い方で分かる

 離婚原因の1位にくるのは、男性・女性ともに・・

性格の不一致

 となっています。「性格」とは意味が広いので、実際に「何が気に入らないのか」を見ていくと・・

POINT

  • 興味があるものが違ってきた
  • 重要なものに対する価値観が違う
  • どうしても我慢できない習慣を直さない
  • そもそもパートナーを尊敬していない

 会話の中身:意見が食い違う程度なら まだ納得することができますが、完全に間違っていると感じるのは、お金を使う時であるはずです。

POINT

  • 家計が苦しいのに趣味にお金をつぎ込む
  • 借金をして 買いたいという考え方
  • 将来の貯金のことを考えていない

 性格の不一致がハッキリと分かる出来事にはお金が絡んでいるはずです。大事なお金を自分の好き勝手に使うようになると・・「熱中するもの(お金を使いたいもの)が違う = 性格の不一致」となります。

夫の金銭感覚が狂っていると思える事

 まずは、「旦那が趣味にお金を使いすぎている」という不満です。

POINT

  • 週に1回以上は部下へおごりで飲みに出かける
  • 収入が安定していない生活なのに外車とバイクにお金をつぎ込む
  • アイドルのライブがあると他県に泊まり込みで出かける
  • ゴルフのスコアが伸びるまでグッズを買い続ける
  • いつも頭の中は競馬のことだけ。新聞・テレビも全て競馬

 特に問題なのは、パチンコやスロット、競馬に競艇などをギャンブル系にハマってしまう事です。毎月の生活費+将来のマイホーム資金や、子供の進学のお金がキープできているか気になるところです。

金銭感覚の違い: ギャンブル > 子供の教育費

 ギャンブルに負け続けて熱くなってしまうと、「生活費で馬券を買って、負けた分を取り戻す!」と考えるようになり、ここから先は修羅場+離婚の危機が迫ってきます。

嫁の金遣いが気になること

 次は「嫁の金銭感覚がおかしい」と言われるところを見ていきます。

  • 美容院に毎月5万円ほどつぎ込んでいるが何も変わらない
  • フィットネス・ネイルエステに何軒も通っている
  • 家にあるバッグと変わらないものを10万円で購入した

 女性のヘアケア商品、スキンケア商品、化粧品などは高額商品が多いため、おかしくない金銭感覚で商品を買っているにもかかわらず、夫から見ると無駄遣いしていると見えるはずです。

 男性がお金を使う外車・バイク・ギャンブルと比べると、女性が購入するブランドバッグは、さほど高額でなかったとしても・・

POINT

自宅に似たようなバッグがあるのに買っている

 という印象から「無駄遣い」と認識されます。ファッションアイテムにつぎ込むお金は、年間10万円からは贅沢なのか、または50万円なのか・・など、ボーダーラインを決めないと何を買っても「嫁の金銭感覚がおかしい」と見えます。

お金のかかる趣味にはまってしまう

 財布に見合う範囲で楽しんでいたはずの趣味だったのが、熱中度が高まるにつれて「大金をつぎ込んでも先が見えない」泥沼状態になります。

POINT

  • 購入したワインセラーへ絶品のワインを収集する
  • Jリーグチームのサポーターは毎月 他県へ遠征
  • 美食家は、現地の本場の味だけを追いかける

 これらの趣味は、夫婦やカップルで熱中できることですが、なかなか「夫婦で同じ趣味」とはならないことが多いので困りものです。

 どちらかが相手を理解するために 趣味を合わせる努力をしていくと、「お金の使い方」を相談して決めるようになるかもしれません。本当に今買った方がいい物だけ買うようにコントロールできれば「金銭感覚」の疑問は改善されるはずです。

金銭感覚がおかしいと感じるシーン

 友人と一緒に買い物に出かけたりすることがあるはずです。その時に「この人とは金銭感覚が合わない」と思う場面が多々あるはずです。

POINT

  • ユニクロ・GU・しまむらの服はダサいのでブティックを回る
  • マックで「バリューセット」ではなく、単品をいくつも注文
  • コンビニで値段を見ないでポンポン とカゴに入れる
  • バーゲンで大量に買ったら重すぎるので タクシーで帰る

 一緒に食事をするときは、会計をまとめて請求されて、あとで割り勘にすることもあるはずです。その時に、「これは注文しなくても良かったのでは?」のように感じることがあるはずです。

 3人以上のグループのときには 誰かが金銭感覚がズレている人を「ツッコむ」はずなので、常識外れな行動を指摘できるはずです。これを二人の時にもできれば、本当の親友になれるかもしれません。

スーパーで見切り品を買う感覚

 生活のお金をできるだけキープしておきたいので、スーパーで「半額」シールが貼られている見切り品を買うことがあるはずです。

 この「半額」シールが恥ずかしい、またはプライドが許さないとして、お金がなくても絶対に手にしない人がいます。お金の節約よりも、見た目や気分が優先してしまう「見栄っ張り」の性格が影響しています。

昼間に500円の弁当が、夜間には250円になってお買い得

 一般的にはこのように考えられる見切り品を見ても

POINT

古い弁当に250円より、吉野家 牛丼並盛り380円をテイクアウト

 を選びます。吉野家は夜間も営業しているため「牛丼 並盛り380円」は通常価格です。

 作りたての食事を購入できるので賢いともいえますが、半額の商品が目の前にあっても「通常価格」を選ぶ感覚は、夫婦で意見が割れることがあります。

金銭感覚がズレてしまった要因とは?

 なかなか働きに出ない人がいます。つまり、ニートのような生活を基本としている人です。このような人は、お金対するハングリー精神がなく、「お金をゲットしなくてもどうにかなる」と考えています。

 このような金銭感覚は・・

POINT

  • 幼少期に裕福な家庭で暮らしていた
  • 必要なものは親が買ってあげていた
  • 生きるために働く必要性を教えられていない

 などが影響しています。

 働くことや責任を教える父親が無関心であり、逆に母親が何でもやってあげる家庭で育つと、お金を確保して自立するハングリー精神が成長せずにお金に無関心となってしまい、周りの人達と「金銭感覚がズレ」てしまうことがあります。

やっぱり好きな物は買いたい

 お金に対するハングリー精神がないままに大人になると、いずれ結婚します。すると、そこから問題が発覚します。

 結婚すると、二人でお金を稼いで「家」と「子供を育てる資金」を確保していく生活になります。目標ははっきりしているのですが、その資金を確保するよりも・・

POINT

自分の楽しみにお金を費やすことを優先

 してしまいます。数年前に話題になったニュースで・・

大富豪の子供が、親の会社のお金を数億円使い込んで捕まる

 という事件がありました。東大を卒業した学歴のあるIQの高い子供であっても、金銭感覚の違いを自分で自覚できなかったということです。

金銭感覚を直すために対策とは

 こここまで見てきて分かるのは、金銭感覚を正常な状態に直していくのはそう簡単なことではないということです。

 人それぞれに性格があるように、金銭感覚についても幼少期に体が覚えた感覚なのです。そのため、大人になってからガラッと金銭感覚が切り替わるというのは難しいことです。ただ、改善させるためにできることはあります。

POINT

毎月の使えるお金を限定する(お小遣い制に)
家計の数字を全て見せる
部屋の掃除・整理整頓・規則正しい生活を

 このような対策をすることによって、改善の見通しがありますが、このルールに従うかどうかは自分の金銭感覚のズレを認識できているかによります。

趣味のお金は自由に:限度額を決める

 お金の使いすぎが問題となるので、お小遣いとして使えるお金の限度を決めてしまいます。必ず反発するはずですが、離婚の危機である状況をしっかりと説明すると理解してもらえるはずです。

POINT

  • 毎月の限度額を設定
  • 1週間分のお小遣いを設定
  • 一日分の財布のお金を決める

 このような毎月(あるいは毎日)のルールを設定することによって、使えるお金の限度額を体に覚えさせます。

家計の数字を理解してもらう事

 何も隠す事はなく、全ての数字を教えます。

  • 賃貸料(または家のローン)
  • 水道光熱費
  • 子供の学費
  • 食事にかかる費用
  • その他の娯楽などに使っているお金

 入ってくるお金と、出ていくお金の金額の差を理解してもらうことで「娯楽:好きな事に使ってもよいお金の上限額」を認識出来ます。子供が大きくなるにつれて、「塾」「学費」「車の費用」などに備えるお金が必要です。

 この金額をシミュレーションするサイト「銀行協会 ライフプランシュミレーション」などで、実際の数字を入力して、グラフで見ることができます。今のお金・将来のお金を予想する事で貯金の必要性が分かります。

部屋の掃除や規則正し生活が有効

 金銭感覚のズレを改善していく方法として、生活習慣を規則正しく調整していく方法があります。体調が良くなると、ストレスが原因でお金を使いすぎる金銭感覚が落ちついてきます。特に・・

早寝早起きの習慣

 を定着させていくことにより、趣味が健康志向になってきて、お金を使い込むような趣味の熱中度が減少していく可能性があります。

 内臓の疾患(脂肪肝・肝硬変などの病気)で入院して医師から食事習慣を指導され、病院から退院した時期などがチャンスです。早起きしてウォーキングをする習慣が定着すると、趣味の無駄遣いの頻度が減少していくはずです。

まとめ:金銭感覚の合わない嫁 旦那とは離婚 夫婦の価値観

 カップルや夫婦などでお金に対する価値観が合わないと、「破綻」や「離婚」の原因となります。

 金銭感覚は幼い頃の経験が関係しているので、修正していくためには多くの時間が必要になるはずです。

 お金の大切さを理解してもらうには、「何にどれくらいお金がかかる」という現状と将来に使う予定の金額を説明して、貯金の重要性を理解してもらうことが近道です。

Posted by mon