金は天下の回りものは嘘? 回り持ち等のことわざ・中文・落語

お金の不安を解消するために、「金は天下の回りもの」と言うことがあります。

現在のところは手元にお金が無かったとしても、いつかは巡り巡って自分の手元にお金が入ってくるであろうという時に使います。

使い慣れたことわざですが、この言葉の使い方が本当に当たっているのか?そして、この言葉がとこから来ているのか知っておく事も重要となります。

金は天下の回りものである

「金は天下の回りもの」を大辞林にて調べると以下のように記載されています。

金は1カ所にとどまるものではなく、人から人へと次々と世間を渡り歩いていく。お金は世界の回りもの。

引用:大辞林 「金は天下の回りもの」

このように記されています。現状は自分の財布の中にお金がない厳しい状態だったとしても、いつかはお金が巡ってくる可能性があるという内容となります。

羨ましい気持ちを表す事も

金は天下の回りもののことわざを使う時には、貧乏な状態は長くは続かず将来的には豊かな生活が待っているという前向きな考え方で使用する事が多いはずです。

お金に対して前向きな考え方で使う事が多い

他の使い方としては、現状で多くのお金を所持している人が、いつかは手元から離れて財産がなくなってしまう可能性を危惧する際にも使用することができます。

自分の持ってる財産が他の人に巡っていく可能性がある

このような使い方も可能であるため、良くも悪くも自分の生活を戒めるために使うことわざとなります。

口癖である人の性格が分かる

「金は天下の回りもの」ということわざを良く使う人は、お金に対する執着がそれほどない人である可能性が高くなります。それなりに試算があり、買い物をする事に躊躇しない人です。

金は天下の回りものと意識する人は金回りが良い

これは、余裕のあるお金を所持しているのであれば価値のあるものと交換していく方が経済が好転していくし、周りの人達とのつき合いも優良となり、将来的に裕福になれるという考え方となります。

天下とは何のことであるか

ことわざで使われている「天下」という言葉は何を意味するのか気になるところです。商品販売をする製造業においてはライバル企業よりも売上を伸ばし業界のトップになる事であったり、戦国時代であれば多くの領地を有する大名になる事となるはずです。

しかし、「金は天下の回りもの」のことわざとして使う場合には、天下は世間一般のことを指します。または、経済全体のお金の流れを意味しています。

天下とは経済の流れを意味している

ライバルとの競争に勝ってトップになると言う意味ではないので、気軽に使うことが出来ることわざとなります。

どのような時に使うのか

「金は天下の回りもの」を使用する時には、世間体や上下関係などを気にする事無くフランクにつき合う事ができる人達の間で使用します。

  • 金のない状況でも気にするな
  • 金をずっと所持していても意味が無い
  • お金を使うことで経済全体が潤う
  • 貯金せずに使えば誰かが喜ぶ
  • 与えた恩は自分に必ず返ってくる
  • 細かいことは気にせず楽しむように

このような意味で使います。ちょっとしたお祝いでお金を包んだり、少し高価なプレゼントをしたときにお礼を言われることがあるはずです。その時に「金は天下の回りもの」という言葉を使えば、相手に気を使わせない優しい言葉となります。

お金を使いやすい人が使うことわざ

このことわざを好んで言葉にする人は、お金を躊躇せずに使う傾向の人が多くなります。使うお金が多いのですが、その分だけ収入も多い人であり、周りからの信頼を得られる傾向があります。

周りの人にお金を使いやすく収入も多い人が使うことわざ

もう一つは、「金は天下の回りもの」という言葉は嘘であるという考え方があります。

天下の回りものは嘘である

嘘であるという考え方は、商売目的で利用されることが多いからです。消費者に多くの商品を買ってもらうために、販売店側が積極的に使うようになった言葉であるという考え方です。

商品を買ってもらうために「金は天下の回りもの」と言っている

非常に多くの商品が売られている中で、いくつかの商品を買ったくらいでは自分の手元にお金が巡ってくる可能性は非常に低いという考え方です。経済全体に個人の消費が与える影響は非常に低いので、自分の財布の中のお金が増える可能性は非常に低いという考え方になります。

まとめ:金は天下の回りものとは

お金を長期的に所持している事は、経済的にはあまり良い事ではありません。お金を使っても良い商品を購入する為に使ってもらう事によって、新たな売上が発生し、給料が上がり、また商品を購入するお客さんが増える好循環が生まれます。

このような経済の流れを活性化させていくためには、お金を使うための考え方が重要です。その時に重要なことわざが「金は天下の回りもの」となります。

プライベートでも様々な意味合いで使用できる便利なことわざであり、お金に対する良い印象を与える言葉でもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加