宝くじ 損する確率とは|損得とデメリット・ズル・罠・当たるコツとは

 宝くじの当たるコツなどを説明する前に「損する確率」について触れます。よく聞く噂ですが・・

宝くじは損をするから買うな!

 という忠告です。日本では、「ロト6」、「totoBIG」などの「公営くじ」や「スポーツ振興くじ」、そして競馬や競輪、パチンコやスロット、ネット経由のカジノゲームなどのギャンブルで遊ぶことができます。

 それらのギャンブルの中でも、宝くじは・・

とても「割に合わず損をする」くじである

 と言われます。この損得にまつわる重要な部分をくわしく見ていきます。

宝くじの罠と還元率(期待値)

 宝くじは「夢を買う」とうキャッチコピーで売られていますが、それは、国がお金を集めるる「罠」であるという味方もできます。宝くじは、実際のところは「税金集め」の手段となっていて、その理由は還元率(期待値)で表す事ができます。

宝くじの還元率は「47%」である

 この47%という数字は、世界中の「くじ」の中でも最も悪い数字になっています。この還元率(期待値)について、もう少し分かりやすく説明します。

還元率が高いと当たりやすい

 「宝くじ」などのお金をかけるギャンブルは、「当たりやすいか」が重要になります。この当選できるかを比較する数字が「期待値」となります。この期待値は「還元率」とも言います。

POINT

還元率 = 集めたお金を「当選金」として払い戻す率

 還元率が80%の宝くじである場合であれば、当選金として販売した金額の8割が払い戻されます。このように、還元率が高いギャンブルは「損する確率」が減ります。

 「公営くじ」を選ぶ時は、「1等当せん金」と、「一口の購入金額」などを比べて損得を判断しますが、その中でも「還元率」は最大のデメリットとなる可能性があります。

宝くじは「損する確率」がとても高い

 宝くじの還元率47%を分かりやすく説明すると・・

宝くじの還元率47%とは
宝くじの売り上げ 控除率(国の税金) 還元率(払い戻し)
100万円 53万円 47万円

 このようになります。数字で見れば一目瞭然であり、半分以上が税金として持って行かれるのが「宝くじ」となります。これは世界の「くじ」と比較しても圧倒的に低い数字です。次に 他のギャンブルの場合と比較していきます。

宝くじと他のギャンブルの還元率を比較する

 日本でギャンブルといえば、パチンコ・スロットですが、還元率は・・

POINT

88%から97%あたりである

 と言われています。宝くじと比較すると圧倒的に還元率が高く良心的に見えます。

 しかし・・

建物の賃貸・建設費用・ホールスタッフの人件費

 これがの金額を差し引いての還元率となります。同様に、競馬の場合にも広大な施設や多くのスタッフの経費がかかるので、最終的な還元率は70%から75%程度だと言われています。その他のギャンブルはこのようになります。

POINT

  • 競輪 70~75%
  • 競艇 70~75%
  • オートレース 70~75%

 このように見ていくと、「宝くじ」が圧倒的に損する確率が高いことが分かります。単純に配当される金額の「損得」だけで考えると、宝くじは国の「税金徴収の罠」にかかっているように思えます。

宝くじを買ってしまう罠とは

 サマージャンボや、オータムジャンボ、年末ジャンボなど、1等当せん金額が大きくなる時期には、必ずテレビで・・

有名芸能人が「一攫千金のチャンス!」とアピールする広告

 が流れます。「夢を買う」というキャッチコピーは、多くの人の心をつかみます。「今年の年末ジャンボは、億万長者が400人!」と聞くと、そのうち自分にも運が回ってくるのではないか?と感じさせます。そして、年末になると・・

年末ジャンボ・・いくら分買ったの?

 と聞いてくる人もいます。それくらい、高齢者も女性もみんなが宝くじを購入する風潮があります。半分以上が税金として持って行かれるという事実があっても、やっぱり「買わなきゃ当たらない」という広告が気になるので、買ってしまいます。

心理的に宝くじを買いたくなる理由

 損得を冷静に考えると、「損する確率」が高すぎる宝くじを買ってしまう事は、デメリットでしかありません。しかし、それでも買ってしまうのは・・

POINT

  • 今の人生を変える大逆転を期待している
  • 当選したときをイメージする時間が楽しい
  • 仲間に取り残されている気がする

 現在の日本は景気が良い状態とは言えず、少ない給与で働いている人が非常に増えています。宝くじで億万長者になる事ができれば、今の仕事を辞めて楽な生活ができます。

 還元率を比べると他のギャンブルが良いのですが、女性などは他のギャンブルを知らないため「夢を買う」手段としてイメージしやすい宝くじを買います。

 次は、ジャンボ宝くじの概要、そして「当たるコツ」についてです。

ジャンボ宝くじの広告を目にするとき

 宝くじはの中でも、「ジャンボ宝くじ」は年間5回発売される大型の宝くじです。当せん金額が高額になるので、雑誌やテレビCMなどでも広告を見る機会が増えます。そして長い歴史があるので・・

高額当選した億万長者がどこの売り場で生まれたか

 についての情報も豊富にあります。

 宝くじの当選確率は「常に均一である」と考える方と、パワースポットへ行って願掛けをしたり、当選者のライフスタイルを真似して「当たるコツ」を研究する人も多くいます。

ジャンボ宝くじとは

 ジャンボ宝くじとは、一等前後賞の当せん金額が軒並み上昇する大型の宝くじであり、年間5回だけ発売されます。

1年間に発売されるジャンボ宝くじの種類
ジャンボ宝くじの名称 発売と抽選の時期
グリーンジャンボ宝くじ 2月から3月
ドリームジャンボ宝くじ 5月から6月
サマージャンボ宝くじ 7月から8月
オータムジャンボ宝くじ 9月から10月
年末ジャンボ宝くじ 11月から12月

 普段は宝くじの広告に興味がないような人でも、年末ジャンボだけは「新年の運試し」として購入枚数を決めている人も多いはずです。このジャンボ宝くじの購入スタイルを少しばかり変えてみる事で、当選確率アップを狙います。

購入する日を事前に決めておく

 目的のジャンボ宝くじの発売日が分かったら、発売日に急いで買うのではなくカレンダーをチェックして「購入日」「購入枚数」を決めます。

POINT

大安吉日を狙って購入する

 良さそうな日に宝くじ売り場に足を運ぶと、「今日は大安吉日です。幸運は目の前に!」のような広告を見ることがあります。ただ、一般的な「カレンダーの縁起の良い日」だけでなく、過去に良い思い出:実績がある「自分なりの記念日」を優先するのも手です。

 後で説明しますが、当選した後に「当たると思っていた」という感想は最重要です。自分で当たりそうなモチベーションが高まる日がベストです。そして、当たる縁起を担ぐもう一つのルールが購入枚数です。

男性30枚・女性10枚で購入すると当選しやすい

 宝くじ公式サイトの過去の統計からすると、このようになります。

ジャンボ宝くじが当たった際の宝くじ購入枚数
男性 女性
10枚未満 4.5% 10.2%
10枚 15.4% 27.7%
20枚~29枚 13.5% 15.7%
30枚 21.3% 18.1%
50枚~99枚 12.9% 8.3%

 男性は「30枚購入」が最も当たり、女性の場合は「10枚購入」の場合が高額当選するという結果となっています。お小遣いに余裕がある男性が30枚(9,000円分)、少しだけでも購入しておきたい女性が10枚(3,000円分)と考えると分かりやすくなります。

 50枚以上購入するより、30枚や10枚の購入で高額当選しやすいとの結果になっていますが、これは50枚以上購入する方が全体的も少ないという見方もできそうです。この購入枚数も、過去の実績を見習って合わせてみるべきです。

幸運は宝くじ売り場から

 宝くじ売り場を目指す時には、自宅から最も近い売り場で買い物ついでに買ってしまうのではなく、「過去に当選した実績の売り場」に遠出してでも行くべきです。

過去に一等前後賞が出た本数の多い売り場で購入する

 縁起が良いことを真似する人は多くいるので、「高額当選が出た売り場」に長蛇の列ができるのはお決まりの光景です。

長蛇の列は「当たる窓口」の指標となる

 その売り場では 宝くじの販売数量が増加するので、長蛇の列の中に高額当選者が続いて出る可能性が高くなります。考えてみるとあたりまえの原理ですが、当選確率を少しでもアップさせたいなら、実践したい方法です。

 その他には、大都市の駅周辺ではなく、田舎の小さな宝くじ売り場で「ここでも一等 出ました!」とアピールしている場所を見逃さない事です。運が向いてきた宝くじ売り場の流れに乗っかる作戦です。

超有名な「当たる売り場」

 近年は宝くじの高額当選を狙って、他府県まで足を運んで行列に並ぶ人が増えています。宝くじは、当選発表の日までの全ての行程が「夢をつかむための段取り」と考えるなら、当たりそうな宝くじを買いに行く道のりも「楽しみのうち」に入るはずです。

過去に高額当選が相次いだ実績の売り場
売場の名称 住所 過去の実績
西銀座 東京都中央区銀座4-1 過去5年で50本以上
大阪駅前第4ビル 大阪市北区梅田1丁目11 累計賞金500億円以上
名駅前 名古屋市中村区名駅1-2-1 過去5年で30本以上
横浜ダイヤモンド 横浜市西区南幸1-4-B1 過去5年で8本以上
立川ルミネ 東京都立川市曙町2-1-1 過去5年で5本以上
東神奈川イオン 横浜市神奈川区富家町1 過去5年で6本以上

 西銀座チャンスセンターは、関東で宝くじを購入するのであれば最優先すべき売り場です。過去のジャンボ宝くじの当選実績が最多、賞金総額は700億円以上にもなります。「大安吉日」は、他府県からも大勢が足を運び、長蛇の列ができます。

 数寄屋橋公園内を目印に向かいます。休日(特にジャンボ宝くじ販売初日)には、大賑わいとなるため、すぐに見つかるはずです。

連番・バラ・縦バラって?

 宝くじを購入したことがある人は分かりますが、宝くじ売り場で係の人に「連番で20枚ください」のように注文します。

 番号がつながっているのが連番。そして、組番号なども全てバラバラのセットが「バラ」です。そして、比較的当たりやすいとされる「縦バラ」が人気になっています。「縦バラ」は、「バラ」のセットでありながら、別の「バラ」と組番号が同じ、連番のセットとなります。

縦バラで宝くじを30枚買ったとき(組番号同じ、末番号が別セット連番)
バラ(1セット目:全10枚) バラ(2セット目:全10枚) バラ(3セット目:全10枚)
30組:666660 30組:666661 30組:666662
41組:123457 41組:123458 41組:123459
12組:999993 12組:999994 12組:999995

 この「縦バラ」のメリットは、バラのセットなので1枚ごとに一等の可能性が続くき 番号合わせでドキドキ感を楽しめるのと、別のセットと「組番号同じ、末尾が連番」となるので、前後賞の当選番号を取りこぼさないメリットがあります。

風水の金運を呼び込む

 宝くじは、誰かが当選し、誰かが外れる運命にあるので、運を呼び込むことも必要です。風水を利用してお金の運気を高めて成功する方法を取り入れることによって、当選確率のアップを狙います。

宝くじ当選の為には部屋の「西側に黄色・白」の物を置く

 風呂場やトイレが西側なら、タオル、スリッパ、マットレス、置物に黄色・白が入るようにします。他の部屋の場合は、花瓶や陶器の置物、カーテンの配色を考慮します。トイレや水回りの掃除が出来ていることも、運気を高める基本です。そして、もう一つ重要なのが・・

  • 宝くじが当たると念じること

 宝くじの高額当選した人達は、宝くじを購入した時点から「必ず当たることが分かっていた」とコメントする人が多くいます。つまり、風水だけでなく「金運アップ」の対策をいろいろと実践していることでモチベーションが高くなります。

  • パワースポットに宝くじをもっていく
  • 神社でお願いする
  • 運気の高まる水晶に乗せておく
  • 神棚に保存しておく

 どれが効果が高いのかは、実際にやって確かめてみるしかありません。「これで必ず当選する」と思えるのであれば、結果となって現れてくるはずです。

当たったときには慌てずに

 「高額当選のコツ」をうまく活用して、見事高額当選を果たした瞬間に気になってしまう事をまとめておきます。まずは、当せん金額を受け取る場所です。

POINT

  • 1万円以下なら「宝くじ売り場」や全国の受託銀行で受取り
  • 1万~5万円以下なら「5万円マークのある宝くじ売り場」、全国の受託銀行で受取り
  • 5万円以上なら「みずほ銀行」か全国の受託銀行で受取り
  • 50万円以上は「みずほ銀行」か全国の受託銀行で身分証明書も必要
  • 100万円以上は「みずほ銀行」で身分証明書+印鑑も必要

 1万円以下であれば宝くじ売り場、それ以上は最寄りの銀行に行きます。ただし、その日で受け取り可能なのは100万円までとなり、高額当選の場合は後日、預金口座に振り込まれます。全国の受託銀行については、宝くじの裏に記載があります。

高額当選した翌年には税金がかかるのか?

 税金を心配する人が多くいますが、宝くじは「億単位」の当選金を獲得した時でも「所得税を課さない」ルールとなっています。

当せん金付証票法13条:当せん金品には、所得税を課さない

 このように日本の法律で決められているので、税金はかかりません。3億円が当選して銀行で手続きを済ませると、自分の預金通帳へ「300,000,000円」という記載とともに預金が増えます。それ以外に税金を請求されるような事はありません。

宝くじ当せん証明書を保管しておく

 個人が大金を所持して高額な不動産を購入したときなどは、税務署は「どこからこのような大金が入ってきたのか?」と聞いてきます。その時に重要になるのが・・

当選確定時にもらう「宝くじ当せん証明書」を提示する

 ことです。宝くじの当選金は非課税なので、しっかりと説明できれば問題ありません。税務署は、年収やその他、財産の動きをチェックしているので、財産が大きく増えた理由が必要であり、これがないと所得隠し・脱税・横領などの可能性を怪しまれます。

当せん金額を家族で山分けすると大変な事に

 自分の預金口座に大金が入ってくると、有頂天になって 外食、旅行などで豪遊したりするかもしれません。1日に10万円使っても 大金がまだまだ残っているはずです。そして、「産んでくれた親に感謝のプレゼント」として、1億円を与えることにすると・・

5,000万円の税金が引かれてしまう

 という結果となります。当選金が自分の口座に入った時点では、会社から給料が振り込まれた状態と何ら変わりません。宝くじの当選金には課税されないので、給料の(税金が引かれた後の)手取りのお金と同じように自由に使えるお金です。

 問題はここからです。高額のお金を知り合いにあげる・・

POINT

「プレゼント」 = 贈与すると、贈与税が発生します

 贈与された金額を基準に「基礎控除後の金額から(3,000万円超なら)55%の税率」という計算をするので、だいたい50%ほどを贈与税として納める必要があります。

宝くじの共同購入を証明して贈与税を回避する

 会社の従業員(気の合う仲間)で、お金を出し合って宝くじを共同購入する「社内での願掛け:運試しイベント」を楽しみにやっている職場もあるはずです。この時、願いが叶って高額当選した場合、ムダな税金を回避するテクニックがあります。

共同購入者全員で銀行へ足を運び「宝くじ当せん証明書」にサインする

 宝くじを共同購入する前の段階で、誰が何割のお金を出しているのか(出資の割合:%)が明確になっているはずなので、当選金の分けまえ(受取金額)が確定しているはずです。

 その金額をそれぞれ「宝くじ当せん証明書」へ記載することで、1人が受け取って贈与すること(税金発生)にはならず、非課税でそれぞれの当選金を手にする事ができます。

まとめ:宝くじ 損する確率 損得とデメリット ズル 罠

 宝くじは「お小遣いで運試し」の感覚で気軽に買えます。現実的な生活費をやりくりしている女性でも、CMでも言っている「買わなきゃ いつまでも夢のまま」というフレーズに反応して・・

占いをする感覚で「夢を購入」できます

 販売数量が増えると、一等の本数が増加されたり、一等前後賞の金額が増加する事もあるため、更に魅力的なジャンボ宝くじを楽しむ事ができます。

 一攫千金で成金になるチャンスは誰にでもありますが、「負け」がずっと続いて気がついてみると、貯金がゼロの状態になっていることも考えられます。金欠病で貧乏生活になってしまうまで「のめり込まない」ことも大事かもしれません。

Posted by mon