コインランドリー経営が人気 理由と使い方 毛布と大型乾燥機

多くの貯金を期待しても、なかなか欲しい金額に到達出来ない生活が続いてしまう事があります。このようなお金のやりくりに困った時こそ投資に乗り出してみる対策が有効です。

株式投資やその他の金融や経済の勉強が必要な方法ではなく、自分の住んでいる地域をよく観察し、コインランドリー経営を視野に入れてみる方法が有効となります。

コインランドリー経営は、空き部屋の小さなスペースで開業することもできるし、コンビニのような大きめのスペースを確保して経営することもできます。

コインランドリーとは

コインランドリーのシステムはかなり昔から存在しており、コンビニがまだ無かった地域でも銭湯やコインランドリーはあった地域は多いはずです。コインランドリーは、自宅の洗濯機よりも大きなタイプが数百円で利用できる便利なサービスです。

コインランドリーは業務用の洗濯機と乾燥機を利用できる

自宅の洗濯機が壊れたときに利用する方法や、毛布やコタツ布団などをまとめて洗うことができる大型の洗濯機が利用できるなど、専門のクリーニング店に出す必要のある物を洗う事ができる為重宝します。

自宅に洗濯機がない場合

都会や田舎などによってコインランドリーの料金は変わってきますが、一般的な自宅用の洗濯機までのサイズである7キロ以下は300円程度で利用可能です。

そのため、一人暮らしなどの場合には自宅に洗濯機を設置せずに、週末の休みの日にまとめてコインランドリーで洗濯を済ませてしまう生活スタイルの人も多くいます。

週末にまとめてコインランドリーで洗濯物を洗う

長期的なコストを比較していくと、自宅に洗濯機を購入した方が安上がりにはなりますが、一時的な出張などの場合にはできるだけ家電製品を購入したくない理由もあるはずです。そのような様々な理由でコインランドリーを利用する人もいます。

毛布も洗える

自宅に洗濯機がある人でもコインランドリーを利用する理由は、毛布などの大きな洗濯物が洗えるからです。コインランドリーでは業務用の洗濯機を置いているので20キロ以上の大型タイプが利用可能です。

コインランドリーで毛布や布団を洗うことができる

ドラム式の全自動タイプで20キロ程度であれば600円ほど、更に大型の30キロあたりのタイプでも800円前後で利用可能です。このサイズになると毛布をまとめて複数枚洗浄する事が可能になります。

家庭用洗濯機とのコスト比較

大型の毛布などを洗浄する場合には、家庭用の洗濯機では厳しいためコインランドリーの利用がお勧めとなりますが、7キロ以下の家庭用洗濯機でカバーできる範囲であれば、家庭用洗濯機においては以下のコストとなります。

電気代・水道代・洗濯洗剤の合計額:28円程度

洗濯洗剤のバリエーションによってはもう少し高くなる状況も考えられますが、7キロの選択は30円前後で可能です。そのため、洗剤を準備せずとも利用できるコインランドリーの場合、300円程度であるため10倍のコスト差があります。

洗濯機を購入するなら1年半程度

家庭用洗濯機が圧倒的に安くなりますが、最初に洗濯機を購入するコストが必要となります。7キロタイプであれば、30,000円から40,000円前後となるため、コインランドリーよりもトータルでお得になるには、1年半以上かかってしまいます。

コインランドリーよりも自宅洗濯機が安くなるまで1年半

地域に出張に行くなど、1年半よりも期間が短い場合には洗濯機を購入せずにコインランドリーを利用する事が有効となります。洗濯機の下取りの際にはいくらかの費用が戻ってくる可能性がありますが、探す手間や時間を考えるとコインランドリーが有効となるはずです。

コインランドリー経営が人気

コインランドリーは昔から町中で見る事があったはずですが、近年は昔よりもコインランドリーの数は増加傾向にあります。それは、毛布や布団などをクリーニング店に依頼するとかなり高い費用を請求されることが要因となります。

昔よりもコインランドリーの店舗数が増加している

掛け布団や毛布、そしてコタツ布団など大型の洗濯機があれば自分で洗浄する事が可能となるため、季節の変わり目に毛布などをまとめて洗濯するためにコインランドリーを利用する方が増加しています。

その他の投資が儲かりにくい

もう一つの理由は、コインランドリー以外の投資が難しくなっている現状があります。現在の日本は少子化となっているので空いている賃貸アパートやマンションなどの物件が増加傾向にあります。

そのため、空き家の増加や不動産価格が上昇して利益率が低下している現状などもあり、昔ほど安定的に利益を出す事が難しくなってきています。

コインランドリー経営以外で安定した利益を出しにくい

そんな事もあり、コインランドリー投資を選択するする人が増加しています。その他にもコインランドリー経営をした方が良いと考えられる理由がいくつもあります。

高層マンションが増えている

日本においては、空き家が増加している現状があるのですが、依然として新築のマンションに人気が集まる傾向があるため、都会の高層マンションの建設が相次いでいます。

このような高層マンションにおいては、景観を損ねてしまうので大きな物を洗濯して干すことができないルールがあります。そのため、日常の衣類などの洗濯以外の大型の洗濯物については、クリーニング店を利用する必要があります。

高層マンションでは自宅で大きな物を干せない

また、もう一つの理由として業務用の30キロ前後の大型の洗濯機を利用する場合、毛布を一度に4枚洗う事が出来るため、コインランドリーの料金設定がそれほど高くはないと考えることもできます。

まとめ:コインランドリーの経営が人気

コインランドリーを利用する事は、お金の節約には向かないと考えている人が多くいます。しかし、自宅で使う毛布や夏布団などを自宅で洗浄できるタイプを購入し、季節の変わり目にコインランドリーで洗濯するスタイルはコスト的にも優良となります。

住宅事情などで、ベランダに干すことができない家庭においても、業務用の洗濯機が利用できるコインランドリーは非常に重宝します。

そのため、コインランドリー経営で収入アップを狙う投資の考え方も悪くない選択となるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする