キーホルダー型電子マネー|楽天edy・wena wrist 腕時計バンド

 散歩やウォーキングなど ちょっとした用事に軽装で出かける時には、「スマホ」と「自宅のキー」だけを持って出ることが多いはずです。しかし、財布を持たずに外出しているのに・・

コンビニでお茶が買いたい

 という状況になってしまうことがあるかもしれません。

 このような財布がない(現金、クレジットカード、電子マネーが使えない)時でも、商品が買えるようにするには、キーホルダータイプの電子マネーグッズを「自宅のカギににつけておく」と解決できます。

楽天Edy:ストラップ型

 スマホのストラップにも利用できる電子マネーキーホルダーは複数のタイプがあります。その中でも利用者が多い「楽天Edy」のストラップは、レジ前に並んでるときに見る頻度が最も多いはずです。

楽天Edy:ストラップタイプ
表面素材 サイズ 重さ
ポリウレタン 45×38mm 10g

 白い下地に、赤と青のアーガイル柄、そして、赤と青のトリコロールカラーの2タイプとなります。スマホのストラップとしてはかなり大きいので違和感があります。これを見てかっこいいと思うのであれば利用できますが、サイズの大きさとデザインが白い四角形である事に違和感を感じる人もいるはずです。

 価格は980円+消費税となります。リラックマデザインは1,490円(税込)

お買い物パンダ Edyキーホルダー

 おしゃれで、可愛く、楽しくショッピングするためにリリースされたのが、「お買いものパンダ Edyキーホルダー」です。デザインや使い勝手などは、上の写真を見ればすぐに分かります。このキーホルダーには、コイン型Edyがセットされています。

楽天Edyオフィシャルショップにて (キーホルダー+コイン型Edyのセット)1,000円

 メール便での発送を選ぶと送料無料となります。使い方は、コイン型Edyに記載されているコードをネットの「楽天Edy 設定ページ」にて登録するだけです。

ANA QUICPay+nanaco

 追記:現在は、「ANA JCBカード会員限定」 キーホルダータイプ「ANA QUICPay+nanaco」の募集は終了しています。
ANA QUICPay+nanaco:キーホルダー型
表面素材 サイズ 重さ
51.2×44.9mm 9g

 淡いブルーの下地にANAという白いロゴが入った四角いタイプ(台形:航空機の尾翼をイメージしている)となります。キーホルダーとしてはかなり大きいサイズになるため、カギ類と一緒にキーホルダーにつけてポケットに入れるときには違和感があるサイズです。

 発行手数料は300円+消費税となっています。

スピードパスプラスnanaco

 スピードパスプラスというnanacoの機能と、Quicpayの機能が一つになっているキーホルダーです。丸みを帯びた洋なし型のデザインとなっているので、キーホルダーとしてつけていても引っかかりが少なくて違和感なく利用できます。

 シナジーカード、セブンカード、JCB カードなどの取扱店となっている給油所(ESSO石油、モービル石油、ゼネラル石油)のspeed pass + 加盟店で作る事ができます。発行手数料は300円+消費税となっています。

キーホルダー型のメリットとは

 最近では複数の電子マネーのサービスを利用している人は多いはずです。クレジットカードや様々なショップの会員カードなども含めると、財布のカードが非常に多くなってパンパンになってしまいます。これを回避出来るのがキーホルダー型のメリットです。

キーホルダー型電子マネーは財布がコンパクトになる

 出かける際には必ずキーチェーンを所持するはずです。このキーチェーンの中によく利用する電子マネーのキーホルダーを加えます。

 財布からカードを取り出すのは手間のかかる作業ですが、この作業をスキップできるので、楽に買い物ができるようになります。

キーホルダータイプデメリット

 実際にキーホルダータイプの電子マネーを利用するようになると、いくつかの不満が出てきます。その不満の中で最も多いのがキーホルダーのデザインです。

POINT

キーホルダー電子マネーのデザインが今ひとつ

 すでに自分の好きなキーホルダーを装着している場合には、もう一つキーホルダーを追加するため、キーチェーンが重く大きくなってしまいます。

 お気に入りのキーホルダーを外して、電子マネーキーホルダーにチェンジする考え方もありますが、そうなると余計にデザインが気になってきます。

リストバンド型の電子マネー

出典:E-MONEYBAND

 ジョギングなどをする時には、キーホルダータイプでは「ジャラジャラ」と音がして不快に思う事もあるはずです。そのような時は、腕時計のようなスタイルのリストバンド型「e-money band」が有効です。

POINT

リストバンド型は、キーホルダーを持たなずリラックスに行動できる

 「e-money band」は、楽天Edyが利用できるリストバンドであり、カラフルなカラーが選べます(腕時計機能はありません)。

 楽天Edyの機能の機能に加えて、腕時計が搭載されている「RISNY」という製品も注目されています。

wena wrist 腕時計バンド型スマートウォッチ

出典:wena wrist

 「wena wrist」は、ソニーが提供するハイブリッド型スマートウォッチであり、バンド部分に電子マネー機能を搭載しています。概要はこのようになります。

  • 時計のバッテリー機能をバンド部分に搭載
  • バンド部分にFeliCaポートを搭載(電子マネー機能)
  • 加速度センサーにより歩数、睡眠状態などを計測
  • バンドの液晶部分へスマホの通知を表示(wena wrist pro)

 腕時計のバンド部分を電子マネーの読み取り機器に近づけると、設定している電子マネーにて支払いが完了します。対応している電子マネーは・・

POINT

  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay

 となります。全国のコンビニ、スーパーなど45万店舗以上で買い物ができます。

初期設定はiOSの「おサイフリンク」にて行う

 「wena wrist」にて電子マネー機能を使うためには、初期設定が必要です。その設定には、iOSアプリ「おサイフリンク」にて行います。注意点は・・

POINT

Androidスマホを設定する場合も設定時のみiOSアプリ「おサイフリンク」が必要

 となるため、古いiPhoneを利用するか、知り合いのiPhoneを一時的に借りて設定を行う必要があります。

wena wristの価格は 31,000円

 wena wristは、約1時間半の充電で1週間使い続けることができます。液晶画面に通知を表示する機能がついている「wena wrist pro」は、ソニーストアでは34,880円(税抜き)で提供されており・・

価格.comでは、31,000円が最安値

 となっています。この価格は、腕時計のバンド部分のみです。バンドの幅は18ミリ、20ミリ、22ミリの腕時計ヘッド部分に取り付けることができます。

 または、ヘッド部分がついている腕時計の完成品(wena wrist Three Hands)は、39,000円 ほどになります。取り付け後重量は150グラムほどになるため「ズッシリ」と重みを感じることができます。

高級感のあるデザインだが認知度がいまいち

 腕時計のバンドに電子マネーが仕込まれているタイプの「wena wrist」は、スマートウォッチとしては、デザインや機能的に非常に優れていても・・

POINT

3万円という価格がネックとなり注目度が低い

 状態となっています。初代「wena wrist」が2016年6月に発売し、有機ELディスプレイを備えた「wena wrist pro」は2017年12月に発売していますが、価格コムのレビュー数も一桁台であり、利用者はまだ多くありません。

まとめ:キーホルダー型電子マネー wena wrist 腕時計バンド

 コンビニでレジに並んでると、電子マネー読み取り装置にキーホルダーを接触させる人を見る事があるはずです。コンパクトな電子マネーキーホルダーは、スピーディーに支払いができる道具として非常に人気があります。

 日頃から腕時計をする人なら、時計のバンドを「wena wrist」に交換すると電子マネー機能が利用できるようになります。

 現在では電子マネーSuicaに対応しているスマートウォッチ「Apple Watch」が注目されていますが、腕時計タイプの電子マネーが利用できる製品は他社からもリリースされており、今後は注目を集めそうです。

Posted by mon