JCB THE CLASS:JCBザクラスとは|ディズニー ステータス 条件

 日本のクレジットカード会社:JCBカードが提供している 最高グレードのクレジットカードが「JCB THE CLASS(ザクラス)」です。

 JCB THE CLASSは黒を基調にしているデザインであり、ブラックカードのランクになります。現在、入手する方法は・・

JCBカードの利用実績によるインビテーション(招待)

 このルートしかないため、入手するには時間もお金もかかります。しかし高額な年会費を払っても所持したい方がとても多い人気のカードです。

 JCB THE CLASSを取得するまでの道のり、大人気の「ディズニーclub33」を狙う対策について見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

JCB THE CLASSは自慢できる最高峰のカード

 JCB THE CLASSは、JCB:株式会社ジェーシービー(資本金 106億円)が提供しいるクレジットカードで、JCBが直接発行しているプロパーカードの中では最上級のグレードです。

 国内で入手が難しいクレジットカードの最高峰とされていることから、希少価値が高くコレクターの間でも人気です。

JCB THE CLASS
入会金カード発行事務手数料年会費
無料無料50,000円+税

 入会金が不要となるのは、すでに他のカードを所持している方のみが入手できる(すでに入会している)条件となっているからです。そして、注目すべきは年会費です。

JCB THE CLASSの年会費は5万円

 50,000円というのは、一般の方なら「お得になるのか」悩んでしまう金額です。ですが・・

POINT

アメックス、ダイナースのブラックカードの年会費は13万円

 他のブラックカードの年会費はさらに高額に設定されているので、JCB THE CLASSの5万円の年会費が安く感じてしまいます。

 JCB THE CLASSにはショッピング以外にも最上級の特典が付帯します。そのため、年間のカード払いの頻度・金額に関係なく持っているだけで最高のステイタスとなります。

 JCBでは、「JCB THE CLASS」のグレードについて定義していないのですが・・

  • カードの色が黒を基調としている
  • 最上級のサービスを提供している

 このあたりを他社のカードと比較してみても、ブラックカードのグレードで間違いないはずです。

入手するまでの長い道のり

 JCB THE CLASSが高いステイタスを維持しているのは、入手がとても難しいからです。

 JCB THE CLASSは、他社のブラックカードよりも利用実績をとても重要視しています。そのため、まずはJCBカード(一般・ゴールドカード)のホルダーになって実績を重ねていきます。

 まず「JCBゴールド」のカードを取得して利用実績を増やして「JCBゴールド ザ・プレミア」のインビテーションを待ちます。最低でも年間100万円(できれば半年で100万円)を目指して「高額の利用実績」を着実に増やしていきます。

JCB THE CLASSの招待を受けるまでの道のり
利用カード利用実績年会費
JCBゴールドカード年間100万円以上(2年程度)10,000円+税
↓ 招待:インビテーション
JCBゴールド ザ・プレミア年間100万円以上(2年程度)15,000円+税
↓ 招待:インビテーション
JCB THE CLASS継続利用50,000円+税

 このようにJCB THE CLASSを手にするまでには長い道のりがあります。最短でも3年程度は必要であり、年間100万円以上の利用を継続的に続けていく必要があります。

もう一つの取得ルートとなる「JCB プラチナ カード」

 2017年から提供が開始された「JCB プラチナ カード」は、JCB THE CLASSの一つ前のグレードになります。

POINT

  • JCBゴールドカード(ゴールド)
  • JCBゴールド ザ・プレミア(ゴールド:インビテーション制)
  • JCB プラチナ カード(プラチナ)
  • JCB THE CLASS(ブラック:インビテーション制)

 このプラチナカードの特徴は、インビテーションで取得するカードではない事です。つまり、入会条件が該当する(審査を通過できれば)すぐに取得できるカードです。

 そのため、JCB THE CLASSを目指す(実績を積み上げる)カードとしては最適のグレードとなります。

JCB プラチナ カード
入会金カード発行事務手数料年会費
無料無料25,000円+税

 「JCB プラチナ カード」は、家族カードを1枚まで無料で発行できます。カードのスペックは、国内旅行傷害保険が最高1億円など、ほぼ「JCB THE CLASS」と共通であり、充実したサービスが期待できます。

貧弱なポイントサービスがマイナスである

 より高いポイント(マイル)をゲットする目的で、複数のクレジットカード・電子マネーを使い分ける方は多いはずです。

 日頃からポイント還元率が1%以上となっているクレジットカードは人気があり、さらにサービスデーには「ポイント2倍」などの特典がついて話題になります。しかし、JCB THE CLASSの場合は・・

通常利用時のポイント還元率は0.5%

 このルールになっています。

 0.5%の還元率は、他のクレジットカードと比較してもかなり低い数字です。ただし、高い利用実績をずっと維持していると 翌年のポイント還元率をアップすることができますが、それでも・・

還元率は最大で0.85%まで上昇する

 ここまでのルールしかありません。そのため、JCB THE CLASSは、ポイント獲得を狙っていくカードではないことが分かります。

ダイニング30(サーティー)で大幅割り引きに

 ポイントサービスの還元率は低いですが、お得な特典はとても多くあります。その一つに、「ダイニング30(サーティー)」があります。これは、食事のお店を予約する際に・・

POINT

  • 「ダイニング30」の利用を指定すると「30%OFF」
  • 何名で食事をしてもトータルの支払いに提供される

 となります。1%前後のポイントサービスとは違い、30%割引きは非常にお得です。食事だけでなくドリンクにも適用されるため、お酒を提供するお店で「ダイニング30」を利用すると支払いが大幅に減ります。非常に嬉しいのは・・

「ダイニング30」は家族カードにも適用されます

 つまり、家族の誰かが「家族カード」を所持して友人を集めて食事会をするような場面でも「ダイニング30」の利用ができるのです。

メンバーズセレクションで高額商品を獲得

 JCB THE CLASSが、他のクレジットカードとの違いが実感できるのが「メンバーズセレクション」です。このサービスは・・

POINT

年に1回、カタログギフトのプレゼントが送られてきます

 頂けるものは、複数の中なら好みの商品を選ぶ事ができます。選べるコースは・・

  • 厳選ギフトコース
  • テーマパーク&トラベルコース

 この2つであり、トラベルコースでは、JCBトラベルクーポン(25,000円相当)を選ぶこともできます。つまり、「メンバーズセレクション」の価値は、2万5000円相当であることが分かります。

 毎年、航空券に25,000円以上の費用を費やしている方なら、JCB THE CLASSの年会費は50,000円 → 25,000円相当であるという見方もできます。

ディズニーリゾートのラウンジが利用できる

 JCB THE CLASSでは、リゾート施設に設置されている「JCBラウンジ」が利用できます。

POINT

  • 東京ディズニーランド:スター・ツアーズ
  • 東京ディズニーシー:ニモ&フレンズ・シーライダー
  • ユニバーサルスタジオジャパン:ザ・フライング・ダイナソー

 利用できるのは年に1回だけであり、事前に予約する必要があります。その手順はこのようになります。

POINT

  1. メンバーズデスクへ「「JCBラウンジ」の招待券を請求する
  2. 招待券に記載された番号に電話で予約を入れる
  3. 当日には招待券と「JCB THE CLASSカード」を提示する

 このようになります。招待券は、請求してから到着するまでかなり時間がかかるので、2週間ほど前の時期に手続きしておくべきです。

JCBラウンジとは

 ディズニーリゾートなどで利用できる「JCBラウンジ」では、待ち時間に休憩することが可能です。ラウンジ内は広いスペースが確保されており・・

  • ゆったり座れるソファ・テーブル・テレビ
  • フリードリンク(コーヒー、紅茶、オレンジジュース、お茶)
  • 新聞・雑誌
  • 電源コンセント(バッテリーチャージ)

 これらを無料で利用できます。

 小さな子供が遊ぶ「キッズスペース」も用意されており、ディズニーキャラクターのぬいぐるみで遊び、ディズニー映画を見る事ができます。その他にも・・

  • ザ・フライング・ダイナソー優先搭乗
  • スター・ツアーズ優先搭乗

 これらの特典があります。例えば、1時間待ちの列ができている時に・・

10分以内で乗れることもあります

 ディズニーリゾートで遊ぶときには、アトラクションに乗っている時間よりも行列に並ぶ時間が圧倒的に多くなるので、とても貴重な特典となります。

ディズニーの会員制レストラン クラブ33(club33)に入る

 JCB THE CLASSが欲しいと願っている方の中には、ディズニー好きなマニアが多くいます。その理由は・・

POINT

ディズニーランド内 会員制の高級レストラン クラブ33(club33)へ入店できる

 このプレミアムな特典があるからです。

 「クラブ33」は、ウォルトディズニーが客人を接待するために作ったレストランであり、現在ではアメリカと日本のディズニーランド内の2カ所にしか存在していません。最高の体験ができる理由は、ディズニーランドにある施設の中でも・・

唯一、お酒が楽しめる会員制レストランである

 特別な食事だけでなく、売られているお土産グッズも限定品が並びます。そのため、ディズニー好きなら必ず行きたい秘密のお店となっています。

JCB THE CLASSを取得する以外の選択肢がない

 クラブ33へ行くには、JCB THE CLASSを手にして「クラブ33へ入場する権利を獲得する」以外の他のルート(選択肢)がありません。つまり・・

POINT

JCB ゴールドカード → 省略 → JCB THE CLASS → クラブ33

 このコースしか選べないのです。そのため、非常にプレミアムな「クラブ33」の入場特典のために、ディズニーマニアがこぞってJCB THE CLASSの獲得を狙っています。

「クラブ33」への道は抽選で選ばれる

 「クラブ33」の利用はJCB THE CLASS会員が、年に1回だけ選べる特典でした。しかし、数年前に・・

JCB THE CLASS会員の中から抽選

 というルールへ変更になりました。つまり、「クラブ33」への道がさらに遠く、ハードルが高くなったのです。

コンシェルジュサービスとは?

 JCB THE CLASSの魅力の1つが、コンシェルジュサービスです。コンシェルジュとはホテルにて宿泊客の様々な要望に応える職務のエキスパートです。JCB THE CLASSでは、常に自分専用のコンシェルジュがいるような充実したサービスを提供しています。

  • 旅行のプランを伝えて旅行券、ホテルの予約を依頼
  • 自分の誕生日に希望のレストランの予約を取りたい
  • 贈答品を準備して宅配してほしい
  • 観劇やスポーツのチケットを取得してもらう
  • デートコース付近の美味しい食事の店を探してもらう

 カーナビやネットで検索して自分で優良なお店を探し当てるよりも、プロフェッショナルなコンシェルジュにやってもらうと、お店選びを間違うことがないはずです。このサービスは・・

365日、24時間対応してくれます

 年間の利用回数が制限されているわけではないため、必要な時に何度でもコンシェルジュに作業を依頼できます。スポーツ観戦や、フリープランの旅行が好きな方なら、コンシェルジュサービスの満足度は高くなるはずです。

カード利用枠(上限金額)の設定がない

 カードにてショッピングできるショッピング枠は、カードを契約する際に設定するのですが、JCB THE CLASSは上限金額が設定されているわけではありません(キャッシング枠は希望金額を申請して設定)。

POINT

カード利用枠の制限はなし

 JCB THE CLASSの「利用枠上限は350万円ほど」と言われていた時期もありますが、個人の利用実績によって信用度は変わってくるため他の方のカード上限額は参考程度にしかなりません。

国内旅行傷害保険は1億円

 JCB THE CLASSは最高クラスのカードになるため、国内旅行傷害保険は最高1億円となっています。

JCB THE CLASSの保険内容・金額
保証の内容保険金の額
死亡・後遺障害最高1億円
入院費用5,000円/日
手術費用最高20万円

 これらの損害補償は本人のみが適用となります。ホテルに滞在中の火災や、公共交通機関の利用時などが対象です。

 JCB THE CLASSは、この他にも 国内外で購入した商品が、90日間が経過するまでに破損したり、盗難に遭ったりした場合には、最大500万円まで保証してもらう事ができます。

JCB THE CLASSを速効で獲得する「突撃」

 JCB THE CLASSは、「クラブ33」などの優良な特典が充実しているため、年会費5万円でも入会希望者が非常に多い状態です。しかし、JCBでは最高のサービスを維持するために会員数を限定しているようです。この傾向は・・

直接 JCB THE CLASSの申請をする「突撃」ができなくなった

 この事からも分かります。

 このネットで「突撃」と言われている方法は、ゴールドデスクへ直接電話して「JCB THE CLASS」の申込書をもらって申請する方法です。過去には、この方法でも「JCB THE CLASS」を取得できた方もいたのですが、現在は・・

JCB THE CLASSはインビテーションが必要なカードです

 このように(あたりまえの)説明を受けて断られます。

 こちらのステータス(社会的地位、年収)を言う前に拒否されることから、どんなに信用できる大富豪であったとしても、短期間(実績なし)で「JCB THE CLASS」を手にすることはできなくなっているのです。

まとめ:the class jcb ザクラス ディズニー ステータス|2019年版

 クラブ33が抽選のルールに切り替わった時期には「JCBプラチナカード」の提供も開始されました。これによって、JCB THE CLASSの前に・・

プラチナカードのグレードを設置しています

 このJCBプラチナは、インビテーションのカードではなく、申込み条件が合うならすぐに審査を依頼できます。

 JCB THE CLASSへの「突撃」は無効となり、JCBプラチナでカード利用実績を積み上げてからのインビテーションが必ず必要となっています。このJCBプラチナの登場で JCB THE CLASSの希少性が さらに高められています。

 以上、JCB THE CLASS:JCBザクラスとは|ディズニー ステータス 条件...についてでした。