投資信託の儲け方|5万・1万円の儲かる仕組みとは?平均値

 近年は投資信託という言葉を頻繁に見るようになりました。ネットの広告や、銀行の待合席でも・・

初心者でも簡単に
できる投資信託

 こんなキャッチコピーを目にします。投資信託をはじめる前に気になる・・ 

  • 投資に使える資金が少ない時は
  • 資金がなくなるリスクを最小にしたい
  • 儲け方・メリット・デメリットとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資信託はお金を「信用」して「託す」こと

 投資信託とは、一人で「株を購入」したり「債券を購入」するのではなく、広く投資家を募って多くの資金を集めます。そして、実績が出る(利益が増える)と、後に投資家に還元するシステムです。簡単な例ではこのようになります。

  • 5万円を投資信託(証券会社・銀行)に依頼する
  • 証券会社は100名から5万円 = 500万円を集める
  • 証券会社は500万円を信託投資会社へ依頼し運用
  • 信託投資会社(運用のプロ)が分散投資をする
  • 運用中の株式・債券からの配当・利子、運用益が発生
  • 損益を証券会社が個人へ分配金として支払う

 銀行や証券会社、投資信託会社、そして委託する受託銀行へファンド(依頼した資産)が移動していきます。簡単に言えば・・

投資のプロへ全部任せて利益が増えることです

 注意しておきたいのは、プロに任せても「確実に増える」ことはないということです。

少額から始めることができる

 投資を始めたくてもなかなか手を出せない理由に・・

まだ貯金がたまって
ないから無理

 このように考えている方は多いはずです。ゆとりがないとスタートできない「投資 = 貯金がいっぱいないと無理 」と考えがちですが、投資信託は 1万円・1,000円から始める事ができます(ワンコイン = 100円の商品もあります)。

投資信託のメリットは少額で開始できること

 まずは少額の投資でスタートして慣れることを優先します。

 その後は、給料日に1万円を追加するスタイルで投資額を増やしていくと楽に運用できます。「積立」ではなく投資なので、大きく増える楽しみがあります。

運用の全てを専門の運用会社へ任せる

 投資信託は、投資のリスクを分散するために複数の金融商品を買いたいが、知識や経験がなく躊躇してしまう方に最適です。初心者が最も迷ってしまう・・

どこに、いつ、いくら投資したほうがいいのか?

 これについては、専門家が経験に基づいた最適な判断をしてくれます。運用会社は、集まった資金(ファンド)を国内外の株式や債券などに分散投資し、運用していくことにより大きな利益を出すことを目指します。

出典:野村證券

 個人では購入しにくい大企業の株式や海外の債券、不動産などをプロの判断で購入できるので、リスクを減らしながら利益を期待することができます。

ファンドマネジャーに分散投資を任せること

 投資信託の最大のメリットはプロに運用を任せることです。運用のプロであるファンドマネジャーは・・

POINT

  • 新聞や専門誌の情報を取り入れる
  • 市場関係者のヒアリングをする
  • 膨大な過去データを参照する

 個人ではゲットできないような大量の情報を基に、多くの選択肢の中から適切な選択肢を導き出します。そして、個人の投資では難しい分散投資をしてくれます。

分散投資とは

 投資の醍醐味は、準備したお金を運用していると「大きく増える可能性」がある事です。それは同時に「大きく減るかもしれないリスク」を抱えています。

リスクを最小限にするために最適な方法が分散投資

 となります。「プロの目利き」で選んだ銘柄でも、状況によっては大きく値下がりします。しかし、分散投資している他の銘柄が値上がりすると「損失をカバー」してくれます。

POINT

ファンドマネジャーは状況に応じ投資の比率や運用金額を調整する

 投資信託を売却したいときは、ネットから簡単に手続きができます。難しいところは専門家に任せて楽に運用できるのが投資信託のメリットです。

株式投資との違いは?

 株式投資は、自分で銘柄を選択する必要があります。そして、買い時や売り時などのタイミングも自分で判断し注文を出す必要があります。そして、株式を購入するには大きな資金が必要となります。

 株には単元制度というものが設定されているため、最低で購入できる株の価格が決まってしまいます。例えば

POINT

  • 現在の株価が3,000円
  • 単元制度により100株以上の購入が必要
  • 3,000円 × 100株 = 30万円

 が必要という事になります。ただし、最近ではミニ株という10分の1の株を購入できる方法も可能となっていますが、本来の株式を購入するメリットである「株式優待」や「配当」などの制度がないため損をしてしまいます。

 これに対し投資信託は、1万円ほどから購入できます。これをファンドと言いますが、10万円の単位でしか購入できないファンドもあります。

ファンドマネージャーが
運用する500万円の分散投資
国内株式海外株式海外債権不動産
110万円50万円60万円280万円

デメリットも考慮しておくべき

 投資信託には良い面がとても多くありますが、デメリットについても知っておくべきです。その一つは、投資信託は元本保証の投資ではないことです。元本保証とは投資をする最初に保有していたお金がいつまでも手元に残ることです。

POINT

  • 元本保証がある → 銀行の定期預金
  • 元本保証がない → 投資信託や株式投資

 そして利回りの保証もありません。そのため、多少でもリスクを伴う投資である事を認識しておきます。そして、管理や運用を任せている状態であるため、手数料が必要となります。

  • 販売手数料(申し込みの手数料)
  • 信託報酬(年率手数料・運用管理費)
  • 売付手数料(信託財産留保額)

 信託報酬とは、運用や管理にかかる費用(最近では「運用管理費用」と言われることもあります)であり、投資信託会社と、財産管理を依頼している銀行、取り扱い販売会社の間で分配されます。保有している信託財産によって年率で計算されます。

 その他にも、銀行のATMを使用しての送金の場合には入金・出金手数料が必要な場合があります。

リスクの分散を最優先にする

 投資信託を利用する時にはリスク許容度を理解しておく必要があります。より大きく儲けを出したいのであれば高い利回りを狙う分だけリスクが高くなり、安定重視であれば元本割れのリスクを最小限に抑える運用方法となります。

リスク 小で運用したい
目的許容可能なリスク
元本割れの回避換金性を重視し元本保証の金融商品を優先する。
リスク 中で運用したい
目的許容可能なリスク
バランスのある収入分配金と利益を重視し安定的な運用でありながら値上がり益を追求するため、ある程度の元本割れのリスクを許容する。
リスク 大の運用でもよい
目的許容可能なリスク
高い利回りを追求分配金と値上がり益を最重要とするため積極的に高い利回りを追求する、そのため大きく元本割れをするリスクを許容する。

 このように投資目的をはっきり決めておくと、選ぶべき商品がどの範囲にあるのか分かってきます。

外国株への挑戦も可能である

 投資信託のメリットの一つが投資してみたいと思っていてもなかなか手を出せない債券であったり、外国の株を購入することです。株式情報誌などから情報を得ていると・・

魅力的な外国株を購入したい

 という要求が高まってきますが、なかなか手を出せずに躊躇してしまいます。新興国の株には大きな魅力がある(値上がりの幅が非常に大きい)ので、投資信託のプロに運用を任せると挑戦することができます。

NISAでお得にはじめる

 投資信託や株式売買でお金を増やすメリットはまだあります。それは・・

NISA口座(非課税口座)を開設して税金を回避できる

 これが可能だからです。NISA(ニーサと読みます)。

 本来、株式の売買・投資信託でゲットした売却益(儲け)には20%の税金がかかるのですが、NISA口座で売買する金融商品は一定金額の範囲内であれば非課税となります。普通分配金、売却した際の譲渡益が非課税になります。

  • 満20歳以上でNISA口座開設が可能
  • 投資した年度から最長で5年間適用
  • 口座開設可能な期間は2023年まで

 新規投資額の毎年120万円までを上限とします。120万円の5年間なので、トータル600万円が上限となります。

 NISA(一般タイプ)・ジュニアNISAは2023年までです。つみたてNISAは2037年までとなっています。

投資初心者向け:つみたてNISAとは

 2018年に開始された「つみたてNISA」は非課税期間が20年に設定されており、非課税投資枠を最大に利用すると20年で800万円まで利用できます。

つみたてNISAとは
利用の条件日本在住で20歳以上の方
非課税対象分配金または譲渡益
非課税投資枠年間40万円
非課税の期間最上20年

 つみたてNISAは、手数料が低く・分配金が支払われない公募株式投資信託などを対象としてます。長期にわたりコツコツと積立てをしていきたい方に向いています。

 非課税期間が終了するときには、所有の金融商品をロールオーバー:乗り換え(非課税の投資枠へ移動)することができます。

まとめ:儲け方 5万 1万円 儲かる仕組み・平均|2019年版

 保有している金融財産のすべてを投資信託に依頼するのではなく、「数年以内に使う予定がないお金」を投資信託で運用し、数年後に「増えるかもしれない」資金の用途を明確にしておくことも大事です。

 将来、大きく資産を増やすライフプランを想定しているとき、投資信託はリスクを抑えながら増やす選択肢として最適です。特に株や土地にそれほど詳しくない(投資経験の浅い)方にはベストな投資方法となります。

 以上、投資信託の儲け方|5万・1万円の儲かる仕組みとは?平均値...についてでした。