国内ブランド クレジットカードの違いは?国際ブランド シェア比較

 クレジットカードを申し込む時には、「楽天カード」「イオンカード」「Yahoo!カード」のようにカードを提供するメーカーとクレジットカードを選びますが、そのときに・・

POINT

国際ブランドを選択します

 国際ブランドは世界的に見ると5つ(最近では7つとも言う)の中から選びますが、それとは別に国内ブランドもあります。

  • 国際ブランド7つの比較 メリットとは
  • 国内ブランドとの違い
  • Amex・Diners・JCBの使い勝手とは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

国際ブランドとは?

 カード会社にクレジットカードの申込みをする際には、必ず国際ブランドを指定します。世界的に知られている国際ブランドは7つあります。

POINT

 国際ブランドによって世界中にある加盟店数が変わったり 得意な地域があるなどの違いがあるため、海外旅行に合わせて便利な国際ブランドのカードを選びます。

国内では使い勝手のよい国内ブランド

 VISAやMasterのカードを「国際ブランド」と言うのは、国内だけでしか利用できない「国内ブランド」があるからです。日本における国内ブランドはこのようになります。

 いずれも、日本においてはテレビCMでも目にする知られているクレジットカードです。しかし、これらのブランドは・・

POINT

海外ではショッピングができないカードです

 このようになっているため、これらのカードは海外では利用価値がなくなります。

国内ブランドの違い:国際ブランドも使える

 国内ブランドのカードは、海外旅行の際に使い物にならなくなってしまうので、国際ブランドと提携しています。そのため、カードフェイス(表の面)には2つのブランドマークが表記されます。

 例えば、DCカードの場合では・・

ディーシーカードの場合
国際ブランド提供しているカード
VISAディーシーVISAカード
MasterCardディーシーMasterカード

 このようになります。ディーシーカードは、国際ブランドを2種類(VISA・MasterCard)用意しており、契約するときに国際ブランドを「VISA・まはMaster」のどちらか希望するカードを選択できます。

VISAは最有力の国際ブランド

 国際ブランドで最も大事なポイントは、世界中のどこでも利用できるという安心感です。

 例えば Dinersのカードは、VISA・MasterCardに比べて加盟店が少ないために、大型ショッピングモールや、ホテル・コンビニでは使えても、小さめのショップでは使えないことがあります。

世界で最も加盟店が多いのはVISAである

 カード払いで最も気になる「どこでも使えるカード」という基準で考えるなら、加盟店が最も多いVISAを選ぶべきです。

所有カードの1枚はVISAにしておく

出典:VISA Visa payWave

 VISAの世界でのシェアは50%に近づいており200以上の国で使えます。そして、国内でも7割ほどがVISAブランドのついたクレジットカードとして発行されています。

 ただし、クレジットカードは複数枚を保有している方がほとんどであるため・・

POINT

VISAの決済だけで7割を占めているわけではありません

 VISAの特徴として、決済機構のサービスだけを提携しており、独自のクレジットカードはリリースしていません。

VISAは提携カードのみリリースしている
提供している企業カード名称
三井住友三井住友VISAカード
三井住友Amazon Mastercardクラシック
ゆうちょ銀行JP BANK VISAカード

 このようにVISAのカードは、ライセンスを得た提携会社が発行するスタイルとなります。

Mastercardは欧州に強い

 国際ブランドのシェアとして2番手となっているのが「Mastercard」です。ですが、国際ブランドとしての安心感はVISAと全く変わらず、どこの地域でも高い確率で利用可能なブランドです。

 こちらも、独自のカードを発行するのではなく、ライセンスを提供して提携会社がMasterブランドのカードを発行しています。1枚目のカードがVISAであるなら2枚目をMasterにしておくと、海外旅行ではより安心できます。

JCBは日本発祥の国際ブランド

 株式会社日本クレジットビューローが提供している国際ブランドがJCBです。シンガポールや台湾など東南アジアにおいては、加盟店が非常に多いので便利に利用できます。

 JCBはアメリカン・エキスプレスと提携しているため、海外においてAmexのカードが利用できる店舗で決済できる可能性が有ります。JCBの加盟店においては、優良な特典や保険サービスが受けられる可能性があるため、2枚目のカードを選択する場合には必ず選択肢に入れたいカードとなります。

ステータス感が抜群なAmerican Express

 American Express(アメックス)は、年会費がやや高い印象を受けますが、世界中の富裕層が利用する一流ホテルやレストランなどで優待サービスを受けることができます。

 年会費が高いために一般向けではなく、富裕層がより高いサービスを得るために所持したいカードという印象があります。American Expressが問題だと言われていたのは、国内での利用店舗数が少ないことでした。しかし、現在では・・

JCBと提携していることにより JCB加盟店でアメックスが利用可能

 となっています。そのため、国内でも十分に使えるカードとなっています。海外旅行に行くことの多い方は、アメックスカードに付帯する「空港のラウンジを無料で利用できる」サービスは重宝するはずです。

 ゴールドカード以上のランクとなるプラチナやブラックなど、アメックスの最上級のカードは、レアなカードを狙うユーザーのターゲットとなります。

Diners Clubは富裕層向け

 Diners Club(ダイナースクラブ)もアメックスと同じく富裕層向けのカードとなります。世界で最初にクレジットカードとして利用され始め、ステータス性の高いカードとして認識されています。

POINT

Diners Clubはシェアが少ないが ステータスは最上級

 芸能人やスポーツ選手、医者や会計士など高収入でなければ所持できないカードとして知られていましたが、最近では一定の条件をクリアできれば誰でも所持できます。他のカードと比較してシェアは相当に少なく1%以下となります。

DISCOVERという国際ブランド

 「Discover Card」は、ディスカバー・フィナンシャル・サービス(アメリカ)が提供しているクレジットカードブランドです。

 日本では聞き慣れませんが、アメリカでは非常に人気の国際ブランドとなっています。そして、世界的には 中国で圧倒的な人気を誇る「中国銀聯」、そして日本の国際ブランドである「JCB」と・・

相互利用できる契約をしています

 つまり「DISCOVER」ブランドのクレジットカードを所持していると、日本国内のJCB加盟店で利用できます。海外においても「JCB」「中国銀聯」が利用できる地域で利用できるため、旅行先によっては最有力のカードです。

 ただし、現在のところ「Discover Card」を発行している日本の企業はないために、国内では見る機会はまだ少ない状況となっています。

最有力なVISA・時点でMastercardを

 日本国内でのシェアが圧倒的に多いのが「VISA」です。国内では半数ほどのシェア、そして全世界の統計においても、最も利用されているクレジットカードとなります。そのため・・

最初に所持するカードの国際ブランドは「VISA」にすべき

 これは、世界各国の何処に住んでいても同じようなアドバイスになるはずです。安心感をトータルで考えればVISAで間違いありません。そして、ランキングの次に来るのが「Mastercard」です。

 Mastercardはヨーロッパに強い事から・・

POINT

海外旅行はアジアよりもヨーロッパに行きたい

 このスタイルなら「Mastercard」も適しています。

 「VISA」か「Mastercard」を1枚目に取得したなら、その次は国内ブランドの「ニコスカード」「セゾンカード」「オリコカード」「ディーシーカード」などから選び、国内での特典を狙う方法もあります。

もう一つの国際ブランドのカード

 上に紹介した5つの国際ブランド以外に、中国中央銀行が主導して作られた国際ブランドに・・

銀聯(ぎんれん)カードがあります

 国内ではまだ馴染みがないですが、中国ではナンバーワンのシェアであり、中国人の多く(圧倒的な多数:ほぼ誰も)が所有しています。世界のシェア比較で見ると15%あたりまで上昇してきています。

 但し、その大半はデビットカードとなっているので、クレジットカードのシェアの集計としては適当ではありません。

まとめ:国内ブランドの違い 国際ブランドシェア比較|2019年版

 海外旅行に行く頻度が多いなら、その地域で最も利用頻度の多い(加盟店が多い)カードを作るようにします。商品の値段が安くなるような違いはないので・・

単純に加盟店の数を基準に選びます

 そして、JCBやAmerican Expressに付帯する「ホテルやレストランの特典」を利用したいなら、2枚目、または3枚目のカードとして狙います。

 以上、国内ブランド クレジットカードの違いは?国際ブランド シェア比較...についてでした。