残高不足 クレジットカード:その後どうなる? 再引き落とし・放置

 クレジットカードの利用料金(または公共料金など)は、毎月決まった日に銀行口座から「引き落としの手続き」が行われます。事前に「引き落とし金額」を振り込んでおくだけの簡単な作業なのですが・・

POINT

何かの理由で忘れてしまう事があります

 このとき 指定されている銀行口座では、予定の金額が引き落とせなかったために「引落しの手続きがエラー」となります。この、残高不足のままにするミスをしてしまったときに・・

  • その後どのような対応をしたら良いのか
  • カード会社からどのような連絡がくるのか
  • 利用停止・ブラックリストの可能性は

 これらの疑問について詳しく見ていきます。

引き落としの時間は何時なのか?

 「毎月20日にご指定の銀行口座より引き落としします」のような説明となっているサービスを契約したとき、20日に引き落とし手続きが行われますが、何時に行われるのか?気になります。その答えは・・

POINT

銀行のシステム・引き落とし先の企業により変わる

 となります。つまり、公共料金などは早朝に引き落とされたり、企業の場合は指定の時間に引き落とし処理が行われたりします。このとき、預金残高が足りない場合には残高不足の状態が確定してしまいます。

引き落とし口座がネットバンクの場合

 ネットバンクは24時間営業しているので、平日9:00~15:00のような窓口営業時間の概念がありません。そのため、日付が変わった時点から引き落とし手続きが行われます。

 また、ネットバンクの場合は、日付が変わってから間もなく当日に予定している手続きが開始されます。

ネットバンクは深夜1時過ぎ~3時過ぎあたりの時間帯に引き落としとなる

 ネットバンクは深夜に引き落とし手続きが行われ、一般店舗の銀行の場合には、銀行開店時間あたりに引き落とし手続きが行われます。

引き落としできなかったときには

 重要となってくるのは、引き落とし日当日、早朝の銀行の営業開始前までに入金手続きが間に合わなかったときです。おそらく、1度目の引き落とし処理は終わっているはずですが、その後がどうなるかです。

早朝に引き落としができなかった場合の次の対応
その日の引き落としは行われない 残高不足の処理(再請求)となる
営業時間内に複数回リトライする 再度の処理までに入金でセーフ
何時でも即座に引き落とし可能 入金と同時に引き落とし処理

 このようなパターンがあります。最近多くなっているのは「何時でも即座に引き落とし対応」が可能となっているATMです。銀行の窓口が閉まってもATMが稼働している時間内であれば「当日内の引き落とし:セーフ」となる場合もあります。

遅くても窓口営業時間内に入金するように

 引き落とし日に残高不足の状態に気がついたら、すぐに入金する手続きをします。ほとんどの場合、銀行の窓口が開いている時間内に入金を済ませると、最終の引き落とし手続きに間に合います。引き落としルールを確実に知りたいなら・・

銀行の担当者に聞いてみる

 ことです。銀行のスタッフは、公共料金の支払いや固定電話料金など、様々なサービスの引き落とし手続きの状況を知っているので、多くの人が利用するサービスであるなら、確実な「引き落としの最終時間」を教えてくれるはずです。

 銀行のスタッフが分からないような企業であり、入金後に記帳しても引き落とし処理が行われてないようなら、その企業のサポートセンターに問い合わせてみるべきです。

クレジットカードの引き落としで残高不足

 電気やガスなどの公共料金であれば、残高不足の状態である通知(はがき)が届く、または電気やガスの検針票(兼請求書)に前回、残高不足で引き落としできなかった内容が記載されます。そして、翌月に2月分が請求となります。

 しかし、これがクレジットカードの利用料金の残高不足となれば重要度が違ってきます。残高不足で引き落とし不可であった情報は、クレジットカードの会員専用ページに登録している連絡メールアドレス宛に

POINT

引き落とし予定口座の残高不足により、利用金額が引き落とされませんでした

 のようなメールが届きます。クレジットカードはショッピングでもキャッシングでもカード会社がお金を立て替えて約束をしているため・・

お金を返す約束をしたのに、お金を用意しなかった

 という状況になります。これは現在契約しているクレジットカード会社だけでなく、今後の全てのローンの審査に影響を与えてしまう大きな事件と考えるべきです。

すぐにカード会社に電話をする

 カードの使用料金未払いは深刻な状態となるので、すぐにクレジット会社に電話をして現状を報告するべきです。

うっかり忘れて申し訳ございませんでした。すぐに振り込みます

 という内容で、担当者に誠意伝えることによりマイナスのイメージを少しでも改善させます。

すぐに電話連絡をして、謝罪をし次の対応を仰ぐ → ○
督促状を待ってから、支持された対応をする → ×

 自分が約束を守らずに悪い事をしているので、こちらから謝って手間がかかる方法でも すぐにお金を振り込むアクションをすることが最優先です。その連絡を必ずするように心がけます。

会社によって残高不足の対応は様々

 残高不足の状態が確認できた場合、クレジット会社は次なる対策をしますが、このような方法があります。

POINT

  • メールやはがきで、再度引き落としをする日を連絡する
  • 督促状を送付して、銀行やコンビニ払いを依頼する

 このどちらかとなるはずです。その後、スムーズに支払い手続きを終えると最もダメージの少ない(信用情報にマイナス情報が少ない)方法となります。

 しかし、この手続きも送れてしまうと次には厳しい対応が待っています。

現金が確保出来なかった場合の対策

 再請求の連絡があっても引き落とし金額の用意ができない場合はかなり問題です。連絡をせずにいると更に状況が悪くなるので、とりあえずクレジットカード会社の担当窓口に電話をする必要があります。

 約束を守らずにお金を準備できていない状態を怒られるのではないかと考える人も多いですが、カード会社では返済が困難となってしまう人の対応については、マニュアルで決められています。そのため、次なる対応を淡々と説明してくれるはずです。

再度支払金額の調整をしてもらう

 残高不足で支払いが出来なかった人の対策として、支払い可能な金額を毎月分割払い人もらう対策があります。例えば、今月に8万円の引き落としを予定しているのに準備できなかった場合には、

2万円の引き落としを4ヶ月継続する

 このように、支払いできる金額を毎月支払っていくリボ払いの手続きに入ります。これには手数料がかかるので、その手数料を含めた金額を毎月支払うようにします。

 支払金額の再調整は、支払いが困難な人の最終手段として提示された方法となる為、このリボ払いのスケジュールに切り替えても支払いが出来なかった場合には、カードの利用停止などの対処になってしまう可能性が高まります。

1度の残高不足では利用停止にならない

 多くの場合、残高不足が確認された状態が初めてである場合、指示に従って期日内にお金を用意する事ができれば、そのままカードの利用停止などはならずに継続して使い続けることができるはずです。

 ただし、このような場合は利用停止の可能性があります。

POINT

  • 2ヶ月連続残高不足になってしまう
  • 年間あたり3度目の残高不足となる

 このような問題のある状態を続けていると、カードが利用できない状態になります。これは仕方のない事であり、カード会社もお金を貸してくれるサービスを無料で提供しているわけではなく、返済をする約束の上でキャッシングやショッピング枠を提供できるのです。

ブラックリストの可能性とは?

 多くの場合、残高不足をするとブラックリストに掲載されてその後の対応が厳しくなってしまうのではないか?と考える場合が多くあります。しかし、1年に1回程度のうっかりミスである場合は、状況が悪くなる事はあり得ません。

 ただし、残高不足が年に何度も連続すると「信頼のない人である」という情報が情報機構へ登録されます。この情報が蓄積していくと他のどのようなローンでも許可が下りない・・

いわゆるブラックリストに掲載された状態となります

 実際のところは「黒色のリスト」があるわけではなく、信用情報:残高不足を繰り返していないか?の情報をまとめている会社に、ネガティブな項目が記載されます。

まとめ:残高不足 その後は? 再引き落とし・放置

 残高不足になってしまうのは、非常に最もマイナスな印象を与えるミスです。便利なクレジットカードを今後も利用していくためにも、残高不足のミスだけは絶対に避けるべきです。

 公共料金の支払い先に関する登録クレジットカードを変更する時には、手続きのミスで残高不足になりがちです。

 ピンチの時には、早急にカード会社のインフォメーション窓口へ電話をして事情を説明します。早めのアクションで、心証をとりあえず良い状態にすることを心がけます。

Posted by mon