中食を好む方が増えています なぜ中食なのか?

中食が増えている理由|内食との違い・内訳・定義とデメリット

 美味しい食事を楽しみたいときは外食屋さんに足を運ぶパターンがお決まりでしたが、ここ数年は自宅にいながら贅沢な味が楽しめる・・

中食(なかしょく)を好む方が増えています

 テレビ番組で、ネットのお取り寄せグルメ、コンビニの高級レトルト食品が特集されるなど、おいしい中食に注目が集まっています。そんな中食にまつわる・・

  • 中食って何?内食との違い・その定義とは?

  • いま中食が増えている理由と今後の傾向

  • 中食で節約できるのか・デメリットとは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

中食とは何ですか?その意味・定義・内食との違い

中食とは その意味・定義・内食との違い

 外食・自炊という言葉はよく使っていても、中食・内食という言い方をする方は少ないはずです。

 中食の定義を言葉で言うよりも、いつもの食事が「外食・中食・内食」のどれに当てはまるのか例を見ると分かりやすくなります。

外食・中食・内食の意味とは?
どんな意味?
外食イタリア料理店、マクドナルド、ガスト、近所のそば屋、屋台でおでんを食べる
中食デパ地下で総菜を購入、ピザのデリバリーをとる、レトルト食品を買ってきてチン
内食生の魚を買ってきて焼き魚を作る、肉と野菜を買ってきてカレーを作る

 大まかに分けるとこうなります。

  • 冷凍食品の餃子を買ってきて、チンして完成

  • 商店街でコロッケ・ハムカツを買ってきた

  • カツ丼の出前が届いた

 これらも中食になります。

中食とは、惣菜店やコンビニエンスストア・スーパーなどでお弁当や惣菜などを購入したり、外食店のデリバリーなどを利用して、家庭外で商業的に調理・加工されたものを購入して食べる形態の食事をさします。

 生の肉・魚・野菜から調理開始をすると内食、すでに加工された食品を買ってくる・または他で完成した食事を届けてもらうのであれば中食となります。

 気になるのは中食(なかしょく)の言い方です。外食(がいしょく)に対するなら中食(ちゅうしょく)の方が良さげです(昼食と紛らわしいですが)。なかしょくで正解であるなら、外食は「そとしょく」と言うべきのような気がします。

なぜ中食が話題になっているのか?

なぜ中食が話題になっているのか?

 お総菜を売っているお店は昔からありました。しかし、最近になって中食がブームになっているのは・・

POINT

本格的なメニューをお持ち帰りでき、自宅で楽しめる

 これがあるからです。

外食行かない、中食ニーズが拡大へ

 国産の良い素材を使って、料理人が監修したメニューが「デパ地下」「エキナカ」で売られています。スーパーのお総菜なのに、全国大会のチャンピオンの料理人が監修した「からあげ」を売っています。そして、SNSでも話題の・・

  • バターチキンカレー(ファミリーマート)

  • 金のハンバーグ(セブン-イレブン)

  • 豚角煮(ローソン)

 コンビニグルメの質が非常に高いと話題になっています。

セブン-イレブンの「金シリーズ」が美味しくておすすめ

セブンイレブン|金のシリーズ

 セブン-イレブンの「金シリーズ」は絶賛する方が多くいて、どれを選んでも本格派の味で驚かされます。ただし、例えば「金のビーフシチュー」は386円なので、サラダとライスを追加すると、外食より高くなってしまうかもしれません。

味は本格的だが安くはない

 激ウマを求めるとコストが上がりすぎるのがデメリットとも言えますが、それは逆のパターンもアリです。デパ地下で激安の「エビチリ」が売っていたり、タンドリーチキンの専門店のお持ち帰りが「当たり」だったりします。

中食が増えている理由:アンケート結果

中食が増えている理由:アンケート結果とは

 農林水産省が実施したアンケートによると・・

月に1日以上の頻度で中食を利用する割合は、単身世帯、二人以上の世帯ともに、弁当類(主食的な調理食品)が7割、そう菜類(副食的な調理食品)が8割となっています。

 弁当・お総菜・デリバリーを利用する方はとても多くいて、中食が増えている理由はこうなります。まずは二人以上世帯のアンケート結果から。

二人以上の世帯の中食が増えている理由グラフ

 「時間がない」という理由を挙げる方が多くいて、次に普段は食べない食品だから買っているという答えになっています。

 次は単身世帯の場合です。

単身世帯の中食が増えている理由グラフ

 おおまかな理由は二人以上世帯と似ていますが、「調理・片付けが面倒」と答える方が最も多くなっています。一人暮らしだと食事の準備にまつわる時間を無くし、自由な時間を優先する方が多くいます。

 そして「自分で食事を作るより価格が安い」と回答しています。例えば家族4人分の食事を作ると、一人分のコストはずいぶん安くなります。それと比較して一人分の食事を自炊すると、調理の手間・食材の購入と消費コストも多くかかります。

中食のメリット:アレルギー対策・ダイエットにも

 外食で食べるメニューと違って、中食にすることで・・

品質表示があって詳細を確認できる

 このメリットがあります。

 卵や貝などにアレルギーがある方は安易に外食ができません。事前に使用されている食材がチェックできる中食なら安心して楽しむことができます。

アレルギー疾患対応資料:文部科学省

 そして、もう一つのメリットは・・

ダイエット中に摂取カロリーをチェックできる

 これがあります。

 ダイエットの定番となったサラダチキンのように、食べ応えがある低カロリー食品を見つけやすくて助かります。

POINT

レトルトお総菜・缶詰・カット野菜で簡単

15kg痩せたサラダチキン

 パッケージから出して、チンして盛りつけると完成です。パッケージには熱量:カロリーが記載されているので、1食分のカロリー計算が簡単にできます。

中食が増えている理由とは:デリバリーなら税率が低い

中食が増えている理由:デリバリーなら消費税の税率が低い

 最近ではピザ・お寿司・牛丼チェーン店だけでなく、多くの外食産業がデリバリーのサービスを開始しています。

 その背景には 中食がブームに加えて、このメリットがあるからです。

POINT

軽減税率の導入で税率が10% → 8%となります

 軽減税率の対象となる飲食料品とは・・

テイクアウトの場合は軽減税率が適用されますが、イートイン(飲食)の場合は外食として標準税率が適用されます。

 ウーバーイーツ利用者の拡大と同時に軽減税率の導入で安くなることもあって、宅配で食事を注文する方は増えています。ただし・・

配送料がかかるとき軽減税率の対象にはなりません

 軽減税率の対象は宅配する食事だけです。そのため、届けられた食事は税率8%、別途、送料が追加されるときには送料だけは税率が10%となります。

中食が増えている理由:中食を好む単身世帯が増えている

 「税率が安い・デリバリー人気がアップしている」要因に加えて、さらに中食ブームを加速させている大きな理由がこれです。

日本は単身世帯が増え続けている

デリバリー6社比較

 都会に出て一人暮らしをする方や、少子高齢化が加速していることが影響しています。総務省によると・・

未婚率の増加や、核家族化の影響を受けて、単独世帯(世帯主が一人の世帯)が増加している。

2040年には単独世帯の割合は約40%に達すると予測されている

 一人暮らしが増える要因は未婚だけではなく、お年寄り世帯が増加していることも挙げられます。

 後期高齢者になるとガスコンロでの調理が困難になるため、食事はデリバリーが増えます。外食は高くつく事、そして内食は手間がかかるために、ちょうどバランスの良い中食を選ぶ方は今後も増加すると予測できます。

インスタント食品とコラボで楽な食事

 仕事帰りに夕飯を何にしようか考えるとき・・

天ぷら とんかつにしたいが・・面倒くさい

 こんなときは、商店街・スーパーのお総菜コーナーで揚げ物を調達できると楽でキッチンも汚れません。さらなる裏技としては、ガスコンロに火をつけずに手軽に食事を完成させるために・・

 こんな方法があります。ポットのお湯が沸騰するのを待つだけ、または電子レンジでチンするのを待つだけで食事が完成します。

 袋ラーメンはコスパが非常に高いために、ケチる・セコい節約生活には欠かせません。

 インスタントラーメンは高いカップ麺、安い袋ラーメンというバランスになっています。その理由についてこちらでまとめています。

まとめ:中食が増えている理由|内食との違い|2021年版

 自宅で自炊すると食費の節約になります。しかし、食材を買ってきてカレーをグツグツ煮込むには時間もかかり、洗い物が増える、生ゴミも増えるので、中食を選ぶ方が増えています。

 単身世帯の増加から今後も中食の利用者は増えると見られていて、よりコスパのいい食品に注目が集まりそうです。

タイトルとURLをコピーしました