お金を増やすなら? 短期間で稼ぐコツ 銀行 アプリ 賢い方法 安全

clowns-lady

財布の中身が少ない状態が続き、なかなかお金を増やすことができない時には、どのように対策をしていけばよいのか取り組むべきポイントを見つける事が重要になります。

ネットでお金を増やす対策をチェックしていくと、副業をする方法や、投資をする対策、またはお金が増えるアプリに頼るなどの対策がありますが、どれも簡単にできる事ではありません。

まずは、自分の現状の生活の中身をチェックして、無駄遣いを減らし安定した生活を目指すことから始めます。そして、お金を増やす方法をリストアップし、自分に向いているやり方で最短距離で大きなお金をゲットしていきます。

現状のお金の流れを知ることから

お金を増やす為の取り組みを始める前に、自分の現状で利用できるお金を見直していきます。

銀行に大きなお金が確保出来ているのであれば、すぐにリスクの少ない投資を始めるための対策が可能ですが、今すぐお金が必要となる厳しい生活が続いている場合は、無駄な出費を抑える対策から始めます。

月末までに、銀行預金と財布の中にお金が残っているか?

まずは、収入と支出のバランスの見直しから決めます。給料で頂いたお金を、その月で全て使ってしまっている場合は、根本的な生活改善が必要となります。

お金の使い道を良い方向に

お金を増やす最短ルートは、浪費している部分を改善し投資出来るお金に回していくことです。毎日当たり前に使ってるお金を見直し、無駄遣いを修正しい消費に切り替えます。そこからお金が増えていけば投資に回せます。

浪費 → 消費 → 投資

お金の使い道は上記の3つが基本となるので、必要のない出費をカットしていくことによって、正しい生活スタイルが維持できるように整えます。そして、更なる見直しを続けていけば投資をするだけのお金が増えるのです。

お金を増やす基本は稼ぐ事

生活の中身を見直しても欠点が見つからない場合は、生活のお金の基本的な金額が少なすぎることが原因となります。節約や投資など様々な対策をするためには、基本となる収入の金額がある程度必要となります。

そのお金に届いていない場合は、労働時間を増やす以外方法はありません。

  • 日雇いアルバイトで生活資金を増やす
  • 自宅でできる副業で収入源を確保
  • 治験モニターで休みの日に報酬を得る

メインの仕事に支障が出ない程度にアルバイトの時間を増やしていきます。疲労度が抜けない状態が続くと体調が悪化してメインの仕事を休んでしまうことになり逆効果になる可能性があります。そのため、勤務日数を調整できる仕事に限定します。

治験モニターとは、発売前の薬を飲んで副作用がないかテストするバイトです。基本的には、薬を飲んで自宅で安静にしているだけの仕事が多いので、ちょっとした副収入を得る方法としては効果的です。

電子マネーの使い方を見直す

最近では、交通機関専用の電子マネーや、デパートやショッピングセンターにコンビニ、ガソリンスタンドなど、様々なお店が連携して共通のポイントをゲットできるカードで決済をする人が多くなってきています。

これらのポイントを集めるようになると、ポイントがゲットできるお店に遠出したり、ポイント3倍キャンペーンに必ずお店に足を運ぶなど、無駄にガソリンを使ったりしてしまう人も多いのです。

ポイント獲得のため無駄に時間とガソリンを使う

そのため、1%や1.5%の還元率のポイントを追いかけるのは得策ではない可能性があります。このような、無駄な特典を追いかけてお金や時間を浪費してしまうのはクレジットカードの場合も同様です。

クレジットカードで無駄遣いが増える

カード決済をすると、商品代金を後でまとめて支払うことができるため、とても使い勝手が良く便利です。しかし、後払いシステムなので人によっては必要以上に商品を購入してしまう人もいます。

また、最近のクレジットカードにはリボ払い専用のタイプが多くなっており、毎月の引き落とし金額が少額になる分だけ必ず利息がつくようになります。知らないうちに、無駄なお金を請求されている可能性もあるため、カードの明細書を詳しく見る必要があります。

リボ払い専用カードで知らずに無駄に出費をしている

クレジット会社も、期間限定ポイントが獲得できるキャンペーンや、会員特典としてポイントで交換できる商品のパンフレットが定期的に送られてきます。これを見ると、更に商品購入の意欲が高まってしまう可能性があります。

お金の流れを集約するアプリ

金を増やすためには将来的に投資をする心得が必要になってきます。そのためにも、貯金できるお金のやりくりを考慮する必要がありますが、給与のお金とクレジットカード、そして保険料などを様々な出費などの情報をまとめて管理できるスマホのアプリがあります。

家計簿ソフトと似ていますが、銀行の預金口座のデータがオンラインで獲得できたり、クレジットカードの明細書をそのままデータとして取得することもできます。また、スーパーで購入したレシートをスマホで撮影し、データとして集計することが可能です。

給与や出費など全てのお金の流れを把握できるアプリがある

本業の給与と副業の収入、そして公共料金の支払いや娯楽で使っている金額などもすぐに把握できるため、銀行に預けている貯金が着実に増えている状態もリアルタイムでチェックする事が可能です。

貯蓄専用の銀行口座を持つように

お金を増やす第一歩として、給与で得たお金の全てを貯金するスタイルにお金の流れを変えていきます。銀行口座に給与が振り込まれたときには、そのお金を全て将来の投資などに使うお金を蓄える貯金通帳に移動します。

給料日に貯金用の口座に全てのお金を移動する

貯金用の口座に移動したお金の中で、アパートの家賃、電気、ガス、水道などの公共料金の支払いのお金を抜き出して、引き落とされる銀行口座に移動させます。とりあえずこの状態が基本とする生活をすることで、貯金額を最大限にキープすることが可能となります。

知り合いの結婚式などの冠婚葬祭があると、必ずお金が必要になってきますが、そのお金を貯金用の銀行口座から出すようにします。本当の緊急時にだけ欲しいお金を使うように徹底するようにします。

銀行の定期預金ではお金は増えない

経済の循環を良くしていく為に、銀行の金利は最低の数値まで抑えられている状況が続いています。そのため、定期預金にお金を預けていても全く増えない状態となります。1年間預けていても、1回分のATM手数料で利息が消えてしまう状況が続いています。

そのため、預けているお金が保証されているといっても、いつまでも増えない状態で定期預金に預けるのは間違った選択となります。将来的に大きくお金を増やす予定であれば、多少のリスクを考慮して投資に使っていく方法が必要となります。

定期預金に預けてもお金は全く増えない

多くの場合、魅力のある投資の基本は株式投資となります。ただ、株式を購入するには最低でも50万円程度の貯金を確保しておく必要があります。最近は数万円でも始めることができる「ミニ株」もありますが、配当金が頂けないなどをマイナスポイントもいくつもあります。

投資信託で安定して増やすには

株式投資のリスクを考慮すると、知識や経験がない場合には、プロに全て任せることができる投資信託を選択する方法があります。銘柄の選択や運用について全て任せることができるので、安心した資産運用が可能となります。

ただ、問題となるのは依頼する際にコストがかかることです。買い付け手数料や、運用管理費用を支払うので、より大きく利益を出せないと、手数料を支払うとマイナスになってしまう可能性もあります。

投資信託は購入時手数料、運用管理費用、信託財産留保額がかかる

これらの費用を支払っても黒字になるように見通しを立てていく必要があるので、全て安泰ではないのです。プロに任せる投資信託も元本割れをするリスクがあるので、安全にお金を増やす対策出ない事を考慮に入れるべきです。

まとめ:お金を増やす対策

お金を増やすなら定期預金などに期待するのではなく、多少のリスクを伴った金融商品を購入する方法や、投資信託などでプロに委託してしまう方法があります。どちらにしても短期間で大きく稼ぐ事は難しいので、知識を深めてベストな方法を試行錯誤する必要があります。

できるだけ安全にお金を増やすには分散投資術が必要になってきます。より賢い方法が選択できるまでには勉強する時間も必要であるし、ある程度の経験も重要となってくるため、早めに投資できるお金を集めて経験を積むことが大事になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加