ICチップがないクレジットカードとは? 読み取り 署名なし サインレス

 クレジットカードには、四角の形をしたゴールドに輝く部分がついています。このキラキラする部分がついているカードが・・

POINT

ICチップ付きのクレジットカードとなります

 2019年以前は、従来の「磁気ストライプ」の情報を読み取る(レジでスライドする)タイプのクレジットカードも発行していましたが、今ではICチップ付きのタイプのみへと変更されているはずです。

 このICチップ付きクレジットカードにまつわる・・

  • カードの使い勝手(レジの読み取り)
  • サインレス決済の方法
  • セキュリティー面のメリットとは

 ICチップ付き・ついていないタイプのメリット・デメリットについて、分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ICチップはおサイフケータイに内蔵されている

 ガラケーの時代にサービスを開始した「おサイフケータイ」は、携帯電話の中にICチップ(FeliCa)を搭載しています。

 このICチップの優れているところは、蓄積できる情報が非常に多いので複数のカード情報を保存することができ、何度でも書き換えができます。そして・・

おサイフケータイのICチップ(FeliCa)はアプリと連動して動作します

 これが可能であるために、スマホでネットバンキングをしてクレジットカードや電子マネーの残高を移動させたり、チャージ、商品購入、クーポンの発行など、多くの機能を提供しています。

ICチップ付きのカードとは?

 ICチップとは、クレジットカードの左部分にある金色の四角い部分です。

POINT

近年発行されるカードはICチップが必ずついています

 この違いがあるので、過去に提供されたクレジットカードと見た目で区別ができます。

 ICチップ付きのタイプは、従来型のカードよりもセキュリティー面で優れています。現在のスタンダード(ICチップ付き)カードと、旧タイプのクレジットカードの違いはこのようになります。

ICチップ付きカードと従来タイプの違い
カードのタイプリリースセキュリティ
ICチップ付き近年優れている
磁気ストライプ古い問題あり

 古いタイプのクレジットカードとは、四角いICチップ(金色で輝いている)が付いていないタイプとなります。

磁気ストライプのタイプの問題とは

 クレジットカードを不正に入手して取引を行う「偽造カードの被害」については、従来の磁気ストライプタイプから・・

ICチップ付きタイプへの移行で大きく抑制できます

 磁気ストライプに記録できる情報は少ないため、後で説明するスキミング作業が一瞬で終わります。つまり、情報を抜き取られる危険性が高くなるデメリットがあります。

 現在のところ、2020年の東京オリンピックまでには磁気ストライプのカードをなくす方針となっているので、これまでICチップのないタイプのカードを提供していた「ダイナースクラブ」もICチップ付きカードに切り替わってきています。

セキュリティー向上は歓迎される

 海外においては、ICチップで情報の読み取りをするタイプが早くから普及しており、海外と比較して日本はまだまだ遅れている状況があります。

 ICチップがついていいない「磁気ストライプのみとなるクレジットカード」では、利用者本人を確認するために商品購入時にレシートにサインをする必要がありました。

POINT

本人確認のサインで不正を防止する対策である

 しかし、サインは「真似して書く」ということが可能です。そのセキュリティー面を向上するために、ICチップ付きのカードの切り替えを急いでいます。

ICチップ付きカードは4桁の暗証番号を入力する

 スーパーのレジなどで、ICチップのついたクレジットカードを利用する時には・・

専用端末にカードを差し込み4桁の暗証番号を入力

 この方法でセキュリティー対策をしています。暗証番号なら「サインを真似して書く」のような不正を回避することができます。

 但し、スーパーにて暗証番号を入力するルールは、お店によってもかなり変わってくることがあります。

決済時にサインレス・署名不要となる

 スーパー、薬局、デパート、コンビニなど、クレジットカード決済が利用できるショップでは、このようなルールでセキュリティ対策をしています。

クレジットカード利用時のルール
ショップ名セキュリティのルール
ユニクロ3万円未満はサイン・暗証番号不要
ウエルシア一万円未満はサイン不要。一万円以上は要サイン
イオン3万円以下はサイン・暗証番号不要

 コンビニやスーパーなどでは、ICチップ付きカードであるかに関係なく、サイン・暗証番号チェックなしで購入できる金額を設定しています。

POINT

  • コンビニは1万円以下はサイン・暗証番号不要
  • スーパーは3万円以下はサイン・暗証番号不要

 このようなルールを設定しているお店が多いですが、このサインレスで購入できる金額は、カード会社との契約で取り決めています。

 イオンの店舗では、3万円以下の支払い時に「イオンカード」以外を提示する時に「サイン・暗証番号入力」を求められることがあります。このように、ICチップ付きに関係なく利用するクレジットカードによって変わる事もあります。

サインレスの金額を設定する理由とは

 ICチップのあり・なしに関係なく、ショッピングの決済をサインレスにしたいのは・・

レジの精算スピードをアップしたいからです

 すでに電子マネーの利用では「数秒で決済が完了」するので、クレジットカード決済に時間がかかるとなればマイナスの要因になってしまいます。

 ただ、やはりサインレス・暗証番号チェック無しではセキュリティ面のリスクがあります。クレジットカードの利用規約には・・

POINT

加盟店に設置する端末の利用で売上票への署名等を省略できるものとする

 このような記載があります。

 つまり、カード会社が加盟店に設置してある端末に通して「サインレスで買い物できることを承認している」という意味であり、多少のリスクよりも利便性を高めることを優先しています。

ICチップなしのカードの問題とは

 磁気ストライプから情報を読み取るクレジットカードの場合には、簡単な読み取り端末で情報を抜き取ることが容易に可能です。

 悪意のあるお店のスタッフへカードを預けてしまうと、数秒もあればカード情報を盗み取る「スキミング作業」が完了します。渡したカードは手元に戻ってくるので、情報を抜き取られたことが分かりません。

POINT

スキミング被害に遭遇する可能性がある

 この問題を回避するためも、ICチップのついたクレジットカードへの切り替えが推奨されています。

ICチップを簡単に導入できない事情がある

 ICチップが搭載されたクレジットカードをリリースするのは、さほど難しい事ではなく、すでに数年以内に国内で発行している新しいカードにはICチップが搭載されています。

 しかし、完全にICチップの機能を利用した取り引きに切り替わらないのは、スーパーで利用しているレジが関係しています。

 現在は、どこのスーパーでも・・

POINT

  • 売上情報
  • 顧客情報
  • 在庫管理

 これらをまとめて管理するために、「POSレジ:ポスレジ」が導入されています。商品の売れる曜日や時間帯を集計して、今後の販売戦略に行かすことができる優秀なレジスターです。

高額なポスレジの買い替えは簡単ではない

 現在、小売業で利用されているレジの多くが「ポスレジ」であり、コストが高くても必ず導入しないと他店との販売競争に対抗できない時代になっています。このシステムを導入した時期が古いと・・

POINT

ICチップで情報を読み取る機能がついていない

 この状態であることが考えられます。カードのセキュリティー面の向上のためにICチップ読み取りの機能が重要だと分かっていても、コスト面で問題があります。

POSレジとICチップ読み取り機能

 日本クレジット協会においては、IC取り引きの重要性の情報と、加盟店が利用すべきPOSレジの情報が掲載されています。

ICチップ搭載カードの決済が可能な端末
レジ付属型レジ本体以外に付属機器としてICチップ読み取り機能が搭載されている決済端末を設置するスタイル
POSレジ一体型POSレジにICチップの読み取り機能が装備されているタイプ
POSレジ直結型POSレジの付属機器として、ICチップ読み取り機能付きカード決済端末を設置して、リンクしてカード決済を処理するスタイル

 高額なPOSレジ導入が問題となってきますが、ICチップ読み取り機能がついた「カード決済端末」を別途用意して既存のPOSレジへ連動して使用できれば、コストを大幅に下げることができます。

 既存のシステムを残しつつ、低コストで導入できる有効な対策ですが、これが不可能であるときは費用のかかってしまう手段を選ぶことになってしまいます。

ICチップのないカードの危険性

 国内で発行されているICチップ付きカードは8割に到達してないと見られており、店舗側のICチップ対応カード決済システムもまだ半数にも満たない状況です。

海外と比べて日本はクレジットカードのセキュリティ対策が遅れている

 状況となっています。

「クレジット取引セキュリティ対策協議会」による国際水準のへ対応するセキュリティ環境を整備する会合によって「実行計画2018」として策定された内容では・・

対面加盟店ではICカード決済が可能な端末を設置て不正使用防止対策をとること

 という対策が加盟店に義務付けられています。

まとめ:チップなし 読み取り サインレス 署名不要|2019年版

 ICチップのみ利用できるクレジットカードに切り替わると、不正利用の可能性は大幅に下がります。そして、ICチップカードへ対応ができていないレジを設置しているショップは早急な対応が必要な状況となっています。

 安いコストでPOSレジに「ICチップカード読み取り機能」を追加できるサービスもあります。そのような選択肢があるので、システム変更にかかるコストを抑えることができます。

 以上、ICチップがないクレジットカードとは? 読み取り 署名なし サインレス...についてでした。