オートミールの安全性:体に悪い発がん性あり農薬の問題とは

業務スーパー オートミール体に悪い?安全性 無農薬 発がん性

 お得な業務スーパーオートミール生活を始めるときに気になるのは・・

これって無農薬?体に悪い?

 業務スーパーで扱っているオートミールは、全て海外から輸入しています。なので、海外の農家が使用する農薬、安全性の基準がどうなっているのか気になります。そんな、業務スーパーオートミールの安全性にまつわる・・

  • 輸入しているオートミールは無農薬なのか

  • 体に悪い成分、発がん性の問題はどう?

  • 業務スーパー輸入食品の安全性とは

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

業務スーパーのオートミールが体に悪い理由とは

業務スーパーのオートミールが体に悪い理由とは

 お手軽に食物繊維を摂取する方法としてオートミール生活をする方が増えており、コスパのよい業務スーパーのオートミールも人気です。そんな中、業務スーパーのオートミールは・・

体に悪い やめたほうがいい!

 こんな事を口にする方も増えています。それはなぜなのか?

 まず、ネットの掲示板、ブログ、SNSなどで目にする情報を集めてみると・・

  • 胃もたれがすごい

  • 風味がダメ 食欲減退

  • 便秘がさらに悪化した

  • お腹を下す頻度が増えた

 こんなの体調不良にまつわる不満が多いことが分かります。単に体質が合わない方もいるかもしれませんが、食べ方(レシピ)だったりオートミールの選定そのものが間違っていることもありそうです。

調理時間に合ったオートミールを選ぶ

調理時間に合ったオートミールを選ぶ

 オート麦を使用するシリアル食品は、オートミール、ミューズリー、グラノーラという分け方になりますが、さらにオートミールだけを見たときにも、加工の行程の違いによりいくつかの種類に分けることができます。

  • 蒸して押しつぶしたロールド

  • ロールドを砕いたクイック

  • 加熱処理を終えたインスタント

 基本はこの3つになります。

 オートミールを食べて血糖値を抑える「低GI食品なのでオススメ」として紹介されることもありますが、GI値も加工の違い(やわらかさ)によって変わります。より堅いロールドオーツを食べた方が数値は低くなります。

間違ったオートミール選び:消化が悪く胃に負担をかける

間違ったオートミール選び:消化が悪く胃に負担をかける

 業務スーパーで扱っている海外のオートミールはロールドが3製品、クイックが1製品です。これを考慮して美味しく仕上がるレシピを選びます。

 ただ、ネットで見つかるオートミールのレシピは、どのタイプが適しているのか説明していない場合があります。

 加熱の時間を長くすると堅いオートミールは柔らかくなります。しかし、食感、風味については最適なタイプで短時間で仕上げた方が美味しくなります。ここを考えるのが面倒なので適当に調理 → 堅いまま食べていると・・

POINT

消化が悪く 体に負担をかけます

お腹の中にガスが溜まってぽっこり感が気になる

 少量なら気になりませんが、食べ過ぎてしまうと 便秘が悪化したり、逆にお腹を下すことになります。こんな不満から「体に悪い」と感じる方がいます。

 業務スーパーで売っているオートミールは生で食べるタイプではないので、多少でも熱を加えるレシピをにするべきです。

体に悪いオートミールの摂取量に気をつける

体に悪いオートミールの摂取量に気をつける

 体に悪いオートミールの食べ方は、量も関係します。1食あたりに使用するオートミールの分量は、最大でも・・

50グラムまでとします

 便秘などの症状を回避するには最適な分量に抑えて消化の負担を軽減します。ここがズレてしまうと栄養成分の吸収が悪くなってしまうため、新たな体調不良の要因を作ってしまうことになります。

 オートミールのレシピの多くは「一食分 = 30グラム」を基準としています。これくらいが適量であり、50グラムになると胃がパンパンになるのが分かります。

オートミールの安全性:無農薬の記載はあるか?

オートミールの安全性:無農薬の記載はあるか?

 オートミールは体重のコントロール、体質の改善など、良い面をアピールしてオススメしてくる方が多くいます。しかし、デメリットについての情報はなかなかお目にかかれません。なので、気になってしまう・・

POINT
  • 無農薬なので安心・安全なのか?

  • 発がん性のある農薬は使われているか?

 これに関する詳しい情報について探していきます。

 まず、業務スーパー オートミールの袋を細かくチェックしていくと・・

不良品があったときの連絡先|業務スーパー

 不良品があったときの連絡先:相談窓口が記載されています。

 そして業務スーパーの安全性への取り組みにまつわる業務スーパーのページが紹介されており、その内容は・・

商品開発事前チェック・現地工場チェック・品質安全検査・商品検証の4つの重点的な取り組み

 安全性に向けた詳細を説明しています。そして、さらにパッケージには・・

業務スーパーのオートミールに無農薬の記載はなし

本製品の製造ラインでは、小麦を含む製品を生産しています

 こんな断り書きがあります。

 この言葉で伝えたいのは、オートミールの製品の中に「小麦が混入する可能性があります」と言っています。つまり業務スーパーのオートミールは4製品ともに・・

POINT

グルテンフリーな食品ではありません

 業務スーパーで扱うオートミールの品質、安全検査が十分に行われていることは分かりますが、肝心の発がん性、無農薬にまつわる安全性についての記載は見つかりません。

業務スーパーのオートミールの安全性、発がん性 ウワサの理由

業務スーパーのオートミールの安全性、発がん性 ウワサの理由

 海外のオートミールは、輸入する際に農薬・発がん性の物質を含めた規定の検疫をパスする必要があります。業務スーパーのオートミールが検査をクリアしていないなら問題ですが・・

POINT

発がん性の物質で問題となった事例はありません

 それなのに業務スーパーのオートミールの安全性、発がん性についての懸念がネットで出てくるのは、このニュースが影響しています。

「モンサントの除草剤・ラウンドアップ(有効成分はグリホサート)が原因でガンを発症した」と、カリフォルニア州の夫婦が賠償を求めた裁判で、州裁判所の陪審は同社に対して約2200億円の支払いを命ずる評決をくだした

 有名な(世界で使用率1位の)除草剤が原因でガンになった → 訴えた → 勝利 という内容です。

除草剤で2,200億円賠償命令

 この除草剤「ラウンドアップ」は安くて効果が抜群なので(小麦、水田作物、大豆、雑穀類など広く使われています)、日本でも昔から重宝されています。Amazon、楽天、近くのホームセンターでも売っています。

国によっては発がん性の問題からグリホサートの使用が禁止に

国によっては発がん性の問題からグリホサートの使用が禁止に

 この裁判の影響からグリホサートの使用について・・

オーストリア → 禁止
フランス → 禁止
ベトナム → 禁止

 こんな状況になってきています。

輸入小麦に除草剤:発がん性グリホサート残留

 ですが、日本では逆にグリホサートの含有チェック基準が大幅に緩和(もっと多く残っていても許可します)の方向になっています。

除草剤グリホサートの発がん性の分類:根拠の強さとは

除草剤グリホサートの発がん性の分類:根拠の強さとは

 WHOの一機関である国際がん研究機関では「発がん性の分類:根拠の強さ」を示す指標があります。このような内容です。

国際がん研究機関(IARC)による発がん性リスク|日本看護協会

 現在のところ、除草剤:ラウンドアップは・・

グループ2A:ヒトに対しておそらく発がん性がある

 ここに分類されています。

 つまり、まだ「人に対する発がん性がアリなのか?」については確実ではないとしていますが、5段階の上から2番目という位置なので「安全性は問題なし」と言うのは間違いであることが分かります。

厚生労働省の調査:発がん性、遺伝毒性の結果とは

厚生労働省の調査:発がん性、遺伝毒性の結果とは

 こちらは「食品衛生審議会食品衛生分科会農薬」という厚生労働省の資料:313ページに及ぶ巨大レポートです。ラット、マウスを用いた試験などいくつもの調査結果を踏まえ、最後の結論では・・

グリホサートには発がん性及び遺伝毒性は認められなかったと判断しました

 こうあります。

 世界中でグリホサートの安全性に問題「アリ・ナシ」で動きがある中、日本はアメリカと同じく「発がん性の証拠はない」としています。

オートミールに使用された除草剤の発がん性とは

オートミールに使用された除草剤の発がん性とは

 シリアルを製造するアメリカの企業にクエーカーがあります。

 使用される頻度の高いグリホサートは、オートミールの大手「クエーカー製品の農場でも使用されていた」とされており・・

クエーカーのオートミール → 発がん性がやばい!

 このウワサにより、クエーカー製品の購入を控える方が増えています。

 ですが、これはクエーカー製品に限ったことではありません。どこの国でも安く購入できるの除草剤なので、業務スーパーが輸入するオートミールも「条件は同じ」だといえます。

食品安全委員会が示したオートミールの安全性:調査結果とは

食品安全委員会が示したオートミールの安全性:調査結果とは

 過去に内閣府の食品安全委員会が示した食品衛生法の「リスク評価」によると・・

「クエーカーオートミール」については、食経験及びヒト試験の安全性に係る部分の内容を審査した結果、適切に摂取される限りにおいては、安全性に問題はないと判断される

 安全性は問題なしという結論を出しています。

体に悪いオートミールではなく 無農薬の製品を買いたい

体に悪いオートミールではなく 無農薬の製品を買いたい

 問題のグリホサートは安いので、日本でも普通に使われています。ここ数日に食べた野菜を調べてみると、使用している農家が簡単に見つかるはずです。

発がん性のある農薬はぜったいダメ!

 安全性を第一に考えるなら、口にする野菜はすべて無農薬な食品にしたいところです。ですが・・

無農薬にするとどうなるか?
1発がん性のある除草剤は使用しない
2安全性を考慮、完全無農薬で栽培
3雑草、虫の被害で収穫量が激減
4生活のお金がない → 高く売る
5無農薬だが高い野菜 → 売れない
6発がん性なし 安全性だけでは無理!

 こんなことになりかねません。無農薬の野菜を「高くても買ってくれる」ことを見越してやっていける農家は多くありません。

 なので、発がん性・体に悪いと分かっていても農薬使用 → 収穫量アップ → 安く売る → 売れる → 来年もやっていける・・がお決まりです。

発がん性のある農薬を使っても大丈夫なのか?

発がん性のある農薬を使っても大丈夫なのか?

 業務スーパーでオートミールを買う理由は、他のスーパーと比較して値段が安いからであるはずです。

 ですが、かなりお買い得ということは無農薬のオートミールではありません。発がん性が疑われる農薬を使用している可能性がありますが、日本が決めた残留農薬の基準はクリアしている食品であるといえます。

 農林水産省では農薬の毒性について・・

短期間に多量の農薬を摂取した場合の毒性(急性毒性)と、少量であっても長期間に農薬を摂取した場合の毒性(慢性毒性)を試験する。

作物などに残った残留農薬が人の健康に害を及ぼすことがないように、農薬の登録に際して安全性に関する厳重な審査が実施されています。

 試験により「健康に害を及ぼさない」数値を決めており、この基準は輸入するオートミールも該当します。

発がん性の基準は今後変わってくる可能性がある

発がん性の基準は今後変わってくる可能性がある

 IARC(国際がん研究機関)では発がん性物質のメカニズムの解明が続いているため、今後も発がん性にまつわる農薬の基準が変わってくると予想できます。

 先の除草剤:ラウンドアップを分類した調査の基準、疫学から因果関係を示す内容は、こちらの厚生労働省のページにて日本語で確認できます。

疫学的研究からの証拠に基づき、ヒトに対し発がん性がある

動物試験で十分な証拠がある

 2番目「おそらく発がん性がある」と3番目「発がん性がある可能性がある」については、微妙なニュアンスの違いだけのような感じもしますが、確立が「高い?低い?」の指標にすることはできます。

業務スーパー オートミール安全性 無農薬に関連する記事

まとめ:体に悪いオートミール 業務スーパー 無農薬|2021年版

 海外のオートミールは安全性が気になります。ですが、海外でも残留農薬の基準値は国際的に決まった数値:Codex(コーデックス)委員会の基準が使用されます。

 そのため、日本の検疫において残留農薬にまつわる問題が見つかる可能性はないといえます。そしてもう一つ、オートミールでアレルギー症状が出る方もいます。この場合、体に悪い食品と判断するのは仕方の無いことです。

タイトルとURLをコピーしました