オートミールの値段を比較、その違い・どれが安いのか調べます

業務スーパー オートミール比較|値段の違い どれが安い いくら?

 業務スーパーで売っているオートミールは、安い値段ながら品質も味も問題ないので誰にでもお勧めできます。SNSでも・・

業スー オートミール激安!

 のようなタイトルで、大量買いの写真を見ることがあります。そんな、「いくらで買った」ネタを比較すると、時期によって値段が変わっていることが分かります。そんな業務スーパーオートミールにまつわる・・

  • 業務スーパー オートミールの特徴・違いを比較

  • 品質、味、値段トータルで比較すると、どれが安い?

  • どれを いくらで買ったらコスパがMAXになるか

 これらの疑問について分かりやすく見ていきます。

業務スーパー オートミールを品質で比較する

業務スーパー オートミールを品質で比較する

 現在、業務スーパーで扱っているオートミールは4種類です。お買い得なオートミールを探すためには、まずは品質の違いから比べます。

 オートミールとはオーツ麦(えんばく)が原材料であり、業務スーパーの製品はすべてオーツ麦100%です。オーツ麦の品種をそのまま製品としているので、食物繊維、糖質、タンパク質なども、違いはほとんど無い(誤差の範囲)といえます。

 ちなみに、定番のクエーカーオートミールも成分を比較すると「ほぼ一緒」なので、この数値を比較してどれが優れているか決めることは難しいはずです。

オートミールの違い:風味・食感 どれが好みか?を比較する

オートミールの違い:風味・食感 どれが好みか?を比較する

 同じ原材料とはいっても収穫した国が違い、加工の度合により種類が違ってくるので、風味や食感には違いが出てきます。

 オートミールの種類についてはこちらでまとめています。

 普通のタイプが好みならロールドオーツの3種類。砕けたタイプが良いならクイックオーツのリトアニア産となるはずです。

業務スーパーのオートミール3選 徹底検証 値段などを比較

 そして、購入するときの一番の指標となる値段の違いによって、コスパの良いオートミールが決まります。それぞれの製品がいくらで売っていて、どれだけ安いのか?・・それぞれのオートミールを見ていきます。

カナダ産 1kgパック 【業務スーパーのオートミール比較】

カナダ産 1kgパック 【業務スーパーのオートミール比較】

 1kgの大容量タイプです。ネットやSNSで業務スーパーの「オートミールが安い!」と絶賛するブログでは、このカナダ産をよく見かけることもあり、他と比べて品揃えは豊富である印象です(品切れすることもあります)。

 他のスーパーで売っているオートーミールと比べると圧倒的に安いですが、業務スーパー オートミールの値段で比較すると、目立って安いわけではありません(値段の比較は後の章で)。

  • 1kgの大容量で値段は430円(税込み)

  • 砕いていない歯ごたえアリ

  • 袋がしっかり目で安心

  • チャック付き便利

 他との違いは袋にあります。張りがあって丈夫、開封後はチャックで完全密封できるので安心できます。1kgの大容量であることは、早めに消費する必要がある(虫がわく)観点からは、デメリットだといえます。

チェコ産 500gパック 【業務スーパーのオートミール比較】

チェコ産 500gパック 【業務スーパーのオートミール比較】

 業務スーパーで売っているオートミールの中で、このチェコ産だけは箱入りです。海外のおしゃれな食品のイメージがします。

 ロールドオーツ(押し麦)なので、砕いていないはずなのに程よく削れて粉っぽい感じがします。箱には大粒「BIG LEAVES」と書いていますが、さほど大粒でもありません。以前は小粒タイプ「Small leaves」の品揃えもありました。

POINT
  • 500グラムで値段は170円(税込み)

  • 砕いていない歯ごたえアリ

  • 粉っぽいので食感が独特

  • 唯一の箱入り 輸送・保存時に安心

 風味・歯ごたえ・味・調理の時間・値段の安さ、どれをとっても「普通」だといえます。逆に「欠点がないオートミール = 最初に選ぶオートミール」としてはお勧めできます。

 これを基準にして他の製品を試して加点・減点していくと、分かりやすいオートミール比較ができるはずです。

リトアニア産 500gパック 【業務スーパーのオートミール比較】

リトアニア産 500gパック 【業務スーパーのオートミール比較】

 オートミールを朝食に食べる習慣のある方は、調理時間が気になるはずです。このリトアニア産だけは、クイックオーツ(砕いているタイプ)なので火が通りやすいメリットがあります。3分調理が → 1分で終えると非常に楽です。

  • 500グラムで値段は159円(税込み)

  • 製造メーカーの表記なし

  • クイックオーツ:粉砕タイプで歯ごたえナシ

  • 調理が早く使い道が多い

 業務スーパーのオートミールは、輸入元の国で有名なメーカーが製造していることが多いですが、このリトアニア産だけは、製造メーカーの表記がありません。オリジナルのパッケージで、すべて日本語表記となっています。

既存のメニューにアクセントとして使いやすい

 砕かれて小粒になってるために歯ごたえは少なめ、火の通りは早いメリットがあります。多少の加熱でOKな食材なので、粉モノのトッピングなどに使えます。

  • お好み焼き

  • パンケーキ

  • クッキー

  • ドリア

  • リゾット

  • 茶碗蒸し

 食感をプラスするアクセント食材として使えます。また、洋風のスープに食物繊維をプラスしたいときにも便利です。お勧めではありませんが、業務スーパーの4製品の中で生でそのまま(非加熱)で食べる時も こちらになります。

ラトビア産 500gパック 【業務スーパーのオートミール比較】

格安 ラトビア産 オートミール 500g 業務スーパーの、オートミール紹介

 業務スーパー オートミールを試した方のレビューで・・

値段がすごすぎる!安い!

 として話題になるのがラトビア産です。ただ、安いだけでなく味もしっかりしているので、リピートする方も多い人気のオートミールです。

POINT
  • 500グラムで値段は145円(税込み):変動あり

  • 砕いていない歯ごたえアリ

  • 風味・歯ごたえもハッキリ

  • コスパ抜群、買えない時期もある

 値段は145円(税込み)ですが、過去には何度も値下がりしていて、その都度 店頭から在庫が消える状態でした(値段については後の章で)。

 安いので味はイマイチか・・と思いきや、しっかり穀物の風味が感じられ、食感も良好です。オートミールらしいハッキリした味わいが好みである方なら、味・歯ごたえ・値段も良好のベストバイなオートミールです。

値段をクエーカー オートミールと比較 いくら違い?

値段をクエーカー製品と比べる いくら違い?

 他店と比べて業務スーパーでオートミールを買う理由は・・

安いから

 これで間違いないはずです。実際にどれくらい値段が違うのか比較するために、業務スーパーのオートミール(4カ国の製品)と定番の:クエーカーのロールドオーツの値段を見ます。基準にするのはQUAKERで最もお買い得な・・

QUAKER オールドファッションオートミール4.52kg で比較します

業務スーパーのオートミール138円は安すぎる

業務スーパー オートミール4種+クエーカーの値段 比較一覧

業務スーパー オートミール4種+クエーカーの値段 比較一覧

 ピックアップした値段は、ネットスーパー品揃えダントツで1位のAmazonフレッシュにて調査(2021年秋)。比較しやすいように、すべて500グラムに換算した値段にしています。

オートミールの値段500g:現在価格
製品名、国価格(税込み)
クエーカー244円
カナダ215円
チェコ170円
リトアニア159円
ラトビア145円

 オートミールの価格は時期によって変動します。広告に掲載して安く販売するセールのとき、そして世界のオートミールの市場の影響から値段が変わります。

業務スーパーで買えるオートミール4種類を紹介

 ちなみに、コストコでクエーカーを買うと500gあたり151円で買えます(別途、年会費が必要です)。つぎは、業務スーパーのオートミールの値段が変化する変動幅、いくらだと安いのか?について。

値段が時期によって変動する:どれがいくらだと安い?

値段が時期によって変動する:どれがいくらだと安い?

 近場の業務スーパーに足を運んでいると、目的のオートミールの在庫が無くなっていることがあります。ですが、しばらくすると入荷しますが、そのときに・・

値段が変わっていることがあります

 月間の特売商品となって値下がりすることがありますが、それとは関係ないタイミングでガクッっと値下がりしていたり、逆に大きく値上がりしていると値段の違いに戸惑ってしまいます。

オートミール四種類を食べ比べる

 オートミールの値段がどれくらい変動するのか、その幅を表にします。分かりやすく比較するために、すべて500グラムに換算した値段にしています。

オートミール製品の値下げ変動幅:税込み
製品名、国最安の価格最高の価格
クエーカー189円578円
カナダ215円226円
チェコ170円170円
リトアニア159円178円
ラトビア95円159円

 価格の変動の時期は 今年から3年前あたりまでの価格となりますです。実際に購入したレシートの値段、ネット紹介されたインスタ、ツイッターの写真も参考にしています。

税抜き88円、税込み95円 ダントツに安いオートミールとは

税抜き88円、税込み95円 ダントツに安いオートミールとは

 他のお店で調達できるオートミールと、業務スーパーのオートミールの値段を比べると、圧倒的に業務スーパーの製品が安いことが分かります。中でも・・

税抜き88円、税込み95円のラトビア産が安い

 業務スーパーのオートミールと他店で購入した製品を 500グラムあたりの値段に置き換えて比較すると値段の違いを実感できるはずです。中でもラトビア産は圧倒的に安くてお勧めです。

 在庫が切れていて調達できないことも多いですが、入荷していたときは段ボール箱が山積み状態で まとめ買いができるかもしれません。

業務スーパー オートミール比較に関連する記事

まとめ:業務スーパー オートミール比較 どれが安い|2021年版

 業務スーパーでオートミールを買うときに気になるのは値段の違いです。他店よりも業務スーパーのオートミールが安いことはほぼ確実、あとは以前に買ったときとの「値段の違い」がどれくらいなのか?です。

 値段が高い時期であっても他店の製品と比べると業務スーパーが安いことが多いので、結局は業務スーパーのオートミール同士の比較となります。いくらなら「買い」なのか、自分なりの指標を決めておくようにします。

タイトルとURLをコピーしました