35歳 フリーター 就職が決まらない|無職 ニートの違いとは?

 現在、非正規雇用で働く方が増えており、最近では年齢が高い方も目立つようになってきました。

35歳 フリーター 就職先が見つからない・・

 こんな悩みを持つ方が増えています。

 学生を卒業した時期には、お金をゲットしたい時だけ労働するフリーターを楽しめます。しかし、フリーター生活を続けて30歳を過ぎる頃には・・

  • これから必要となるお金:貯金の見通しが不透明
  • 好待遇(正社員)の仕事がしたい

 仕事の意欲・希望はあっても、実現できない厳しい状況に追い込まれてしまいます。

 このようなフリーター・無職・ニートが、就職先を探すときの疑問を分かりやすく見ていきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

35歳 フリーター 就職先が決まらない理由

 35歳になった頃に、正社員の雇用形態で仕事ができる就職先を探してもなかなか見つからないのは、いくつもの理由があります。

  • 大卒の新卒(22歳前後の若者)を確保して育てるほうが合理的である
  • 30歳を過ぎると部下として使いにくい(上司との年齢が逆転する)
  • 年齢相応の年収を約束する企業では、査定がより厳しくなる

 そして、もう一つはフリーターで仕事をしている時間が長いと「責任感」を問われる仕事ができないイメージが強くなります。

言われた仕事しかできないのでは?

 本当に仕事ができる人材なら、過去に勤務してきた職場で正社員として登用されたはずです。35歳・フリーターと面接する面接官は、そのあたりを考慮して判断するので、おのずと厳しい結果になってしまいます。

部下として使いづらいのは大問題

 正社員として中年のスタッフを中途採用する場合、ある程度の技術があって責任感のあるポストを用意します。しかし、職歴が乏しいフリーターの場合には、新入社員と同じ最も下のランクからの仕事となります。

 このとき問題になるのは、若い上司・年齢の高い部下という構図になります。そうなると・・

年上の部下へ指示するのが疲れる

 こんな状況が発生します。

 年齢が若い上司は、より気を使って指示を出すので気疲れが不満に思うようになり、年上の部下の方も頭を下げることがストレスに感じる関係になってしまいます。

希望年収が高くなる可能性

 現在は年功序列のシステム(年齢に応じて給与が増えていくルール)を採用していない企業は多くなっています。

 そのため、待遇がよくなかったり 将来に期待が持てない企業で我慢を続ける生活よりも、さっさと退職してフリーターになった方が楽だと考える方が増えています。

 ですが、中年のスタッフを採用する時には、それなりの年齢に応じた給与(年齢給)の基準に沿って金額を決定します。そのため・・

POINT

35歳なのに新入社員の給与で労働契約することが困難

 こんな状況になってしまいます。管理職ができる方なら年齢相応の給料で採用できますが、平社員と同じスキルしかない方の場合には、年齢相応の給与を与えての採用が難しくなります。

 学生が企業に就職する「新卒を採用する」場合と比べて、中年の中途採用は年齢相応の知識と経験、技術力などが問われます。この部分が乏しいのなら、就職のハードルはかなり高くなります。

フリーターとニートの違いとは

 フリーターと同じような言葉で「ニート」があります。正社員として働いていない自由な人という意味では 同じように扱われることがありますが、両者の違いはこのようになります。

フリーターとニートの違い
フリーター好きな時間のみ仕事をする人
ニート家族などに保護され働く意志のない人

 無職とバイト(派遣社員)を繰り返してるならフリーターであり、フリーターはバイト代をゲットしたら好きな事(旅行など)で楽しむ事を優先します。正社員という待遇に魅力を感じないので・・

フリーターは無職の自由な時間を優先します

 それに対して、ニートは「収入なし・支出もなし」という、お金にまつわることに関わらない生活をしている方です。

 こうしてみるとかなり違いがあることが分かります。ただ、最近では「ニートである方」を優先的に人材募集している企業もあります。

ニートを募集する企業とは

 ニートは、「34歳未満で就職訓練などを受けていない人」という細かな定義もあります。そのため、就職先を探しても困難な状況が予想できます。しかし、最近では・・

POINT

ニート募集 月額20万円以上保証

 このような求人広告を見ることがあります。これは、ニートとされる人の割合がとても増えてきいるからであり、就職先が見つからずに困っているニートの中にも優秀な人材がいると見ているからです。

 コンビニなどは、外国籍のスタッフを増やす傾向にありますが、それよりも有能なニートを採用したい企業が増えています。

就職浪人が原因でニートに

 景気が悪いと企業の求人倍率も悪くなってしまう傾向があります。最近は派遣社員を採用して人員調整をする企業が増えているため、積極的に正社員を採用しない風潮が定着しています。

 そのような状況であるため・・

大卒なのに就職浪人になってしまう人もいる

 このような現実があります。学歴が高くても・・

POINT

  • やる気がない時期にニート状態
  • とりあえず短期間のバイトで食いつなぐ

 このような生活を続けて年齢が高くなってしまうと、希望する正社員の仕事に採用されなくなり、中年のフリーターとなってしまう方もいます。

対人不安などが問題になる

 仕事を探しても見つからないという外部的な問題だけでなく、自分の心の中に「働きたくない」という思いが強くなってしまうことも問題の1つです。

 フリーターやニートの生活を選んでしまう人は・・

対人不安の症状が強くなってしまう

 という問題があります。これは、長い休日を過ごすと 仕事のストレスから解放されて心のリラックスができますが、それと同時に「嫌な仕事のプレッシャーから逃れたい」という気持ちが強くなります。

 その結果として、ストレスに感じる職場の上司や同僚達がいる職場に行きたくない気分になります。この対人不安の症状が強くなると 引きこもりの状態になってしまうこともあります。

フリーターにはデメリットが多すぎる

 フリーターである時間が長くなってしまおうと様々なデメリットがあります。

POINT

  • 年齢が高くなってしまい正社員の採用の可能性が少なくなる
  • 会社の都合で簡単に仕事が終わってしまう可能性がある
  • 将来に対する収入の安心感がない状態である
  • 男性でフリーターだと結婚相手として認められない
  • ボーナスがもらえないので年中お金が無い状態が続く
  • 大きな病気になると貯金がないので絶望的になる

 このようなマイナスポイントが多すぎるのでフリーターでいる期間が延びてしてしまうのは、将来的の不安がさらに広がってしまう結果となります。

まとめ:35歳以上 フリーター無職 ニートの違い 悪い|2019年版

 フリーターで収入を得るスタイルのまま 中年にさしかかってくると、安定を求めて正規雇用の仕事を探してもなかなか見つかりません。この問題は、30歳を過ぎる頃までに 考えておくべきです。

 家庭を持って、子供を作り、老後にどのように過ごすのかライフプランシュミレーションをやってみると、フリーターやニートの期間を長くならないように対策していくことが重要であると分かります。

 以上、35歳 フリーター 就職が決まらない|無職 ニートの違いとは?...についてでした。